仏像 法隆寺に関するニュース

法隆寺の門外不出の像を再現!展覧会を、今春に高岡市で開催(3/10~20)

@Press / 2017年03月06日18時00分

この展示では、東京藝術大学が別途再現した法隆寺金堂の壁画と、今回再現した仏像を実際の法隆寺金堂に近い配置で設置し、間近に拝むことができます。また、3Dプリンターで制作された原型や、鋳造工程の石膏型も展示します。URL: http://www.city.takaoka.toyama.jp/sanki/sangyo/shinsangyo/shakasanzon [全文を読む]

“日本のビーナス”孤高の仏像・百済観音はどのように作られたのか?

週プレNEWS / 2013年04月09日06時00分

だが、これだけ素晴らしい仏像なのに来歴も出自もわからない。様式も限りなく異端で、後世にもこれをまねたものは見当たらない。孤高の仏像なのである。百済観音はいったいどのような経緯で作られたのだろうか? 独自の解釈で古代史の真実に迫ってきた歴史作家・関裕二氏が、『百済(くだら)観音と物部(もののべ)氏の秘密』で空前絶後の仏像の真実に迫る。 「一般的な仏像は六頭身 [全文を読む]

元「旅行読売」編集長が暴露する、有名寺院のボウズ丸儲けシステム

まぐまぐニュース! / 2016年06月16日07時40分

“ボウズ丸儲け” にモノ申す! なんだかしんみりした話題ばかりで恐縮だけど、つい先日、仏像や寺院などを撮影し続けてきた写真家の小川光三さんが亡くなった。 一般の人にはそれほど知られていないかもしれないけれど、少なくとも、歴史関係の書籍や雑誌を編集している人間は誰でも知っている。 上記リンクにもある通り、奈良を中心に古寺仏の写真を撮影し、その写真をストック [全文を読む]

仏像の顔のいったいどこが人を惹きつけるのか?

週プレNEWS / 2013年10月29日06時00分

お寺を拝観していると必ずいるのが、どの仏像を見たって「慈悲に満ちたお顔……」とありがたそうに呟くおばあちゃん。あんた本当に仏像見てんのか?とツッコミたくなるけれど、『仏像の顔―形と表情をよむ』を読めば、そんなおばあちゃんだって違いがわかるようになるはずだ。 例えば、書店に並ぶガイドブックの法隆寺釈迦三尊像の項には「生き生きとした目」なんて書かれていて、実際 [全文を読む]

奈良にはお宝いっぱい! 国宝に触ってもいい仕事って?

マイナビ進学U17 / 2016年06月08日12時01分

建造物であれば外から見ることができますが、たとえば古墳の中に入ったり、あるいは壁画や仏像といった芸術品に触れることはできません。しかし、そんな国宝に間近に触れる仕事というのが、世の中にはいろいろと存在しているのです。文化遺産などの建造物は、風雨にさらされていますから老朽化が進むこともあります。建物がなくなってしまっては元も子もないので、修復工事は何度も行わ [全文を読む]

え、33年に1度だけ!?絶対死ぬまでに見たい秘仏ベスト10

Woman Insight / 2015年10月21日11時00分

諦念を秘めた眼差しや固く結んだ口元、重く垂れる袈裟の衣文など、仏像の粋を超えた写実性が見事です。世親像とともに国宝とされています。 【御開帳】 北円堂は春と秋(今年は10月24日~11月8日) 住所: 奈良県奈良市登大路町48 電話: 0742-22-7755 写真/飛鳥園 ◆十一面観音立像(岐阜県 美江寺)※写真右 天平彫刻ならではのふっくらした輪郭に古 [全文を読む]

【白銀比デザイン】 スタイリッシュ酸素発生器 販売開始!

DreamNews / 2015年06月02日16時00分

法隆寺の五重の塔、仏像の顔や生け花、 身近な物ではA4やB4用紙・アンパンマンなどのキャラクターにも採用されています。 酸素流量・濃度とサイズについて 流量2L/分時に酸素濃度90%を生成するには、大型のゼオライトケース・大型ポンプが必要であり、 酸素発生器の本体も当然大型でした。 M1O2-Hybridは細粒ゼオライト粒子と高出力アルミニウムポンプ(1 [全文を読む]

フォーカス