阪神タイガース 黒田博樹に関するニュース

広島カープのマツダスタジアムがヤバすぎる!下位でも客殺到の謎!

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

【観客動員数】・読売ジャイアンツ(巨人):70試合時点295万4855人、1試合平均4万2212人・阪神タイガース:69試合274万3276人、同3万9758人・福岡ソフトバンクホークス:68試合時点240万9049人、同3万5427人 実は、それに続くのが、巨人や阪神に比べて本拠地周辺の人口規模では大きく劣る広島東洋カープ(68試合時点201万5020人 [全文を読む]

黒田投手ブチギレ事件から学ぶ! 下々の者が上の者に“絶対にしてはいけない“こととは?

tocana / 2015年05月11日09時00分

それは4月25日に行われた阪神タイガース戦でのこと。黒田は2回、一死一塁の場面で打席に入ると、送りバントの構えを見せた。これに対し、阪神タイガースの投手である藤浪晋太郎は1球目、インコースに。2球目は、球が抜けてしまい、内角をえぐるボールで黒田をのけ反らせる。さらに、3球目も体に当たってもおかしくない抜け球を投げ、黒田に尻もちをつかせてしまう。 これに黒 [全文を読む]

カープは3位!?「セ・リーグ優勝予想」ランキング第1位は?

日刊大衆 / 2017年04月03日09時05分

続く第2位(22%)に選ばれたのが、阪神タイガース。監督として2年目のシーズンを迎える金本知憲監督(48)の手腕にも注目が集まります。「最近優勝をしていないので、そろそろお願いいたします」(56歳男性)、「関西出身だから、優勝してほしい」(35歳女性)、「主人がファンでうるさいので」(57歳女性)と、戦力分析による優勝予想というよりは「熱烈なファンからの [全文を読む]

プロ野球日本シリーズ “地味カード”なのに……まさかの高視聴率連発で幕

日刊サイゾー / 2016年11月01日19時00分

ソフトバンク対阪神タイガースのカードだった2014年も、第1戦=11.8%、第2戦=10.2%、第3戦=8.3%、第4戦=8.4%、第5戦=10.3%と低視聴率続きだった。 今年は黒田博樹投手(広島)の引退登板、人気者の大谷翔平投手(日本ハム)の出場効果があったようで、大谷が先発した第1戦(TBS系)は18.5%の高視聴率をマーク。第2戦(フジテレビ系) [全文を読む]

広島カープファン、「マナーが悪すぎ暴走的」と話題に…相手応援席で堂々とカープ応援

Business Journal / 2016年10月22日16時00分

そしてカープが優勝マジックを2として迎えた9月8日、甲子園球場で行われた阪神タイガース対読売ジャイアンツ(巨人)戦に、カープのユニフォームを着たファンがちらほらと見られた。カープが勝ち、巨人が負ければ、カープの優勝が決まるため、阪神を応援していたのだ。阪神の席でカープのユニフォームを着て応援している姿がテレビに映し出され、しかも複数人いたことに筆者も驚か [全文を読む]

大谷翔平 巨人のコスト感なら10億払ってもいい

NEWSポストセブン / 2016年10月19日07時00分

阪神タイガース元球団社長の野崎勝義氏からは、4億円でも安いという声も聞こえるなか、では、一体いくらが大谷の“適正年俸”なのか。『プロ野球なんでもランキング』の著者・広尾晃氏が作成した、各球団の高額年俸選手のコストパフォーマンスの一覧を参考に考えてみよう(大谷は「投手で1億」「野手で1億」で計算)。◆高額年俸選手「コスパ」一覧【主な投手編】1アウト当たりのコ [全文を読む]

「これが優勝の難しさか」「ハマる。ハマっているが勝てない…」プロ野球ファン大興奮! 実名・実写で現役選手が登場する野球ゲーム『プロ野球タクティクス』登場

おたぽる / 2016年09月26日16時00分

リリース記念チップで、広島東洋カープの黒田博樹選手や、東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昴大選手、阪神タイガースの藤浪晋太郎選手など各チームのスター選手をゲットできる。 プロ野球ファンの心をがっちりつかんだ『プロ野球タクティクス』。セリーグでは広島、パリーグでは日本ハムかソフトバンクに優勝は絞られたが、『プロ野球タクティクス』内では、あなたの応援するチーム [全文を読む]

【プロ野球】覚えてる!? シーズン終了間際の今だからこそ振り返る2016年の開幕カード《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年09月17日16時05分

阪神タイガース 阪神はドラフト1位ルーキーの高山俊が球団史上初の“新人開幕4戦連続安打”を放ち、チームも2勝1敗の好スタートを切った。高山、横田慎太郎の1、2番が開幕カードで早くも結果を出し、金本知憲新監督が掲げる「“超変革”ここにあり!」といったスタートに見えたが、それも長くは続かなかった。 開幕戦でマスクを任された遅咲きの苦労人・岡崎太一も夏場を過 [全文を読む]

2000安打の偉業を達成した新井貴浩を、複雑な心境で見るファンがいるのはなぜ?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月23日17時30分

それは誰もがカープの4番打者として期待した新井が、2007年のシーズンオフにFA(フリーエージェント)権を行使して阪神タイガースへ移籍していたからである。 [全文を読む]

広島・新井内野手が2000安打を達成!出戻りの苦労を検証

しらべぇ / 2016年04月27日20時00分

ちなみに、新井内野手も阪神タイガースを自由契約になり広島カープから契約オファーを受けた際、「自分が戻っていいのか」と思い悩んだそう。 ■他の古巣出戻り選手は?プロ野球選手の古巣への出戻りは他にもある。おもな選手は以下のとおり。(1)谷佳知外野手(オリックス~巨人~オリックス)オリックスの主力打者として活躍し、2007年にトレードで巨人に移籍。移籍前は故障の [全文を読む]

スポーツ選手が企業に所属? 選手が結ぶ「マネジメント契約」はどんな意味があるの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月19日12時02分

阪神タイガースの桧山進次郎さんは、2013年に現役引退してから和田アキ子さんやさまぁ~ずなどが所属している大手芸能事務所「ホリプロ」とマネジメント契約を結んで「ベースボール&スポーツコメンテーター」としてテレビ・ラジオなどで活躍しています。また、広島カープの黒田博樹投手やサッカーの森重真人選手など、お笑いでおなじみの「よしもとクリエイティブ・エージェンシ [全文を読む]

2015年のプロ野球、熱心に応援されたチームはどこだ?「応援合戦」の勝敗でペナントレースを振り返る

@Press / 2015年10月09日10時00分

プロ野球ペナントレースの応援合戦順位表※スマホアプリ「メガホン!」調べ<セ・リーグ>1位 広島東洋カープ /94勝28敗21分2位 読売ジャイアンツ /73勝47敗23分3位 阪神タイガース /61勝60敗 22分4位 中日ドラゴンズ /57勝60敗 26分5位 東京ヤクルトスワローズ /37勝84敗 22分6位 横浜DeNAベイスターズ /34勝86敗2 [全文を読む]

【笑いと感動】衝撃的な野球選手のグローブ刺繍ベスト6!【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2015年04月17日06時30分

そんな上原選手ならではの言葉ですね! ②元阪神タイガース 下柳剛 ©iStock/thinkomatic 「前後際断」 ひょうひょうと投げ抜く姿が、印象的だった下柳投手。あのポーカーフェイスとは裏腹に、若い頃は意外と些細なことで動揺してしまいがちだったとか。 何があってもこの「前後際断」済んだことを振り返らず気持ちを切り替えることを念頭に置き、その後の活躍 [全文を読む]

西岡剛 体重絞り右手は血豆だらけでハワイでさぼり疑惑払拭

NEWSポストセブン / 2015年02月12日07時00分

阪神タイガースでは、上本博紀、隼太ら若手の台頭が著しい。しかし、球団創設80周年という節目の年を優勝で飾るキーマンとして南信男球団社長が名指ししたのは西岡剛と福留孝介のメジャー経験者2人である。 成長著しい上本と二塁を争う西岡は「ダメなら控え」と公言し、沖縄・宜野座のキャンプには体重を6キロ絞り込んだ“本気モード”で現われた。 「痩せてブカブカのスーツを着 [全文を読む]

フォーカス