診療 精神科に関するニュース

きょうこころのクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年05月17日14時30分

きょうこころのクリニック(奈良県奈良市、院長:姜 昌勲)は、遠隔診療を導入した外来の受付を5月17日より開始します。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。きょうこころのクリニック(奈良県奈良市、院長:姜 昌勲、 [全文を読む]

病院に通わず睡眠治療が可能!? 「遠隔診療」はどこまで来ている?

Fuminners / 2016年09月15日11時00分

最近、病院に行かなくても医師の診療が受けられるという「遠隔診療」が注目され始めています。病院に何度も通うのはハードルが高くて…という方には便利な方法かも。いったいどんな風に診察を受けるができるのでしょう? 睡眠の悩みなどでも受診できるのでしょうか? オンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を運営する株式会社メドレーの医師である島佑介さんにお話 [全文を読む]

宮原メンタルクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬・処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月05日17時00分

宮原メンタルクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を7月5日より開始します。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレーが運営するオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を導入しました。宮原メンタルクリニック(埼玉県さいたま市、院長:本山 真、以下当院)は、遠隔診療を導入した外来の受付を7月5日より開始します。遠隔診療のシステムとして、株式 [全文を読む]

福岡県初、なかなみメンタルクリニックが精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS」を採用し Webを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年07月20日17時00分

なかなみメンタルクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を7月20日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレーが運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。福岡県ではCLINICS初の導入事例となります。なかなみメンタルクリニック(福岡県北九州市、院長:中並 朋晶、以下「当院」)は、遠隔診療を導入した外来の受付を [全文を読む]

通院時間を短縮できる遠隔診療、慢性疾患にも向いている

NEWSポストセブン / 2017年09月14日11時00分

スマホやパソコンなどの通信機器を通じて、医療サービスを医師が行う「遠隔診療」。離島などでの医師不足の救世主として登場したこのサービスは、今、都会で忙しく働く会社員や、診療時間外の乳幼児の医療相談などへと広がっている。 東京都港区六本木にある『新六本木クリニック』は、遠隔診療向けアプリ『CLINICS』(メドレー社)を2016年2月に導入。以来、300人以上 [全文を読む]

ブレインケアクリニック、精神科外来に遠隔診療を導入 メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用しWebを通じて、予約からビデオチャットでの診察、決済や処方箋の配送までを提供

DreamNews / 2016年09月14日16時00分

ブレインケアクリニックは、遠隔診療を導入した外来の受付を9月14日より開始します。オンライン通院のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。ブレインケアクリニック(東京都新宿区、院長:今野 裕之、以下「当院」)は、遠隔診療[全文を読む]

聖マリアンナ医科大学の精神科医が「精神保健指定医」資格を不正取得

メディアゴン / 2015年04月16日07時40分

神経精神科 診療体制の縮小について お知らせ (当病院の)神経精神科では、常勤医師の減少に伴い、外来診療および入院病床の確保・維持がきわめて困難な状況となりました。つきましては、4月より診療体制を縮小させていただきますのでご了承願います。(中略)暫時神経精神科の受診を希望される患者さんにつきましては、できるだけ他の精神科医療機関への受診をお願い申し上げま [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神科医 編

進路のミカタ / 2017年05月18日12時02分

みなさんは精神科にどんなイメージを持っていますか? 心を読まれそうで怖い? それとも何でも話を聞いてくれそう? 精神科医とはどんな仕事なのか、子どもを専門に診療を行っているクリニックで院長を務める児童精神科医の新井慎一さんにお話を伺いました。■心の問題を扱う仕事だけに責任は重いQ1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください東京都世田谷区にある尾山台す [全文を読む]

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

今は都内で自費診療のカウンセリング・オフィスを開業。とある。クリニック(診療所や医院)ではないところに注意が必要だ。ところで、この小説は「原案」だが、「原作」とは、どこが違うのだろう。筆者なりの理解では「原案」は「脚本のヒントはもらったけれど、ストーリーや人物設定はオリジナル」。「原作」は「ストーリー、人物設定ともに借りて有るが、オリジナルの要素を付け加え [全文を読む]

【シゴトを知ろう】精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー) 編

進路のミカタ / 2017年06月23日12時02分

その業務範囲は職場などによってもさまざまですが、今回は在宅療養支援診療所に勤める精神保健福祉士の金子充さんにお話を伺いました。■在宅診療所で働くソーシャルワーカーも増えているQ1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください精神保健福祉士は、精神障害がある方のさまざまな相談を受けたり、生活支援をする人の国家資格です。精神科病院や診療所、社会復帰施設などに [全文を読む]

休みでも仕事のことばかり考える…ストレス社会の「あるある」で学ぶ、余裕がないときの心の整え方

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日11時00分

こんな「あるある」経験したことない? 心が乱れているかチェック ・苦手なあの人と同じプロジェクトに…… ・集中力がなく仕事がはかどらない! ・またミス! 私この仕事向いていない? ・取引先と良い関係を築きたい ・子供が言うことを聞きません ・休日なのに仕事のことが頭から離れない ・イライラしてつい食べ過ぎる ・通勤の満員電車が苦痛 ・大切な人との別れが受 [全文を読む]

新六本木クリニック、精神科外来に遠隔診療を導入メドレーのオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、Webを通じて予約からオンラインでの診察、薬の配送までを提供

DreamNews / 2016年02月08日17時30分

新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以下当院)は、遠隔診療を導入した精神科外来の受付を本日より開始いたします。遠隔診療のシステムとして、株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口 浩平、代表取締役医師:豊田 剛一郎)が運営するオンライン通院システム「CLINICS」を導入しました。新六本木クリニック(東京都港区、院長:来田 誠 以 [全文を読む]

<原案作者は誰?>堺雅人「Dr.倫太郎」の精神分析は誰が監修しているのか?

メディアゴン / 2015年04月25日08時14分

もし、なさっているなら、心理療法の箱庭や診療室の中のカウチ(寝椅子)などの道具立ては出来ていますから、あとは、 「精神分析家が倫太郎のように、刑事や探偵が謎解きで犯人の動機を決めつけるようなしゃべり方はしない」とおっしゃっていただけるとうれしいです。この辺はドラマの嘘の許容範囲なのでしょうか。さて、精神分析の指導を誰がやっているのか。これについてクレジット [全文を読む]

スマホでOK! - 赤坂にクラウドを活用し遠隔診療を行うクリニック誕生

マイナビニュース / 2017年08月24日11時42分

東京都港区にこのほど、クラウド上での遠隔診療を軸とした新しいタイプのクリニック「赤坂クラウドクリニック」がオープンした。 同院によると、住まいの地域に受診したい診療科がない人や、忙しく継続的な通院が困難な人が多く見られるという。通院できたとしても、診察のために長時間待つことも少なくないとのこと。 また、EDやAGAの治療においては、医師の診察を介さずに個人 [全文を読む]

便利な遠隔診療 重複診療や医師不足を増長しかねない懸念も

NEWSポストセブン / 2017年09月20日16時00分

平日の日中にまとまった時間が取れずに通院できない人にとって、「遠隔診療」は有効な医療手段といえる。スマホやタブレットのテレビ電話を使って診察が受けられるのだ。メリットとしては、通院時間を短縮でき、場所を選ばないなどがある。 とはいえ、遠隔診療はいいことばかりではなく、できないことも多い。『新六本木クリニック』院長で、精神科医の来田誠さんは、こう語る。 「例 [全文を読む]

航空機で「お医者様はいませんか?」に応じて治療・・・急病人が死亡したら責任は?

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月16日12時12分

●「航空機内」と「病院」では、求められる義務が異なる「たとえば、道で行き倒れている人を医師が診療する行為は、民法上、『緊急事務管理』にあたります。『事務管理』というのは、簡単に言えば、法律上の義務がない者が、他人のために一定のことをしてあげることをいいます。仮に、診療をミスして障害を負わせたり、死亡させたりしても、悪意(わざと)もしくは重大な過失がない限り [全文を読む]

認知症の診断・治療も対応「こころの医療センター」診療開始【山形】

認知症ねっと / 2015年03月13日09時47分

変化していく精神科医療 -入院から外来へ-60年近く地域の精神科医療を支えてきた山形県立鶴岡病院は、県内唯一の公立精神科単科の基幹病院だが、このたび「こころの医療センター」として新築工事が完成、3月9日より診療を開始した。精神科医療の役割変化に対応していくため、県が総事業費72億円をかけ整備。運営方針には“入院治療主体から外来中心に大きく転換し、悩む人に寄 [全文を読む]

始まる精神科での遠隔診療

認知症ねっと / 2016年10月19日09時00分

安心して治療の継続を促すために 米国発の医療に基づく「栄養療法」や「点滴療法」を用いた診療を行っている東京都新宿区のブレインケアクリニックは、9月14日から遠隔診療を導入した外来の受付を精神科にて開始している。 遠隔診療にはオンライン通院システム「CLINICS(クリニクス)」を採用し、診察・決済・処方箋の配送までビデオチャットを通じてWEB完結させる仕組 [全文を読む]

飲酒が増える季節の気になる健康状態!?ドクターに聞いた!休肝日のノンアルコールワイン活用法

PR TIMES / 2015年12月01日11時19分

そこで『MELLOW(メロウ)』では、東京都文京区のこまごめ緑陰診療所で患者さんと向き合っている、精神科医の福田博文先生にお話を伺い、休肝日のノンアルコールワイン活用法に関する記事を公開しました。◆『MELLOW(メロウ)』ドクターに聞いた!休肝日のノンアルコールワイン活用法ページURL:http://wine-mellow.com/media/2015/ [全文を読む]

病院:2割で自殺発生、半数ががん患者

毎日新聞 / 2017年09月05日08時00分

特にがん患者はさまざまな診療科で診ており、自殺予防対策はすべての診療科にかかわる問題だ」と話している。【下桐実雅子】 [全文を読む]

フォーカス