弁護士 池田信夫に関するニュース

弁護士に対する名誉毀損が成立し損害賠償命令が…「スラップ訴訟」とは何か?

シェアしたくなる法律相談所 / 2016年12月06日16時30分

評論家の池田信夫氏がインターネット上で発信した表現に対し、弁護士の伊藤和子氏が名誉毀損等を理由とする損害賠償を求めた裁判につき、平成28年11月24日、東京地方裁判所で判決が言い渡されました。裁判を担当した手嶋あさみ裁判長は、伊藤弁護士に対する名誉毀損等が成立することを認めて、約57万円を支払うよう池田氏に命じました。*画像はイメージです:http://w [全文を読む]

福島瑞穂 慰安婦問題を流布し続けた30年間の“反日履歴”とは?(1)朝日の誤報記事に逆ギレ?

アサ芸プラス / 2014年09月02日09時56分

弁護士として慰安婦問題を流布し続けてきた福島瑞穂参議院議員(58)。朝日新聞が「誤報」を認めてもなお、自身の30年間にわたる“反日履歴”については口をつぐんだままだ。 終戦記念日の8月15日、高円寺で「憲法バー」の1日ママとなりカウンターに立った福島瑞穂氏。“お仲間”に囲まれて和気あいあいとした中、1人の客が突然、彼女に質問をぶつけた。 「慰安婦の問題につ [全文を読む]

中国の軍事的膨張で変容する太平洋の秩序 - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2015年07月23日19時04分

裁判になぞらえれば、検察官である政府・与党の「これが犯人だ」という主張には根拠がないと指摘するのが、弁護士である野党の役割で、立証する責任はあくまで政府・与党の側にある。「批判するなら対案を出せ」という政府・与党の論法は、検察官が弁護士に「批判するなら真犯人を見つけてこい」と言うようなもので筋が違う。 これは戦後ながく続いた万年野党精神が、杉田氏のような政 [全文を読む]

小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年04月09日17時54分

申し立ての内容は彼女がきのう提出した不服申立書と同じで、手違いはあったが「悪意」はなかったとするものだが、これについての弁護士の説明は苦しく、規定違反にあたる疑いが強い。 電気泳動の画像については、挿入の事実を認めた。弁護士は「架空のデータではない」と強調したが、法律用語で「悪意」というのは「過失ではない」という意味で、架空かどうかは関係ない。理研の規定 [全文を読む]

伊藤和子弁護士に対する名誉毀損、池田信夫氏に賠償命令…東京地裁

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月24日16時49分

NPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子弁護士が、児童ポルノの国連調査をめぐり、ネット上に虚偽の情報を流され、名誉を傷つけられたなどとして、評論家の池田信夫氏に660万円の損害賠償を求めていた裁判の判決が11月24日、東京地裁であった。手嶋あさみ裁判長は、名誉毀損などを認め、池田氏に約57万円の支払いを命じた。 ことの発端は、児童売買などの調査で [全文を読む]

「ケネディ姫」のわがままが日米関係を混乱させる - 池田信夫 エコノMIX異論正論

ニューズウィーク日本版 / 2014年02月19日12時13分

大使のいとこに当たるロバート・ケネディ・ジュニアは、反捕鯨団体「シーシェパード」の弁護士もつとめる環境保護活動家だから、大使はイルカ漁の映画でも見せられたのかもしれない。イルカ漁が残虐だというなら、アメリカ人が牛を年間3500万頭も殺している映像を見たら、彼女は卒倒するだろう。 昨年12月26日には、安倍首相の靖国神社参拝について、その日の午後にアメリカ大 [全文を読む]

上杉隆vs池田信夫「訴訟合戦」池田氏が提起した「反訴」とは何か

弁護士ドットコムニュース / 2013年05月01日14時15分

雪丸真吾弁護士に聞いた。●「反訴」は訴訟を一本化する制度「反訴は、現在裁判で争われている最中の訴訟(本訴)で、訴えられた被告(本訴被告=本件だと池田氏)が、本訴と同じ訴訟手続きの中で、『関連する紛争』について、本訴の原告(本訴原告=本件だと上杉氏)を訴える制度です。民事訴訟法146条に規定があります」 [全文を読む]

ペット霊園の悪臭問題 過去には刺激臭発生で操業停止例アリ

NEWSポストセブン / 2012年06月18日07時02分

竹下正己弁護士の法律相談コーナー。今回は「近所のペット霊園が放つ火葬炉の煙や悪臭に困っています」と以下のような質問が寄せられた。 【質問】 近所にペットの霊園があります。死んだペットを弔うのはいいのですが、火葬にする場合の火葬炉の煙や悪臭が近所の住民に迷惑を与えているのが困ります。霊園そのものの移転はともかくとして、火葬炉の使用を止めさせたいのですが、ペッ [全文を読む]

岩上安身さん代表の「IWJ」と津田大介さんのツイート比較が話題に ケント・ギルバートさんもツイート

ガジェット通信 / 2017年01月11日23時15分

1月11日、アメリカの弁護士でタレントのケント・ギルバートさん(@KentGilbert01)が『Twitter』にて 津田大介「沖縄で運動してる人はほとんど沖縄県民。自称保守はこういう都合の悪い事実を徹底的に無視する」→岩上安身のツイッター「県外からきてくれた人、手を挙げてください」←ほとんどでした https://t.co/6D8q4zACsV とツイ [全文を読む]

「隣の家のソーラーパネルがまぶしすぎる」で慰謝料出た例も

NEWSポストセブン / 2012年11月25日16時00分

竹下正己弁護士の法律相談コーナー。今回は「隣家のソーラーパネルがまぶしすぎる。迷惑料を請求したい」と以下のような質問が寄せられた。 【質問】 隣の家が屋根にソーラーパネルを取りつけたのですが、問題はそのパネルの光の反射が我が家を襲ってきていることです。カーテンで防御していますが、ときにはまともに反射を浴び、目が痛くなることもあり、このままでは平穏に暮らせま [全文を読む]

フォーカス