劇団 早乙女太一に関するニュース

阿部サダヲ、早乙女太一、森山未來の色気がハンパない! 劇団☆新感線「髑髏城の七人」こそがクールジャパン

messy / 2017年07月19日14時00分

2020年の東京五輪・パラリンピック開催へ向け、海外へ日本のサブカルチャーの魅力を発信するクールジャパン戦略はますます拡大していますが、「もっともチケットが取れない劇団」の評価をほしいままにしている人気劇団劇団☆新感線」も、劇画の温度感を舞台上で再現することに取り組んできた団体のひとつです。 現在、東京・豊洲の新劇場で上演されている代表作「髑髏城の七人 [全文を読む]

劇団解散から新作ドラマへの出演まで、早乙女太一が疾走する姿を目撃せよ。「新しい挑戦をするために、前向きな解散を決断しました」

PR TIMES / 2015年06月10日14時31分

WOWOWドラマに初出演する「連続ドラマW ふたがしら」(6/13土スタート)の放送開始に合わせ、太一が所属していた劇団のステージ「劇団朱雀 解散公演『FINAL』早乙女太一」を放送。さらにその舞台裏を追った「ノンフィクションW 早乙女太一 旅立ちのラストショー~大衆演劇『劇団朱雀』最後の30日~」も放送する。熱狂のままに幕を閉じた解散公演後、「ふたがしら [全文を読む]

台本は座長の頭の中! 観客が演者に肉まんを渡す! 大衆演劇の舞台裏に隠された仰天&感動エピソード

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月19日05時50分

大衆演劇は「旅役者」と呼ばれる劇団が、全国で30箇所ほどの芝居小屋、各地にあるセンターなどで巡業を行う。劇団は1カ月ごとに入れ替わる。 各劇団はどこも100以上の外題(演目)のレパートリーを持っていて、毎日違う芝居を打つというのだから驚く。 しかも、一般の演劇のように台本があって、稽古を重ね、作り上げていくスタイルではない。台本は「座長の頭の中」だけにあ [全文を読む]

福士蒼汰、初舞台を控え本音吐露「どこを緊張していいかわからないぐらい無知」

ORICON NEWS / 2017年09月25日18時29分

俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人』Season月の制作発表会見に参加。同作で舞台に初挑戦する福士は「何が出せるか考えて自分らしく、その場所にいられたら」と気合を入れた。 【写真】三浦翔平、須賀健太らが出席した制作発表会見の模様 本作は同劇団初となる、2つのチームが交互に上演を行うダブルチーム制を導入。主人公の捨之介を「 [全文を読む]

“「髑髏城の七人」Season鳥”ついに開幕! 阿部サダヲ『今までにない髑髏城の七人が見られる』

ザテレビジョン / 2017年06月27日21時10分

1990年の初演以来、変化を遂げてきた劇団☆新幹線の代表作「髑髏城の七人」。ことし3月30日からIHIステージアラウンド東京で“花”“鳥”“風”“月”の4シーズンごとにキャストを変えてそれぞれの脚本、演出で1年3カ月にわたって上演されている。6月27日からは、“花”に続く第2弾となる「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥」の幕が開いた。今回は、捨之介 [全文を読む]

新ドラマでも 「大森南朋は目を細めたら悪役」の法則

NEWSポストセブン / 2016年09月28日07時00分

脚本は劇団★新感線の座付作家でもある中島かずき、監督は『ジョーカー・ゲーム』などを手がけた入江悠。初期の必殺シリーズをリスペクトする脚本家と『ミッション・イン・ポッシブル』が大好きという監督がどんな盗賊エンタテイメントを仕掛けるか。見届けなくっちゃ。 [全文を読む]

早乙女太一の“子育て放棄・浮気”激白した西山茉希が離婚へ!?「実際には西山の遊び癖が原因で……」

日刊サイゾー / 2015年01月22日11時00分

さらに、ほかの劇団へのゲスト出演や、去年はフジテレビ系の連続ドラマ『信長協奏曲』にも出演。家に帰る暇がないほどの忙しさだった。 そんな早乙女に対して、西山は「(浮気を)疑ったらきりがない。嘘って、いくらでもつけるし」と不信感をあらわにした。結果、不仲説が持ち上がったわけだが、夫婦を知る関係者によると「大衆演劇の役者は“港、港に女あり”といわれるように、地方 [全文を読む]

早乙女太一 電撃デキ婚に父告白「もう暴力振るわないと…」

WEB女性自身 / 2013年04月24日07時00分

産まれてくる子に劇団を継がせるか? まだ考えていないと思いますよ。彼らには、とにかく幸せになってほしい。それだけです」 [全文を読む]

早乙女太一と西山茉希破局報道は、「別れさせたい」事務所の策略!?

サイゾーウーマン / 2013年01月24日13時00分

早乙女に関する情報は、数日前に東京スポーツで報じられていた、『親が経営する所属劇団の経営が苦しい』という部分しかありませんでした」(同) しかし、早乙女のファン離れが深刻化しているのは事実のようだ。今年早々、早乙女が会見で「(結婚は)僕はいつでも大丈夫」と発言したことにより、交際発覚当初から始まったファンクラブの会員減が、さらに加速してしまったという。 「 [全文を読む]

凄絶DVが注目を集める早乙女太一と西山茉希カップルの今後

メンズサイゾー / 2012年05月15日15時30分

しかし一昨年、長年在籍したロック座を辞め、現在は父親が旗揚げした劇団の所属となっている。この電撃移籍は、早乙女の父親が興行師と手を組み、一方的にロック座から移籍させてしまったものだという。これによって、早乙女は18歳にして劇団員たちの生活を支えなければならなくなってしまった。 [全文を読む]

松山ケンイチ“究極ヨガボディ”に驚愕!向井理&田中麗奈もゲスト出演「夜会」

CinemaCafe.net / 2017年08月03日12時30分

「嵐」の櫻井翔と有吉弘行がMCを担当する「櫻井・有吉THE夜会」が8月3日(木)今夜放送され、舞台“劇団☆新感線「髑髏城の七人」Season風”に出演する俳優の松山ケンイチ、向井理、女優の田中麗奈の3名がゲストとして登場するほか、芦田愛菜と鈴木福も出演する。 松山さんは、2002年に「ごくせん」で俳優デビュー、2006年公開の『デスノート』シリーズで演じた [全文を読む]

大久保佳代子、母親からの言葉に涙と感謝

Smartザテレビジョン / 2017年05月27日11時00分

OLをしながら劇団員として活動していた大久保は、実家に帰省した際に母親から「あんたねぇ、ちゃんと先の人生考えてんの? こんな中途半端なことして」と言われたエピソードを告白。 「今まで何も言われなかったけど、(母親が)そう思っているんだというのを初めて知って、ウワーっと泣いて家を飛び出し、友達の家に泊めてもらって…。翌朝になって家に帰ると、母親が新聞を読み [全文を読む]

早乙女太一、撮影現場で成宮寛貴の意外な一面を目撃!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日06時00分

似ている点では、僕が劇団(朱雀)を離れて個人で活動し、映像作品に挑戦していったことと、宗次が壱師の頭首になり、勝負していくための “初めの一歩”を踏み出すというのは重なる部分があるかもしれません。その一歩はとても重たい一歩ですし、互いにまだ若造なので弱さが出てしまう点も通ずるものがあります。 ――松山さんとの再共演はいかがでしたか? 映像作品におけるお芝居 [全文を読む]

SPEED島袋寛子、一回り年下俳優との電撃婚約は「1人だけ独身」の焦り?

アサジョ / 2016年09月15日17時59分

兄と同じ劇団朱雀に所属していましたが、劇団解散後はエイベックス・マネジメントに所属しています。今年の2月、劇団EXILE『松組』の第1回公演『刀舞鬼-KABUKI-』で共演したことから交際に発展したそうです」(女性誌記者) SPEEDのメンバーの中で唯一結婚していなかった島袋。そんな彼女が一回りも年下の俳優と交際7カ月で結婚したことに、周囲は驚きの色を隠せ [全文を読む]

本当の宮本武蔵は脱力系!?山田裕貴、初主演舞台の熱演が話題!

Woman Insight / 2016年08月21日16時30分

鬼才・前田司郎さん×カメレオン俳優・山田裕貴さん主演の本格時代劇『宮本武蔵(完全版)』が、8月19日(金)、東京・東京芸術劇場シアターイーストにて、ついに開幕! 前田さん主宰の劇団「五反田団」初の本格時代劇として書き下ろされ、2012年に上演された「宮本武蔵」に新たに加筆し、“完全版”として上演されている本作には、前田作品の中では異例とも言える“イケメン” [全文を読む]

山田裕貴、前田司郎監督に「いいやつ止まり」と見抜かれる?

Woman Insight / 2016年07月18日15時14分

本作で、イケメンなのにちょっとおバカなバンドマン“ヒサシ役”を演じた山田裕貴さんと、劇団「五反田団」を主宰する異才の劇作家・前田司郎監督が、7月17日(日)、東京・テアトル新宿にて、映画の公開記念トークショーを開催。 単なる監督と演者というだけではない、ふたりの不思議な関係が垣間見られるような時間に、劇場が何度も笑いに包まれました。 満席の客席を前に、「 [全文を読む]

早乙女太一と“離婚秒読み”の西山茉希、収録スタジオでも愚痴タラタラ「まるで離婚の相談」!?

日刊サイゾー / 2015年01月29日13時00分

また、早乙女が長年やってきた大衆劇団「朱雀」を2月で解散することも、不安要素のひとつだ。これは背後で劇団員が大量離脱したとか、DV騒動と結婚でファン離れを引き起こしたという見方もささやかれるが、事務所の移籍で前所属事務所とトラブルになっていたことが公になっており、仕事が順調とは言いがたい。 一方の西山は今年30歳。モデル活動の全盛期は過ぎたともいわれてお [全文を読む]

西山茉希と早乙女太一、離婚秒読み観測広まる 早乙女、妻子置き独り旅行 西山不満噴出

Business Journal / 2015年01月22日23時00分

まだ1歳2カ月の娘を抱えながら、早乙女自身は父・葵陽之介が旗揚げした大衆演劇の『劇団朱雀』の公演で地方巡業が多く、家事や育児のフォローも満足にできない。そんな中、西山が親しい友人などに子どもを預けて遊びに出かけていると知り、気が気でないようです。そこで昨年末に明らかになったのが、今年2月いっぱいでの『朱雀』の解散です。父が03年に旗揚げした劇団で、子どもの [全文を読む]

フォーカス