名医 精神科に関するニュース

精神病の5割が誤診?誤った薬服用で治りにくく 画期的診断補助機器、なぜ広まらない?

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

それは誰もが認める名医でしょう。しかし、今回取材を受けてくれた精神科医も、優秀ではあっても誤診が多かったことを認めているのです。だからこそ、光トポ検査が大事になります。 ●施設基準というハードル その光トポ検査は2009年から先進医療となり、14年から保険適用になりました。ところが、この検査を行える医療機関があまりに少ないのです。クリニックレベルではほとん [全文を読む]

「恋愛は変態への第一歩」――“静かな変人”堺雅人『Dr.倫太郎』に流れるタモリイズム

日刊サイゾー / 2015年05月19日19時00分

精神科の名医像といっても過言ではありません」(日刊ゲンダイ)と絶賛するように、常に微笑みを浮かべ相手の話を聞き、静かなトーンで語りかけるその佇まいは、精神科医そのものだ。 第5話では、倫太郎の過去が明かされている。中学の時、母が自殺したというのだ。母はうつ病を患っていた。それに気付かなかった倫太郎は、お茶をいれて何かを話そうとした母を遮って、「頑張れ」と言 [全文を読む]

血便が続く、吐き気が収まらない がんが見逃された誤診実例

NEWSポストセブン / 2017年04月21日07時00分

いくら「名医」といっても完璧ではない。時に誤診はあるもの。日本最高の名医・沖中重雄氏であっても14.2%の誤診はあったという。フランスの論文でも30%の誤診があったという報告がある。誤診が起こる理由としてもっとも多いのが診察時の「見誤り」や「見落とし」だ。実例を見ていこう。 〈血便が続いていたので肛門科で検査したところ、「切れ痔」と診断された。塗り薬での治 [全文を読む]

斎藤茂太氏のベストセラー3冊をまとめて収録! 『モタさんの人間関係で悩まないセット』が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2017年07月10日16時30分

<書籍概要>■モタさんの人間関係で悩まないセット著者:斎藤茂太◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2v0LLPx◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2tYyxpA◆Google Playリンク:http://bit.ly/2t3A4pD◆iBooksリンク:http://apple.co/2tEXzaz◆ [全文を読む]

若年患者の“ニュータイプ”…抗うつ薬が効かない「双極性障害II型」が増殖中! その治療法は?

週プレNEWS / 2017年01月23日11時00分

現代人の生活は、かつて「オヤジ病」といわれた病気の低年齢化をグイグイ進行させていた! 名医たちの指南で、2017年こそ心機一転、健康なカラダとココロを取り戻せ! ■「新型うつ」の診断に新たな光 10代から高齢者まで、日本のうつ病患者は増える一方だが、なかでも若年患者の増加が目立つ。しかも、高齢者のうつ病がほぼ従来型の症状であるのに対し、若い世代は「新型うつ [全文を読む]

精神科医が語る「こんなブラック精神科医には気をつけろ!」

しらべぇ / 2016年01月18日11時00分

回復しているなら当事者にとって名医だろうが、医師と合わない場合は余計に病状が悪化しかねない。正解は分からなくても、どう見てもアウトな精神科医を同業の精神科医に解説してもらった。(1)患者を攻撃する精神科医医者に助けを求めているのに、なぜか高圧的な態度や言動で患者を威圧する。本人にとっては正しい治療法なのだろうが、心が折れている人間をさらに痛めつけて何の益が [全文を読む]

天才的な名医たちが治療の一環で事件を解決!? 今話題の異色の医療ミステリーとは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月19日08時00分

たとえば、「息子を殺した犯人を見つけ出してほしい」という患者の無茶な依頼をかなえる医師がいたとしたら…? 今、前代未聞の名医集団が、ミステリー領域を席巻しようとしている。それくらい面白いのだ。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 知念実希人氏著『神酒クリニックで乾杯を』(KADOKAWA)は、手術をさせても一流、事件の捜査をさせても一流、という一風変 [全文を読む]

「Amazonオールタイムベスト小説100」 から選ぶ、文庫&Kindleで読めるガチで面白い小説

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月11日18時40分

こいつは利口か、馬鹿か? 名医かヤブ医者か。ヘンなビョーキの人々を描いた連作短篇集。(Amazonレビュー平均点:4.5点|Amazonレビュー数:226件) 『精神科医伊良部シリーズ』の第1作。第127回直木賞候補作品で、テレビアニメ化や映画化もされた人気作。肩の力を抜いて、さらっと楽しく読める内容です! [全文を読む]

『図解版 心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる』(斎藤茂太=著)など 全42作品が、Google Play ブックス「300円以下で読める雑学ビジネス本」の対象作品に選出!!

DreamNews / 2017年09月01日18時00分

<書籍概要4>■図解版 心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる著者:斎藤茂太 通常価格:1215円(税込)特別価格:200円(税込、2017年9月21日までの期間限定)◆Google Playリンク:https://goo.gl/fRQFgX <内容紹介>★“心の名医”モタさんの今日からできる、『やさしい習慣術』★何度も読み直したいとの声続出! 精神 [全文を読む]

斎藤茂太氏のベストセラー図解版が登場! 『図解版 心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる』が、Kindleストアなど4電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2017年07月28日16時30分

<書籍概要>■図解版 心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる著者:斎藤茂太◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2v28XAE◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2uHOv5r◆Google Playリンク:http://bit.ly/2tIlEwe◆iBooksリンク:http://apple.co/ [全文を読む]

睡眠は音楽で変わる!|「よく眠れる」音楽の特徴

Fuminners / 2017年04月19日17時00分

監修:今野 裕之(精神科) <参照>「自律神経の名医がつくった ぐっすり眠るためのCDブック」小林弘幸(アスコム) 「聞くだけ最恐ストレスからあなたの自律神経を守りぬくCDブック」和合治久(ワニブックス) 「人体のしくみと病気がわかる事典」奈良信雄(西東社) 「驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100」三橋美穂(かんき出版) photo:Getty [全文を読む]

オヤジ病が低年齢化…20代で骨、臓器、筋肉、そして心の病が深刻化する要因とは

週プレNEWS / 2017年01月06日06時00分

現代人の生活は、かつて「オヤジ病」といわれた病気の低年齢化をグイグイ進行させていた! 名医たちの指南で、2017年こそ心機一転、健康なカラダとココロを取り戻せ! 『週刊プレイボーイ』3&4新年合併特大号(1月5日発売)で掲載中のその内容をご紹介! ■現代社会は老化の元凶だらけ! 肺炎、肺結核、糖尿病、脳梗塞(こうそく)、心筋梗塞、動脈硬化…といった病名を並 [全文を読む]

「こだわり」の罠を解く東洋医学の手法

Forbes JAPAN / 2016年08月27日08時30分

江戸時代の名医 和田東郭(1743〜1803)は、どの医者からも見放されてしまった起き上がれない婦人に「紅毛人(※オランダ人)からの奇石だ」と、路傍の石ころを持たせ、「それをさすると病はたちどころに癒える」と伝えた。婦人はその通りにすると、起き上がれるようになったという。漢方医の間ではよく知られた話だ。病人は自分の状態を正確に認識していないものである。思 [全文を読む]

今年は泌尿器科ドラマがウケる!? 2016年に当たりそうなドラマとは?

tocana / 2016年01月02日09時00分

病院の堕落した体質にメスを入れていく『DOCTORS3 最強の名医』(テレビ朝日系)、ナース版“大奥”の『まっしろ』(TBS系)、タイトルそのままのドラマ『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ系)、天才精神科医が主人公の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)、産科医の奮闘を描く『コウノドリ』(TBS系)。こちらもケツの穴までむしり取るがごとく、テレビマンが荒らしまく [全文を読む]

『Dr.倫太郎』ハリセンボン近藤春菜の“女優ぶり”に各方面から絶賛の声「オファー相次ぐ」

日刊サイゾー / 2015年04月28日09時00分

堺が演じる倫太郎の名医ぶりを際立たせていた。 精神的に病んだ様子がリアルに感じられる迫真の演技には、視聴者からも「一番印象に残った」という声が数多く上がっている。 日テレにもその好評の声が届いており、このドラマに携わった関係者も「こういうドラマの場合、設定や学術的な解釈について慎重にならなくちゃいけないことも多く、実際の医療従事者や患者から抗議を受けること [全文を読む]

フォーカス