代表作 宮部みゆきに関するニュース

【TBSオンデマンド】TBS地上波5月放送「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー」の見逃し配信が決定!第1夜『理由』本日23時より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月09日17時54分

TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」は、5月7日(月)にTBS地上波で放送されたドラマ「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー 第1夜『理由』」の見逃し配信を、本日5月9日(水)23時よりスタート!これを皮切りに、5月にTBS地上波で毎週月曜21時より放送される、第2夜『スナーク狩り』、第3夜『長い長い殺人』、最終夜『レベル7』とあわせ、「 [全文を読む]

文庫売り伸ばし企画「傑作宣言プロモーション」10月1日開始 ~全国の書店員が有名作家をご指名!当店の「傑作宣言」はコレだ!~

DreamNews / 2014年09月26日15時00分

「傑作宣言プロモーション」は、全国の書店員が好きな作家を指名し、その代表作から本当に面白いと思う本を「傑作宣言」しプロモーションするという、新しいスタイルの企画です。 従来のフェアは、日販もしくは出版社が対象商品を選定し、書店で展開するという形でしたが、本企画では書店員が売りたい作家・作品を選定することができるため、より各々の書店の意向を反映しやすい形と [全文を読む]

【TBSオンデマンド】沢尻エリカ主演ドラマ「悪女について」5/21(月)より配信スタート!

PR TIMES / 2012年05月22日09時26分

《出演》吉岡秀隆、杏、キムラ緑子、柳原可奈子、板谷由夏、岩松了、秋山菜津子、野波麻帆、荒川良々、石田明(NON STYLE)、上田耕一、塩見三省、伊東四朗(特別出演)、渡辺美佐子 ほか〈TBSオンデマンド作品ページURL〉http://tod.tbs.co.jp/item/2524/「宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー 第1夜『理由』」《地上波放送》2 [全文を読む]

TBS 5月の毎週月曜よる9時!宮部みゆき・4週連続“極上”ミステリー・第一夜『理由』 第二夜『スナーク狩り』 第三夜『長い長い殺人』 最終夜『レベル7』宮部みゆきの名作ミステリーをドラマ化!

PR TIMES / 2012年03月28日17時58分

そんな名実共に日本の人気作家の一人である宮部みゆきは87年にデビューし、今年でなんと25周年!! そこでTBSではこれまでの25年間で生み出した数多くの作品の中でも、ひときわ“名作”との呼び声が高い作品をドラマ化!第一夜『理由』では寺尾聰、速水もこみち、吹石一恵、香里奈(友情出演)、杉本哲太、沢村一樹、第二夜『スナーク狩り』では伊藤淳史、田中麗奈、宮川大輔 [全文を読む]

中谷美紀主演で宮部みゆき「模倣犯」が初ドラマ化!映像化は14年ぶり

dwango.jp news / 2016年06月28日07時00分

原作の「模倣犯」は、2001年に刊行され、累計420万部以上を売り上げた大ベストセラーで、“劇場型犯罪”を徹底的に描いた現代ミステリーの金字塔とも言われる宮部みゆきの代表作。作第52回芸術選奨文部科学大臣賞、第55回毎日出版文化賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞を受賞した他、「このミステリーがすごい!2002年版」[国内編]第1位、「週刊文春2001ミステリーベ [全文を読む]

注目の映画監督と異色漫画家が共鳴した、問題作『恋と罰』――「すべての片想いをしたことある人に贈ります」

週プレNEWS / 2017年05月30日11時00分

その頃、松居さんはまだ映画を撮っていなかったし、僕もまだ代表作と呼べる作品がない時期でした。 松居 お互い、もがいてた時期ですよね。『ゲームを――』は、例えるならダスティ・ホフマンの『卒業』の花嫁を奪われた側の男の物語で。引きこもって、いろんな人に励まされたり、叱咤(しった)されてもひたすらゲームをし続ける男の話(笑)。 オオイシ 最後のページも見開きでゲ [全文を読む]

ドラマ『模倣犯』が“神”だったと大反響!! 「かなり原作に忠実でよかった」とファンも納得

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月28日17時30分

『模倣犯』は宮部の代表作のひとつで、これまでに単行本と文庫本あわせて累計420万部を突破ている大ベストセラー。2002年にはSMAP・中居正広主演で映画化されていた。 今回のドラマ化にあたって、宮部が「原作はなにしろ長尺で登場人物も多いので、多々ご苦労をおかけすると思います」と語っている通り、原作はかなりの長編。映画化の際は上映時間123分に詰め込まれて [全文を読む]

宮部みゆきの「楽園」を、仲間由紀恵主演でドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2016年09月22日06時00分

「楽園」で描かれるのは、'02年に第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門などを受賞した宮部の代表作「模倣犯」の、9年後の物語。仲間は「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも、新たな難事件に立ち向かっていく女性ライター・前畑滋子を演じる。 WOWOWドラマ初出演となる仲間は今回のオファーを受けて「WOWOWの作品は“社会派ドラマ”として、壮大なスケールだった [全文を読む]

中谷美紀、宮部みゆき「模倣犯」主演でテレ東初登場!

Smartザテレビジョン / 2016年06月28日07時01分

「模倣犯」は、宮部みゆきの代表作で、累計420万部を突破、“六冠”を達成している大ベストセラー。(第52回芸術選奨文部科学大臣賞受賞/第55回毎日出版文化賞特別賞受賞/第5回司馬遼太郎賞受賞/このミステリーがすごい!2002年版[国内編]第1位/週刊文春2001ミステリーベスト10[国内部門]第1位/ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 2001 [全文を読む]

佐々木希 ネット配信ドラマで見せた“艶演技”の新境地(2)女優としての結果に強いこだわり

アサ芸プラス / 2017年08月06日17時57分

「タレントしては活躍していても、女優としての代表作はありません。『大根役者』などと揶揄されることに忸怩たる思いもあるようです。結婚してから脱ぐ女優も多いだけに、新ドラマで印象に残る“艶技”ができれば、世間の評価を覆すことになるでしょう」 最近の仕事ぶりからも、佐々木が大胆な露出を披露してくれそうな気配はビンビンと伝わってくる。 昨年9月に発売された写真集「 [全文を読む]

『バイプレイヤーズ』で注目の若手監督が原作! “片想い”をテーマにした問題作『恋と罰』コミック化で語る創作の裏側

週プレNEWS / 2017年05月31日17時00分

代表作に『包帯クラブ』(原作:天童荒太)、『スナーク狩り』(原作:宮部みゆき)、『奴隷区 僕と23人の奴隷』(原作:岡田伸一)、『0恋~ゼロコイ/交わりたい僕等~』(原作:Q)、『ごくべん』、等多数。「コミックゼノン」2012年1月号にて短編『ゲームするしかない君へ』を原作・松居大悟との初タッグで発表 ■『恋と罰』上下巻発売中! 発行:太田出版 [全文を読む]

仲間由紀恵、主演作品に「監督めちゃくちゃやったな!」

Smartザテレビジョン / 2016年12月28日18時03分

本作は宮部みゆき原作のヒューマンミステリーで、宮部の代表作「模倣犯」の9年後の物語。ライターの前畑滋子(仲間)が、「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向っていく姿を描く。今回、主演の仲間にインタビューを行い、本作の見どころや撮影現場でのエピソードを聞いた。──本作の主演に決まった時の感想をお聞かせください。WOWOWのオリジナルドラマ作 [全文を読む]

年末年始は仲間由紀恵まつり!

Smartザテレビジョン / 2016年12月09日16時00分

本作は宮部みゆき原作のヒューマンミステリーで、宮部の代表作「模倣犯」の9年後の物語が描かれる。 仲間が演じるのは、女性ライターの前畑滋子。「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向かっていく役どころで、11月末に公開された最新プロモーション動画でも、本作の重厚感がうかがえる。 また、全国2000店舗の書店では、ドラマのスタートを前に関連キャ [全文を読む]

仲間由紀恵主演ドラマに黒木瞳、夏帆らが集結

Smartザテレビジョン / 2016年10月18日11時15分

本作で描かれるのは、宮部みゆきの代表作「模倣犯」の9年後の物語。仲間は「模倣犯事件」のトラウマを抱えながらも新たな難事件に立ち向かっていく女性ライター・前畑滋子を演じる。 ■黒木瞳コメント 原作は出版された時に拝読しておりましたので、今回お話をいただき、久しぶりに自分の本棚から「楽園」を取り出しました。ドラマは原作とは多少異なる部分もありますが、宮部先生 [全文を読む]

J:COM Presents 映画のまち調布 調布市制施行60周年記念『ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・レストア・バージョン』Blu-ray BOX発売を記念した国内初の上映会を開催

PR TIMES / 2016年03月04日16時34分

代表作『転校生』(82年)、『時をかける少女』(83年)、『さびしんぼう』(85年)は“尾道三部作”と称され親しまれている。『異人たちとの夏』(88年)で毎日映画コンクール監督賞、『北京的西瓜』(89年)で山路ふみ子監督賞、『ふたり』(91年)でアメリカ・ファンタスティックサターン賞、『青春デンデケデケデケ』(92年)で平成4年度文化庁優秀映画作品賞、『S [全文を読む]

見逃し厳禁!錦戸亮主演作など来週スタートの新ドラマ

Smartザテレビジョン / 2015年10月17日10時00分

●10/22木スタート「ぼんくら2」(夜8.00~8.43 NHK総合) 宮部みゆきの時代ミステリーの代表作をドラマ化。見廻り方同心の平四郎(岸谷五朗)が事件を解決する。 ●10/22木スタート「遺産争続」(夜9.00~9.54 テレビ朝日系) 大手葬儀会社の娘(榮倉奈々)と結婚した研修医の育生(向井理)が、遺産相続争いに巻き込まれる。脚本は井上由美子。 [全文を読む]

宮部みゆきの時代ミステリー第2弾を放送!

Smartザテレビジョン / 2015年07月23日14時15分

「ぼんくら」(講談社)は、現代劇・時代劇・SFファンタジーと幅広く活躍する宮部の時代ミステリーにおける代表作。主人公・井筒平四郎(岸谷)は、周囲から“ぼんくら”扱いされる無精者の見廻り方同心。捕物のような面倒事は大嫌い、というキャラクターだ。 今回放送される「ぼんくら2」では、「ぼんくら」の続編である「日暮らし」のエピソードが描かれる。シーズン1では、江 [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

代表作の『南国太平記』にちなみ、南国忌とも呼ばれます。ところで、「直木賞」と「芥川賞」の違いと詳細って、ご存じですか? 「半年に一度発表されているけれど、それぞれどのような作家・作品から選ばれているのか、実は知らない……」という人が多いかもしれません。今回それぞれ解説をしていきますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。 まず直木賞の解説から。直木賞は [全文を読む]

来春公開の一大ヒューマン・ミステリー「ソロモンの偽証 前篇・事件」場面写真公開

Entame Plex / 2014年11月27日17時47分

「ソロモンの偽証」は、ベストセラー作家・宮部みゆきの代表作の1つで、今回は日本アカデミー賞ほか主要映画賞を30冠受賞した成島出監督をはじめとする「八日目の蟬」チームが再結集し完全映画化。主演は、1万人ものオーディションの中から選ばれた藤野涼子。その他、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑 [全文を読む]

ワースト2位の剛力彩芽、SMAP・木村拓哉『HERO』独走! 夏ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2014年07月23日15時50分

大差をつけて初回トップを飾ったのは、13年ぶりに連ドラでカムバックした木村の代表作『HERO』。今回は夏の放送ということもあって、トレードマークだった茶色のダウンジャケットは脱ぎ去り、舞台となる東京地検城西支部のメンバーも一部入れ替わった。26.5%という高視聴率は今年放送されたドラマの中でも最高記録となったが、21日放送の2話では19.0%と、一気に視 [全文を読む]

フォーカス