芸能人 松田優作に関するニュース

あの人とあの人は親戚だった?意外と知らない芸能人同士の血縁関係!?

日本タレント名鑑 / 2015年06月10日15時15分

親戚に一人でも芸能人がいると、少し縁遠くても「実は親戚なんだ!」と騒いでしまいますよね。芸能人が一人親戚にいるだけで、他の方も芸能界へ挑戦しやすい環境になるようで、そういった環境も、芸能人ファミリーが出来あがるメカニズムのひとつといえるのかもしれません。 芸能界には芸能人ファミリーがいっぱい芸能人ファミリーと言えば高島ファミリーなどが有名です。夫婦が芸能人 [全文を読む]

佐藤浩市、松田兄弟、宇多田ヒカル…七光りと言わせない「二世」の努力

NewsCafe / 2013年08月17日12時00分

なかでも最近は"二世芸能人"が増え、トーク番組で「二世芸能人スペシャル」なる企画を見かけることも珍しくない。いわゆる「親の七光り」を思う存分享受しているタイプは少なくないが、なかには"二世"と言われることなく自らの努力と才能で活躍している人もいる。そこでNewsCafeでは「才能がある二世芸能人と言えば?」というアンケートが実施された。ランキングとともに寄 [全文を読む]

松田翔太、役者としての振り幅が広すぎて、今後の方向性がぶれ始める?

サイゾーウーマン / 2012年02月29日09時00分

[芸能人成功への道]――人気の低迷やウワサに振り回され、人には言えない悩みを抱える芸能人。彼らをさまざまな鑑定方法で勝手に占い、今後も飛躍し続けることができる成功への道へとお導きいたします。今回鑑定する芸能人はこのお方。■今回のターゲット松田翔太 1985年9月10日生まれ 公開中の映画『アフロ田中』に続き、3月3日からは『ライアーゲーム ―再生―』が公開 [全文を読む]

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

今回はこのような身体改造を行った芸能人たちの数々の伝説を振り返ってみたい。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/06/post_9970.html】1 坂本スミ子:前歯全喪失 以前、ドラマの役作りの一環として酒井若菜が前歯1本を抜き話題になった。これだけでも驚きだが、過去には4本の前歯すべてを無くしてしまった女優がいた。その人 [全文を読む]

経年劣化?あるいはまた!?内田有紀の「なんか今までと違う」顔面違和感

アサ芸プラス / 2015年10月14日09時59分

「内田はかつて、自身のレギュラーラジオ番組で『芸能人なんてみーんな整形してるんだよ』と言いながら、自分も目と鼻、そして涙袋を整形したことを告白しています。今回の印象の違いは、単純に歳を重ねたことによるものか、あるいは‥‥」 古くは松田優作から始まり、美保純、押切もえ、眞鍋かをり、森下悠里など、事情はそれぞれ違えど、整形をカミングアウトした芸能人は意外と多い [全文を読む]

【嗚呼、許せないシリーズ7】「芸能人で誰が好き?」と聞かれたら、モテる答えは○○!

Woman Insight / 2014年12月03日15時30分

前回は、「芸能人・有名人で誰が好き?」と聞かれた際に、NGな答え方を5パターンご紹介しました。 じゃあいったいどう答えればOKなのよ! そこでそれにお答えする前に、まずはこの質問をされた際に答えるべきOK回答の条件と、そうしなくてはならない理由をまとめてみました。 ●質問者が知っている人 (理由)→大前提。じゃないと会話がその時点で終了してしまうから。なの [全文を読む]

芸能人が体験した“在日差別“の実態を今こそ知れ! 松田優作、都はるみの苦悩、伊原剛志、玉山鉄二の勇気

リテラ / 2016年04月14日11時52分

そうした差別の現実を、芸能人やスポーツ選手にフォーカスをあてることで描いたのが、大阪市立大学大学院経済学部教授・朴一氏による『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(講談社)だ。 同書には、力道山をはじめ、自らの出自が明らかになることに怯え、苦悩していた在日の著名人が何人も登場する。 カリスマ俳優、松田優作もそのひとりだ。以前、当サイトでも紹介したことがあ [全文を読む]

2世タレントとして評価される俳優、同情される俳優

tocana / 2015年04月25日12時00分

実に芸能人である両親から類まれな才能やルックスを受け継いで、活躍している2世タレントも多く存在する芸能界。その代表的な例を紹介したいと思う■石田純一・松原千明の娘 すみれ すみれ(24)の父親は俳優の石田純一、母親は石田の元妻で女優の松原千明である。身長175センチという恵まれたスタイルと美貌をいかし、06年からモデルとして活動をスタートすると、徐々にテ [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(1)「タレント取材の衝撃現場」

アサ芸プラス / 2013年01月22日09時58分

そこで芸能からスポーツ、エロまで、アサ芸版「アブナイ新・3大〇〇を本誌論客に徹底選定してもらった! 虚実ないまぜの世界に生きている芸能人。プロインタビュアー・吉田豪氏が衝撃の新3大インタビュー&タレント本を選んだ。 * 剥き出しの逸話の宝庫、それがインタビュー。まずは男性編から。 「大好きで、人生でいちばん取材した人は真樹日佐夫先生(享年71)。格闘技雑誌 [全文を読む]

選抜総選挙1位の指原莉乃は情けないおじさんが好き?

Smartザテレビジョン / 2015年06月07日05時00分

“フォーティーズ芸能人”の未来に幸あれ。 収録を終え、三村は「本当のすごい方とわれわれ小物が比較されているんです。これはね、普段調子に乗ってる罰ですよ(笑)。後輩とお店に行った時、格好良くいったことがないんです。こっそりクレジットカードを出して、おごってない感じを出したいのに、そのバタバタでバレちゃうとか(笑)。まだその域なんですよ」と、悲哀たっぷりのエピ [全文を読む]

松田翔太と秋元梢の熱愛報道は「能年洗脳騒動」の火消し?

messy / 2015年04月28日18時30分

世間公認の芸能人カップルとなり、「あの2人素敵~」と一般人が憧れたり羨ましがったりする――そんな存在になってほしいと思うのである。(エリザベス松本) [全文を読む]

松田龍平 オフに1日中ゲームし「子供見て!」と妻に言われる

NEWSポストセブン / 2013年09月02日07時00分

よくある芸能人の家のような高い塀はなく、玄関前には子供を乗せる椅子がついた自転車と、子供用の三輪車が無造作に置かれていた。 「あの自転車にお嬢さんを乗せて買い物に行ったり、幼稚園の送り迎えもしています。たまたま俳優が仕事だったという、普通のいいお父さんですよ」(地元住民) 近所のスーパーでは、龍平も莉菜も変装することなく、よく子連れで買い物をしているという [全文を読む]

孤独死は本当に寂しい死に方なのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月01日13時00分

芸能人や作家などの“先に逝った人々”から死についてを見つめた『みんなの死にかた』(青木由美子/河出書房新社)から、ひとりで死を迎えた人々のケースを紹介しよう。 まだ記憶に新しい、女優・大原麗子の死は衝撃も大きかった。自宅で亡くなっているのを発見されたのは、死から3日後。死因は「不整脈による脳内出血」だった。NHKの大河ドラマ『春日局』やサントリーのウイスキ [全文を読む]

フォーカス