病気 精神科に関するニュース

なぜか足がカユイ、イタイ…それ「むずむず脚症候群」かもしれません

まぐまぐニュース! / 2016年04月13日07時00分

冗談のようなネーミングですが、実は300年以上もの昔から知られている病気です。 悪化すると慢性的に全身が痛む(慢性疼痛)になったり、うつ病を発症する原因になったりする可能性もあるため、決して侮れません。 一体どういう病気なのか、詳しく見ていきましょう。 むずむず脚症候群とは? 「むずむず脚症候群」は、「レストレスレッグス症候群」(RLS)や「下肢静止不能 [全文を読む]

朝起きられない原因と対策 – 目覚めスッキリを実現するには?【現役医師が教える不眠症教室】

nemgym(ネムジム) / 2017年01月13日22時00分

スッキリ起きて快適な朝を迎えたいですね! 目次 ■ なぜ朝起きられないのか ★可能性のある病気 ■ 朝スッキリ起きるための対策とアドバイス ■ まとめ ■ なぜ朝起きられないのか 朝起きられない人は女性に男性よりも女性に多いと言われています。朝起きられない原因は様々です。主な原因はこちらの7つです。 1.低血圧 よく血圧で、「上が○○、下が○○」というのを [全文を読む]

自覚の無い摂食障害 その実態と治療法について

JIJICO / 2016年07月01日15時00分

摂食障害の最大の問題は初期に病気の自覚がないこと 摂食障害の中でも特に拒食症の初期において最大の問題は、病気の自覚がないことにあります。 それは摂食障害という病気の実態がまだまだあまり知られていないということも理由ですが、やせにこだわるあまり病気であることを認めようとしない心理が働くことも大きな理由です。 本人にとって、やせるということは何よりも価値のある [全文を読む]

現役医師が教える不眠症教室-病院に行ったほうがいい目安とは?不眠症の治療を学ぶ

nemgym(ネムジム) / 2016年10月27日11時32分

「今夜も眠れそうにない」または「うとうとしたままで朝が来てしまった」という方はいらっしゃいませんか?不眠というには大げさのようだし、眠れないくらいで病院へ行くのは他の病気で来ている人に申し訳がないと思っていらっしゃる方も多いと思います。今回は、不眠症の基礎知識と、病院での不眠症治療についてご説明します。 不眠症とは 読んで字のごとく「眠れない、または眠りが [全文を読む]

心配事や不安が強くて眠れない…うつ病の3大妄想とは

オールアバウト / 2017年09月17日12時30分

うつ病の3大妄想――お金の心配、病気の心配、罪の意識「ネガティブな考えにとらわれて抜け出せない」「悪い方に考えすぎて、希望を見出せない」――こうした状態がほぼ毎日、2週間以上続いた場合、うつ病の可能性があるかもしれません。うつ病の微小妄想には、大きく3つのタイプがあります。1つ目は「貧困妄想」、2つ目は「心気妄想」、3つ目は「罪業妄想」です。以下で詳しく解 [全文を読む]

精神科の患者が医師の診断をコントロールしてしまう?

オトコクラス / 2017年06月30日13時00分

つまり、受け答えがある精神的な病気の特徴に当てはまっていれば、医師の診断は患者の思い通りに進んでしまうのではないでしょうか。専門家はどのようにとらえているのでしょうか。 30代男性からの相談:「心療内科の診察を受診者がコントロールしてしまうことはある?」 『 以前、メンタルクリニックを受診した時に感じたのですが、基本的に診断は問診で行われますよね。今の時代 [全文を読む]

<原案作者は誰?>堺雅人「Dr.倫太郎」の精神分析は誰が監修しているのか?

メディアゴン / 2015年04月25日08時14分

ドラマですから、話半分にして、精神分析家は病気をなおす人ではない。宗教家のようなものだという理解のほうが現実では正しいかもしれません。連続ドラマの形として、今回は11回(昔は13回でしたが、今は大抵期首期末の特番でつぶれるので11回になりました)の縦筋になっているのが、倫太郎と新橋芸者・夢乃(蒼井優)の恋、そして、夢乃をミステリアスな存在にすることによる、 [全文を読む]

GW明けの“出社拒否“が危ない! 注意したい うつ病とは違う「五月病」

ヘルスプレス / 2015年04月23日20時34分

間違わないで! 五月病とうつ病は違う 五月病とは医学的にはどんな病気なのか。北山クリニック(東京都西東京市)の精神科医・北山徳行院長は、五月病とうつ病の違いについて、次のようにアドバイスする。 五月病は新年度の進学や就職を契機に憂うつ感、意欲低下、倦怠感、睡眠障害(不眠や過眠)をきたす状態とされる。しかし、正式な医学用語ではなく、精神医学的には適応障害と [全文を読む]

ストレスとうつのお話。心が壊れるその前に

おたくま経済新聞 / 2017年08月21日21時00分

はじめに 体が病気になると割りと分かりやすく症状が出ます。その為仕事などでも休みを取りやすい傾向にあると思います。しかし心が病気になっても表向きに分かりづらく周囲の目を気にしたりと偏見を恐れて隠してしまうことも多く見られがちです。なかなか心の病気について開けっぴろげに話せる雰囲気も作りづらく、精神的な病気をオープンな話題にしにくいのも問題の一つにあると思い [全文を読む]

ロングスリーパーの睡眠時間は短縮できる?その特徴と原因、改善方法

Fuminners / 2017年03月03日17時00分

ロングスリーパーの特徴や、ほかの病気との見分け方、睡眠時間を短くする方法などについて解説します。ロングスリーパーは病気なのか?睡眠時間の長さによって、「ロングスリーパー」「ショートスリーパー」「バリアブル(variable) スリーパー」の3つに分けることがあります。ふだんの睡眠時間が10時間以上の人、子どもでは年齢相応の睡眠時間より2時間以上長いときに、 [全文を読む]

人の目が気になりすぎてメンタルにダメージが…これは精神的な病気?

オトコクラス / 2017年01月03日11時00分

これは精神的な病気なのでしょうか。専門家にご意見を伺いました。 20代男性からの相談:「考えすぎて体調が悪くなってしまうのは病気ですか?」 『 他人よりもメンタルが弱いことで悩んでいます。 何か少しでも嫌なことがあると、その日の夜に考えすぎて寝られなくなることがよくあります。道を歩いているだけで、他人が変な目で見ていない気になってしまいます。 他人ならば全 [全文を読む]

精神科医に聞いた…「性格と心の病気の境界線」はどう引くの?

BizLady / 2016年12月16日21時00分

ネガティブでイライラしがちな自分に自己嫌悪になりながらも、誰にも相談できないままひとりで悩んでいませんか?「もしかしたら、心の病気かもしれない……」と思うことはあっても、それを認めたくない、精神科を受診すること自体に抵抗感がある……という人も、中にはいるかもしれません。または、ただの性格や気持ちの落ち込みと“心の病気”の違いというものがイマイチわからないの [全文を読む]

もしかして不眠症?眠れない時の病院選び・治療ガイド/何科に行くの?

nemgym(ネムジム) / 2016年10月24日22時00分

ページTOPへ さまざまな不眠症のタイプ photo by Lottie 医学的に特に病気として不眠症という場合、「夜眠れない」という睡眠の問題に加えて、日中の生活や活動に支障がある状態を指します。例えば、日中に強い眠気がある、集中力が続かない、疲れやすいなどの症状があります。 一口に不眠症といっても、さまざまなタイプがあります。自分がどのタイプにあては [全文を読む]

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

その他、メドレーのサービスラインナップ ・ 医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」 http://medley.life/ ・ 医療介護分野の人材不足を解消する求人サイト「ジョブメドレー」 https://job-medley.com/ ・ 口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 https://www.kaigonohonne.c [全文を読む]

1日1時間ネットサーフィンする人とネット依存の人との差は「ない」

まぐまぐニュース! / 2016年02月10日08時00分

これは間違いなく病気ですね。 では「週に1回だけ、みんなと一緒にヒ素を飲むけど、俺はコントロールできてるよ、病気じゃないよ」という人がいたらどうでしょうか。 これも間違いなく、病気だと思います。 もちろん「ヒ素」というたとえが行きすぎであるとするなら、もっとわかりやすく、麻薬でたとえてもいいかもしれません。 やはり「俺は週に1回麻薬やってるけど、病気じゃな [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

サービスラインナップ ・ 医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」 http://medley.life/ ・ 医療介護分野の人材不足を解消する求人サイト「ジョブメドレー」 https://job-medley.com/ ・ 口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」 https://www.kaigonohonne.com/ ・ オンラ [全文を読む]

【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というより意識の障害

認知症ねっと / 2016年01月15日10時00分

この病気が医師にも知られていないため、41歳でうつ病と誤診され、6年間抗うつ剤の副作用に苦しめられています。50歳の時にレビー小体型認知症と診断されましたが、現在では、多くの症状が消えているといいます。適切な治療と様々な努力によって良い状態を保っているという樋口さんに、レビー小体型認知症について、病気との付き合い方について伺いました。誤診の多いレビー小体型 [全文を読む]

うつ病の可能性あり・・・会社に知られずに受診できる?

オトコクラス / 2015年09月22日11時00分

最近は、社員がうつ病などの精神的な病気を抱えた場合に、きちんと対応しないと会社が批判されることも多く、対策をとっているはずです。(内科医師)』 早いうちにカウンセリングなどだけでも受けてみるのがよいようです。会社によっては、社員が精神的な病気になったときの対策を取っているところもあります。自分に合った方法を探してみましょう。 [全文を読む]

返事ができない子供…専門機関に相談すべき?

イクシル / 2015年07月11日18時00分

(小児科、精神科看護師) 』 不安があれば、相談の検討を 返事ができないのは、耳の病気で聞こえにくいなどの病気であるという可能性もあるそうです。療育についてもアドバイスをしてくれました。 『上手く聞きとれていない可能性も否定できません。耳の病気で滲出性中耳炎という聞こえが悪くなるものがあります。この病気になると、返事ができない、反応が遅い、テレビや音楽の音 [全文を読む]

夜勤の睡眠不足は、夜勤をやめる以外に解消法がない過酷な現実

まぐまぐニュース! / 2017年07月17日09時00分

専門家は「因果関係を断定することはできない」「ほかにも要因がある」と慎重だが、病気の種類を問わずリスクが上がらないはずがないと思うのである。 解決策は・・・あってないようなもの 解決策は、果たしてあるのだろうか。いくつか手元にある交代勤務者に関する論文では、 睡眠や仮眠の取り方を工夫してみましょう スケジュールやシフトを再検討しましょう 夜勤中の仮眠やカフ [全文を読む]

フォーカス