薬学部 東京理科大学に関するニュース

東京理科大学が7月2日に「Woman×Science 2017」を開催 -- 「科学のマドンナ」プロジェクト特別企画

Digital PR Platform / 2017年05月24日08時05分

当日は、同大薬学部薬学科卒業生で日本航空株式会社代表取締役専務執行役員の大川順子氏による講演のほか、大川氏とロボティクスファッションクリエイターのきゅんくん、家電ベンチャーUPQのCEO中澤優子氏によるトークセッションなどが行われる。参加無料、要事前申し込み(先着300名)。 東京理科大学では、女子中高生にサイエンスの魅力を体験的に知ってもらおうと「科学の [全文を読む]

東京医進学院 9/23 医系大学23大学参加の入試相談会を開催 【特別講演】「ココロの授業」でお馴染み 比田井和孝氏による 『何のために働くのか~未来を担う医療人を目指すみなさんに伝えたいこと~』

DreamNews / 2014年08月08日12時00分

【2015年度医系大入試相談会の魅力】・個別相談だから質問がしやすい!・入試担当者に直接質問できる!・複数の大学を1日で回ることができる!・私立の医系大学の多くが一堂に会している! 医学部/歯学部/薬学部/獣医学部 23大学!・色々な大学の資料(要項など)が会場でもらえる!【2015年度医系大入試相談会 概要】入場無料事前申込制(お席に限りがありますので [全文を読む]

学校法人東京理科大学と提携し、「セディナ学費ローン」の取扱開始

PR TIMES / 2012年03月21日15時08分

以 上 【商品の概要】 1.商品名 「セディナ学費ローン」 2.資金使途 授業料・教材費用等学校へ納付する資金 3.ご利用額 5万円以上500万円以内 4.融資対象者 親権者または学生本人 【ご参考】 【学校法人東京理科大学 概要】 1.代表者 理事長 塚本 桓世 2.所在地 東京都新宿区神楽坂一丁目3番 3.設立 1881年6月 4.設置校 東京理科大 [全文を読む]

【岡山県】苦み、渋みのない「水出し緑茶」をお試しください!

PR TIMES / 2017年04月23日11時05分

岡山大学大学院、千葉大学大学院で放射線生物学を学び、東京理科大学薬学部助手を経て2005年より現職) ★「水出し緑茶」試飲会 提供:岡山県茶振興協議会 ■主催:岡山県、岡山県茶振興協議会 ■定員:100名(定員を超えた場合は、入場をお断りすることがあります。) ■参加費:無料 ■申込方法:岡山県農林水産部農産課あてに参加申込書を FAX(086-224-1 [全文を読む]

城南AO推薦塾 2017年度入試合格実績~AO・推薦入試に特化した専門塾「城南AO推薦塾」が2年目を終了し、合格者を多数輩出

DreamNews / 2017年03月03日16時00分

■城南AO推薦塾■●国公立大学●横浜市立大学 … 国際総合科学部 1名●私立大学●青山学院大学 … 文学部 1名学習院大学 … 経済学部 1名慶應義塾大学 … 総合政策学部 2名/環境情報学部 4名/法学部 1名上智大学 … 法学部 1名/外国語学部 1名/総合グローバル学部 1名/文学部 5名/総合人間科学部 2名成城大学 … 法学部 1名/社会イノベー [全文を読む]

薬剤師の47%が、「医師が必要以上を処方」を残薬問題の一因と指摘医師への働きかけや患者への聞き取りに苦慮し、製薬会社への要望も多数

@Press / 2016年10月11日16時15分

今回の結果について、東京理科大学薬学部臨床准教授の水八寿裕先生は以下のコメントをした。「今回は残薬の直接的要因に絞った実態確認と、薬剤師がそこで果たすべきことは何か、という2本立ての調査になっているが、後者のアクションがまだまだ不足していると思う。特に高齢の患者さんは自己負担割合が低いこともあり意識が乏しい印象があるが、そこで薬剤師が貢献できる余地は大きい [全文を読む]

大手は「ノルマ」設ける一方で単店は「積極的」9%・・・対応に経営規模や立地種別で違い厚労省ビジョンと現状とのギャップも判明

@Press / 2016年09月30日15時15分

今回の結果について、東京理科大学薬学部臨床准教授の水八寿裕先生は以下のコメントをした。「“かかりつけ薬剤師”の責務を考えると、おのずと一人が受け持てる患者数には限界がある。やみくもに指名数を増やせというのではなく、より必要性が高い患者さんを選定することが重要だ。“同意を得ることが難しい”と感じている薬剤師が多いが、その解決策にもなるだろう。医薬品を継続して [全文を読む]

ホワイトチョコや白ワインは人体に危険!日焼け止めクリームは胎児に危害!

Business Journal / 2016年01月31日06時00分

東京理科大学薬学部ナノ粒子健康科学研究センター長の武田健教授らのグループが、酸化チタンのナノ粒子が次世代の脳神経系や生殖系にも悪影響を与えるということをマウスの実験で明らかにしたのです。これは世界で初めての実験結果で、内外のナノテク研究者に大きな衝撃を与えました。 [全文を読む]

フォーカス