キャッチフレーズ 井森美幸に関するニュース

【エンタがビタミン♪】井森美幸のあの“ダンス映像”をホリプロが封印。放送NGにした意外な真相とは。

TechinsightJapan / 2015年05月01日21時45分

翌年にアイドル歌手としてデビューした時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」だった。 歌手としてよりもバラドルとして人気が出ると「井森美幸、未だに誰のものでもありません」とそれをネタにすることもある。そしてもう1つ、彼女の人気を押し上げたのがあの“ダンス映像”だろう。 当時16歳だった井森が、ホリプロスカウトキャラバンのオーディ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】井森美幸 デビュー曲を歌う小島瑠璃子に感激「カバー権あげる!」

TechinsightJapan / 2016年04月20日20時30分

ライオンのCMソングに起用され彼女自身も出演する力の入れようで、当時のキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」は今でもネタにされる。 それから長い年月が経ちながら今も活躍するのだから若手タレントに尊敬されるのも納得である。4月20日放送のお昼のバラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で井森美幸、菊地亜美、小島瑠璃子がファミリーレス [全文を読む]

ジャニー喜多川社長がつけてきた「珍妙キャッチフレーズ」を総まくり

アサジョ / 2017年05月05日10時14分

昭和の時代にデビューしたアイドルは、必ずキャッチフレーズを付けられた。もっとも有名なところでは井森美幸。「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」だったが、48歳になった今もまだ誰のものにもなっていない独身であるため、イジられる対象になっている。 実はジャニーズタレントにもさまざまなフレーズがあった。ジャニーズの場合は、ジャニー喜多川社長がフレーズとグ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】井森美幸の誕生日に有吉弘行がツイート 「未だに誰のものでもない」と反響

TechinsightJapan / 2016年10月26日19時30分

彼女がアイドル歌手デビューした時のキャッチフレーズ“井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません”の浸透度は予想以上だ。 10月26日、井森美幸の誕生日に『有吉弘行(ariyoshihiroiki)ツイッター』で「永遠の35歳。」とツイートした有吉。実は井森にとって48回目の誕生日である。そんな彼のジョークに「永遠の20代でいたかった」「違いますよー。永遠の [全文を読む]

平愛梨に“未婚”の井森美幸が授けた結婚生活での珍アドバイスとは?

アサジョ / 2017年01月31日10時15分

「『井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません』のキャッチフレーズでアイドルデビューした井森は、彼女自身がネタにするようにいまだに誰のものにもなっていません。つまり未婚です。結婚したことがない女性の結婚アドバイスを無条件に信じるのはどうなのかというわけです。確かに少し考えれば簡単にわかることですから」(週刊誌記者) 信じる平もおかしいが、そもそも独身のくせ [全文を読む]

井森美幸、女子高生姿披露で『君の名は。』ファンが激怒! “永遠の35歳”には賛同の声が殺到

おたぽる / 2016年11月06日12時00分

最近では、アイドルとしてデビューした当時の“井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません”というキャッチフレーズをもじって、“いまだに誰のものでもありません”と、現在も独身であることを自虐するネタを披露し、笑いを取ることもしばしばですが、女性情報サイト『VenusTap』が男性500人を対象に調査した、『テレビでは"モテない女"扱いされているけど、個人的には [全文を読む]

【清純派アイドル論】我々は「平祐奈」に試されている

しらべぇ / 2015年12月23日06時30分

信じられるのは、「井森美幸16歳、誰のものでもありません」というキャッチフレーズでデビューした井森美幸がいまだに誰のものでもないという鉄板ネタくらいの2015年。我々は作られた清純イメージには極めて懐疑的な視線を向けるようになっている。■現代の清純派アイドル平祐奈姉のブログにたびたび登場しては美少女ぶりに驚嘆の声があがり、2012年から13年にかけては、「 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行が投稿した井森美幸の1枚に反響。「奇跡の人」「嫁にください」

TechinsightJapan / 2015年01月12日17時15分

現在、46歳だが歌手デビューした頃のキャッチフレーズ「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」を持ち出して「未だに誰のものでもありません」と独身をネタにするしたたかさがある。 昨年は芸能人の結婚ラッシュで幕を閉じたが、今年、もし井森美幸に結婚話が持ち上がれば大ニュースとなるのではないか。ただ、これだけ人気があるのだから残念がるファンも多そうだ。 ※画像 [全文を読む]

稲森いずみ他、四十路美女たちが独身を貫くワケ

日刊大衆 / 2017年01月03日20時00分

まさかデビュー時のキャッチフレーズ「まだ誰のものでもありません」が32年たった21世紀でも持ちネタになろうとは……。 『夕焼けニャンニャン』(フジテレビ系)なき後の夕方の帯番組『パラダイスGoGo!!』から生まれたアイドルグループ、CoCoの元メンバーである宮前真樹(43)も、いまだに独身。当時はメンバーの三浦理恵子(43)や瀬能あづさ(43)の陰に隠れて [全文を読む]

「大事な部分を◯◯で...」 下ネタもOKな浜口順子、13年目のブレイクなるか!?

メンズサイゾー / 2014年09月29日17時45分

「2001年のホリプロタレントスカウトキャラバンで4万3325人の応募者の中から見事グランプリを受賞した彼女ですが、当初から"美・笑・女"というキャッチフレーズを与えられるなど、1996年のグランプリ受賞者・深田恭子(31)や02年の石原さとみ(27)とはやや異質の路線でのデビューでした。『東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)に出場 [全文を読む]

フォーカス