鬱病 精神科に関するニュース

2歳の娘に「死ね」。豹変した妻をどうにかしたい夫、石田衣良の回答は

まぐまぐニュース! / 2016年02月18日12時00分

精神科では鬱病ではないと診断されました。本当は私がもっと話を聞いてあげることが大切ですが、娘の日常の世話に加え、攻撃的な妻への嫌悪感により、余裕がありません。家庭での毎日が緊張感だけの日々になっており、苦しいです。 石田衣良さんの回答 これねえ、もう解決の糸口がわかっているんですよね。その幼少期に、自分の母親にやられたことを奥さんは繰り返してしまっている [全文を読む]

衝撃の結末『サイド・エフェクト』 追い詰められるジュード・ロウに直撃インタビュー

AOLニュース / 2013年09月05日13時52分

28歳のエミリーは、最愛の夫がインサイダー取引の罪で服役してから鬱病を再発させる。度重なる自殺未遂を犯すエミリーに同情した精神科医バンクスは、アプリクサという新薬を処方。これにより鬱病の症状は治まったものの、副作用として夢遊病を発症したエミリーは、ある殺人事件を起こしてしまう。この責任を問われたバンクスは、自らの身の潔白を証明するため動くうち、事件に隠され [全文を読む]

「怪しい」グレーゾーンの子、どこで診断してもらったらイイ? #18

It Mama / 2016年12月21日22時30分

精神科といっても鬱病や統合失調症など大人の精神疾患を専門とする医師しかいない場合もあります。事前に電話をして子どもの年齢と「発達障害かどうか診てもらうために受診したい」と理由をしっかりと伝えましょう。これで小児専門の発達障害を診ることのできる医師がいるかいないかがわかります。 初診枠がとれても診察日は1年先に…!?surce:https://www.shu [全文を読む]

“パニック発作”を発症した記者が向き合った治療と対策 「ストレスに無自覚でも発症する」

週プレNEWS / 2016年10月01日06時00分

そういった発作が頻回に起こり日常に支障をきたすと“パニック障害”と診断を受け、鬱病を合併する場合もあります」 ―パニック発作を発症する原因はあるのでしょうか。 白川「実はいまだよくわかっていません。しかし当クリニックでも圧倒的に30、40代女性が多いですが、男性の患者さんも30、40代が多いですね」 ―こんな人に起こりやすいとか、最近の傾向などは…。 白川 [全文を読む]

【書評】精神科医も敗北?カウンセリングと占いの意外な共通点

まぐまぐニュース! / 2017年09月20日20時00分

鬱病ではないけれど、心の底から笑ったことのない精神科医。そんなメンタルヘルスの専門家が頼ったのは、占い師だった…。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介するのは、精神療法やカウンセリングと占いの意外な共通点を浮き彫りにする1冊です。 春日武彦『鬱屈精神科医、占いにすがる』を読んだ。「不安感と不全感と迷 [全文を読む]

現代病といわれる「うつ病」、約40年前にはどう伝えられていたのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月26日11時40分

1977年に刊行された『鬱病 管理社会のゆううつ』(大原健士郎:著、融道男、山本和郎:編/有斐閣)である。複数の大学教授や研究者により記された1冊だが、当時の時代背景と照らし合わせる形で、うつ病の実態や治療方法などをまとめてある。過去にうつ病がいかにして伝えられていたのか、同書の内容を抜粋する形で考察してみたい。 同書では、刊行された1977年の時点におい [全文を読む]

1999年の画期的な抗鬱剤の日本上陸が鬱病大発生させた原因か

NEWSポストセブン / 2014年05月23日11時00分

ほんの15年ほど前まで、うつ病は日本人にとってそれほど身近な病気ではなかった。1990年代後半まで、うつ病患者数は40万人前後で、ほとんど増減しなかった。フジ虎ノ門健康増進センター長で精神科医の斉尾武郎氏がいう。「1990年代後半までは、精神科で治療の対象となる患者は、強い妄想を抱いたり、自殺の恐れがあったり、通常の生活を営むことができない重篤な症状を持つ [全文を読む]

子どもの心が歪むので励まし目的でも「使わない方がいい言葉」

It Mama / 2014年02月12日08時00分

あなたは悩みごとがあって友人に相談したとき、「そんなことないよ」「思い込みが激しいんだよ」「これからはきっと良いことがあるよ」と励ましてもらったら、もやもやしませんか?精神科医は、鬱病の患者に絶対に次の言葉をかけません。これらは、鬱病患者を抱えている家族もかけてはならないNGワードです。(1)元気を出して(2)頑張って(3)世の中にはあなたよりもっと困って [全文を読む]

「映画づくりは他者を見つめること」:8月26日公開『わさび』『春なれや』外山文治監督ロングインタビュー

ガジェット通信 / 2017年08月21日08時15分

鬱病やメンタル障害にも様々なものがあるので、どう描くと良いかを色々相談して、お父さんのお芝居を付けていただきました。精神科医の方々って、日頃から、映像で描かれる”病気の表現”に違和感を感じていたみたいなんです。なので、病気の設定もちゃんと作っていただいて。リアリティというより、やはりそこは嘘をついてはいけないところだと思うので。 ―― カットしたセリフがあ [全文を読む]

香山リカ氏「報道だけの診断」に泰葉が激怒 ネット民「泰葉が正論」

しらべぇ / 2017年05月18日06時00分

鬱病は甘えだと思う」という人が存在するように、当人は苦しんでいても、周囲に理解が得られないこともある「心の病」。こともあろうに、精神科医である香山氏の今回の発言によって、そんな現状が浮かび上がってしまった。・合わせて読みたい⇒泰葉のトークに絶句 ダウンタウンも流したわざとらしい言い間違い(文/しらべぇ編集部・もやこ 参照/女性自身・泰葉オフィシャルブログ [全文を読む]

夜中に目が覚めてしまう、眠れない…中途覚醒の原因と対策【現役医師が教える不眠症教室】

nemgym(ネムジム) / 2016年12月30日22時00分

1.高齢の方 鬱病、 (男性だけ)前立腺肥大、 むずむず脚症候群(足がむずむずするような不快感があって眠れない病気です)、心臓疾患:心不全、狭心症など、 呼吸器系の疾患:喘息、COPD、慢性気管支炎、肺気腫、 慢性リューマチや慢性関節炎、 首・腰・肩などの神経症、 慢性腎臓病、 糖尿病、 高血圧 2.中年の方や若い方 アルコール依存症、鬱病や他の精神疾患 [全文を読む]

【著者に訊け】帚木蓬生氏『ギャンブル依存国家・日本』語る

NEWSポストセブン / 2015年02月05日07時00分

市場規模も約20兆円ですよ」 本書では鬱病や統合失調症も併発しやすいギャンブル障害の診断方法や症例を紹介した上で、官民一体となった依存の実態を多角的に検証。注目は〈消費者という視点〉だ。仮に食品が健康被害を及ぼした場合、責任は消費者ではなく企業にある。が、競馬や宝くじのCMが日々流れ、人気歌手やアニメを使ったパチンコ台も登場する中、ギャンブルだけは〈企業側 [全文を読む]

香山リカ 震災復興の威勢良い掛け声が日本人を追い詰めた

NEWSポストセブン / 2012年01月01日16時00分

香山:精神科医としてビジネスマンの診察をしていて、「もっと頑張らないといけない」「もっと成長しなくては」と成長幻想に取り憑かれて、鬱病を発症させる人がここ10年ぐらいの間に増えてきたと感じたからです。それは行き過ぎた成果主義で会社から「成長」を強制されるパターンもあれば、外部から強制されていないのに「もっと頑張らないと」と、自分で自分を追い詰める人もいます [全文を読む]

「うつ」は薬では治らない!? 都会でサバイバルするなら…「都市型うつ」7つの予防法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月10日09時00分

最近の「うつ病」は、かつての「鬱病」とはまったく違うと前置きし、都市生活がもたらしたうつを便宜的に「都市型うつ」と呼ぶ。 患者は口々にうつ、不眠、不安を訴えるが、彼らに共通するのは心身の疲弊。そしてその背景には生活習慣の問題があるという。 都会で働く人に共通するのは“うつの芽”。本人の自覚としては、心身の疲労、客観的には、生活習慣の乱れ、具体的には、睡眠 [全文を読む]

「幸せにならなきゃ」とプレッシャーを感じていませんか? 不満な感情との上手な付き合い方

ウートピ / 2015年06月15日19時00分

幸せへの強迫観念が鬱の原因に?記事によると、4人に1人の割合で鬱病患者がいるイギリスでは、鬱を引き起こす原因は「幸せにならなければ……」という強迫が引き起こしているのではないか、と疑う心理学者もいるそうです。実際にThe Priory Hospital Roehamptonの精神科医Niall Campbell氏(以下Campbell氏)によると「現代社会 [全文を読む]

成功者 地方の「5時半帰宅サラリーマン」は幸せと香山リカ氏

NEWSポストセブン / 2012年01月03日16時00分

そういう会社だと鬱病を発症しても、休業したあと無事にまた会社に戻って仕事が出来る。 活力ある企業とは本来こうあるべきではないでしょうか。求められるのは「人のダイバーシティ」だけでなく、「価値観のダイバーシティ」です。 ――香山さんの「人生をほどほどに生きていく」というほどほど論も、人生の価値観を多様化することですね。 香山:ある本で80代の方が、「ここまで [全文を読む]

フォーカス