歴史 麻原彰晃に関するニュース

麻原彰晃の三女アーチャリー“何もわからない“から謝罪なし? 娘の中の真実とは?

tocana / 2015年03月28日13時00分

教団の歴史でいえば、山梨県の富士宮市およびサティアンのある上九一色村(当時)にサティアン(教団施設)が建設された頃にあたる。 さらに、教団が被害を主張していた外部機関からの毒ガス攻撃に関しても、興味深い記述がある。「父は明らかに幻覚、幻聴があり、一九九三年ごろからは、アメリカから毒ガス攻撃を受けていると本気で言っているように見えました。車に空気清浄機をつけ [全文を読む]

麻原彰晃「6月死刑執行」の戦慄現場!(2)独房で糞尿を垂れ流して・・・

アサ芸プラス / 2012年02月01日10時56分

2度目の再審請求が地裁で棄却された今、検察官が麻原の死刑執行をためらう理由はありません」(検察関係者) 同様に、第2の壁についても、昨年11月21日、遠藤誠一死刑囚に対する死刑判決が最高裁で確定し、一連のオウム裁判に歴史的な区切りがついた。そんな中、法務当局が頭を悩ませ続けてきたのが、「心神喪失」という第3の壁だった。 「麻原は東京拘置所に収監されているが [全文を読む]

深刻化する日本の「情報隠蔽体質」ーー共謀罪と公安の恐ろしい裏側とは

週プレNEWS / 2017年06月03日11時00分

国家の歴史を正確に記録し、後世に遺していくというのは、むしろ保守の政治家がもっとこだわってしかるべきかと思うのですが、そういう発想もない。 森友学園問題では財務省が重要書類を破棄してしまったと公言し、自衛隊のPKO活動日報も一時は「存在しない」と強弁していました。東京都庁では、築地市場の豊洲移転に関わる交渉が「水面下」で行なわれ、記録が残っていないという。 [全文を読む]

フリーメイソン 安倍内閣にもメンバーがいた

NEWSポストセブン / 2016年09月07日16時00分

これはアンチ・メイソンの歴史の影響と考えられます。 〈日本で初めてフリーメイソンの会合が開かれたのは1865年1月とされる。その後、明治政府は外国人会員が集会を開くことを黙認する一方、日本人を会員に誘うことを禁じる「紳士協定」を結んだという。〉 猪俣氏:昭和に入ると、ユダヤ系団体や国際金融資本とフリーメイソンを結びつけて糾弾する運動が激しくなりました。日本 [全文を読む]

ヒトラーからエガちゃんまで「才能の使い方を間違えた天才は誰?」ネット上で話題に

AOLニュース / 2014年10月21日17時00分

この「天才だけど才能の使い方間違えた、って奴といえば」というスレッドでは、それぞれのユーザーが、「才能の使い方を間違えた天才」の名を挙げているが、その顔ぶれは、人気漫画家から犯罪者、さらには歴史上の有名人物まで、実に幅広いものとなっている。 <以下、ユーザーからの投稿> ・麻原彰晃 ・冨樫義博 ・江頭2:50 ・オッペンハイマー ・鳩山由紀夫 ・ヒトラー [全文を読む]

フォーカス