長男 麻生太郎に関するニュース

麻生太郎という「ドラクエ賢者」の説得力

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

子どもは、20歳の長女、11歳の長男の2人。著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。 ---------- (フリーライター/コラムニスト 河崎 環 写真=ロイター/アフロ) [全文を読む]

フジテレビのお家芸! 今年は“大魔神”佐々木主浩の長男が入社「またコネか」「アホらしい」

日刊サイゾー / 2017年04月06日00時00分

新年度を迎え民放各局が華やかな入社式を行う中、元プロ野球選手・佐々木主浩の長男がフジテレビに入社したことが物議を醸している。 フジは3日、非公開で入社式を行い、新入社員27人が出席。会場には、身長190cmの“大魔神”佐々木の姿もあったという。 「この長男は、佐々木と前妻の元アイドル・清水香織の子ども。2005年に離婚した際に、この長男の親権は佐々木が持つ [全文を読む]

二階俊博、麻生太郎、岸田文雄氏らが早く選挙してほしい事情

NEWSポストセブン / 2017年01月17日07時00分

「麻生さんは長男、二階さんには次男という後継者が控えているが、まだ選挙区に十分に浸透していない。早期解散なら二階さんは幹事長として選挙を仕切り、麻生さんも現職副総理として出馬するだろうが、年齢を考えると、解散が先送りされれば次の総選挙での引退が現実味を帯びる。せめてあと1期、80歳まで現役を続けるうちに息子に確実に地盤を譲りたいという思いがあるから、早く [全文を読む]

「安倍三選内閣」を悩ます小池新党

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

メンバーで目を引いたのは、田中真紀子元外相の長男、雄一郎の姿だ。雄一郎はかねてより政界進出の意欲はないとされるが、この5日後に民進党に離党届を出して除名される木内らの、新党の「隠し球」にしたい思惑が透ける。 一方、新党立ち上げの動きに水を差されたのが、9月1日の民進党代表選だ。共に民主党政権時代の中枢を担った党内の保守派を代表する元外相・前原誠司とリベラル [全文を読む]

内閣改造"半本社説"にとどめた朝日の嫌味

プレジデントオンライン / 2017年08月09日09時15分

河野氏は、元衆院議長でハト派の代表格といわれる河野洋平氏の長男だ。洋平氏と安倍首相とは政治信条が大きく違う。 しかし読売社説は「外相には、河野太郎・前国家公安委員長が起用された。途上国援助の削減が持論で、外交手腕は未知数だ。6日からの東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議で早速、真価が試されよう」と書いただけだった。 ■北朝鮮好きな産経は「敵基地攻撃 [全文を読む]

「仕事人内閣」発足! 今週の末期的珍言を総ざらい

文春オンライン / 2017年08月05日07時00分

小此木氏は菅氏が秘書として仕えた小此木彦三郎元通産相の三男で、梶山氏は菅氏が「政治の師」と仰ぐ梶山静六元幹事長の長男。加藤勝信厚労相の義父・加藤六月元政調会長は、安倍首相の父・安倍晋太郎氏を支えた「四天王」の一人だった。 疑惑隠し内閣は「丁寧の上にも丁寧に説明」できるのか? 会見の冒頭では、加計学園問題、森友学園問題、南スーダン国連平和維持活動(PKO)日 [全文を読む]

加計が食い込んだ下村元文科相夫妻――驕れる安倍一強への反旗 #1

文春オンライン / 2017年07月03日07時00分

現在、加計学園グループを率いる加計孝太郎の長男役(まもる)が、経営母体である「広島加計学園」の理事長を務めている。 この英数学館小学校が06年3月、米ヴァージニア州のグレートフォールズ小学校と姉妹校提携を結んだ。以来、毎年「イマージョンプログラム」なる英語の集中授業をおこなってきた。くだんのチラシは、姉妹校提携から7年後の13年のものだ。そこに2人の女性が [全文を読む]

経済対話やTPPで麻生大臣の面目躍如 省内も勢い取り戻す――財務省

経済界 / 2017年05月24日09時19分

一時期は長男に早く議席を譲るのではとみられていたが、このところ引退の気配は全くなく、省内では「消費税の引き上げまでは麻生大臣にやってほしい」と期待が高い。 [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

突然オモテに現れた長男、佳茂氏も同席し、父親に加勢した。 籠池氏の恨み節はもっぱらメディアやジャーナリストに向けられた。二十数分続いた独演会の後、質疑が始まると、のっけから荒れ模様となった。 「日本会議の研究」の著者、菅野完氏が「認可申請を取り下げる知恵を理事長にさずけたのは稲田大臣の旦那、龍示さんですか」と強烈な質問を投げかけたからだ。 籠池氏は「私が考 [全文を読む]

眞鍋かをり他、芸能人の破局理由が“斜め上”すぎる

日刊大衆 / 2017年01月01日11時00分

2004年には長男も生まれ、パリでの二人の生活は円満そのものに見えたが、2014年に協議離婚が成立した。その理由はまさかの「夫のビジュアルの変化についていけなくなったから」だ。夫婦間に亀裂が生じたのは2008年に辻が新しいロックバンドを始めたあたりからで、辻が「時代は中性ですよ」と、なにかに覚醒。サラサラのロングヘアにビジュアル系ファッションと、ファンから [全文を読む]

財閥の同族経営で、成否を分けたのは何か?[富豪のトリビア45 -Part9]

Forbes JAPAN / 2016年07月24日17時00分

また正二郎の甥・慶一は池田勇人の三女・祥子と、正二郎の孫・悦子は宮沢喜一の長男・裕夫というように、2人の総理大臣の子供と婚姻関係にある。(菊地浩之)【富豪のトリビア45】記事一覧はこちら [全文を読む]

ネトウヨの温床「ニコ動」と自民党の関係 麻生太郎の親族も取締役に

リテラ / 2015年01月11日20時00分

麻生の長男はニコ動の会社であるドワンゴの会長・川上量生氏の遊び仲間で、ニコ動立ち上げプロジェクトの初期に携わっていた。そして、現在もニコ動の親会社であるKADOKAWA・DWANGOの社外取締役には、麻生の甥が名を連ねているのである。 [全文を読む]

フォーカス