精神科 精神疾患に関するニュース

病気の特徴を知り、傾聴につとめる 精神疾患を患う利用者の支援で重要なこと―1

けあZine / 2016年05月18日07時00分

最近はマンガなどで、精神疾患をわかりやすく解説してくれる書物が増えてきていますが、実際には精神科、心療内科に通院することに対して偏見や抵抗があったり、精神疾患の病識がわからず、どうしていいかわからないことがあります。 特に医療、福祉の現場では、より精神疾患の方を支援するケースが増加しており、対応に困るケースが増加しています。実際に筆者も支援する上で困り、 [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

精神科医に当て字したものだ。プロフィールを見ると、雑誌記者を経て、精神科医になったという特異な経歴の持ち主である。今は都内で自費診療のカウンセリング・オフィスを開業。とある。クリニック(診療所や医院)ではないところに注意が必要だ。ところで、この小説は「原案」だが、「原作」とは、どこが違うのだろう。筆者なりの理解では「原案」は「脚本のヒントはもらったけれど、 [全文を読む]

お手軽な手続きで健康な人が強制入院!? 韓国で精神病患者が急増しているワケ

日刊サイゾー / 2014年04月03日19時00分

韓国では最近、精神科病院に入院する人が急増しているという。極度の競争社会によるストレスが原因かと思いきや、どうやら精神病患者自体が急激に増えているというわけではないらしい。なんと、健康でありながら本人の同意もなく“強制入院”させられる人が増加しているというのだ。その数は、ここ4年間で10倍に膨れ上がったと分析されている。 そもそも韓国の強制入院のプロセスは [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

■遠隔診療導入の背景当院は、精神科・心療内科の一般外来はもちろん、小児の発達障害や不登校および心身症などを診療する児童精神科、心理カウンセリングといった幅広い支援体制で、子供から大人まで多様な心の悩みに対応するクリニックです。精神疾患においては、多忙から継続的な通院が途絶えてしまったり、心理的ハードルから初回の診療をためらったりという理由から、症状が悪化し [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以下当院)は、遠隔診療を導入した精神科外来の受付を本日より開始いたします。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以 [全文を読む]

認知症など精神疾患を抱える患者らの支えに 精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』

認知症ねっと / 2015年03月10日17時00分

2月17日より株式会社オリノスは、精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』を、2015年2月17日にリリースしたと発表した。精神科医療に従事する人に向けたサイトとなり、業界ニュースの共有、グループでの意見交換、各種Q&Aなど、活発な情報交換がおこなえる場を提供していく。現在、利用は全て無料。「入院医療中心から地域生活中心へ」2004年9月に、精神保健福祉対策 [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

実はつい最近、精神科病棟に入院していた事がありました(衝撃の告白)。 娘たちの不登校と態度に完全に参ってしまい、完全に自分が壊れていた事までは覚えていますが騒ぎが酷くなり警察に保護され、気が付いたら精神科病院に護送されていました。そこで受けた診断は「自殺、または他害の危険性があるため措置入院」。 名古屋市長の権限で有無を言わさず入院。発作的な、一時的な騒 [全文を読む]

国内初!厚生労働省ガイドライン準拠 医師による監修システム開発・導入によりローコストオペレーションでストレスチェック実施の実現 ストレスチェック実施フロー全てを「FiNC for Business」で

DreamNews / 2016年12月21日11時00分

株式会社FiNCは、精神科医の吉野聡医師による法人向けウェルネス経営サービス「FiNC for Business」ストレスチェック監修システムの開発・導入によって、事業所独自に実施者を用意し、面接対象者の選定をしていただく必要がなくなります。この取組みは国内初となり、これにより「FiNC for Business」は、ローコストオペレーションでストレスチェ [全文を読む]

精神病の5割が誤診?誤った薬服用で治りにくく 画期的診断補助機器、なぜ広まらない?

Business Journal / 2015年09月30日06時00分

2006年に「光トポグラフィー(光トポ)」を導入し、診断補助として使っている精神科医が、筆者の取材を受け、次のように吐露しました。 「私は、自身が光トポ導入前に行ってきた診断を再チェックしました。すると約50%誤診していました。導入後、誤診はほとんどありません」 精神科ではうつ病、双極性障害(そううつ病)などの精神疾患の誤診が多く、薬の間違った処方と、その [全文を読む]

飲酒が増える季節の気になる健康状態!?ドクターに聞いた!休肝日のノンアルコールワイン活用法

PR TIMES / 2015年12月01日11時19分

精神科医による健康的なお酒の付き合い方とは?ノンアルコールワインの魅力を情報発信していくWEBマガジンで、精神科の医師による、休肝日のノンアルコールワイン活用法に関する記事を公開。 株式会社湘南貿易 (本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:橋本 則夫)では、暮らしに役立つノンアルコールワイン生活向上を目的としたWEBマガジン(オウンドメディア)『MELLO [全文を読む]

「太宰治みたいでかっこよくない!?」 精神科に入院した漫画家が見た病院の実態とは

ウートピ / 2015年09月10日12時00分

メンタルを病む患者が増えているとはいえ、精神科、それも入院とまでなると、さすがになじみがないという人も多いことだろう。今回は、自身の精神科病院入院生活を描いたコミックエッセイ『こころを病んで精神科病院に入院していました。』(KADOKAWA)を上梓した安藤たかゆきさんに、入院生活の実態や現代のメンタルヘルス問題について聞いた。自傷行為や他人を傷つけるかどう [全文を読む]

精神障害者による犯罪は少ない 報道で誤ったイメージが流布

NEWSポストセブン / 2012年06月20日16時01分

もちろんそれも悲惨な事例ですが、自分の欲望や利益のために殺人をするといった自己中心的な行動に出ることはほとんどありません」 さらに、精神科医の片田珠美氏は心の病と犯罪について、こんな言い方をした。 「精神科などのクリニックに通院している人は、周囲も本人も病気であるという認識を持っていることが多く、薬物・精神療法で病状をコントロールしていますし、重い統合失調 [全文を読む]

蜂の巣や蓮が怖い!? 「ブツブツ恐怖症」とは

オールアバウト / 2017年09月26日20時45分

仮に100人の人がいれば、そのうちの5~10人は日常、強い不安や恐怖を覚える何かしらの対象があり、それに対して精神科的な対処を受けることが望ましいと推定されています。ここでは恐怖の対象として、小さな穴の集合体やブツブツなどを怖く感じる「トライポフォビア」について、詳しく解説します。小さな穴の集まりが怖い? トライポフォビアとは「トライポフォビア」という言葉 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) 編

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

もともとは精神科ソーシャルワーカーと呼ばれていた歴史のある職業ですが、1997年に「精神保健福祉士」という国家資格になりました。その業務範囲は職場などによってもさまざまですが、今回は在宅療養支援診療所に勤める精神保健福祉士の金子充さんにお話を伺いました。■在宅診療所で働くソーシャルワーカーも増えているQ1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください精神 [全文を読む]

成分や効果が大きく異なる!睡眠薬の処方薬と市販薬の違い

Fuminners / 2017年04月06日17時00分

監修:坪田聡(雨晴クリニック副院長) <参照>『精神科の薬がわかる本 第3版』姫井昭男 『睡眠薬中毒』内海聡 『睡眠障害のなぞを解く』櫻井武 厚生労働省eヘルスネット 不眠症https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html エスエス製薬 睡眠改善薬ってどんなもの?http [全文を読む]

「『Welbyマイカルテ』の食事管理機能を使うことで、診療がより具体的になる」 【ブレインケアクリニック 院長 今野裕之 氏】

Welby Media / 2016年08月16日12時33分

開業する前は精神科病院で働いていました。そこではうつ病などの精神疾患の患者さんに対して標準的な精神療法・薬物療法を中心に治療を行っていました。しかし、それだけでは十分な治療効果をあげられない方に対してほかにも効果的な治療法がないか、ずっと模索していました。そこで着目したのが、栄養素の働きを最大限に活用して最良の健康状態を目指す治療法、「栄養療法」でした。 [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

九州大学付属病院、肥前医療センター精神科、園田病院精神科、九州大学付属病院精神神経科、八幡厚生病院、北九州市精神保健福祉センターなどを経て、2008年になかなみメンタルクリニックを開設。門司特別支援学校専門医、北九州中央高等学園専門医などを務める。(資格)精神保健指定医、精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医(所属団体)日本精神神経医学会、日本児童青年 [全文を読む]

心拍と脈拍が高く夜も熟睡できない…よい治療法は?

オトコクラス / 2016年04月11日11時00分

(精神科医師)』 『内容からは男性の更年期の症状である可能性ももちろんありますが、夜眠れずカッとなってしまう、何年も笑っていないのはうつ病が原因の可能性もあります。男性の更年期でもイライラしてしまったり不眠の悩みを抱えることはあるので、どちらとも言い難いですが医療機関を受診して検査や診察を受けられることをおすすめします。(看護師)』 『うつの場合もやる気が [全文を読む]

【覚醒剤】加熱する清原逮捕の報道が「被害者」を量産している

まぐまぐニュース! / 2016年02月26日11時00分

記者の引地達也さんは、自身のメルマガ 『ジャーナリスティックなやさしい未来』の中で、メディアはここぞとばかりに清原容疑者のことをセンセーショナルに書き立てているが、覚醒剤の抑止効果など期待できず、むしろ精神科の患者への偏見が強まるだけだと怒りの声をあげています。 清原容疑者の覚せい剤問題で浮かび上がる精神病院への偏見 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕さ [全文を読む]

近大高専 第4回市民公開講座 「こころの不調~その気づきとストレスマネジメント~」

News2u.net / 2017年08月30日14時00分

■お問合せ:近畿大学工業高等専門学校事務部 TEL(0595)41-0111 FAX(0595)62-1320 E-mail:kkoza@ktc.ac.jp 【講師プロフィール】 近畿大学医学部精神神経科学教室 教授 白川 治(しらかわ おさむ) 学 位:医学博士 専門分野 :気分障害の診断と治療、自殺研究、臨床精神薬理(精神科薬物療法) 研究テーマ:気 [全文を読む]

フォーカス