手塚治虫 鉄腕アトムに関するニュース

手塚治虫の70年代シナリオ集のどこがスゴイかを 企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!

ガジェット通信 / 2017年02月18日10時00分

初公開のラフスケッチやシノプシスを含む決定版 『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』(2017年2月20日発売)、『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』(2017年3月17日発売)と、手塚治虫のシナリオやシノプシス(梗概)をまとめた作品集が2冊、出版されます! 企画・構成・編集を務めたアンソロジストの濱田髙志さんに、本書の魅力を語っていただきました [全文を読む]

“ケモナー”だけじゃない! エロスな秘蔵イラストが話題の手塚治虫は“フェチマンガ”の先駆者!?

おたぽる / 2016年11月08日22時00分

マンガ家・手塚治虫のエロティックな秘蔵イラストが、7日発売の文芸誌「新潮」(新潮社)12月号のグラビアにて初公開され、多方面で話題となっている。公開されたイラストは、裸の人間の女性が「ドロドロ」と煙を出しながら鯉やネズミ、馬などに変身していく様子が描かれた、フェチズムを感じるものだ。 このイラストは「メタモルフォーゼ(変身)」の分野だったり、はたまた「ケモ [全文を読む]

手塚治虫の新たな魅力を発見!~「手塚治虫とっておきの漫画」展

クオリティ埼玉 / 2016年08月27日10時49分

さいたま市立漫画会館にて「手塚治虫とっておきの漫画」展が開催される。手塚治虫のデビュー70周年と漫画会館開館50周年を記念した展覧会だ。 手塚治虫はストーリーマンガ「鉄腕アトム」や「火の鳥」で有名だが、一コマ風刺漫画や絵本画なども数多く描いている。今回は知られざる手塚氏の世界が展示される。期間中は、手塚治虫キャラクターグッズの販売やトークショーも企画されて [全文を読む]

手塚治虫のエッセイ集が、立東舎文庫より6月20日、2冊同時発売!<手塚治虫文庫4冊収納ボックスがもれなく当たるフェア開催中!応募締切9月30日まで>

PR TIMES / 2017年06月20日16時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1714/resize/d5875-1714-450963-2.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/5875/1714/resize/d5875-1714-532157-1.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本 [全文を読む]

「鉄腕アトム」の世界を通して いつかくるであろう「ロボットと暮らす未来」を 空想と現実の両面から紹介(横浜人形の家)

PR TIMES / 2016年07月15日11時47分

また、手塚治虫の直筆原稿の展示や、アトムとの記念撮影コーナーもございます。 ■第2章 ロボットと暮らす未来は、すぐそこに 現実の世界における、ロボットに関する大きな取り組みの一つとして、「さがみロボット産業特区」をご紹介すると共に、実際に「さがみ」から生まれ、活躍中のロボット「PALRO(パルロ)」と「火山対応ロボット」も展示いたします。 【連動イベント】 [全文を読む]

約2000冊の本が読み放題!お宝の宝庫だった手塚治虫記念館に行ってみた!

おたぽる / 2014年12月09日01時00分

第1回目は、やはりマンガの神様の記念館に行くしかないでしょう!! 早速、「宝塚市立手塚治虫記念館」に足を運んだ。 手塚治虫記念館は、手塚治虫が5歳の時から住んでいた宝塚市に建てられている。近くには宝塚大劇場や宝塚文化創造館があり、最寄り駅は「阪急宝塚駅」。 記念館の入り口にはドーン!! と『火の鳥』の像が飾ってある。そして床には、ハリウッドのグローマンズ・ [全文を読む]

『手塚治虫作品アニバーサリーフレーム切手セット』販売のお知らせ

PR TIMES / 2013年02月28日15時42分

手塚治虫氏代表作の周年イヤー! 「鉄腕アトムテレビ放映50周年」「リボンの騎士60周年記念」「ブラック・ジャック40周年記念」弊社では、日本郵便株式会社とタイアップし、2013年3月1日(金)より、全国の郵便局(一部簡易郵便局は除く)と郵便局のネットショップ(郵便局ウェブサイト内)にて、下記の通り「手塚治虫作品アニバーサリーフレーム切手セット」の販売を開始 [全文を読む]

【出版社「(株)ホーム社」プレスリリース】『手塚治虫 マリン・エクスプレス』第1巻発売のお知らせ

DreamNews / 2016年09月21日18時00分

<<集英社グループ ホーム社からのお知らせ>> 1979年、手塚治虫の手によって物語が描き起こされた、 傑作テレビアニメーション『海底超特急マリン・エクスプレス』。 この作品が37年の時を超え、初のコミックスとなります。 第1巻は9月23日(金)に発売です。書籍概要1979年、手塚治虫の手によって物語が描き起こされた、 傑作テレビアニメーション『海底超特急 [全文を読む]

手塚治虫作品を奥浩哉など現代のトップクリエーターがリファイン! 『アトム:時空の果て』プロジェクトが開始

ガジェット通信 / 2016年08月25日19時00分

アクティブゲーミングメディアは、2018年に生誕90周年を迎える手塚治虫の作品を、この先も全世界のファンに愛され続けるよう、手塚治虫の作品に登場する多数のキャラクターをリメイク。氏の作品の素晴らしさを改めて全世界に伝えるためのゲーム作品『アトム:時空の果て(英語名:Astroboy: Edge of Time)』の KickStarter、Makuake [全文を読む]

アトムはこうして生まれた! パトレイバーのゆうきまさみが描く新しいアトムとは

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月10日15時00分

漫画の神様、手塚治虫の作品の数々が近年、現代に蘇っている。『ヤングブラックジャック』(手塚治虫:原作、大熊ゆうご:著、田畑由秋:著/秋田書店)や『PLUTO』(手塚治虫:原作、浦沢直樹 :著、長崎尚志:プロデュース/小学館)などまるで手塚が手がけた“火の鳥”のように、手塚治虫作品は新しい時代に合わせ、姿を変えながら生まれ変わっている。今回ご紹介する『アトム [全文を読む]

eBookJapanが『手塚治虫の美女画展』に協賛 来場者に美女画展特製eBook図書券をプレゼント!

PR TIMES / 2014年10月17日20時07分

マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2014年11月3日(月・祝)から開催される『手塚治虫の美女画展』に協賛し、来場者に [全文を読む]

【フジテレビ】日本初の連続テレビアニメ放送開始50周年記念!アニメ『鉄腕アトム』フジテレビオンデマンドにて配信開始

PR TIMES / 2013年01月07日14時36分

『鉄腕アトム』は、日本のアニメーションの歴史を一変させた手塚治虫アニメの金字塔のひとつで、日本最初のテレビ用連続アニメとして1963年に製作されました。本作品は、21世紀の未来世界を舞台に、十万馬力等7つの威力を持つロボット少年アトムが大活躍する物語となっており、日本のアニメ文化隆盛の礎を築いた、日本初の国産テレビアニメシリーズとして記念すべき作品です。 [全文を読む]

もちろん機械式!手塚プロダクション監修の鉄腕アトム腕時計

&GP / 2017年05月30日11時00分

漫画の生みの親にして、神様と呼ばれ続ける巨匠・手塚治虫。その代表作といえば、鉄腕アトムをまず思い付く人も多いでしょう。1952年に連載が始まったこの物語は、21世紀の未来を舞台に原子力をエネルギー源として動き、人と同等の感情を持った少年ロボット「アトム」が活躍する物語です。 そのキャラクターの魅力的な存在感は、半世紀以上経ったいまでも多くの人に愛され、CM [全文を読む]

電子チラシサービス「Shufoo!」、ATOMにコンテンツ提供

PR TIMES / 2017年02月23日11時23分

■『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』についてコミュニケーション・ロボットATOM[画像1: https://prtimes.jp/i/5565/46/resize/d5565-46-942172-0.jpg ] 手塚治虫生誕90周年記念企画として、友だちになれる家庭用二足歩行コミュニケーション・ロボット「ATOM」を組み立てるパー [全文を読む]

手塚治虫マンガ家デビュー70周年記念企画 3タイトルが立東舎文庫から登場!【全員プレゼントキャンペーン実施】

PR TIMES / 2016年07月01日18時11分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5875/1248/resize/d5875-1248-748399-1.jpg ] インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、手塚治虫のマンガ家デビュー70周年を記念し、おもしろレーベル立東舎文庫より『ぼくはマンガ家』 [全文を読む]

“手塚作品”を引き継ぐ覚悟『アトム ザ・ビギニング』【カサハラテツロー氏インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月06日06時30分

■ロボットが“こころ”を持ったら?『鉄腕アトム』永遠のテーマが今甦る ロボットヒーローの元祖といえば、1952年に連載が始まった手塚治虫の『鉄腕アトム』である。1963年放映の日本初のテレビアニメでもあり、もし『鉄腕アトム』がなければ、日本が誇るアニメ文化も今とは違っていただろうし、現在、ロボット研究者として活躍する人の多くが『鉄腕アトム』の影響を語るなど [全文を読む]

「小林亜星の登場で日本の音楽界が変わった!」ソノシートの仕掛人・橋本一郎が語ったアニソンの進化

おたぽる / 2014年11月16日05時00分

当時、マンガ家・手塚治虫の担当編集だったという橋本氏は、57年から放送されていたラジオドラマ『赤胴鈴之助』の主題歌レコードがヒットしていることを聞き、「こういうのをウチも出したら売れるのではないか」と、1963年にアニメ『鉄腕アトム』の主題歌のソノシート化を企画する。それまで「朝日ソノラマ」には、英会話や報道現場のインタビューなどのソノシートが付けられて [全文を読む]

「宝塚駅」の出発合図音を変更します 宝塚本線は「すみれの花咲く頃」、今津線は「鉄腕アトム」に ~阪急電鉄では初めて!ご当地ゆかりの楽曲を“出発メロディー”に採用~

PR TIMES / 2014年03月04日15時40分

あわせて今津線は、宝塚に馴染みの深い手塚治虫氏の代表作「鉄腕アトム」のメロディーに変更します。 なお、阪急電鉄が駅のご当地にゆかりのある楽曲を“出発メロディー”に採用するのは初めてです。 宝塚駅の宝塚本線の出発メロディーに採用する「すみれの花咲く頃」は、宝塚レビューの父として知られる宝塚歌劇団の演出家・白井鐵造 氏が、1930年上演の「パリゼット」の主題 [全文を読む]

手塚治虫×JINSがコラボ! 「アトム」ら全12作品からオリジナルメガネが作れる

アニメ!アニメ! / 2017年09月17日16時00分

手塚治虫のキャラクターと、メガネショップ「JINS」のコラボレーションが決定した。『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』をはじめとする全12作品が、オリジナルアイウエアを制作できる「JINS PAINT」に登場する。9月14日10時から数量限定で取り扱う。 「JINS PAINT」はメガネやサングラスにオリジナルのデザインを施すことができるパーソナルオーダ [全文を読む]

手塚治虫と孫悟空の「縁」―中国紙

Record China / 2017年07月28日20時30分

手塚治虫は日本近代アニメ産業の開拓者で、「漫画の神様」と呼ばれている。鉄腕アトムの生みの親である手塚治虫は孫悟空にも強い思い入れがあり、「アトムの飛んだり、戦ったりする姿の原型は孫悟空」と話したこともある。(文:楊暁林。文匯報掲載)上海美術映画製作所は1950年代と60年代に最盛期を迎え、各種形式、スタイルのアニメーション映画が成熟していった。同時期、日本 [全文を読む]

フォーカス