作家 松田優作に関するニュース

1984年の赤川次郎氏 1年で47冊の本を手がけ長者番付8位に

NEWSポストセブン / 2015年09月15日11時00分

映像化がされれば、さらに収入は増えるはずだが、かつては多くの作家が長者番付にランクインした。 1977年度には作家の森村誠一が10位にランクインした(申告所得額=6億2264万円)。森村は『人間の証明』が第3回角川小説賞を受賞(1976年)し、1977年には松田優作主演で映画化。翌1978年には『野性の証明』が高倉健主演で映画化されるなど、映画と書籍がタイ [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

もう一人が、同番組の構成作家を務めた永六輔サンである。 秋元サンは『光子の窓』の終了後、同じ日曜夕方の枠で、ディレクターとして『シャボン玉ホリデー』を開始する。時に1961年。ご存知、ザ・ピーナッツやハナ肇とクレージーキャッツらナベプロ(渡辺プロダクション)所属の歌手たちを一躍スターダムに押し上げたヴァラエティ・ショーの金字塔である。最高視聴率32.4%。 [全文を読む]

松田優作の元妻、作家・松田美智子が明かす「本当の長女の今」

NEWSポストセブン / 2015年05月21日16時00分

当時同じ劇団で活動していた、作家の松田美智子さん(65才)と約4年の同棲を経てゴールインした。そして翌1976年に長女が生まれた。 「でも1979年のドラマ『探偵物語』で、優作さんと美由紀さんが出会って激しい恋に落ちてしまったんです。しかも当時美由紀さんは18才の未成年で…。結局優作さんと美智子さんは、1981年12月に離婚し、その後優作さんは美由紀さんと [全文を読む]

往年の探偵ドラマを愛したすべての人に捧ぐ!貫井徳郎著『北点の馬たち』

PR TIMES / 2013年10月24日16時11分

角川書店 ブランドカンパニー 作家デビュー20周年記念作品 ベストセラー『慟哭』から20 年、新たな代表作となるサスペンスミステリ!ちりばめられたすべての伏線がつながったとき、最後に衝撃の結末が待ち受ける! 松田優作の「探偵物語」、萩原健一と水谷豊の「傷だらけの天使」…1970年代から80年代にかけて数々の人気探偵ドラマが放映されました。横浜・馬車道を舞台 [全文を読む]

原田マハ フリーになって扱い変わらなかったのは100人中3人

NEWSポストセブン / 2012年07月09日07時00分

作家・原田マハさん(49才)の最新作『旅屋おかえり』(集英社)が、めっぽう面白い。たっぷり笑わせて泣かせてくれる人情物語なのだ。 そもそも事情があって旅に行けない人の代わりに旅に行く「旅屋」という仕事。言葉からしてありそうで現実にはありっこない。でも、原田さんならではの旅の体験と綿密な取材が生かされて、読む側は主人公“おかえり”こと“丘えりか”とともに人生 [全文を読む]

西部警察を巡る「石原裕次郎・渡哲也」の激情バトル(1)「映画のため局の移籍を決意」

アサ芸プラス / 2017年04月12日12時57分

作家・向谷匡史氏は新刊「太陽と呼ばれた男──石原裕次郎と男たちの帆走」で、名作ドラマの舞台裏を描いた。 映画制作の失敗による借金にもがきながらも、石原プロの経営が少しずつ持ち直すのは昭和51年1月、日本テレビでスタートした「大都会」シリーズのヒットによってだった。 刑事・黒岩頼介(渡哲也)率いる黒岩軍団の活躍を描くアクションドラマで、石原裕次郎と渡哲也の二 [全文を読む]

クラシックにして最前線!今、最も急速かつ国際的に再評価が進む劇画家『バロン吉元 画俠伝』刊行のお知らせ

@Press / 2017年03月16日17時00分

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/124575/img_124575_1.jpg 『バロン吉元 画俠伝』表紙 昭和、平成、そして来るべき2020年へ…… クラシックにして最前線! 時代が惚れ込むバロン吉元のアートワーク約500点を収録!! 今、最も急速かつ国際的に再評価が進む作家の一人・バロン吉元。 実に50 [全文を読む]

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

ただ、作家や作品と同じことをしてみるという行為はファッション的な印象も否めない。事実、原作者にとってこの映画は不評であった。 [全文を読む]

芸能人が体験した“在日差別“の実態を今こそ知れ! 松田優作、都はるみの苦悩、伊原剛志、玉山鉄二の勇気

リテラ / 2016年04月14日11時52分

以前、当サイトでも紹介したことがあるが、松田優作の前妻で、作家の松田美智子氏が死の直後に出版した『永遠の挑発 松田優作との21年』(リム出版新社)、そして2008年同書に加筆する形で出版した手記『越境者 松田優作』(新潮社)でその詳細を記述しており、朴氏もそれを引く形で、松田優作の苦悩を記述している。 松田優作は1949年に下関で生まれた。母のかね子は、朝 [全文を読む]

水俣病研究の原田正純氏「うわー、よか先生」と慕われていた

NEWSポストセブン / 2012年06月22日16時01分

発生当初から水俣病の取材を続けてきた作家の石牟礼道子さん(85才)は、当時、水俣の漁村でよく原田さんの姿を見かけたという。 「先生が集団検診に水俣に来られたときに、子供たちと遊んでいる姿を見ました。検診の最中も白衣に子供たちがしがみついて、まるで猫の子が甘えて人間のそばに寄ってくるような感じ。“うわー、よか先生”と思いました」(石牟礼さん) 原田さんはあ [全文を読む]

タブーではなく人間を描く―白石和彌が初ロマンポルノで込めたエール

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月12日20時00分

ロマンポルノはあくまで映画として面白いと思って観ていたんです」――確かにこれはエロい目線では見れない……と思うほど作家性の強い作品も多いですよね。アダルトビデオという文化が広まってから育った、というのも他の監督との違いかもしれません。ロマンポルノを撮ること自体には、興味はお持ちだったのですか?「今回のロマンポルノリブートプロジェクトの前、2010年に「ロマ [全文を読む]

亡くなった松田優作「探偵物語」原案者は、もう一方の「男の世界」も手がけていた!?

アサ芸プラス / 2015年12月11日09時59分

翻訳家であり作家、そしてハードボイルド小説研究の第一人者であった小鷹信光氏が8日午前8時45分、すい臓がんで死去したことがわかった。 小鷹氏はダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラーなど、数多くの海外ハードボイルドの名作を翻訳したことで知られているが、もうひとつ、忘れてはいけない重要なタイトルがある。「小鷹さんといえば、僕らの世代は松田優作主演のTVシ [全文を読む]

一十三十一&弓削匠『THE MEMORY HOTEL』インタビュー

NeoL / 2015年12月01日04時11分

そこから脚本を作ってもらって、今年のあたまあたりからその脚本が徐々に上がってきたのを制作陣、作家に渡して、という流れですね」 角川映画と『THE MEMORY HOTEL』の関連性 ーーホテルっていうキーワードはどこから? 弓削「ホテルってミステリーの重要な要素だったりすることも多いですよね。一番考えたのは、村上春樹の『ドルフィン・ホテル』です。異空間にタ [全文を読む]

永遠の70年代アイドルに会いたい!「高橋洋子(旅の重さ)」秋吉久美子と争った主演オーディション

アサ芸プラス / 2015年09月22日09時57分

── 作家に転身した80年代以降、女優業はペースダウンしているようですが、そろそろ妖艶な熟女の魅力を振りまいてください。 [全文を読む]

松本清張ファン必見! 清張ドラマ16作品を2ヶ月にわたり放送

PR TIMES / 2013年08月29日13時25分

◆ 『翻弄される男たち』 直木賞作家・高村薫のベストセラーを映像化した「照柿」、過去の愛を取り戻そうとした男の心理を描く殺人のないサスペンス、人気推理作家・夏樹静子原作のドラマ「デュアル・ライフ 危険な愛の選択」などを放送。 ◆ 『愛に溺れた女たち』 愛ゆえに破滅の道を辿る男女を描いた「死者からの手紙」、愛を信じられなくなっていた女と殺人犯の究極の愛を描 [全文を読む]

気が付いていましたか?あまちゃん『東京編』小ネタ集

WEB女性自身 / 2013年08月14日07時00分

でも『あまちゃん』特有の細かいギャグやオマージュを指す『小ネタ』という言葉も最近やたら耳にしませんか?そこで、本誌連載『週刊あまちゃん批評』でおなじみの作家・中森明夫さんが、『へえ〜』な小ネタを徹底チェック。ランキング形式でお届けします!【第1位・『無頼鮨』の梅頭のモデルは『ど根性ガエル』の梅さん!?】 東京EDOシアターの裏手にある『無頼鮨』は、女優・鈴 [全文を読む]

孤独死は本当に寂しい死に方なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月01日13時00分

芸能人や作家などの“先に逝った人々”から死についてを見つめた『みんなの死にかた』(青木由美子/河出書房新社)から、ひとりで死を迎えた人々のケースを紹介しよう。 まだ記憶に新しい、女優・大原麗子の死は衝撃も大きかった。自宅で亡くなっているのを発見されたのは、死から3日後。死因は「不整脈による脳内出血」だった。NHKの大河ドラマ『春日局』やサントリーのウイスキ [全文を読む]

メジャーとインディーが拮抗した奇跡の年を活写 映画スター・金子正次が輝いた『竜二漂泊1983』

日刊サイゾー / 2013年07月29日11時00分

竜二がヤクザにも小市民にもなれなかったように、映画評論家や映画ライターという職種の人間もまた、映画屋にも作家にもなれずにいる人々だ。谷岡氏は初めての著書『Vシネマ魂』(四谷ラウンド)を自身が監督となって映画化しようと奔走するが、映画版『Vシネマ魂』は思うような形には完成せず、谷岡氏は体を壊し、映画製作に協力した仲間たちは去っていく。谷岡氏は金子正次になろう [全文を読む]

フォーカス