相談 精神科に関するニュース

気分がすっきりしない時には漢方の専門家を頼ろう

オトコクラス / 2016年11月04日15時00分

10年以上精神科で処方されている薬を飲んでいるのに効果を感じられないとお悩みの相談者さん。そんな時に代わりとなるサプリや漢方はあるのでしょうか。30代男性からの相談:「精神科の薬が効きません。いいサプリや漢方はありますか?」『私は長いこと精神科のお薬を飲んでいるのですが、10年以上精神科で処方されるお薬を飲んでも一向に良くなりません。親や友達はうつ病に効く [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

■症状に気が付いたらまずやる事 ~筆者の事例をもとに~ うつっぽいかも、と感じたときはまず誰かに相談しましょう。心置きなく話せる人に自分が感じている状態を話すことが大切です。そんな人いない、という人は公的な相談窓口(*1)を活用するのも一つの手です。筆者は家庭内の問題を同僚に愚痴ることが偶にありましたが、いよいよ自分がおかしいかもと思ったときに相談したの [全文を読む]

マタニティブルーでつらい時、PMSの薬は効きますか?

イクシル / 2016年07月13日11時00分

マタニティブルーでつらい時、PMSの薬を飲めば改善が望めるのではという相談に対し、専門家の皆さんはなんと答えているでしょうか。 プレママからの相談:「マタニティブルーにPMSの薬は効く?」 『妊娠できたのは本当に嬉しいことですが、同時に悪阻が辛かったり、行動や食べるものに制限があったりと大変だなと感じる部分も多いです。また、何もないのにイライラする、泣きた [全文を読む]

家族関係がうまくいかず不眠と食欲不振に…病院に行くべき?

オトコクラス / 2017年03月09日12時00分

家族関係がうまくいかず、単身赴任の身で不眠と食欲不振に悩んでいるという相談者さん。このような状態は病院に行くべきものなのでしょうか。その判断について専門家のご意見をお聞きしました。 20代男性からの相談:「単身赴任で寝不足と食欲不振です。病院に行くべきでしょうか?」 『 普段からもともと、物事を考え始めると入り込んでしまい、また考えすぎる性格でした。そんな [全文を読む]

職場のストレスで体調不良に…心療内科の受診のタイミングは?

オトコクラス / 2016年11月27日11時00分

20代男性からの相談:「精神科にはどのようなタイミングで行けばいいかわかりません。」 『 以前の職場で上司との関係が上手くいかず、かなりストレスを抱え込んでました。 中途入社の為、同期もおらず、社内で相談できる先輩の立場の人もいなくて相談することが出来ない毎日です。最終的には頭痛やめまい、腹痛など一度にたくさんの症状が出るようになってしまいました。 分か [全文を読む]

ドラマに見る心理学の言葉/内藤 由貴子

INSIGHT NOW! / 2016年06月03日21時16分

福山雅治さんが、臨床心理士、神代の役で、藤原さくらさん(役名もさくら)が、企業のメンタルケアで吃音の治療の相談者として登場します。 詳しくは省きますが、かつてミュージシャンとして活躍したことのある神代は、さくらの歌の才能を見抜き、ライブやデビューをサポートするのですが… そして、さくらは神代にラヴしてしまう…。 さくらが神代に惹かれていくプロセスで、さくら [全文を読む]

【佐世保同級生殺害】時間外対応しない児童相談所の存在意義

東京ブレイキングニュース / 2014年08月06日19時00分

佐世保JK同級生殺害事件で、殺人の疑いで逮捕された少女(16、逮捕時15)の親が事件前日(7月25日)、児童相談の窓口に電話していたことがわかった。しかし、時間外だったことから宿直担当者は「職員は勤務時間外で退庁した」と伝えていたという。この事件に限らず、普通の一般市民は、役所の勤務時間内に電話をすることが難しい人がたくさんいる。相談窓口の人員不足を解消し [全文を読む]

妊娠中の精神安定剤の利用と、相談窓口について

イクシル / 2016年04月22日18時00分

治療のため精神安定剤を服用している女性から、妊娠中の服薬と相談窓口について相談がありました。看護師さんたちは、どのように答えているでしょうか。 女性からの相談:「妊娠中に使える精神安定剤はありますか?相談先窓口についても教えてください」 『私は現在、パニック障害と抑うつ状態のため、抗うつ薬と精神安定剤を服用しています。子どもが欲しいと考えていますが、妊娠す [全文を読む]

人間関係のストレスで、幻臭が…これはうつ病の症状か?

オトコクラス / 2016年01月11日11時00分

人間関係が原因で退職後、鼻の奥に不快な臭いを感じるようになった相談者の男性は、耳鼻科で異常がなかったとのこと。これはストレスによる幻臭なのでしょうか。 40代男性からの相談 :「鼻の奥に感じる悪臭は、ストレスのせい?」 『昨夏に転勤先の上司に罵倒される日々が続き、耐えかねて今年の3月に退職しました。それ以来、自分は人付き合いのダメな人間だとか、世の中に貢献 [全文を読む]

今年のうちに悩みを解決!つらい恋の悩みは恋愛相談のプロにすべし【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年12月16日10時15分

夫婦・家族問題コンサルタントの池内ひろ美先生いわく、実際に年末は駆け込みの相談が多いそう。 池内「年末年始は、新しい年を迎える前にスッキリしたい!ということで特に相談される方が多い時期です。特に離婚や不倫問題など終止符を打ちたい関係についての相談が多いですね。」 そこで今回はそんな皆さんのお悩みに対し、恋愛相談のプロ・池内先生が電話で相談に乗ってくださる [全文を読む]

うつ病の可能性あり・・・会社に知られずに受診できる?

オトコクラス / 2015年09月22日11時00分

今回の相談者もその一人。会社には精神科に通っていることを知られたくないと悩む男性、何かよい方法はないものでしょうか。 30代男性からの相談:「うつ症状と通院について」 『近頃、非常に身体がだるく、朝、起き上がるのが困難なときもあります。健康診断では異常なかったのですが、本当に身体が重くてつらい毎日です。特に平日の出勤前は非常に憂鬱な気持ちになり、涙が止まら [全文を読む]

ひきこもり30年44歳 小遣い6万の是非

プレジデントオンライン / 2017年07月16日11時15分

私は汗を拭きながらご相談者の自宅に向かっていました。通常は私の事務所やその付近でご相談を受けているのですが、親御さんの強い希望もあり、かつ、私の事務所からそれほど遠くなかったため、今回はご相談者の自宅でお話をすることになりました。 向かった先は埼玉県南部のIさん宅です。 ご自宅のマンションにうかがうと、玄関でお母さんが出迎えてくださいました。ご挨拶をした [全文を読む]

中国 全国民の17.5%、2.3億人が心の病に。深刻な「精神科医」不足

ZUU online / 2017年06月19日06時10分

■ネット心理相談の有用性現代中国は「インターネットプラスα」の新時代に入り、伝統的な心理分析は通用しなくなっている。青島市に住むRさん(女性)は、高校卒業前に米国留学した。しかし単身で異国の地、言葉の壁と文化の差異により、深い孤独感に陥った。2カ月後帰国した彼女は、もう米国へ戻るつもりはなかった。そして行き場のない強烈な敗北感を味わった。その後彼女は微博( [全文を読む]

不眠が続くなら病院へ相談を。病院を受診するときの注意点

Fuminners / 2016年03月31日11時00分

不眠症状を感じたら、自分だけでなんとかしようとせずに専門の病院に相談することが大切です。睡眠の不調が1カ月くらい続くようなら、受診をした方が良いタイミングです。今回は、不眠症状で病院を受診するときの注意点について紹介します。どんな診療科に行けば良い?よく眠れていないな…そう感じることが続いていざ病院を受診しようとするときに、まず迷うのが「診療科」かもしれま [全文を読む]

お手軽な手続きで健康な人が強制入院!? 韓国で精神病患者が急増しているワケ

日刊サイゾー / 2014年04月03日19時00分

保護義務者から入院の相談をされた病院側の医師がどんな対応をするかは、想像に難くないだろう。ある弁護士はメディアにこう証言する。 「患者1人を閉じ込めておけば、月150万ウォンの収入が創出されて、それが精神科病院の収入源になっています。医師は診断もしない。形式的に保護義務者の言葉だけを聞いて書類を作ります。とても不純な意図によって……」 治療のためではなく、 [全文を読む]

約16 万人のストレス状況を分析、若年層ほど高ストレス者の割合は高い ~ メンタルヘルス対策プログラム「アドバンテッジEAP」の2011 年利用実績を発表 ~

PR TIMES / 2012年03月28日12時06分

【アドバンテッジEAP利用実績 分析結果のポイント】 1)相談(カウンセリング)利用は、男女では女性が多く、年代別では40代が最多 相談を利用する割合は、男性(7.1%)よりも女性(11.5%)の方が高く、年代別では40代(9.6%)で最も高く、30代(9.0%)がそれに次いだ。 2)高ストレス者への能動的なフォローで相談利用率が約3倍 高ストレスもしく [全文を読む]

テレビ電話での遠隔地診で小児救急を8割減らせるか?[医療トリビアpart.5]

Forbes JAPAN / 2016年10月21日08時30分

Part.5は、遠隔医療相談の話。例えば夜中に子供が高熱を出したとする。発熱はよくあることだが、今日はいつもよりも熱が高い。ぐったりしているのも不安だ。いますぐ救急病院に駆け込むべきか、朝まで様子を見るかー。そんな時に、テレビ電話を通して医師からアドバイスを受けられたら、どれだけ安心できることか。Mediplat(メディプラット)が運営する遠隔医療相談「f [全文を読む]

夜尿症外来へ行くべき?4歳ですが夜のおむつが外せません

イクシル / 2015年07月22日11時00分

昼間のトイレは問題ないのに、夜間はおむつを欠かせない子どもに悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。 ママからの相談:「夜のおむつが外せない4歳の子どもは、夜尿症なのでしょうか」 『幼稚園に通う4歳の子どもは、昼間は基本的にトイレに行くことができます。しかし夜はおむつにおしっこをすることが多いので、夜のおむつを外せません。小さ [全文を読む]

認知症など精神疾患を抱える患者らの支えに 精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』

認知症ねっと / 2015年03月10日17時00分

また、精神科業界ならではの質問や悩みの相談も可能となる。さらに、精神科の症状やカテゴリごとにグループを設置し、活発な意見交換の場を設置。SNSサイトと同様なメッセージ機能によって、サイト内においてほかの業界関係者やユーザーと非公開でのやりとりができる。ほかに、全国の精神科病院の検索が簡単にできる機能が備わっており、調べたい病院の案内と地図が、すぐに参照でき [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神科医 ~番外編~

進路のミカタ / 2017年05月18日12時02分

小学生以上だと、不登校や不安が強い、学校で暴れてしまう、手洗いがやめられない、気持ちが落ち込んで死にたくなってしまうといった患者さんの相談に乗っています。子どもを対象にした精神科では、患者であるお子さん本人だけではなく、親御さんともしっかり話をする必要があるのが特徴です。普段の子どもへの接し方はもちろん、学校の先生に子どもへの配慮や対応をお願いするときの伝 [全文を読む]

フォーカス