松田美智子 松田優作に関するニュース

TBSラジオ「竹中直人~月夜の蟹~」に故・松田優作さんの最初の妻でノンフィクション作家の松田美智子さん登場

PR TIMES / 2012年08月01日10時51分

8/6(月)、8/13(月)は、衝撃作『越境者 松田優作』の著者、故・松田優作さんの最初の妻で、ノンフィクション作家の松田美智子さんをお迎えします。 1994年に出版された著書『少女はなぜ逃げなかったのか 女子高校生誘拐飼育事件』が、99年に和田勉監督・新藤兼人脚本で『完全なる飼育』として改題され映画化。その作品の主演を竹中直人が務めたこともあり、面識は [全文を読む]

俳優・原田芳雄が最後に引き合わせた松田優作の「二人の妻」

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

1989年、膀胱がんに倒れた松田優作さん(享年39)を、ともに見送った妻・松田美由紀(53)と、前妻の松田美智子(65)。 それからは公の席で顔を合わせることはほとんどなかったが、少し前に、再会を果たしていた。それは2011年7月、故・原田芳雄さん(享年71)の告別式でのこと。 原田さんを「兄」と慕っていた優作を通じて、“2人の妻”は、長く交流を続けていた [全文を読む]

俳優・原田芳雄が最後に引き合わせた松田優作の「二人の妻」

NEWSポストセブン / 2015年05月24日16時00分

1989年、膀胱がんに倒れた松田優作さん(享年39)を、ともに見送った妻・松田美由紀(53)と、前妻の松田美智子(65)。 それからは公の席で顔を合わせることはほとんどなかったが、少し前に、再会を果たしていた。それは2011年7月、故・原田芳雄さん(享年71)の告別式でのこと。 原田さんを「兄」と慕っていた優作を通じて、“2人の妻”は、長く交流を続けていた [全文を読む]

芸能人が体験した“在日差別“の実態を今こそ知れ! 松田優作、都はるみの苦悩、伊原剛志、玉山鉄二の勇気

リテラ / 2016年04月14日11時52分

以前、当サイトでも紹介したことがあるが、松田優作の前妻で、作家の松田美智子氏が死の直後に出版した『永遠の挑発 松田優作との21年』(リム出版新社)、そして2008年同書に加筆する形で出版した手記『越境者 松田優作』(新潮社)でその詳細を記述しており、朴氏もそれを引く形で、松田優作の苦悩を記述している。 松田優作は1949年に下関で生まれた。母のかね子は、朝 [全文を読む]

子供たちの活躍の裏で...前妻が明かした松田優作の在日差別への恐れと日本国籍への執着

リテラ / 2015年06月13日08時00分

松田優作の最初の妻で、小説家・ノンフィクション作家の松田美智子だ。 「優作の長女は正確にいえばYukiさんじゃありませんよね。優作にとっての長女は私の娘で、Yukiさんは次女でしょう。ただ彼女(美由紀)と築いた家庭では長女になるでしょうから、そういった意味での"長女"という表現ならわかりますが」(「女性セブン」小学館/6月4日号より) 美智子と優作は197 [全文を読む]

フォーカス