短編 手塚治虫に関するニュース

藤原竜也、衝撃のホームレス姿披露 深川麻衣&Sexy Zone松島聡も初出演<世にも奇妙な物語>

モデルプレス / 2017年10月07日10時00分

◆元乃木坂46深川麻衣&Sexy Zone松島聡も出演 さらに短編作品に、元乃木坂46の深川麻衣とSexy Zoneの松島聡が出演することが決定。 昨年2016年に乃木坂46を卒業。本格的に女優としての道を歩み出した深川がシリーズ初出演で初主演を務めるのは短編作品「ポニーテール」。ポニーテールの似合うマイ(深川)は恋にあこがれる女子大生。しかしマイはそん [全文を読む]

手塚治虫「アニメーションは本来、テレビや漫画や劇映画とは一線を画す」 第16回広島国際アニメーションフェスティバルは30周年記念誌にも注目!

おたぽる / 2016年07月28日17時00分

毎回ピクサーの短編上映とセミナーは注目を集めるが、今回は16日から公開が始まった長編映画『ファインディング・ドリー』の併映作品『ひな鳥の冒険』(英題『PIPER』)の上映とセミナーの時間も設けられている。 広島国際アニメーションフェスティバルは1985年から隔年で開催されてきた。1つの国にスポットを当てた特集上映も見どころになっており、今回は「日本アニメー [全文を読む]

藤原竜也『世にも奇妙な物語』初出演 手塚治虫の知られざる名作に挑戦

ORICON NEWS / 2017年10月07日10時00分

そのほか、同日放送される短編作品の主演キャストも決定。ポニーテールの似合う女子大生が恋に翻弄されるストーリー「ポニーテール」に元乃木坂46の深川麻衣、スマホの画像アプリで遊んでいた高校生たちを主人公にした「交換」にSexy Zoneの松島聡が出演する。 [全文を読む]

“Anime“&“Animation“の全てがここに! 日本で海外を一番身近に感じられる「第15回広島国際アニメーションフェスティバル」レポート

おたぽる / 2014年08月29日19時00分

原爆が投下され、終戦を迎えてから40年後の1985年より30分未満の短編をメインとして隔年で開催されてきた同映画祭は、フランスのアヌシー、クロアチアのザグレブ、カナダのオタワと並ぶ世界4大アニメーションフェスティバルの一角を成している。そして日本初のアカデミー賞公認映画祭としても知られている(2例目はショートショートフィルムフェスティバル&アジア)。 さす [全文を読む]

藤原竜也、『世にも奇妙な物語』出演決定!大手IT企業CEOとホームレスを演じる

RBB TODAY / 2017年10月07日10時00分

さらに短編作品に元乃木坂46の深川麻衣とSexy Zoneの松島聡が出演することが決定。深川が「ポニーテール」、松島が「交換」の短編作品でそれぞれ主演を務める。『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』は10月14日21時から放送開始だ。 [全文を読む]

第21回 手塚治虫文化賞の受賞作・受賞者が決まりました

PR TIMES / 2017年04月25日09時29分

[画像: https://prtimes.jp/i/9214/362/resize/d9214-362-821216-0.jpg ] 第21回 手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催) マンガ大賞 (年間のベスト作品に贈る 正賞:賞牌、副賞:200 万円) 『花に染む』(集英社) くらもちふさこ 作 新生賞 (斬新な表現、画期的なテーマなど清新な才能の作者に贈る [全文を読む]

映画『TATSUMI』の「昭和」で刺激的な世界へ

ニューズウィーク日本版 / 2014年11月11日16時04分

マンガ家・辰巳ヨシヒロの5つの短編と、自伝的作品『劇画漂流』(09年に手塚治虫文化大賞受賞)を組み合わせてアニメーション映画化したものだ。監督はシンガポールのエリック・クー。20年来の辰巳ファンという彼の敬愛が全編にあふれている。辰巳は戦後にマンガ家として活動を始め、50年代に「劇画」というスタイルを生んだ中心人物。マンガを超えたリアリスティックな作風と大 [全文を読む]

手塚治虫の遺志を継ぎ『森の伝説』第二楽章完成! 第15回広島国際アニメーションフェスティバルでワールドプレミア

おたぽる / 2014年08月30日09時00分

上映は、プログラム「歴代受賞作品特集1」内にて、第1回(1985年)でグランプリを受賞した手塚治虫の短編『おんぼろフィルム』の上映後に行われた。挨拶では手塚眞さんが「(当フェスティバルの)30周年で上映となったことを光栄に思う」と感謝を表した。 続いて作品の制作についても触れられた。「第二楽章」は、「自然・命・アニメーションに捧げる讃歌である」との生前に [全文を読む]

藤原竜也、手塚治虫の名作で“二重生活”に挑む!飯豊まりえと共演「世にも奇妙な物語」

CinemaCafe.net / 2017年10月07日10時00分

そのほか短編作品に、元「乃木坂46」にして卒業後本格的に女優の道を歩み始めた深川麻衣が、本シリーズ初出演で初主演。出演作「ポニーテール」は、ポニーテールの似合うマイ(深川さん)は恋にあこがれる女子大生。しかし、マイはそんなポニーテールに恋心を翻弄されることになるとはつゆとも知らず…。撮影を終え、「普段の生活では、なかなかできない経験もさせていただいて、す [全文を読む]

藤原竜也「世にも奇妙な物語」に初出演!ホームレスとCEO二重生活を送る男役!

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年10月07日10時00分

秋の特別編では、岩田剛典主演の「運命探知機」、吉岡里帆主演の「寺島」を含む4エピソードに加え、元乃木坂46の深川麻衣が出演する「ポニーテール」と Sexy Zone の松島聡が出演する「交換」といった短編作品が放送される。(編集部・入倉功一) 土曜プレミアム「世にも奇妙な物語'17秋の特別編」はフジテレビ系で10月14日放送(午後9時~11時10分) [全文を読む]

藤原竜也、深川麻衣、Sexy Zone松島聡が「世にも奇妙な物語」に初登場

ザテレビジョン / 2017年10月07日10時00分

また、深川と松島はそれぞれ短編作品に登場。深川が出演する作品「ポニーテール」では、自分のポニーテールに恋心を翻弄(ほんろう)されてしまう女子大学生・マイを演じる。 小学生の頃から「世にも奇妙」シリーズ見てきたという深川は、本作への出演に「驚きとともに、とてもうれしい気持ちでいっぱいです!」と語り、続けて「今回出させていただく作品は、恋に憧れる女の子の日常 [全文を読む]

「これは泣ける…… 田中圭一なのにズルい!」お下劣サイテーパロディー漫画家の作品に思わず感動する読者続出!

おたぽる / 2017年01月05日16時00分

田中圭一は同日、「雑誌『キッチュ』に寄稿したマンガ『さよならのお皿』が、そこそこ評判よかったのでフルカラーにしてみました」とのツイートと共に、フルカラーの短編漫画をアップ。主人公は、腐れ縁の幼馴染の少女・ここみにいつもセクハラまがいの発言ばかりしていた青年・瀬戸。高校入学前に告白をして以来疎遠になっていたが、ある時ここみが病死してしまう。葬式では、ここみ [全文を読む]

三島由紀夫は手塚治虫と白土三平を買わず、赤塚不二夫を絶賛している。

メディアゴン / 2015年07月09日01時30分

)筆者が初めて三島由紀夫の小説に触れたのは小学生向けの学習雑誌の付録についていた「剣」(1963)という短編であった。それから、「潮騒」(1954)、「憂国」(1961)、「金閣寺」(1956)と続けて読んだ。中学に入って新潮文庫のリストに載っている作品は全て読んだ。子供にとって理解できない表現がほとんどであったが構わず読み続けた。中学の時、「豊饒の海・四 [全文を読む]

再始動後TV初パフォーマンスの東方神起に注目が! 【視聴熱】10/9-15ウィークリーランキング

ザテレビジョン / 2017年10月16日17時20分

本シリーズ初出演・初主演となる岩田剛典、藤原竜也、吉岡里帆、シリーズ1作目以来の出演となる中山美穂の作品の他、深川麻衣、松島聡、加藤綾子、フジテレビの久慈暁子アナウンサーによる短編4作で構成された。中山はラップを披露し、岩田は胸キュンラブストーリー、藤原は手塚治虫原作でバッドエンドなど、多彩ながらいずれも「世にも―」らしい世界観を展開した。■ アニメランキ [全文を読む]

「アニメーション」が「アニメ」に 「鉄腕アトム」がもたらした功績

太田出版ケトルニュース / 2017年03月03日09時46分

というのも、「アトム」以前にテレビで放映されていたのは海外製のテレビアニメであり、そのほとんどはアメリカの『トムとジェリー』のような5分か10分の短編でした。ストーリーを語る時間がないため、ギャグや動きで面白がらせる作品ばかりだったのです。これに手塚さんは不満がありました。 しかし「毎週30分の連続放映」ならば、連載漫画のような重厚なドラマをそなえた、ス [全文を読む]

闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(8)「美味しんぼ」「ブラックジャック」…名作の落とし穴

アサ芸プラス / 2016年05月05日17時58分

○「パタリロ!」魔夜峰央「マリネラの吸血鬼」というエピソードが、アガサ・クリスティの短編「ラジオ」に酷似していると某大学のミステリ研究会から抗議。単行本では欠番にすることで収束した。○「ブラック・ジャック」手塚治虫 手塚マンガとして、また医療マンガとして最高峰に位置するが、奇病や奇形種など単行本未収録の話も多い。特にロボトミー手術を少年に施した「快楽の座」 [全文を読む]

トキワ荘の思い出に『3月のライオン』秘話まで! 「第18回手塚治虫文化賞」贈呈式レポート

おたぽる / 2014年06月03日13時00分

斬新な才能に贈られる新生賞には今日マチ子氏の『みつあみの神様』(集英社)など4作品、優れた4コママンガや短編集に贈られる短編賞は、施川ユウキ氏の『オンノジ』(秋田書店)など3作品が選ばれた。本賞主催の朝日新聞社が選ぶ特別賞には藤子不二雄(A)氏【編注:(A)は丸囲みのA】の『まんが道』(中央公論新社など)『愛...しりそめし頃に...』(小学館)が選出され [全文を読む]

eBookJapan「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクト 世界に広がるサイレントマンガ グランプリ作品を「宇宙電子本」に掲載!

PR TIMES / 2014年03月27日09時34分

サイレントマンガオーディション(主催 株式会社ノース・スターズ・ピクチャーズ、運営 コアミックス)とは、日本の漫画文法が世界中で芽を出し、それを育てていきたいという願い(☆)から、世界各国からセリフのない短編漫画(=サイレントマンガ)を募集する日本の漫画賞です。☆ コアミックス代表 堀江氏より寄せられたコメントから漫画は本来、台詞がなくても絵にしたキャラク [全文を読む]

シリーズ累計550万部突破! メディアワークス文庫『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第5巻発売!

PR TIMES / 2014年01月24日11時54分

2012年1月にはシリーズ累計100万部を突破、2012年本屋大賞に文庫初でノミネートされたほか、第65回日本推理作家協会賞短編部門ノミネート、本の雑誌が選ぶ2011年度文庫ベストテン第1位に輝きました。2012年6月にはシリーズ第3巻『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』を発行し、シリーズ累計300万部を突破。2013年1月には、フジテ [全文を読む]

マンガ家を知るにはコレ! マンガ編集者が選ぶマンガ家マンガランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月05日11時20分

単行本には表題作のほかに3本の短編が。【7位】『アオイホノオ』(1~10巻) 島本和彦 小学館ゲッサン少年サンデーC 540~580円『燃えよペン』など、熱血マンガ家マンガの著者・島本和彦が、学生時代のエピソードを描いた作品。懐かしのマンガや、若かりし日の庵野秀明らが実名で登場する。 [全文を読む]

フォーカス