医学部 北海道大学に関するニュース

松谷化学工業、第70回日本栄養・食糧学会大会において「希少糖プシコース(アルロース)のGLP-1分泌促進作用」に関する北海道大学との共同研究結果を発表

DreamNews / 2016年04月26日16時00分

座長は、岩﨑 有作自治医科大学医学部講師、講演は比良 徹北海道大学農学部講師が行います。 北海道大学と松谷による、本大会一般演題プログラムでの研究発表概要は以下の通りです。 ------------------------------------------------------------------------------------- 【演題名】 [全文を読む]

武田塾、大学入試の解答がすぐに確認できる解答速報専門アプリ「解答速報 powered by 武田塾」iPhone版をリリース

@Press / 2015年02月03日10時00分

■「解答速報 powered by 武田塾」の特徴 (1) 全国主要大学の解答速報情報を簡単に入手できる! 早慶をはじめとして、関関同立、GMARCH、国公立、私立医学部の解答速報の情報を提供します。 【国立大学】 東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、東京医科歯科大学、千葉大学、広島 [全文を読む]

股関節のスーパードクターが徹底解説!新刊『健脚寿命を延ばして一生歩ける体をつくる!』~自力で歩ける期間=『健脚寿命』は簡単に延ばせる~

@Press / 2017年02月22日09時30分

序章 :「健脚寿命」こそが充実した人生の時間を決める 第1章:知っておきたい股関節の基礎知識 第2章:無理なく運動を続けるコツ 第3章:バランスの良い食生活のススメ 第4章:賢く心身を休ませるポイント 【商品(書籍)概要】 タイトル :健脚寿命を延ばして一生歩ける体をつくる! 発売年月日:2017年2月17日 価格 :本体価格1,300円+税 発売場所 [全文を読む]

ここまで劇的に改善できる!新刊書籍『あなたの「健康診断の数値」が劇的に改善する本』(著者:牧田 善二)3月18日刊行!!

DreamNews / 2016年03月18日09時00分

79年、北海道大学医学部を卒業。糖尿病専門医。地域医療に従事した後、渡米。ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行なう。96年より北海道大学医学部講師。2000年より久留米大学医学部教授。03年より糖尿病をはじめとする生活習慣病治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座に開設。 [全文を読む]

94%の女性が「外出先で自分の歯の汚れが気になる」時代!いつでも・どこでも手軽に使える大ヒットホワイトニング商品「ポリリンキューブ」数量限定の新フレーバー「グレープフルーツの香り」が新登場!

PR TIMES / 2017年02月13日13時15分

北海道大学理学部に助手として赴任後、1993年より米国スタンフォード大学医学部生化学科のアーサー・コーンバーグ教授の研究室に博士研究員として留学し、生体内ポリリン酸の研究を開始した。1995年より北海道大学大学院工学研究科助教授として赴任し、ポリリン酸の生理機能研究をさらに進めた。さらに今回、ミュゼホワイトニングでは、商品の新発売にあたり全国619名の女性 [全文を読む]

「脳力」アップ! シニアのための折り紙ドリル

認知症ねっと / 2016年10月28日21時00分

東京大学医学部を卒業後、同医学部脳研究施設講師、京都大学霊長類研究所教授などを歴任、2011年には瑞宝中綬章を受章しており、大脳生理学の分野では権威として知られています。 また、川島隆太東北大学教授や澤口俊之元北海道大学教授といった一般にも知られている研究者を指導、脳に関する著作も多数発表しており、現在は国際医学技術専門学校副校長などを務めています。 完成 [全文を読む]

ダイエット向きな低糖質野菜のおかずレシピ

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月11日11時00分

北海道大学医学部卒業。ロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。久留米大学医学部教授を経て、2003年より、糖尿病などの生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を開業し、延べ10万人以上の患者を診ている。 ※掲載内容は変更になる場合があります。 [全文を読む]

5月10日、第2回温育カフェを開催 家族で取り組む夏の“隠れ冷え”対策 「大人の温育、子どもの温育」をテーマに川嶋朗先生が講演

DreamNews / 2015年04月27日16時00分

北海道大学医学部卒業。ハーバード大学医学部留学などを経て、現職に至る。西洋医学と代替・補完・伝統医療を統合した医療を目指す。日本抗加齢医学界評議員、日本統合医療学会理事。西洋医学では、腎臓病学、膠原病、高血圧などが専門。 日時 2015年5月10日(日) 14:00~16:00 (13:30受付開始)場所 渋谷区文化総合センター大和田 11階 文化ファッ [全文を読む]

糖尿病「医師によって医療情報に格差がある」と専門医

WEB女性自身 / 2013年11月25日07時00分

女性の平均寿命が86歳ですから、糖尿病の女性は平均73歳しか生きられないことになります」 こう話すのは、北海道大学医学部を卒業後、糖尿病専門医ひとすじの牧田善二先生。35年間でのべ10万人を診療し、久留米大学医学部教授を経て、現在、東京・銀座でAGE牧田クリニック院長を務めている。牧田先生によると、ここ10年間で糖尿病と診断された日本人は3倍増。現在、成人 [全文を読む]

"白米中心の和食"がヘルシーではない理由

プレジデントオンライン / 2017年06月03日11時15分

その後医師を志し、1973年帝京大学医学部入学。卒業後に宗田マタニティクリニックを開院。主な著書に『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』(光文社)。近年はFacebookグループ「糖質制限・ケトン体の奇跡」共同代表。糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の患者に対して糖質制限による治療を推進、絶大な効果をあげている。 ---------- (宗田マタニティ [全文を読む]

平成29年執行 東京都議会議員選挙 都民ファーストの会 公認候補予定者決定(17次)

PR TIMES / 2017年05月31日16時44分

氏名 :岡本 光樹 (おかもと こうき) (新) 選挙区 :北多摩第二選挙区(定数2) 生年月日:昭和57(1982)年7月20日(34歳) 最終学歴:東京大学法学部 卒業 職歴等 :(現)希望の塾 塾生 (現)弁護士 氏名 :辻野 栄作 (つじの えいさく) (新) 選挙区 :小金井市選挙区(定数1) 生年月日:昭和43(1968)年10月1日(48歳 [全文を読む]

精油の香り刺激により、女性ホルモン分泌量が上昇

PR TIMES / 2017年03月31日13時22分

長崎大学医学部卒業後、東海大学大学院医学博士課程(児童精神科)終了。 北海道大学、横浜市立大学、バージニア大学などを経て2002年より現職。 小児精神科・心療内科医師として臨床現場の声にも日々耳を傾けつつ、フェロモンや香りによる女性のうつや不安の緩和法、乳幼児行動・母性行動などを専門に研究している。 --------------- <公益社団法人 日本ア [全文を読む]

アルツハイマー病の原因とされるタンパク質を細胞内で可視化する技術を開発

認知症ねっと / 2016年03月23日09時36分

今回の研究は、国立大学法人北海道大学大学院先端生命科学研究院の北村朗助教授、学校法人順天堂順天堂大学医学部脳神経内科の志村秀樹准教授らと共同で行われた。Aβが重合しても蛍光観察が可能にアルツハイマー病発症のメカニズムはいまだ謎が多いが、最近では細胞に対し強い毒性を有するAβオリゴマーが、細胞内に蓄積されることが病気の発症の原因となる説が有力化している。Aβ [全文を読む]

――糖尿病の人も血糖値高めの人もダイエットにも効果大!――『ヘモグロビンA1cが下がる大豆めんレシピ ラーメン、うどん、そば、パスタ』が発売!!

PR TIMES / 2015年09月08日20時05分

北海道大学医学部卒業。ニューヨークのロックフェラー大学医生科学講座などで終末糖化産物(AGE)の研究に従事。2003年より現職に。糖質オフを基本に、患者さんごとに適切な治療と指導を行うことで定評があり、全国から来院する人があとを絶たない。 ◆料理/福岡直子 料理研究家 東京製菓学校修了後洋菓子店に勤務。その後料理専門プロダクションを経て独立。広告料理の制作 [全文を読む]

インフルエンザが生物兵器に? 米国防総省はなぜ日本メーカーの薬にいち早く目を付けたのか

週プレNEWS / 2015年01月25日06時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームでは、主として国際レベル・地域レベルでのインフルエンザ対策を担当した ■週刊プレイボーイ5号(1月19日発売)「かなり間違いだらけなインフルエンザ予防法」より(本誌では、さらに知っておくべき基礎知識を詳説!) ●参考文献:ジェニファー・アッカーマン著『かぜの科学 もっとも身近な病の生態』 [全文を読む]

インフルエンザ感染で危険なのはエレベーターやATM! 便座より汚いスマホにパソコンも?

週プレNEWS / 2015年01月22日06時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームでは、主として国際レベル・地域レベルでのインフルエンザ対策を担当した ■週刊プレイボーイ5号(1月19日発売)「かなり間違いだらけなインフルエンザ予防法」より(本誌では、さらに知っておくべき基礎知識を詳説!) ●参考文献:ジェニファー・アッカーマン著『かぜの科学 もっとも身近な病の生態』 [全文を読む]

猛威をふるうインフルエンザ!「うがい薬は逆効果」「ソープの薬用成分は意味なし」間違いだらけの予防知識とは?

週プレNEWS / 2015年01月19日00時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームでは、主として国際レベル・地域レベルでのインフルエンザ対策を担当した ■週刊プレイボーイ5号(1月19日発売)「かなり間違いだらけなインフルエンザ予防法」より(本誌では、さらに知っておくべき基礎知識を詳説!) (※1)ざっくり言うと、バイアスがかからないように、どれがうがい薬入りで、どれ [全文を読む]

正月メタボが心配? 今こそ正しい知識を学ぶべき“コレステロール”の秘密とは

週プレNEWS / 2015年01月06日06時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームなどを経て、現在は都内大手企業で産業医としても勤務。医療・科学ものを中心に執筆中 ■週刊プレイボーイ3・4新春特大号(1月5日発売)「10分で読めて一生役立つコレステロールの最新・基礎知識」より [全文を読む]

知らねばヤバい! 今もっとも正しい“エボラウイルス”Q&A(3)日本上陸の可能性は?

週プレNEWS / 2014年10月31日06時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームなどを経て、医療・科学ものを中心に執筆中 ■週刊プレイボーイ45号「エボラウイルスの性質はインフルと比較するとスッキリわかる!」より [全文を読む]

知らねばヤバい! 今もっとも正しい“エボラウイルス”Q&A(2)エボラは強くなっている?

週プレNEWS / 2014年10月30日06時00分

北海道大学医学部卒。WHO(世界保健機関)の新興・再興感染症対策チームなどを経て、医療・科学ものを中心に執筆中 ■週刊プレイボーイ45号「エボラウイルスの性質はインフルと比較するとスッキリわかる!」より(本誌では、さらにQ&Aで詳説) [全文を読む]

フォーカス