カウンセリング 精神科に関するニュース

妊娠中の精神安定剤の利用と、相談窓口について

イクシル / 2016年04月22日18時00分

(健康管理科看護師)』 カウンセリングの相談は、病院や行政の窓口へ カウンセリングなどに関する相談を受け付けてくれる窓口について、教えてくれました。 『精神科と産科のある総合病院でしたら、互いの主治医が情報交換しながら状態を診てくれるでしょう。また、精神科にかかれば主治医はもちろん、臨床心理士などが適宜カウンセリングを行い、メンタルケアも行ってくれます。( [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

今は都内で自費診療のカウンセリング・オフィスを開業。とある。クリニック(診療所や医院)ではないところに注意が必要だ。ところで、この小説は「原案」だが、「原作」とは、どこが違うのだろう。筆者なりの理解では「原案」は「脚本のヒントはもらったけれど、ストーリーや人物設定はオリジナル」。「原作」は「ストーリー、人物設定ともに借りて有るが、オリジナルの要素を付け加え [全文を読む]

リエンゲージメント運営の「カウンセリングルーム Reengagement」 事業譲渡により7月下旬に移転・拡張

@Press / 2017年07月07日11時00分

一般社団法人リエンゲージメント(所在地:東京都新宿区、代表理事:本田 勝人)は、運営する「カウンセリングルーム Reengagement」をグループ事業の「三田こころの健康クリニック新宿」に事業譲渡し、名称を「新宿御苑前カウンセリングセンター」に変更して、移転・拡張いたします。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/ [全文を読む]

うつ病の可能性あり・・・会社に知られずに受診できる?

オトコクラス / 2015年09月22日11時00分

(30代・男性)』 心療内科でカウンセリングを保険適用外で受ける方法も 精神科の前に、心療内科でカウンセリングを受けるだけでも気持ちが軽くなるのでは、とのアドバイスが専門家から寄せられました。 『うつ傾向にあるのでしたら、専門の機関、精神科での治療をおすすめしますが、保険を使いたくないのでしたら、心療内科でのカウンセリング、心理療法を受けてはいかがでしょう [全文を読む]

<堺雅人は日野倫太郎をどう演じるのか>「Dr.倫太郎」が描くのは日本に30人しかいない絶滅危惧種となった精神分析家

メディアゴン / 2015年04月17日09時37分

倫太郎もクライエントとして失言ばかりする無能な総理を担いで頭の痛い内閣官房長官(石橋蓮司)の出張カウンセリングをしている。さて、カウンセリングの要諦は「傾聴」と「共感」であると言われる。両方とも大事だが、まずは「傾聴」が最も大切。「傾聴」はとにかく、相手の話を聞くこと。指示や話の流れを止める質問はしてはならないが、倫太郎は官房長官に意見を言う。このあたりは [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

■遠隔診療導入の背景当院は、精神科・心療内科の一般外来はもちろん、小児の発達障害や不登校および心身症などを診療する児童精神科、心理カウンセリングといった幅広い支援体制で、子供から大人まで多様な心の悩みに対応するクリニックです。精神疾患においては、多忙から継続的な通院が途絶えてしまったり、心理的ハードルから初回の診療をためらったりという理由から、症状が悪化し [全文を読む]

職場のストレスで体調不良に…心療内科の受診のタイミングは?

オトコクラス / 2016年11月27日11時00分

(医師) 』 『 お薬が必要かどうかは医師が判断することですし、カウンセリングなどを受けることだけでも気持ちが楽にあり、体の症状が軽減することもあります。もちろん、胃が痛いなどに対して内科や消化器科を受診することも大切です。ですが、一度にたくさんの症状が出現した場合には、心療内科や精神科も受診しつつ、内科を受診することも可能です。あまり考えすぎずに、受診し [全文を読む]

常に自分が自分でない浮遊した感覚…離人症は治せるか?

オトコクラス / 2015年10月29日18時00分

(看護師)』 完治は難しいものの、カウンセリングや薬で緩和も 決まった治療法はないものの、悪化することはなく、カウンセリングや投薬で症状が和らぐこともあるようです。 『離人症の原因は、気持ちが自分から離れないといけないような原因があることもあります。命に関わる交通事故にあったときなどです。死んでしまうかもしれないという恐怖から逃れるため、無意識に自分の感覚 [全文を読む]

小学1年の子どもが毎週月曜日に腹痛…ストレスが原因?

イクシル / 2015年07月18日11時00分

身体に問題がないか調べても異常がない場合は、カウンセリングも検討するようアドバイスしてくれました。 『小さいお子さんは、よく腹痛を訴えますが、便秘、ガスの貯留、風邪の前症状などがほとんどで、強い痛みを訴えても便やガスが出るとケロッと治る場合があります。このような場合は日にちや時間は関係ありませんが、毎週月曜日に腹痛を訴えるのでしたら、ストレスを抱えているか [全文を読む]

うつ病かも、と思ったらどのタイミングで受診すべき?

オトコクラス / 2016年08月17日11時00分

(医師) 』 『精神科と聞くとどうしても抵抗があると思いますが、カウンセリングを受ける気持ちで受診をされてみてはいかがでしょうか。現在の状況で特に精神科に通ったからといって、仕事に支障が出ることはないでしょう。重症化するほうがよほど仕事やプライベートに支障をきたすようになります。早い段階で受診されたほうがよいでしょう。(看護師)』 ストレスの多い仕事では、 [全文を読む]

「児童ポルノ」ネット公開で有罪、5万点超を収集した男性が裁判で語った「理由」

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月29日12時20分

再犯防止に向けて、男性は「精神科医のカウンセリングを受けます。ほかにも、麻薬(依存症患者を支援する)の『ダルク(DARC)』のようなものが性犯罪者向けにもあると聞いたので、探してみようと思います」と答えた。 ●再犯防止支援が乏しい日本 しかし、本人に強い意思があっても、性犯罪者が効果的な更生プログラムを受けるのは難しい。精神科医で日本で唯一の性犯罪者の治 [全文を読む]

悩みが多くてなかなか寝つけず、眠りは浅い…改善法は?

オトコクラス / 2016年01月15日16時00分

(医師) 』 受診するなら内科、あるいは心療内科か精神科へ 心療内科か精神科でカウンセリングを受ける、あるいは内科で睡眠薬や安定剤を処方してもらうとよいようです。 『原因となる悩みが改善しないと、なかなか状況は改善しないでしょう。また、睡眠不足が続くと、考え事も投げやりになったりネガティブなことばかり考えてしまいがちで悪循環です。(医師)』 『悩みがあって [全文を読む]

児童虐待の背景に「育児資源の不足」がある 家族の機能をもっと社会で担う必要がある

東洋経済オンライン / 2017年06月19日08時00分

紫原:そこから、適切な養育ができるようにするためには、具体的にどういったカウンセリングをされるんでしょうか。親御さんのほうも、子育てのこのやり方が間違っていたとわかっても、今度は正しい接し方がわからないという場合もありますよね? [全文を読む]

マタニティブルーでつらい時、PMSの薬は効きますか?

イクシル / 2016年07月13日11時00分

(看護師)』 カウンセリングや身近な人に相談を 精神科や心療内科でカウンセリングを受けたり、母親など身近な人に相談することで、不安に対処しやすくなります。今後のためにも相談できる人をつくっておくのはおすすめです。 『それでも不安な場合は、精神科や心療内科でカウンセリングを受けてみる方法もあります。一部の方は出産後も産後うつ病になる可能性があるため、出産前か [全文を読む]

うつ病?就活や論文に追われ、将来の不安もあり眠れない

オトコクラス / 2015年10月06日11時00分

しかし、休んでも休めない、心身ともに疲れる場合は、心療内科や精神科のカウンセリングを受けてみてください。(看護師)』 『病的であるかないか、自分では判断が難しいこともあります。インターネット上のうつ病診断チェックリストなどで調べてみたり、1カ月以上、睡眠に影響が出ているようなので精神科を受診してみてもよいでしょう。(医師)』 『精神科には行きづらいと思う方 [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

自分の心の中が整理整頓できない、頭の中が散らかってしまい問題を整理できないという人は心療内科で臨床心理士によるカウンセリングを受けることもできます。問題がはっきりしていてそのストレスが続いている場合は、ストレスを和らげ気持ちをリラックスさせたりする様なお薬を処方してもらえます。 これはその人のうつの症状によって出される薬であり、抗うつ剤の種類はかなり多く [全文を読む]

人間関係のストレスで、幻臭が…これはうつ病の症状か?

オトコクラス / 2016年01月11日11時00分

(看護師)』 『治療は精神科でのカウンセリングや、抗うつ剤などが一般的です。全体に症状は悪化しているように見受けられます。幻臭だけにかかわらず、すべてについて精神科で相談してはいかがでしょうか。(医師)』 幻臭はうつ病の症状の一つとして見られるものであり、また相談内容から、うつ病を発症している可能性が考えられるため、早めに精神科医に相談するのがよいようです [全文を読む]

性犯罪者の9割は「やめたい」と思っている 精神科医が語る、加害者への治療が必要な理由

ウートピ / 2015年04月07日12時00分

一方で、指摘されつつあるのが加害者へのカウンセリングや治療の必要性。性犯罪加害者には一定の常習性があると考えられ(※)、治療を行うことは犯罪の再発防止につながる。被害者・加害者両方と接する中で加害者治療の必要に気付き、性障害専門医療センターを設立するなど活動を続けてきた福井裕輝医師に、加害者治療の必要性と、その内容・課題について聞いた。(※)平成22年度版 [全文を読む]

うつ病など精神疾患(精神障害)の要因を“見える化” 11月1日より、心身状態の計測器をカウンセリングルームへ導入決定

@Press / 2014年10月14日11時00分

一般社団法人リエンゲージメント(所在地:東京都新宿区、代表理事:本田 勝人)の運営する、カウンセリングルームReengagementでは、この度心理テスト(心理査定)や、問診などでは知ることができなかった、心身の状態を数値化し見るための、自律神経計測器、血流スコープ、バイオフィードバックといった機器を2014年11月1日から導入をすることを決定しました。ま [全文を読む]

“胡散臭い“カウンセリング治療、3分診療... 「心の治療の現場」はどうなっている?

tocana / 2014年03月31日15時00分

1999年に約204万人だった精神疾患の患者数は、2011年には約320万人と、100万人以上増加(厚生労働省・2011年推計)し、カウンセリングが大ブームとなっている。「犯罪、事故、災害」が起きれば、学者やカウンセラーがテレビや新聞、雑誌に登場し、「心のケア」「心の復興」の大合唱となるが、心のケアの現実はきわめて危うい。 待合室にずらりと並ぶ患者。メンタ [全文を読む]

フォーカス