一族 麻生太郎に関するニュース

財閥の同族経営で、成否を分けたのは何か?[富豪のトリビア45 -Part9]

Forbes JAPAN / 2016年07月24日17時00分

第9回目は、名門一族に関するトリビア。Q. 財閥一族の同族経営で、成否を分けたのは何か?江戸時代から続く富商・三井家をルーツに持つ三井財閥は、日本最大の財閥として世界 にその名を轟かせていた。しかし戦後の財閥解体後、傘下企業は再結集に遅れた。敗因のひとつに、分家の多さから来る戦前の経営の混乱があった。創業者・三 井高利の遺児は9軒の分家を立て、明治時代には [全文を読む]

麻生太郎という「ドラクエ賢者」の説得力

プレジデントオンライン / 2017年06月10日11時15分

あちこちで引用されているWikipediaの一節では、「名門の一族に育ち、財閥の元社長であるが、本人は『首相の家庭なんて幸せなもんじゃねえ』『両親にほったらかしにされて育った』『生まれはいいが、育ちは悪い』と語っている」とある。「90歳が65歳に遺産相続してどうする?」「サブカルを理解できない議員が大勢いるのが問題」など、まさに清濁の味を共に知るがゆえの小 [全文を読む]

鈴木五輪相に架空計上疑惑、政治資金1658万円に領収書なし

NEWSポストセブン / 2017年08月18日07時00分

父は鈴木善幸元首相、姉は麻生太郎・財務相兼副総理の妻という名門政治家一族の“サラブレッド”だが、早々に出てきたのは金にまつわる問題だった。 鈴木氏が代表を務める資金管理団体「清鈴会」が、3年間で1412万円ものガソリン代を計上していたことを、『週刊新潮』(8月9日発売)が「3年で地球33.8周分」と報じた。ただ、問題はそれだけに止まらなかった。◆例外規定の [全文を読む]

筋肉が全然違う「人が寄ってくる顔vs遠ざかる顔」

プレジデントオンライン / 2017年02月07日15時15分

華僑は、決して悪い運気を自分たち一族に入れません。だから相手の顔をよく見ます。目の動きや些細な表情まで見るのです」 繁栄、繁盛の理由を垣間見たような気がした。そうしたことを知らず顔をしかめて商談しているとすると……たくさん損しているってことになるのではないか。 どうやら、2017年の日本のビジネスマン&ウーマンには、グローバルに愛される、そして人をひきつけ [全文を読む]

鳩山・安倍…戦後の歴代総理大臣 33人中13人が親戚だった

NEWSポストセブン / 2016年07月12日11時00分

政界では安倍政権の要職を「政治家一族」で占め、財界では大企業のトップが次々、「創業家一族」に戻っている。いったい何が起きているのか──。 政界の3大名門といえば、「安倍(岸)家」、「麻生家」、そして「鳩山家」だ。安倍晋三・首相と麻生太郎・副総理が縁戚にあたることは、世間にはなじみがなくても政界ではよく知られている。だが、安倍政権を支える岸田文雄・外相や宮沢 [全文を読む]

三笠宮家で“ヒゲの殿下“と夫人の確執、そして母娘の断絶が! 原因は酒乱? 厳しい躾?

リテラ / 2015年06月18日11時00分

〈最近ある雑誌にも書かれていたけれど、寛仁親王家は長い間一族の中で孤立していた。その要因であったのが、長年に亙る父と母との確執であり、それは父の死後も続いた〉 〈母は父の生前である十年ほど前から病気療養という理由で私たちとは別居され、その間、皇族としての公務は休まれていた。私自身も十年以上きちんと母と話をすることができていない。父が亡くなってからも、何度 [全文を読む]

ネトウヨの温床「ニコ動」と自民党の関係 麻生太郎の親族も取締役に

リテラ / 2015年01月11日20時00分

ここで注目すべきなのが、麻生一族とニコ動との関係だ。麻生の長男はニコ動の会社であるドワンゴの会長・川上量生氏の遊び仲間で、ニコ動立ち上げプロジェクトの初期に携わっていた。そして、現在もニコ動の親会社であるKADOKAWA・DWANGOの社外取締役には、麻生の甥が名を連ねているのである。 [全文を読む]

麻生財務相の“自爆”が建設業界で話題?バラマキ型公共事業でグループ企業に痛手

Business Journal / 2014年04月03日18時00分

その大盤振る舞いがここへきて“一族企業”の経営を直撃しているのだから、「まさに『自爆』」(中堅デベロッパー社員)というわけだ。 厚生労働省の調査によれば、今年1月の有効求人倍率は「建設躯体工事=7.32」「建築・土木・測量技術者=3.96」「土木=2.72」など、建設業界で求人が追い付かない状況が続いている。そこへきて安倍政権は2月に約5兆5000億円の補 [全文を読む]

フォーカス