尾田栄一郎 アシスタントに関するニュース

「バーベキューで焼くお肉は、ブロックですよ!!」 『ONE PIECE』尾田栄一郎、まさかの“良い肉食ってる”アピール!

おたぽる / 2015年09月03日21時00分

だが、ヒット作に恵まれれば、“良い肉”が食えると、マンガ家の尾田栄一郎が意外な場所で提言した。 尾田栄一郎といえば、言わずと知れた『ONE PIECE』の作者。同作は、「週刊少年ジャンプ」で1997年から連載中の作品で、単行本は現在78巻まで発売。今年6月には、単行本の累計発行部数が世界で3億2086万6000部(14年12月末までの累計)を記録し、「最も [全文を読む]

千葉県のYさん、『ニセコイ』橘万里花と正式にフラグが立つ!? 『こち亀』中川が“初期の中川”だった今週の「ジャンプ」

おたぽる / 2016年08月08日21時00分

今号では、7月4日発売の「ONE PIECE 尾田栄一郎画集 COLOR WALK 7 TYRANNOSAURUS」に収録された徳弘正也(代表作『ジャングルの王者ターちゃん▽』※▽はハート ほか)と尾田栄一郎の対談が一部掲載されており、「スタッフの頃から『OP』の構想持ってた」など、徳弘のアシスタント時代の尾田のエピソードが語られている。 今号の掲載順位は [全文を読む]

最新刊78巻もバカ売れ!「ONE PIECE」のルーツは「抜作先生」だった!?

アサ芸プラス / 2015年07月05日17時59分

その作者は言わずと知れた尾田栄一郎氏だが、“マンガ家系図”をひも解いていくと、意外な原点に行き着くのだ。「尾田氏が師事していたのが『るろうに剣心』の和月伸宏氏。そして、和月氏の師匠は『DEATH NOTE』の小畑健氏です。さらに、小畑氏がアシスタントをしていたのが『THE MOMOTAROH』のにわのまこと氏。そのにわの氏の師匠をたどると、往年のギャグマン [全文を読む]

『るろうに剣心』原作マンガ家・和月伸宏「尾田君や武井君は弟子というよりも“同士”ですね」

週プレNEWS / 2012年08月24日06時00分

―『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生もそうなんですが、『シャーマンキング』の武井宏之先生といった2000年代のジャンプを支えた方たちが和月先生のアシスタントから飛躍しています。その意味でも和月先生が“つなげた”功績は大きいですね。 和月 まあ、彼らは「マンガの申し子」ですから。勝手にああなっていったんです(笑)。みんなもともと才能豊かな“先生”たちで [全文を読む]

『マキバオー』シリーズがついに完結! 作者・つの丸がファンと祝った「マキバオー×つの丸ナイト」密着リポート

週プレNEWS / 2017年03月02日22時00分

そして、次のコーナー「ジャンプ作家陣がマキバオーを描いてみた!」では、『キン肉マン』のゆでたまご先生や『ONE PIECE』の尾田栄一郎先生、『珍遊記』の漫☆画太郎先生はじめ13人の作家陣が描いた一枚絵を「これ、(売ったら)いくらになりますかね?」と口にしながら紹介(こちらの豪華コラボは『週刊プレイボーイ』11号にも掲載!)。 また、この企画に参加し、会 [全文を読む]

『ONE PIECE』ギネス記録で復刻した「週刊少年ジャンプ」 “消された“マンガ作品は...!?

おたぽる / 2015年06月15日22時00分

特に、『ONE PIECE』作者の尾田栄一郎は徳弘正也の下でアシスタント経験もあるため、『ONE PIECE』を祝福する同企画で師匠の作品が未掲載なのは残念なところ。 また、現在、他社で活躍しているマンガ家の作品についても、未掲載が目立つ。続編を日本文芸社のウェブサイト「Webゴラクエッグ」で連載中の『陣内流柔術武闘伝 真島クンすっとばす!!』。「近代麻雀 [全文を読む]

マンガ家・岸本斉史「僕がずっと抱いてきたモテなくて、泥くさい劣等感を描き出したのが『NARUTO』なんです」

週プレNEWS / 2012年07月27日14時00分

―実際に始めてみて、ものすごく大変だったんじゃないですか? 岸本 尾田栄一郎(おだえいいちろう)さんが映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』をやっていたときに大変そうだなって思っていたんです。で、実際に自分がやってみたら本当に大変でした(苦笑)。でも……やり始めたらスイッチが入ってしまって、結果的にはマンガと同じぐらいの力を注ぎま [全文を読む]

フォーカス