土地 松本市に関するニュース

松本がレアル・ソルトレイクと業務提携…JクラブとMLSクラブの提携は初

サッカーキング / 2017年08月26日18時37分

「このような松本という素晴らしい土地にあるクラブとパートナーシップを結べたことをたいへん光栄に思います。松本市との長い交流を持っていますので、これから時間をかけて色々な良い関係を築いていきたいと思います」と述べた。 レアル・ソルトレイクは2005年に創設され、同年よりMLSに参加したクラブ。2009年にはMLSカップで優勝し、クラブ史上初タイトルを獲得して [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

日本全国、その土地、その土地で愛される故郷讃歌とも形容できよう。しかし、市町村合併や人口減少などにより消えゆく団体歌もある。「グループ団体歌」はこれらの保存のために結成された。今回は、芥川也寸志の団体歌を特集する。現在、入手できた全曲を歌う、休憩を含め四時間(予想)のマラソンコンサートである。今回の特集作曲家となる芥川也寸志(1926-1989)は文豪芥川 [全文を読む]

結婚したくてもできない…「日本」に未来を奪われた人たち

まぐまぐニュース! / 2016年02月29日19時30分

たとえば ・巨大太陽光パネル(農村は、土地がありあまっている)・風力発電・小型水力発電(環境に優しい)・(場所によっては)地熱発電 などなど。農村は、人がいなくて、土地はたっぷりある。それを利用して、ジャンジャン発電してもらいます。つまり、農家、農村は、「農業と売電で食っていく」体制にします。すると、農村は豊かになるので、人の流出が止まるかもしれません。ま [全文を読む]

生き残る「地方豪族企業」ーー東三河サンヨネ、函館ラッキーピエロ……驚きの経営哲学

文春オンライン / 2017年08月28日11時00分

先祖代々の土地を守り、民からも慕われている小領主だ。彼らは何を大事にして、どのようにして生き抜いてきたのか。 まずは僕が毎週通っているサンヨネから。本拠地は蒲郡ではなく、本店を含めて3店舗を展開する豊橋市。その他、豊川市に1店舗、我が蒲郡市に1店舗。計5つの店舗を経営している。いずれも東三河地方だ。 僕は車の運転が苦手なので、豊橋駅から市電に乗り替えてサン [全文を読む]

「日本いいとことりっぷ」 フェリシモ×井上 涼さん―地方創生をもっとおもしろく!「カワイイと地方創生」を融合させた鳥形アイコンの誕生!―全国1,700自治体のオリジナル鳥形アイコンを作ります

PR TIMES / 2017年08月25日16時29分

井上涼さんの奇想天外なアイデアによって生み出された鳥「いいとことりっぷ」たちが、その土地の「いいとこ」を身にまとい、それぞれの土地への来訪者、移住者の誘致を推進、ガイド役となります。「いいとことりっぷ」をウェブサイトで見る >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr170825/1/[画像1: https://prtimes.j [全文を読む]

長野市vs松本市 「川中島の戦い」は続いていた

NEWSポストセブン / 2016年11月10日07時00分

一方、長野の人には『東京に出るのも速いし、土地も広いし、長野のほうがいいのに』ってさんざん言われました。 この話を裏付けるように、両市民はこう話す。 「松本城をはじめ、松本には文化がある。松本市民芸術館があって、演劇が盛ん。クラフトや民芸家具などオシャレなイメージだけど、長野のほうはジジくさい」(松本市民) 「廃藩置県の時、長野を中心とする長野県が松本市中 [全文を読む]

松本ホテル花月(長野県松本市) 2016年4月5日(火) リブランドオープン

PR TIMES / 2016年02月01日11時56分

長野の土地が生み出す食材の力を最大限に生かし、素朴さとモダンさを併せもった料理の数々が食卓を彩ります。喫茶室は「八十六温館」(やとろおんかん)。コーヒーの香りや温かさと民藝家具の温もりにつつまれる空間で、選りすぐりの豆と湧き出る柔らかい名水で淹れるコーヒーをお楽しみいただけます。[画像4: http://prtimes.jp/i/10241/113/res [全文を読む]

日本で7軒のみ・・・「ルレ・エ・シャトー」に選ばれた長野県の宿「扉温泉 明神館」

IGNITE / 2015年07月02日12時06分

料理は自家農園で栽培した高原野菜をふんだんに使用し地元で採れる山菜や川魚などとともに、この土地ならではの味をご堪能できる。特にフレンチには定評があり、フランス人のパートナーを持つご婦人の舌をも魅了したという。 そして最後はホスピタリティの良さだ。温泉宿にして、高級ホテルにいるかのような接遇。 完璧なサービスとその土地の魅力を掌握した料理が奏でるハーモニー [全文を読む]

アラフォー女性向けサイト「キレイスタイル」で大人の女子旅をテーマにした新連載を開始

PR TIMES / 2014年11月28日12時08分

大人の女子旅では、あらためて知りたいと思う日本の良さ、その土地に纏わる伝統や文化、アート、温泉、宿、グルメなど、非日常を味わえる空間や時間の過ごし方を、美しい写真とともに提案します。つかの間の旅で心をリセットしてパワーを充電し、また明日から ”キレイに自分らしく” 生きる大人の女性をサポートします。毎回、元NHKアナウンサーの牛窪万里子さんが紹介するお土産 [全文を読む]

松本サリン事件から20年

NewsCafe / 2014年07月02日15時00分

当時、教団が取得した土地を巡って、地元住民と対立していました。現場場所の近くには長野地裁松本支部の担当裁判官が住んでいました。 このことが事件の原因とされています。初期の報道では、「農薬調合間違えた」などの東京発信の情報(公安当局が流した情報と思われる)により、 河野さん犯人説を裏付ける情報が流れました。しかし、証言が裏付けができないこと、一般市民が自ら [全文を読む]

【松本ホテル花月】信州の“○○の秋”を満喫する宿泊プラン 1.食欲の秋「秋のながのテロワールプラン」2.芸術の秋「七色大カエデ 鑑賞プラン」~ 2017年9月1日(金)から販売 ~

PR TIMES / 2017年07月25日11時00分

〈食欲の秋〉信州の食材を味わう「秋のながのテロワールプラン」[画像1: https://prtimes.jp/i/10241/246/resize/d10241-246-526060-1.jpg ]長野の土地が生み出す素材に作らせてもらう料理“ながのテロワール”。レストランI;caza[ikaza]では、信州が誇る豊かな風土から生み出された中でも、滋味あふ [全文を読む]

気になる社会人にインタビュー!第52回:家具職人に聞いてみた10のコト!

マイナビ進学U17 / 2016年08月12日12時01分

森林の多い日本では、飛騨の高山市や長野の松本市など、その土地の木材を生かして家具作りを盛んに行っている地方があります。職人の手作業によってつくられる家具は、使うたびに愛着が湧き、暮らしに潤いをもたらしてくれますね。そこで今回は、茨城県を拠点にデザインから制作、販売まで一貫して行う「HYTNOS」代表の岸本直人さんに家具職人のお仕事について詳しく伺いました! [全文を読む]

標高1,050m!長野松本の老舗旅館「扉温泉 明神館」が10年ぶりリニューアル 食空間を“信州で過ごす幸福をもっと分かち合える場所に”新設及び改修

@Press / 2015年05月27日12時00分

創業1931年、標高1,050m、国定公園の自然にたたずむ、松本市のルレ・エ・シャトー加盟旅館の扉温泉 明神館は、2015年4月25日(土)に“食”を中心とした3つの施設を『この土地で時を過ごすことの幸福をもっと分かち合える場所になるために』というコンセプトのもと、10余年ぶり3ヶ月半に渡る改装期間を経て、この度リニューアルオープン致しました。【リニューア [全文を読む]

フォーカス