父親 浅野温子に関するニュース

藤井フミヤの息子だけじゃない!テレビ局に蔓延する“コネ入社”の実態

アサジョ / 2016年04月25日09時58分

元日本テレビアナウンサー・福留功男の娘も父親と同じ局に入社。郷ひろみとの間に生まれた二谷友里恵の長女は日本テレビ、次女はテレビ朝日だ。 元フジテレビのアナウンサー・高島彩の父親は、同局の長寿番組「くいしん坊!万才」で二代目リポーターだった俳優の竜崎勝でもある。 また、フジの田淵裕章アナの父は、元プロ野球選手の田淵幸一氏。俳優の高橋英樹の娘・真麻も元フジの [全文を読む]

相棒?腐れ縁?最強コンビ!魅力的なドラマの同性パートナー10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月26日09時55分

芦屋出身で職業は図書館司書、理解力のある医者の父親に大事に育てられた、安田成美さん演じる優美子と、親戚をたらいまわしにされて育ち、高校中退で暴走族にも入っていた中森明菜さん演じるカンナ。口は悪くても心優しいカンナに引きずられるように、内向的だった優美子も前向きになっていき、絵本作家として売れっ子に。最終回でのカンナの号泣は真に迫った名シーンです。優美子の父 [全文を読む]

出演女優がイジメ告白も……呪われた作品? TBS『天までとどけ』が黒歴史の“アノ人気俳優”とは

日刊サイゾー / 2017年07月07日09時00分

これを聞いた父親(綿引勝彦)は激怒しますが、めでたく結婚するところでパート1は終わります」 その後、『天までとどけ』は8作も続いたのだから、竹内もなんらかの形で出演していそうなもの。ところが竹内は2作目以降、まったく出演していない。 「正木先生と待子は、『結婚後、アフリカに行く』という設定になっていたのですが、パート2で、いきなり『アフリカで事故に遭って死 [全文を読む]

中森明菜、松たか子…「月9」黄金時代にヒロインたちが放った珠玉の名セリフ

アサ芸プラス / 2017年06月26日17時58分

初共演の『ラブジェネレーション』時にはまだ20歳でしたが、父親譲りの演技力が光っていました。キムタク扮する哲平にキスされると、絶妙な間で『‥‥それだけ?』とポツリ。最終回の『哲平と出会えて良かった。また会えたら会おうね』とサラリと言ってのけるシーンは、多くの同性から共感を得ました」(テレビ誌ライター) 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.46」では、他 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

だが、父親の信隆に感傷に浸っている時間はなかった。■佐藤宏明から鹿内宏明へ鹿内春雄議長の突然の死から11日後、父・信隆は娘婿の佐藤宏明氏を養子縁組して鹿内姓にすると、勤め先の日本興業銀行を退職させた。そして自らフジサンケイグループ議長に復帰し、義理の息子を議長代理の職に就かせた。鹿内宏明、時に42歳。奇しくも春雄前議長と同い年だった。2人の誕生日はわずか1 [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

思いもよらないトラブルの連続に笑いも絶えませんが、だんだん父親らしくなっていく竜太郎と、愛たちの親子愛にもホロっとさせられます。 新米パパといえば、2004年の『アットホーム・ダッド』も笑いあり、涙ありの名作でした。阿部寛さん演じる売れっ子CMディレクター山村和之は、マイホームを手に入れた直後にその強引さが災いしてリストラ・・・。篠原涼子さん演じる妻が雑誌 [全文を読む]

14歳少女が全裸で乱交シーンに歪み顔で挑戦!? 映画界の巨匠が手がけた【封印映画】とは?

tocana / 2013年12月12日14時30分

疎ましかった父親(高田純次)とも和解した康子は、中学卒業後に看護学校へ入学し、ボクが身を引いた形で良介と結婚、16歳で女児を授かり幸せに暮らしたとさ......。■18禁シーンばかり... この映画が凄いのは、マスコミでいう未成年・少女Aにヒントを得た「未」を表す「M」から命名された主演・少女M(のち田中みおに改名)の実年齢が14歳だってことだ。確かに彼女 [全文を読む]

フォーカス