アパート 大田区に関するニュース

シノケングループが民泊対応型、投資物件を分譲開始!!

PR TIMES / 2017年04月04日13時36分

~ 民泊に適合した投資用アパートおよび投資用マンション ~ 株式会社シノケングループ(東京オフィス:東京都港区,代表取締役社長:篠原英明、東証ジャスダック市場 証券コード8909,以下グループを総称しシノケンG)は、民泊対応型、投資用アパートおよび投資用マンションの分譲を2017年4月4日より開始いたしますので、お知らせいたします。 1.個人投資家の皆様の [全文を読む]

公認民泊仲介サイト「STAY JAPAN」運営のとまれる、大田区・東邦大学との連携・協力協定を締結

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

民家・アパート・マンション、古民家などの空き部屋やユニークな場所に宿泊することができます。都市部の生活空間に暮らすように滞在したり、地方で日本の伝統文化や田舎体験を通じて現地の方と交流したり、「日本」をもっと深く知ることのできる旅の拠点を提供します。国家戦略特別区域法や旅館業法など、国の定める法律に則り、自治体の認可を受けた公認民泊のみを取り扱っています。 [全文を読む]

猫4匹までOK! 猫の一級建築士が監修した賃貸アパート「calico大森」誕生

マイナビニュース / 2017年08月25日10時40分

アイディは"人と猫が楽しく健康で幸せに暮らすこと"をテーマにした猫共生型の賃貸アパート「calico(キャリコ)」の第一弾として、東京都大田区に猫の一級建築士が監修した「calico大森」を9月1日に竣工し、9月9日より内覧会を実施し入居者募集を開始する。入居は10月1日からとなる。 日本では現在、飼育される犬と猫の数が約2,000万頭(犬: 987万8, [全文を読む]

猫の一級建築士がプロデュース! “猫と暮らす”新築アパート『calico(キャリコ)大森』入居者募集開始 9月9日(土)に内覧会を同時開催

PR TIMES / 2017年08月25日11時28分

【入居者様特典】猫の健康と長生きをテーマに「ネスレ ピュリナ ペットケア」のサポート付き アイディ株式会社(東京都品川区)は、“人と猫が楽しく健康で幸せに暮らすこと”をテーマにした猫共生型の賃貸アパート「calico(キャリコ)」の第一弾として東京都大田区に『calico大森』を平成29年9月1日(金)に竣工し、9月9日(土)より内覧会を実施し入居者募集を [全文を読む]

"30代の夜更かし"のせいで人生終わった

プレジデントオンライン / 2017年08月04日09時15分

大田区のアパートから世田谷のマンションに引っ越したのもこのころだった。 そんな順風満帆な生活に急激に亀裂が走ったのが95年のこと。深夜の運転が続いた稲葉さんは、39歳にして白内障と高血圧と診断される。健康診断をろくに受けていなかったツケがまわってきたのだ。家族の支えはなかったのか。 「33歳で一度結婚しましたが、仕事が忙しくて家庭に身を置く時間はほとんどな [全文を読む]

都内下請け業者「韓国企業はきつい要求しない。対応も対等」

NEWSポストセブン / 2012年01月17日07時00分

* * * 区内の多摩川堤防沿いを歩くと、一戸建て住宅やマンション、アパートに交じって町工場が点在する。シャッターが閉まったままの工場も目につく。区内の中小企業の倒産件数は、ここ数年は、年間100件前後ペースで、企業数は確実に減っている。1983年末に約9000社あった区内の工場数は、いまや4000社と半減。従業員数も、約9万人から3万人台へと3分の1に [全文を読む]

訪日客&出張族相手の「民泊」は儲かるのか

プレジデントオンライン / 2017年03月21日09時15分

ちなみに、自前の物件を貸し出し、自分で管理を行いたいという人は2割、所有アパートや自分の家の空き室対策として民泊を考えているという人は全体の1割程度しかいません。 投資目的で新たに物件を購入する際には、次のような注意が必要です。 まずは、民泊を行う場所選び。いくら訪日外国人が増えているといっても、立地が彼らのニーズに合わなければ、成功は望み薄です。一般的 [全文を読む]

「民泊新法」対応の新築マンションが大田区「平和島」にOPEN!【レジデンストーキョー大森西】

PR TIMES / 2017年02月28日09時23分

注釈1:https://agency.realestate.co.jp/market-data/bestagentaward-rent-2016-dec/ 【事業主情報】 会社名:株式会社レジデンストーキョー 代表取締役:野坂 幸司 資本金:3,000万円 所在地:東京都港区六本木2-2-6 福吉町ビル5階 事業内容:外国人向け家具付きアパート・マンスリ [全文を読む]

大田区の特区民泊経営事業の認定を取得 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験開始!地元商店会と協力し、地域活性化への取り組みも

PR TIMES / 2016年09月21日09時39分

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験を開始い [全文を読む]

賃貸住宅、異常な「大余り」状態…アパート空室率が約4割の地区も、老朽化で管理放棄も

Business Journal / 2016年08月01日06時00分

●空室率上昇が金融機関経営を揺さぶる懸念 [全文を読む]

「大田区の民泊条例」でドヤに住む外国人労働者が増える心配

政治山 / 2015年10月15日13時30分

厚生労働省の旅館業法の概要によれば、旅館業とは「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」で、生活の本拠を置くような場合、例えばアパートや間借り部屋などは貸室業・貸家業であって旅館業には含まれない」とされています。一方で旅館業法は、簡易宿所営業や下宿営業を対象としていますが、川崎市の簡易宿泊所の火災で明らかになったように、これらは低所得者や生活保護受給者の仮とは [全文を読む]

大田区乳児遺棄 大家が証言する容疑者男の引きこもり生活

NEWSポストセブン / 2013年11月08日07時00分

夫婦がその時に住んでいたアパートを探した。梅屋敷駅から徒歩5分、2階建ての木造アパート〈コーポH〉。公園とは正反対の方角にあった。夫婦の階下に住んでいた男性の話――。荷物を全部置いて夜逃げした。女は蒲田近辺で水商売をやっていたらしい。地味で、きれいではなかった。男は、ほとんど家にひっこんでいた。ぽちゃぽちゃと肥えていた。 部屋は足の踏み場もなかった。家賃 [全文を読む]

延命治療の胃ろう 病院経営の都合で行っているとの懸念あり

NEWSポストセブン / 2012年04月24日16時00分

今井さんが見たのは、通称「胃ろうアパート」などと呼ばれるもので、数年前から問題になっている高齢者施設だ。こうした施設は、日本各地にいくつもある。在宅医療や胃ろう問題に詳しい医療ジャーナリスト・熊田梨恵さんはいう。「欧米では認知症などを発症した高齢者に胃ろうを行うことについて否定的です。日本では死生観などさまざまな事情はあると思いますが、医療者の都合や、受 [全文を読む]

アットホームとライナフが業務提携。AIによる音声認識で物件確認の電話に自動応答「スマート物確」をアットホーム加盟店向けに提供開始

PR TIMES / 2017年09月15日10時00分

1.アットホームマンション101号室 2.アットホームアパート303号室 3.新橋マンション205号室 [全文を読む]

マイホーム購入か賃貸か、都内“おひとりさま”の選択

MONEYPLUS / 2017年09月09日15時00分

【1.住居問題】 今、23区外のアパート暮らしですが通勤時間を短縮したいので、もう少し都心に住み替えたいと思います。そうなると家賃も上がるのですが、時間を買うという意味では、払える範囲であれば上がっても仕方ないと思っております。生涯家賃を考えると中古マンションを買った方がいいのでしょうか? 【2.資産運用】 現在、預貯金・投資信託などで計3,200万円ほ [全文を読む]

シノケン、「リノベ×民泊」事業をスタート!!

PR TIMES / 2017年07月11日09時05分

都心部における空テナントをリノベーションにより民泊物件として運用! 第1号案件は、福岡市天神一等地の自社所有物件! [画像: https://prtimes.jp/i/21725/8/resize/d21725-8-391488-0.jpg ] シノケンGは、昨今の民泊需要の高まりおよび民泊に関する法整備の進展に伴い、東京都大田区に於ける民泊対応マンショ [全文を読む]

空き家を「活用」するか「売却」するか、今がラストチャンス?

ZUU online / 2017年04月17日17時40分

アパートなどの一棟収益物件の平均利回りが下がる傾向にあったこともあり、戸建てで高収益が可能な物件はネットで閲覧するだけでも買い付けが入るような2016年であった。いいエリアにある空き家なら、このように不動産投資家から人気を集め、市町村が積極的に動かなくても活用化されやすい。■買い手がいるチャンスを逃さない築古の空き家を収益物件として活用するといっても融資は [全文を読む]

福岡市への民泊許可申請を完了 民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験 エリア拡大!

PR TIMES / 2016年12月01日15時55分

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験エリアを [全文を読む]

自宅の空き部屋を有効活用!黒木メイサに学ぶ「民泊」副業で月10万円?

アサジョ / 2016年09月24日17時58分

「自分でマンションやアパートの部屋をいくつか借りて、そこに泊まってもらうという手もあります。寝具、家具を用意しなければならないのと、次の宿泊者のための掃除など、メンテナンスが必要になってきますが、今は代行業者も増えてきています。多少ボロい物件でも十分に需要がありますし、外国人にとっては『日本の庶民の部屋に泊まってみたい』というニーズもありますから、月5万円 [全文を読む]

オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ/日沖 博道

INSIGHT NOW! / 2016年02月24日07時07分

Airbnb上で実際に貸し出されている日本の宿泊場所、特に東京圏の物件はアパートかマンションが大半である。一軒家の一部屋を貸すというのは稀だ。マンションの部屋を貸すのも「まるまる貸し切り」というタイプが圧倒的に多い。つまりオーナーが住んでいるわけではなく、貸し出し専用となっていると推測されるのだ。不動産関係に詳しい知人の解説では、オーナーの多くは投資家だそ [全文を読む]

フォーカス