入院 精神科に関するニュース

認知症理解のための医学知識-10.急性期病院での治療

けあZine / 2014年11月28日07時00分

認知症の人が入院しなくてはならなくなったとき、病院の治療体制はまだまだ十分だとは言えない。今後もっと増えていくであろう認知症の患者に対して、治療体制の整備という課題は、世界的にみても、喫緊の課題である。 急性期病院での認知症患者の治療体制整備は、残された課題 肺炎や心筋梗塞の急性疾患、あるいは糖尿病や高血圧など慢性疾患の増悪した状態、さらに頭部外傷や複雑骨 [全文を読む]

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

神経精神科 診療体制の縮小について お知らせ (当病院の)神経精神科では、常勤医師の減少に伴い、外来診療および入院病床の確保・維持がきわめて困難な状況となりました。つきましては、4月より診療体制を縮小させていただきますのでご了承願います。(中略)暫時神経精神科の受診を希望される患者さんにつきましては、できるだけ他の精神科医療機関への受診をお願い申し上げま [全文を読む]

お手軽な手続きで健康な人が強制入院!? 韓国で精神病患者が急増しているワケ

日刊サイゾー / 2014年04月03日19時00分

韓国では最近、精神科病院に入院する人が急増しているという。極度の競争社会によるストレスが原因かと思いきや、どうやら精神病患者自体が急激に増えているというわけではないらしい。なんと、健康でありながら本人の同意もなく“強制入院”させられる人が増加しているというのだ。その数は、ここ4年間で10倍に膨れ上がったと分析されている。 そもそも韓国の強制入院のプロセスは [全文を読む]

ネットで人気!精神科病院の内側を描いたマンガが意外に和める

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月20日11時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら つい先日『こころを病んで精神科病院に入院していました。』(安藤 たかゆき/KADOKAWA)というコミックエッセイが発売された。 統合失調症と診断され精神科病院に入院した著者自身の実体験が元となっており、気になりつつも普段なかなか見る事が出来ない精神病棟の内側が描かれている。 元々この作品はイラスト投稿サイトのニ [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

実はつい最近、精神科病棟に入院していた事がありました(衝撃の告白)。 娘たちの不登校と態度に完全に参ってしまい、完全に自分が壊れていた事までは覚えていますが騒ぎが酷くなり警察に保護され、気が付いたら精神科病院に護送されていました。そこで受けた診断は「自殺、または他害の危険性があるため措置入院」。 名古屋市長の権限で有無を言わさず入院。発作的な、一時的な騒 [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

変化していく精神科医療 -入院から外来へ-60年近く地域の精神科医療を支えてきた山形県立鶴岡病院は、県内唯一の公立精神科単科の基幹病院だが、このたび「こころの医療センター」として新築工事が完成、3月9日より診療を開始した。精神科医療の役割変化に対応していくため、県が総事業費72億円をかけ整備。運営方針には“入院治療主体から外来中心に大きく転換し、悩む人に寄 [全文を読む]

ASKA ブログ再開に妻は激やつれ、マンション売却も検討か

WEB女性自身 / 2016年07月27日06時00分

再起させるには入院治療しかないと覚悟して、医療関係者や弁護士らに相談すると家族の同意で入院治療ができる 医療保護入院 を勧められたそうです。結果、2月からASKAさんは八王子の病院に入院しました」(音楽関係者) 7月15日付のブログで、その経緯をASKAはこう綴っている。 ≪実は、盗聴盗撮の事実に懐疑になった周囲によって、覚せい剤の後遺症であると判断され、 [全文を読む]

認知症など精神疾患を抱える患者らの支えに 精神科業界ポータルサイト『サイキュレ』

認知症ねっと / 2015年03月10日17時00分

入院医療中心から地域生活中心へ」2004年9月に、精神保健福祉対策本部がまとめた「精神保健医療福祉の改革ビジョン」において、「入院医療中心から地域生活中心へ」という施策の基本的な方針がしめされた。精神疾患患者数は、1999年の約204万人から2008年の約323万人に増加。今後も増え続けることが見込まれる。さらに、2012年に462万人と推計された認知症 [全文を読む]

精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え

弁護士ドットコムニュース / 2017年07月19日17時18分

ケリーさんはもともと精神の病を患っていたが、今年4月下旬に症状が悪化して、神奈川県大和市にある精神科病院に入院した。その際、腰や肩、両手両足をベッドに縛り付ける器具で、10日間にわたり身体拘束された。ケリーさんは心臓発作を起こして心肺停止になり、市民病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。 遺族側は、身体拘束による「深部静脈血栓症」が死因だと考えて、 [全文を読む]

「太宰治みたいでかっこよくない!?」 精神科に入院した漫画家が見た病院の実態とは

ウートピ / 2015年09月10日12時00分

メンタルを病む患者が増えているとはいえ、精神科、それも入院とまでなると、さすがになじみがないという人も多いことだろう。今回は、自身の精神科病院入院生活を描いたコミックエッセイ『こころを病んで精神科病院に入院していました。』(KADOKAWA)を上梓した安藤たかゆきさんに、入院生活の実態や現代のメンタルヘルス問題について聞いた。自傷行為や他人を傷つけるかどう [全文を読む]

アマンダ・バインズ、精神科に再び強制入院

ハリウッドニュース / 2014年10月14日09時30分

女優のアマンダ・バインズが、現地時間10日にロサンゼルスに到着してすぐに精神科に強制入院させられた。アマンダはこの日、父親に幼い頃から性的な暴行を加えられてきたとツイッターで主張し、その姿を携帯電話で録画して父親を逮捕させたいと明かしていた。アマンダの母はこの事実を否定。アマンダもその後、父親は性的暴行をしていないが、頭の中に彼の命令でマイクロチップを埋め [全文を読む]

高畑裕太 母の苦労の陰で…入院先は”日本一のゴージャス病院”

WEB女性自身 / 2016年09月20日00時00分

渦中の高畑裕太(23)は現在、埼玉県内にある心療内科の専門病院に入院している。 入院初日、母・高畑淳子(61)が布団を運び入れ、釈放された息子と同じ病室に泊まり込んだことは、世間でもやや呆れ気味に報じられた。 「裕太さんがあの病院に入ったと聞いて、納得しましたね」と語るのは、同じ埼玉県内の精神科医師。 「あそこでは 病室 でなく ゲストルーム と呼びますが [全文を読む]

認知症、問題行動の果てに行きつくのは?

けあZine / 2016年02月12日07時00分

また、認知症以外の病気があって入院している場合、治療が終わったと判断された時点で退院せざるを得ません。すると、次の行先を探す必要が生じます。しかしほとんどの場合、残念ながらすぐには見つからないのが現状です。例えば藁にもすがる思いで『お泊りデイ』に申し込む。しかし、面談時には落ち着いていたのに、いざ通い出すと他の利用者や職員を大声で怒鳴ったり、威嚇したり、 [全文を読む]

うつ症状持つ女性が23区で1つずつ受診した経験を綴った本

NEWSポストセブン / 2013年11月12日16時00分

【書評】『行ってもイイ精神科、ダメな精神科 東京23区精神科潜入記』ひろ新子著/バジリコ/1575円 【評者】香山リカ(精神科医) 患者を装ったジャーナリストによる精神医療の潜入ルポといえばなんといっても大熊一夫氏の『ルポ・精神病棟』が有名だが、同書が入院版だとすると本書は外来版。また、舞台女優でもある本書の著者は、実際にうつ症状を持つという点も、ちょっと [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) 編

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

少子高齢化社会が進む中で、入院するよりコストのかからない在宅医療を国が推進しており、私のように在宅診療所で働くソーシャルワーカーも増えています。勤務時間は9時から18時までで、新規の患者さんから電話相談を受けたり、お申し込みいただいた患者さんのご自宅に伺い、訪問診療・訪問看護利用のためのさまざまな調整を行います。夕方は診療所に帰ってカルテ作成をしたり、訪問 [全文を読む]

相模原大量殺人で「精神障害=犯罪」のイメージが広がる懸念

しらべぇ / 2016年07月27日18時00分

相模原市の障害者施設で19人を殺害した犯人の入院歴が、NHKをはじめ各局で盛んに報道されている。しかし、これが「精神障害者は犯罪を起こす」という誤ったイメージに繋がり、障害に苦しむ人への偏見が増すのではないか、と懸念されているのだ。■精神障害者の犯罪率最新のデータを紐解いてみよう。『平成27年版 障害者白書』によると、人口に占める精神障害者・知的障害者の割 [全文を読む]

【覚醒剤】加熱する清原逮捕の報道が「被害者」を量産している

まぐまぐニュース! / 2016年02月26日11時00分

例えば週刊新潮1月28日号は、昨年5月に覚せい剤取締り容疑で逮捕され、9月に執行猶予付き判決が下された人気歌手、ASKAさんの入院について報じている。その病院について同誌は「入院先は、JR高尾駅から車を走らせた場所にある。日中も静寂に包まれるこの施設は、閉鎖病棟を備えた『精神科病院』」と記す。何気ない説明だが、隔離された場所にある事実を伝える背景に「私た [全文を読む]

薬物治療生活でのASKAとの出会い、のりピー元夫・高相祐一が脱ドラッグの苦悩を告白

週プレNEWS / 2015年01月29日06時00分

■2度目の入院でASKAと出会う ―薬物依存から脱却するための施設である、ダルク退所後の2012年6月、今度は麻薬取締法違反で逮捕されました。 高相 あれは3週間後、処分保留で釈放されたんですけどね。AMTという薬物を違法と知らないで注文してしまった。キャンセルしたんですが届いてしまい、荷物を受け取った父が警察に通報しちゃったんです。 ―では、退所した後 [全文を読む]

番長・清原和博に「覚せい剤」報道、事務所は「糖尿病治療」と否定も…チラつく黒いウワサ

メンズサイゾー / 2014年03月06日17時15分

元プロ野球選手の「番長」こと清原和博氏(46)が、薬物使用が原因で都内の病院に入院していたと発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。同誌は「覚せい剤などの禁断症状でボロボロの状態」と、清原氏が違法薬物を使っていたことを指摘しており、球界に激震が走っている。 記事によると、最近の清原氏は奇行がたびたび目撃されており、番組の撮影中に急に汗が噴き出し立っている [全文を読む]

決定版!「頼れる病院、危ない病院」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

これまで私は精神科医として多くの高齢者を見てきましたが、少しでも認知症の兆候があると入院させ、投薬で治療するという医療には疑問があります。地域的なつながりが強く、多少の認知症でも閉じ込めたりしないような地域では、認知症の進行が遅い。もっとおおらかで高齢者が大切にされる環境をつくらなければいけません。 【近藤】高血圧の最高血圧は長い間、160mmHgが基準 [全文を読む]

フォーカス