恩師 手紙に関するニュース

【海外発!Breaking News】「お父さんのように接してくれてありがとう」 児童からの手紙に感激した男性教師(米)

TechinsightJapan / 2017年04月28日17時38分

あなたは人生で“恩師”と呼べる人に出会ったことがあるだろうか。子供の頃にそのような出会いに恵まれると、ずっと心に残っていくであろう。そんな素晴らしい経験をした5年生の男子児童が、恩師である男性教師に心温まる手紙を書いた。その手紙は男性教師のツイッターアカウントで公開され、話題となっていることを米『FOX 2 Detroit News』や英『Metro』が伝 [全文を読む]

「真っ赤な嘘だった…」清原和博がテリー伊藤との対談で涙ながらに語った“薬物疑惑否定”

アサ芸プラス / 2016年02月15日09時57分

僕も命を賭して裁判で戦うつもりでいたんですけども、僕の恩師に止められたんですよね」 だが、恩師にどう止められたか詳細を聞かれると、「『1年間ぐらい干されるかもしれないけど、(訴訟を)やめたほうが清原さんのためになるから、やらないほうがいい』と。その恩師なりに考えはあったんでしょう。僕自身は戦いたい気持ちを今でも持っているんですが」 と、歯切れが悪い。今とな [全文を読む]

第6回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」入選発表

DreamNews / 2015年08月26日18時00分

◆入選発表 【金賞】前田理衣 様 「受け継がれてゆく十年日記」【銀賞】白金光子 様 「亡き夫へ」川原玖三 様 「友へ」臼木巍 様 「恩師、灼熱の情」杉山奈朋 様 「命を繋ぐ」江崎あおい 様 「お父さんへ」*銅賞・佳作については「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」のサイト上で発表しています。第6回「今は亡きあの人へ伝えたい言葉」入選発表:http://www.t [全文を読む]

中村憲剛が綴る、恩師・オシムへの手紙「オシム監督に選んでもらえたことで、僕は自分を肯定することができた」

PR TIMES / 2015年12月15日12時25分

12月20日(日)の放送では、川崎フロンターレの司令塔であり、サッカー日本代表として活躍した中村憲剛選手が、自分のサッカー人生を肯定してくれた恩師、イビチャ・オシムへの感謝の手紙を綴ります。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/770/resize/d4829-770-834448-2.jpg ] オシム監督は、とにかく本気だっ [全文を読む]

安倍首相の恩師・宇野重昭氏が死去、生前涙ながらに「安倍くんは間違っている」「勉強していない」「もっとまともな保守に」と批判

リテラ / 2017年04月05日18時44分

安倍首相にとっては名実ともに"成蹊大時代の恩師"であり、政界に入ってからも付き合いがあったという。 その宇野氏が、2015年から「AERA」(朝日新聞出版)誌上で断続的に連載されたジャーナリスト・青木理のルポ「安倍家三代 世襲の果てに」(『安倍三代』として書籍化)の最終回(2016年5月2・9日合併号)に登場。青木の取材に応じた宇野氏は、なんと涙ながらに安 [全文を読む]

松岡茉優、「おはスタ」時代の恩師・山ちゃんの手紙に感涙!

Movie Walker / 2016年07月03日18時08分

【取材・文/トライワークス】 [全文を読む]

行列のできる美容外科医が書いたデビュー作『医者の父から息子へ贈る30通の手紙』

PR TIMES / 2016年05月30日10時19分

目次(一部):プロローグ これから医者になる君へ/2通目 これからの美容外科医とは/5通目 美容外科医としてさらに腕を磨く/8通目 なぜ私は医者になったのか/12通目 開業前に恩師から言われたこと/15通目 自由診療と保険診療/17通目 お金について考える習慣を身に付けなさい/20通目 カウンセリングは顧客満足につながる/22通目 術後検診はなぜ必要か/2 [全文を読む]

福山雅治の中学時代恩師 モテモテ福山を大仁田厚と勘違い

NEWSポストセブン / 2015年08月25日16時00分

先生が間違えたのも無理はない!? [全文を読む]

白井貴子 ANNで切実なハガキに本気回答するコーナーを大切に

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

しばらく番組を続けた頃、とてもつらくて、気力の限界と、大学時代の恩師に悩みを打ち明ける手紙を書いたほどです。 当時は朝5時にラジオを終えて、そのまま地方でライブ。曲作りもアレンジも、私ひとりでやっていたので疲れ切っていたんです。その恩師からは丁寧な返事をいただいたので、番組最終回、最後のそのコーナーで読んだのですが、そこには、“力んでいる時にいいものはでき [全文を読む]

「吉田と父」「ベイカーの恩人」現地記者語る“リオ秘話”前編

WEB女性自身 / 2016年08月24日06時00分

さらに、兄貴分として支えてくれた天理大柔道部の穴井隆将監督(32)には『もう一度リセットしよう』と言われるなど、家族や天理大の関係者、中高時代を過ごした私塾『講道学舎』の恩師らの励ましで再起できたんですね」(雨宮記者) [全文を読む]

安倍首相の成蹊大学の恩師が涙ながらに批判!「安倍くんは間違っている」「勉強していない」「もっとまともな保守に」

リテラ / 2016年06月05日22時34分

母校の恩師とは思えない手厳しさだが、加藤名誉教授の批判はそれだけに止まらない。安倍首相が2013年3月の参院予算委員会で憲法の最高権威である故・芦部信喜氏を「知らない」と言い放ったことを挙げて、さらにこう指摘している。「(晋三氏は)政治学科ですし、憲法もしっかり勉強しなかったんでしょうね。しかし、改革を訴えているのに、(芦部を)『知らない』なんて言うべきで [全文を読む]

薬物逮捕の清原和博が「テリー伊藤対談」で語っていた“無実の叫び”

アサ芸プラス / 2016年02月03日17時59分

僕も命を賭して裁判で戦うつもりでいたんですけども、僕の恩師に止められたんですよね。テリー 何と言われて止められたんですか?清原 僕も理由を聞きたかったんですが、「1年間ぐらい干されるかもしれないけど、(訴訟を)やめたほうが清原さんのためになるから、やらないほうがいい」と。その恩師なりに考えはあったんでしょう。僕自身は戦いたい気持ちを今でも持っているんですが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】武井壮のハードすぎる学生時代。「私立の中高一貫校を選んだのは、学費が免除されるから」

TechinsightJapan / 2015年03月01日18時00分

そんな武井の支えとなったのが、中学時代の恩師、野球部監督の存在である。 2月24日深夜放送の『まさかのタメ年トークバラエティー!ビックラコイタ箱』(中京テレビ・日本テレビ系)に、武井壮と同じ中学の野球部で汗を流していた旧友から、校名の入った懐かしいグラウンドコートが送られてきた。添えてあった手紙には、武井がいかに部活に打ち込んでいたのかが綴られていた。 当 [全文を読む]

佐藤愛子「書くべきこと書きつくし、作家としての幕下りた」

NEWSポストセブン / 2015年01月22日11時00分

書くことで、残りの2年を埋めようという気持ちでした」 資産家の息子に生まれ、不自由な足を抱えて生きてきた元夫「畑中辰彦」の人生をたどりながら、合間に年老いた作家「藤田杉」が亡き恩師にあてて書く手紙を挿み、手紙の中で彼女の思いが綴られる。 書き上げた原稿を読み返したとき、「辰彦がヘンな男だというのを書こうとしたけど、杉も負けず劣らずヘンな女だなあ」と思ったそ [全文を読む]

「敵ばかりの私を救ってくれた・・・」田中れいなから、恩師つんく への手紙

PR TIMES / 2014年04月21日11時53分

を卒業し、現在はガールズバンド「LoVendoЯ」のボーカルとして活躍する田中れいなが、恩師つんく へ、今だから明かせる素直な思いを綴ります。 「気が強くて 自分が決めたことを曲げない私はいつも、 敵ばっかり作ってしまってなかなか素直になれず、 まわりとうまくいかないときとか、 つんく さんは近くにいなくても、 どっからか情報を聞き付けて 連絡くれたりして [全文を読む]

首輪で手紙運ぶ“伝書ネコ”が寝たきりのおばあちゃんを元気に!

WEB女性自身 / 2014年02月11日07時00分

洋さんの中学時代の恩師、高木惠子先生(75)のこと。38年の教師生活を経て、現在は105歳になる母の波惠さんの世話をしながら暮らしている。惠子さんの家は、洋さん夫妻の家から100mほどのところにある。 翌日、惠子さんが洋さん宅を訪ね、こう聞いた。「昨日、チャアチャが首に何か付けて帰りゃせんかった?」「ああ、やっぱり惠子先生じゃったか!」「かわいくて、賢いネ [全文を読む]

「息子に手紙を書いて…」しずちゃん恩師・生前のメッセージ

WEB女性自身 / 2013年07月30日00時00分

南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代(34)のボクシング専属コーチだった梅津正彦さんが23日、悪性黒色腫のため亡くなった。44歳の若さだった。実は今年2月、迫りくる死を予感しつつ、なお生きる希望を捨てなかった梅津さんは、本誌に“遺言インタビュー”を遺していた――。「健康な人には、僕のいまの気持ちは正直、わからないと思うんですよね……。余命があと30年 [全文を読む]

自叙伝出版中田翔 日ハム「苦悩の4年」(2)子供ができたら「親バカ」になる

アサ芸プラス / 2012年01月18日10時59分

中田の入団時に二軍監督を務めていた恩師の水上善雄氏は、初対面の時からその人間性と無限の可能性に魅せられてきた一人。本書の刊行に寄せて、こう話す。 「翔は私がこれまで数人にしか感じなかったオーラを持っていますし、野球選手としても、1人の人間としても4年間でここまで成長したのは凄いと思います。野球の面ではホームランや打点のシーズン記録など、『史上初』というも [全文を読む]

湊かなえドラマ『リバース』、藤原竜也の「大根役者ぶり」が緊張感をブチ壊す深刻な問題

Business Journal / 2017年04月15日06時00分

そんな4人が恩師である教授の退官記念パーティーで久しぶりに顔を合わせると、そこに広沢の母親が現れる。さらに、なぜか10年前の事件を追っているジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れ、深瀬以外の3人が歩いているところを直撃取材して真相を問い質すと、3人は狼狽してタクシーを捕まえ、小笠原を振り切る。しかし、小笠原は4人それぞれの周辺取材を進め徐々に彼らを追 [全文を読む]

清原の恩師・森祇晶氏 巨人でピアスした頃から変わったか…

NEWSポストセブン / 2016年02月18日07時00分

清原の入団2年目から西武ライオンズで指導をした恩師・森祇晶氏が、清原からの相談事を明かす。 * * * 5年ほど前、清原が家族とハワイに来た時に連絡があった。「一対一で話がしたい」という。我が家に呼び、2人で3時間ほど話をした。彼は「家族を守りたいが、野球人としてこれからどうしたらいいか分からない」「もう一度ユニフォームが着たい」という相談をしてきた。だか [全文を読む]

フォーカス