ガリレオ 東野圭吾に関するニュース

【フジテレビ】月9ドラマ『ガリレオ』福山雅治演じる湯川学のオリジナルキャラクター“ユカワくん”がLINEスタンプに登場! 5月30日(木)より提供開始

PR TIMES / 2013年05月30日19時04分

===============================フジテレビで放送中の月9ドラマ『ガリレオ』福山雅治演じる湯川学のオリジナルキャラクター“ユカワくん”がLINEスタンプに登場!本日5月30日(木)より提供開始http://www.fujitv.co.jp/galileo/ (番組公式サイト)=========================== [全文を読む]

「ガリレオ」劇場版第2弾 「真夏の方程式」 ユーネクストにて配信開始

PR TIMES / 2013年12月25日11時59分

「真夏の方程式」は、日本中を深い感動で包んだ大ヒット作、劇場版「容疑者Xの献身」に続く、東野圭吾の人気小説をドラマ化した連続ドラマ「ガリレオ」の劇場版第2弾です。 2007年からフジテレビで放送された「ガリレオ」では、変人でありながら天才的な頭脳を持つ物理学者・湯川学を演じた福山雅治の見事なまでの好演が大反響を呼び、異例の高視聴率を記録しています。 さら [全文を読む]

ガリレオシリーズ「真夏の方程式」から4作品連続!中国で出版再開した東野圭吾氏の4作品すべてを当社が版権エージェント

PR TIMES / 2014年01月06日14時31分

新たにエージェント契約を締結した作品は、2012年に文藝春秋より出版された東野圭吾氏「ガリレオシリーズ」の第7弾「虚像の道化師」、同じく第8弾の「禁断の魔術」、第26回柴田錬三郎賞を受賞した「夢幻花」の3作品です。 ガリレオシリーズ第7弾、8弾は、現在翻訳作業を行なっており、今年7月以降に中国の文芸出版社の大手である上海訳文出版社より刊行され、「夢幻花」 [全文を読む]

ドラマ「ガリレオ」もうすぐスタート! ファミマでキャンペーンも

えん食べ / 2013年04月03日12時00分

ファミリーマートは、人気ドラマ「ガリレオ」続編の放送開始にあたり、オリジナルグッズや人気家電が当たる「ガリレオキャンペーン」を4月29日まで実施している。 このキャンペーンでは、500円以上購入のレシートに印字される応募コードを必要口数貯め、特設サイトから希望するコースに応募すると、抽選で「東芝 防水ポータブル DVD プレーヤー」や「ガリレオキャンペーン [全文を読む]

福山雅治、惨敗スタートのワケ

NewsCafe / 2016年04月14日16時00分

福山の代表作ともいえるドラマ「ガリレオ」シリーズ(同系)の2013年放送分は、初回視聴率が22.6%だったことを考えると、今回の数字は目も当てられないだろう。 「『ラヴソング』は、人気小説のドラマ化ではないし、『吃音』に苦しむヒロインを演じる歌手、藤原さくら(20)は演技が初経験。そして、裏番組には他局が強力なバラエティーを並べたことも不利に働きました」 [全文を読む]

東野圭吾「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」 新刊『ラプラスの魔女』は作家デビュー30周年記念作品

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月10日22時40分

また、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズなど、映像化となった作品も多い。 そんな東野氏の30周年を飾る記念碑的作品『ラプラスの魔女』に付けられたキャッチコピーは「彼女は計算して奇跡を起こす。」――圧倒的スケールをもって描かれるミステリ長編だ。 本作に対して東野氏本人より以下のコメントが届いている。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみ [全文を読む]

柴咲コウが女優業引退を示唆? 『ガリレオ』降板の裏側

メンズサイゾー / 2013年01月25日15時00分

福山雅治が主演し、大ヒットしたドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)の続編が、4月スタートの月9枠で放送されることが発表された。原作は東野圭吾の人気ミステリーで、第一シリーズは今から6年前の2007年に制作され、全話の平均視聴率が20%を超えるヒット作品となっていた。そのため、低視聴率にあえいでいるフジは「何としても復活させたい」と昨年早い段階から奔走していた [全文を読む]

柴咲コウ 「ガリレオ」ヒロインを吉高由里子に奪われた!「女優やる気ナシで賞味期限も切れた」

アサ芸プラス / 2012年10月10日10時54分

福山雅治(43)と柴咲コウ(31)のコンビで、ドラマ&映画で大ヒットを飛ばした東野圭吾氏原作の「ガリレオ」シリーズ。先日、その新作が制作されることが発表されたが、なんとヒロインは柴咲から吉高由里子(24)に交代! いったい、何が起こっているのか。 * 「業界内にも『なぜ?』の声が続出しました」 そう映画ライターが語るのは、先日、08年の「容疑者Xの献身」( [全文を読む]

福山雅治『ガリレオ』シリーズがまた映画化も、なぜか柴咲コウが降板......?

日刊サイゾー / 2012年09月21日08時00分

東野圭吾原作の『ガリレオ』シリーズが、また映画化されるという。「もちろん、主演は福山雅治さんで、原作は昨年発売された『真夏の方程式』です。10月からクランクインで台本はすでにできているのですが、そこには相方の柴咲コウさんの名前がなかったんです。もちろん、原作には出てきますから、何があったのかみんな気になってます」(映画関係者) もともとは"月9"で放送され [全文を読む]

“ましゃロス”は完全終了!福山雅治の「月9爆死」危機を救うのは?

アサ芸プラス / 2016年02月10日09時59分

福山が主演を務めるのは、13年に放送された同局のドラマ「ガリレオ」以来、約3年ぶりとなる。 前作の「ガリレオ」が平均視聴率19.9%という高い数字を叩き出したこともあり、不振にあえぐフジテレビが「ラヴソング」に過剰なほど期待をかけているのは間違いない。ところが、ネット上の反応ははっきりいって冷ややかだ。「昨年9月の吹石一恵との結婚は確かに世の女性たちに大き [全文を読む]

ガリレオ、龍馬、チイ兄ちゃん…絶好調・福山雅治の出演作人気ランキング!

NewsCafe / 2013年10月18日12時00分

※回答総数…696件【1位】ガリレオ シリーズ(テレビドラマ)(34.5%)■じつにおもしろい![男性/10代/会社員]■白衣姿も眼鏡姿も色気を感じる。[女性/40代/会社員]■元はエンジニアだった東野さんらしい科学的なトリックが面白い。[男性/40代/会社員]【2位】ひとつ屋根の下(21.4%)■インテリのチイ兄が良かった。[男性/30代/自営業]■チイ [全文を読む]

ガリレオトリビア 湯川の想定キャラは佐野史郎

WEB女性自身 / 2013年07月08日07時00分

6月24日に最終回を迎えた、高視聴率ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)。劇場版第2弾となる映画『真夏の方程式』も現在公開中だ。プレミア上映会では、共演の吉高由里子が「気さくで撮影後半は冗談しか言わなかった」といえば、福山は「セクハラまがいのフルスイングをね」と応え、会場を沸かせていた。 そこで、これを読めば映画『真夏の方程式』がより楽しめる、『ガリレオ』ト [全文を読む]

元フジテレビP 「今は月9文化残すための試行錯誤期」

NEWSポストセブン / 2017年03月06日07時00分

元フジテレビ社員でフリープロデューサーの鈴木吉弘さんは、『ガリレオ』『ラヴソング』(いずれもフジテレビ系)などいくつものドラマを手掛けてきた。 「民放で番組を作る以上、視聴率を気にしない人はいないと思います。テレビ局は視聴率の対価としてスポンサーから収入を得ている、視聴率を取ることを目指すのは正しいことだと思います」 と鈴木さん。東野圭吾さんのベストセラ [全文を読む]

丸善、ジュンク堂書店、文教堂、honto電子書店、hontoネット通販の販売データを集計書籍の最新動向を解説『2015年honto6月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年07月08日11時24分

-ハイブリッド型総合書店「honto」-~大人気の「ガリレオ」シリーズ東野圭吾『禁断の魔術』が1位を獲得~ ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoポイントサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jpサイトで購入された書籍や電子書籍の販売 [全文を読む]

「福山雅治特集 最新映画&ライブ」・・・大ヒット映画「真夏の方程式」をテレビ初放送!

PR TIMES / 2014年04月17日14時20分

<「福山雅治特集 最新映画&ライブ」のみどころ>映画「真夏の方程式」は、東野圭吾の人気小説“ガリレオシリーズ”を映画化した第2弾で、福山がガリレオこと天才物理学者の湯川学を演じ、2013年公開の実写映画で興行収入第1位にもなった大ヒット作だ。撮影当時、映画「容疑者Xの献身」から5年ぶりで再び湯川を演じることになった福山は、「湯川先生は普通の人間ではなく、2 [全文を読む]

「こんなに時間をかけ、考えた作品は他にない」 東野圭吾、新作を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月15日11時30分

どうやら「アサガオ」と思われる花なのだが、実は「黄色いアサガオ」は江戸時代の変化朝顔の隆盛以降、姿を消した幻の花であり、まさか、それが現代に蘇った?……バイオ技術をキーに、殺人事件の犯人探しと謎の花が絶妙に絡んだミステリの世界は、さすがにガリレオ・シリーズで一気に科学ミステリを親しみやすいものにした著者ならでは。しかも、シリーズものではなく本作は単発の長編 [全文を読む]

構想10年!東野圭吾最新作『夢幻花』は“黄色いアサガオ”をめぐる長編ミステリ

PR TIMES / 2013年04月08日13時17分

福山雅治主演の月9ドラマ『ガリレオ』の原作でもある『探偵ガリレオ』シリーズ、『秘密』『白夜行』『新参者』など、ヒット作を連発している超人気作家・東野圭吾の最新ミステリが遂に発売。この作品は、「最新作」でありながら、ファンにとっては「10年来の待望の一作」でもあります。『夢幻花』はもともと月刊誌『歴史街道』に2002年から2004年にかけて連載された作品。連 [全文を読む]

大島優子がスノボの腕前を披露!「疾風ロンド」撮影秘話を明かす

Walkerplus / 2016年11月25日15時47分

「以前、東野圭吾さん原作のドラマ『ガリレオ』に出演させていただいたんですが、とてもシリアスな内容だったんです。今回も、クールでサスペンスフルな映画になるんだろうなと思ってたんですけど…びっくりでした(笑)」 「あまちゃん」の演出でも手腕を発揮した吉田照幸が監督×コミカルな役柄にも定評のある阿部寛が主演という化学反応で、笑いが散りばめられた一級のエンターテ [全文を読む]

作家の東野圭吾が元少年A 『絶歌』めぐり幻冬舎に激しい抗議!? 出版断念の原因か

リテラ / 2015年07月12日19時00分

東野氏は加賀恭一郎シリーズやガリレオシリーズ、『白夜行』など数多くのヒット作を連発し続けている売れっ子作家で、作品の多くが映像化もされている。そんな東野氏と元少年Aの手記に一体どんな関係があるのか。 じつは今年初めの段階で、幻冬舎が元少年Aの手記を出す計画をもっていることを、「週刊新潮」(新潮社)がすっぱ抜いているが、これを東野氏が読んで反応したのだという [全文を読む]

東野圭吾、作家デビュー30周年記念作品 過去作を “ぶっ壊す”。通算80作目の新境地

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月11日11時30分

多彩なトリックとアイデアが詰め込まれた初期の本格推理小説群や、頭脳明晰な探偵役が論理で謎を解くガリレオ、加賀恭一郎など人気シリーズの要素を巧みに盛り込みながらも、物語の核となる部分に関しては明らかに過去作と一線を画している。「空想科学ミステリ」というコピーにわずかな違和感を抱く読者もいるかもしれない。だが東野圭吾が描くのは荒唐無稽な「空想科学」ではなく、圧 [全文を読む]

フォーカス