自宅 麻生太郎に関するニュース

ママ・妻・女房をめぐる最近の「政治学」

文春オンライン / 2017年09月02日17時00分

その後、自宅に女性を連れ込んだところを文春が激写し、宮崎は議員辞職することになるのだが。 そんな風にして、文春に新潮にと週刊誌づく金子だが、身をもって社会問題を顕在化して世間に問うていく、まさに時代の政治家なのかもしれない。 “首相の女房役”と“小姑”の断絶 ママもつらいが、男もつらい。そんな記事が今週の右トップ、「安倍政権の火薬庫 麻生vs.菅『修復不能 [全文を読む]

なぜ麻生太郎はナチスとヒトラーにこんなにこだわるのか?

文春オンライン / 2017年09月02日07時00分

国民に背を向けた狂瀾怒濤政権に終止符を」 NEWS ポストセブン 8月28日 8月28日、羽田孜元首相が老衰のため、東京都内の自宅で亡くなった。享年82。羽田氏は自民党公認で出馬した1969年の衆院選でトップ当選して以来、24年間、自民党に籍を置いた。その後、新生党党首となり、94年に非自民連立政権で首相に就任した。 羽田氏と長く政治活動をともにした自民党 [全文を読む]

舛添氏退任日に逝った鳩山邦夫氏 東大首席はどっち?の真相

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

本誌記者は2回目の自民党離党を表明した翌日、鳩山氏の自宅を訪れた。自宅にカメラマンが詰めかけたことを知り、シャッターチャンスをやろうとわざわざ家庭菜園のアスパラを採取するところを見せてくれた。このあたり、まるで苦労人の気配りでとてもエリートの資産家にできる芸当ではない。 ちなみに鳩山氏との東大首席争いの真相について、舛添氏はかつて本誌記者にこう明かしたこ [全文を読む]

安倍晋三、麻生太郎等、歴代首相が通う名店はホテル内が多い

NEWSポストセブン / 2014年11月13日11時00分

また、河口湖に別荘がある安倍首相は、その近辺のレストラン『異彩中国菜館湖宮』に7回顔を出し、自宅のある渋谷区にある焼肉店『可禮亜』(カレア)を3回訪れるなど、昔からの常連店を忘れていないようだ。 一方、いわゆる料亭の利用も少なくない。ミシュランの二つ星を獲得している『福田家』(東京・紀尾井町)や、『青山浅田』(東京・青山)、『赤坂浅田』(東京・赤坂)、『 [全文を読む]

麻生太郎財務相がご近所に建つ「三木谷御殿」に苦虫顔の理由

NEWSポストセブン / 2014年01月29日07時00分

「麻生さんの自宅の近所に、楽天会長の三木谷(浩史)さんが引っ越してくるようで、朝の散歩の際に、“ここは楽天の三木谷の家なんだよ”と苦々しい顔で周囲に話しているんです」(麻生氏側近) 麻生邸は、都内屈指の高級住宅街である渋谷区神山町にあり、2000平方メートル以上の敷地には、“麻生御殿”の呼び名にふさわしい洋館が建っている。吉田茂・元首相を祖父に持つ名家な [全文を読む]

国民が安倍首相に対して「バカヤロー解散」 週刊ポストがスクープした火事場泥棒のような解散劇

J-CASTテレビウォッチ / 2017年09月21日15時52分

週刊ポストによれば、9月10日夜、麻生太郎は渋谷区神山町の自宅からすぐ近くの富ヶ谷にある安倍晋三の私邸を訪れた。麻生を安倍のところへ走らせたのは、週刊文春(8/31号)の民進党・山尾志桜里の不倫報道、その後の離党であった。「これで麻生氏の目の色が変わった」(週刊ポスト)という。民進党は離党者が続出してこれからもっとボロボロの状態になっていく。「麻生さんは絶 [全文を読む]

早期解散論浮上 選挙気にせず消費税10%引き上げのためか

NEWSポストセブン / 2017年09月17日16時00分

それを受けて9月10日、麻生太郎・副総理兼財務相は安倍晋三・首相の自宅を訪ね、早期の解散・総選挙を強く進言したという。二階俊博幹事長や、山口那津男・公明党代表も総選挙主戦論である。 だが、解散権を握る安倍首相はまだ逡巡している。 自公両党から沸き上がる解散論に政権の大番頭の菅義偉・官房長官が頑強に反対し、政権内部で麻生―菅の対立が起きているからだ。政治ジャ [全文を読む]

閣僚資産公開:「都内に御殿」今は昔 不動産所有6人

毎日新聞 / 2017年09月15日22時08分

23区内に自宅として土地・建物を持つのは、東京選挙区選出の参議院議員である中川氏のほか、麻生氏と鈴木氏。 麻生氏は代々木公園にほど近い渋谷区の閑静な住宅街に2000平方メートル余の土地を保有。地上3階地下1階の欧風の住宅を構えている。鈴木氏は小田急線経堂駅(世田谷区)近くの560平方メートル余の土地に家がある。 安倍晋三首相は都内には不動産を持たず、私邸は [全文を読む]

「安倍三選内閣」を悩ます小池新党

文春オンライン / 2017年09月11日11時00分

墓参の3日前、安倍は東京・富ケ谷の自宅で盟友、副総理兼財務相の麻生太郎と向かい合っていた。麻生が「これから何をなさりたいですか」と問いかけると、安倍は「憲法改正です」と言い切った。改造直後の記者会見で「(改憲は)スケジュールありきではない」と、秋の臨時国会に改憲原案を提出する方針を軌道修正したばかりだったが、行程表を後ろ倒しにしただけで、改憲への意欲は衰 [全文を読む]

「殿ご乱心!」安倍首相の言動に揺れる永田町 自民が都議選で惨敗なら、2007年の悪夢も

東洋経済オンライン / 2017年06月29日08時01分

6月23日の東京都議会選挙告示日から週末にかけて首相は応援演説での登壇を避け、地方出張や自宅静養で過ごした。24日には神戸市で講演したが、その中で首相は加計学園による獣医学部新設について、「今治市に限定する必要はない。地域に関係なく2校でも3校でも新設を認めていく」とこれまでの経過を否定するような方針を表明。併せて憲法改正に向けての自民党案を「来るべき臨時 [全文を読む]

急転「首相から100万」暴露へ。森友学園騒動を巡る黒幕は誰だ?

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日05時00分

15日に予定されていた記者会見を延期し、フリージャーナリストの菅野完氏の自宅でインタビューに応じ、さらに16日「小学校設立に関して安倍首相から100万円をもらった」との爆弾発言を口にした籠池元森友学園理事長。ますます混迷を極める「森友学園問題」ですが、あれだけ開校に意欲を見せていた籠池氏の突然の小学校認可申請取り下げに関しても、様々な憶測が飛び交う事態に。 [全文を読む]

麻生太郎氏の屋敷 2500平方メートルで土地価格は50億円超

NEWSポストセブン / 2017年02月08日16時00分

◆柳井正(67・ファーストリテイリング代表取締役会長) 総資産2兆5000円を超える男の自宅には、庭にテニスコートとグリーン付きのゴルフ練習場がある。 ◆麻生太郎(76・副総理兼財務相) 渋谷区松濤地区にある。2500平方メートル以上の敷地に、3階建ての洋館が建つ。土地の価値だけでも推定50億円超。 撮影■太田真三 ※週刊ポスト2017年2月17日号 [全文を読む]

「YKK秘録」にみる政治の活力―YKKの特質―

Japan In-depth / 2016年10月24日19時00分

小泉氏は派閥内で突き上げられたようで「山崎の自宅に電話で「拓さんひどいじゃないか、YKKの仲なんだから俺にも味方しろよ」と言ったのに対し山崎氏は「今回は加藤さんの味方をするが、いずれアンタの味方もするよ」と答えたらしい。ここにもYKKの”友情と打算の二重奏が垣間見えて面白い。”加藤の乱”の生んだものについて、山崎氏は「この乱こそが小泉政権を生んだのではない [全文を読む]

八百万の神がポケモンGOを作った?中国人が語る”日本のコンテンツ力”

デイリーニュースオンライン / 2016年08月06日17時05分

僕はイベントを満喫して自宅へと帰りました。 ■日本の風土が素晴らしいコンテンツを生み出す これらの例を見ればわかるように、日本発のコンテンツは国内外に多大な影響を与えています。ポケモンのようにデフォルメされたキャラ、「萌え絵」といったスタイルは日本独特の発想です。とあるネットのサイトには、「ポケモンのキャラは『八百万の神』」という考察が紹介されていましたが [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(7)政界に10億円をバラまいた

アサ芸プラス / 2016年03月17日01時55分

そのお礼に3000万円を持って目白の自宅へ挨拶に行くと、『キミみたいなガキから金はもらえない』と突き返されたよ」 その際の角栄氏のひと言が今でも耳に残っている。「中江君、ここでこの国の全てが決まっている。国会じゃない、俺が決めてるんだ」 中江氏が逮捕されると、それまで群がっていた政治家をはじめとする各界の有名人たちは潮が引くように散っていった。「東京拘置所 [全文を読む]

【軽減税率】自民党公約を無視して財務省の“走狗”になった麻生財務相の愚かさ

デイリーニュースオンライン / 2015年09月21日12時00分

後で自宅のパソコンなどで還付申請するという手順になる。 しかし、そんな仕組みだと消費者は購入時に10%分の消費税を払わなければならず、負担軽減の実感が乏しく、「痛税感」はまったく緩和されない。財務相は還付金の上限を一人当たり4000円程度とする腹積もりのようだが、その額だと、ほとんどの所得帯で負担増額が還付金を上回ってしまう。当然、消費を [全文を読む]

アベノミクス最大の懸念材料?金融庁長官、異例の3年目突入の舞台裏…業界から異論も

Business Journal / 2013年07月10日14時00分

若手の金融庁担当記者などは、自宅に招き入れて気さくに酒を振る舞い、ことごとく懐柔した。3年目突入でも目立った批判記事が出ないのはこのためだ。中には、畑中氏に言われるままに、森本学総務企画局長(今回の人事で退官)も後任として可能性が出てきた、という観測記事まで書かされた記者もいる。 ●畑中氏は有能なのか。過去の実績は? 畑中氏の留任について、麻生太郎副総理兼 [全文を読む]

フォーカス