手塚治虫 漫画家に関するニュース

ドラえもんやアトム、バカボン……超人気作を生んだ漫画家たちは、みんな一緒に暮らしていた!?

マイナビ進学U17 / 2016年01月19日12時03分

トキワ荘は、『鉄腕アトム』『火の鳥』の手塚治虫をはじめ、『ドラえもん』の藤子・F・不二雄、『怪物くん』の藤子不二雄A、『天才バカボン』の赤塚不二夫、『サイボーグ009』の石ノ森章太郎、といった、日本漫画界の巨匠たち、いや神たちともいえるメンバーが住んでいた伝説のアパートです。トキワ荘における漫画家たちのエピソードは、さまざまな作品で描かれており、藤子不二雄 [全文を読む]

浦沢直樹、背後から手塚治虫の声 「PLUTO」誕生秘話明かす

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月06日22時25分

手塚眞の父で漫画家、故・手塚治虫の代表作「鉄腕アトム」の「地上最大のロボット」の回を原作とした自身の代表作「PLUTO」の誕生秘話を明かした。 手塚がロックンローラー・近田春夫が発表したアルバムを映画化した1985年のロック・ミュージカル映画『星くず兄弟の伝説』を、約30年ぶりに同コンビで復活させた本作。近未来を舞台に、若返ったスターダスト・ブラザーズが歌 [全文を読む]

手塚治虫のエッセイ集が、立東舎文庫より6月20日、2冊同時発売!<手塚治虫文庫4冊収納ボックスがもれなく当たるフェア開催中!応募締切9月30日まで>

PR TIMES / 2017年06月20日16時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1714/resize/d5875-1714-450963-2.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1714/resize/d5875-1714-532157-1.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本 [全文を読む]

漫画の神様・手塚治虫の人生は、算命学的に見て幸せだったのか

まぐまぐニュース! / 2017年07月05日20時30分

数々の斬新な作品を送り出した天才漫画家、手塚治虫氏。睡眠時間3〜4時間、連載を同時に7本抱えていたなど、とかく忙しいイメージのある同氏ですが、「宿命」も非常に慌ただしいのだとか。無料メルマガ『占い中毒にご用心』の著者で算命学研究家、そして投資家としての顔も持つ磯野はまぐりさんが見た、手塚治虫氏の宿命と運命とは? そして彼の人生は、果たして幸せだったのでしょ [全文を読む]

大反響の“うつ”体験者リポート漫画『うつヌケ』作者が語る「これだけ売れる状況も喜ばしいとは言えないなと…」

週プレNEWS / 2017年04月15日11時00分

手塚治虫や本宮ひろ志といった巨匠たちの絵柄を真似して下ネタ漫画を描く、パロディ漫画家・田中圭一。 そんな彼が“うつ”経験者の体験をリポートした漫画『うつヌケ―うつトンネルを抜けた人たち―』(KADOKAWA刊)が話題を呼んでいる。今年1月の発売から約3ヵ月で15万部突破、現在もその売り上げを伸ばし続けているのだ。 本書では、10年以上うつに苦しみ、「50歳 [全文を読む]

クラシックにして最前線!今、最も急速かつ国際的に再評価が進む劇画家『バロン吉元 画俠伝』刊行のお知らせ

@Press / 2017年03月16日17時00分

座・高円寺芸術監督 鈴木邦男 政治活動家 鈴木敏夫 株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー せきやてつじ 漫画家 竹宮惠子 漫画家・京都精華大学長 都築響一 編集者・写真家 手塚治虫 漫画家 寺田克也 漫画家・イラストレーター 夏目房之介 マンガ評論家・学習院大学大学院教授 前田日明 格闘家 松田優作 俳優 丸尾末広 漫画家 みなもと太郎 漫画家 [全文を読む]

手塚治虫、やなせたかし“漫画家の絵本の会”7名の作家作品を集めた「植田俊一郎コレクション展」が開催

FASHION HEADLINE / 2017年01月29日17時00分

東京・銀座のメグミオギタギャラリー(MEGUMI OGITA GALLERY)では2月7日から18日まで、手塚治虫ら“漫画家の絵本の会”の7名の作家による作品を展示する「植田俊一郎コレクション展 懐かしの『漫画家の絵本の会』作家たち」が開催される。 現代アートをはじめ、「漫画家の絵本の会」や雑誌『アルプ』の山関連の作家の作品など、多岐に渡るコレクションを形 [全文を読む]

【極秘情報】ジョジョの奇妙な冒険の作者・荒木飛呂彦のとんでもないエピソード11選

ヨメルモ トリビアニュース / 2017年08月21日06時00分

9. 手塚治虫をイラつかせたことがある 荒木先生が手塚賞に準入選し、手塚治虫先生から表彰を受けたときのエピソード。荒木先生が東北出身だと聞いた手塚先生が「東北出身者には漫画家が少ない」とコメントすると、荒木先生は「石ノ森章太郎先生が……」とコメント。 すると石ノ森先生を良く思っていなかった手塚先生は「ああいう程度の者しかいない」と返し、荒木先生に「あと1 [全文を読む]

朝ドラ復活の立役者は「イノッチ」だった

プレジデントオンライン / 2017年07月29日11時15分

いざ観はじめると、戦後漫画黎明期の手塚治虫とトキワ荘とは違う文脈の漫画家の葛藤と生き方がしっかり描かれていて、キャラクターも魅力的で心に刺さる言葉も多々あり、すっかりはまってしまいました。漫画家(の妻)が題材ということもあり、多くの漫画家さんも観ていたと思います。 ■朝ドラを盛り上げた『あさイチ』 そしてちょうど『ゲゲゲの女房』がはじまったころ、ツイッタ [全文を読む]

「手塚治虫デビュー70周年記念フレーム切手セット」6月1日(水)から全国の郵便局で販売開始!!

PR TIMES / 2016年05月27日15時53分

☆☆手塚治虫が残した500以上の作品を一冊にまとめた、手塚プロダクション監修”オリジナルデータブック”付き☆☆「漫画の神様」手塚治虫が、2016年に漫画化デビュー70周年を迎えました。これを記念してデビューから晩年までの人気作品が切手になって登場!!日本郵便株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 高橋 亨)は、2016年6月1日から、全国の郵便局(一部の [全文を読む]

アトムはこうして生まれた! パトレイバーのゆうきまさみが描く新しいアトムとは

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月10日15時00分

漫画の神様、手塚治虫の作品の数々が近年、現代に蘇っている。『ヤングブラックジャック』(手塚治虫:原作、大熊ゆうご:著、田畑由秋:著/秋田書店)や『PLUTO』(手塚治虫:原作、浦沢直樹 :著、長崎尚志:プロデュース/小学館)などまるで手塚が手がけた“火の鳥”のように、手塚治虫作品は新しい時代に合わせ、姿を変えながら生まれ変わっている。今回ご紹介する『アトム [全文を読む]

佐藤健・神木隆之介W主演 映画『バクマン。』に期待しすぎちゃう3つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月30日19時48分

曲名は、手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画に由来します。普段漫画をほとんど読まないという、ボーカル・作詞の山口一郎は、今回の制作のために様々な漫画を研究したそうです。漫画の古典として読んだ手塚治虫作品に非常に感銘を受け、「この楽曲でバンドとしても新しい地平を目指したい」という思いからつけられた、意欲的な曲名になっています。大根監督が「サカナクションの [全文を読む]

黒船ガール×路線バス:CITYSCAPE vol.7 (2/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2017年09月22日09時00分

言わずと知れたトキワ荘とは、手塚治虫やコンビだった頃の藤子不二雄、赤塚不二夫に石ノ森章太郎など、日本を代表する著名な漫画アーティストが住んでいたことで有名な木造アパート。 藤子不二雄Aの名作『まんが道』では、トキワ荘を舞台に、皆が仕事に邁進する姿や野望を共有し友情を育む様子などが詳細に描かれるなど、漫画好きにとっては思い入れの強い聖地的スポットである。 [全文を読む]

【出版社「(株)ホーム社」プレスリリース】『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第1巻発売のお知らせ

DreamNews / 2016年09月21日18時00分

<<集英社グループ ホーム社からのお知らせ>> 1979年、手塚治虫の手によって物語が描き起こされた、 傑作テレビアニメーション『海底超特急マリン・エクスプレス』。 この作品が37年の時を超え、初のコミックスとなります。 第1巻は9月23日(金)に発売です。書籍概要1979年、手塚治虫の手によって物語が描き起こされた、 傑作テレビアニメーション『海底超特急 [全文を読む]

萩尾望都さんがJXTG児童文化賞を初受賞 まもなくデビュー50年 少女漫画をリードし続け

産経ニュース / 2017年10月09日09時32分

手塚治虫らとともに影響を受けた漫画家である石ノ森章太郎の『きりとばらとほしと』に着想を得たのが書くきっかけになったという。 「オドロオドロしい吸血鬼ではなく『美しき吸血鬼』。それなら私にも描けると思いました。永遠に子供である子供、子供と大人の世界の対比…どんどんイメージが膨らんでいき、描いていて、とても面白かった作品でしたね」 続編を求める声は常にあったが [全文を読む]

うつは他人事じゃない…15万部超の漫画『うつヌケ』作者「経験してなかったら人間としてもっとイヤな奴だった」

週プレNEWS / 2017年04月16日15時00分

手塚治虫や本宮ひろ志といった巨匠たちの絵柄を真似して下ネタ漫画を描く、パロディ漫画家・田中圭一。 そんな彼が“うつ”経験者の体験をレポートした漫画『うつヌケ―うつトンネルを抜けた人たち―』が話題を呼んでいる。今年1月の発売から約3ヵ月で15万部突破、現在もその売り上げを伸ばし続けているのだ。 本書では、10年以上うつに苦しみ、「50歳で自殺」を考えたという [全文を読む]

ついにここまで―手塚治虫「火の鳥」と「けものフレンズ」がコラボ、大阪で展覧会

インターネットコム / 2017年03月02日16時15分

漫画家・手塚治虫の名作「火の鳥」と、人気アニメ「けものフレンズ」がコラボレーションを行う。3月29日~4月10日に開催する「手塚治虫の美男美女展~優艶~」でイラストを展示予定だ。KADOKAWAが明らかにした。 この展覧会は、手塚治虫が作り出したさまざまな魅力ある男女のキャラクターに脚光をあてるもの。手塚治虫の直筆原稿のほか、現代の漫画家などが描き下ろした [全文を読む]

漫画を描くのは資金集めのため? 手塚治虫が本当にやりたかったこと

太田出版ケトルニュース / 2017年02月20日10時34分

輸入文化の「アニメーション」を、日本独自の「アニメ」へと進化させたのが、国民的漫画家・手塚治虫さんが原作・総監督を務めた『鉄腕アトム』でした。 1963年の元日、日本初の本格的なテレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』が放映されました。以降4年間も続いた同作は、すでに漫画家として不動の地位を築いていた手塚さんの長年の夢が叶った作品でもありました。 というのも、手 [全文を読む]

『天才バカボン』のドラマ化も話題! 『おそ松さん』の原作者は、もともと少女漫画家だった!?

マイナビ進学U17 / 2016年04月06日12時02分

その後、漫画が石ノ森章太郎の目にとまり、手塚治虫や藤子不二雄などの有名漫画家たちが集っていたことで知られている伝説のアパート「トキワ荘」に移り住み、石森のアシスタントを務めました。赤塚自身は貸本漫画で自身の作品を発表しましたが、そのデビュー作は意外なことに『嵐をこえて』という少女漫画でした。内容は仲良しの姉妹が嵐のように襲ってくる人生の困難を明るく乗り越え [全文を読む]

【ムービープラス】人気オリジナル番組「この映画が観たい」1月は萩尾望都さんが登場

PR TIMES / 2015年12月24日14時26分

漫画との出会いについて、「幼稚園の頃から手塚治虫や石ノ森章太郎が好きで、夢中で読んでいました。中学生くらいまでは真似して描いていたんですが、勉強すればするほど難しさが分かってきて、漫画家にはなれないと思いました。高校生になって手塚治虫の「新撰組」という漫画を読んだら、当時の自分の不安定な状況と主人公たちの様子がシンクロしてしまって、突然“私は漫画家にならな [全文を読む]

フォーカス