日本 青森県に関するニュース

やるな、ニート。ママチャリ日本一周の旅が5冊にまとめられたぞ!

まぐまぐニュース! / 2016年11月24日17時47分

『ママチャリで日本一周中の悪魔』こと大魔王ポルポルさん。日本一周の旅を終え、横浜で立ち飲み屋で酒に酔いながら広東料理屋で名物グルメの酔来丼を堪能していたと思ったら、なんとママチャリで日本一周した時の記録をアマゾンから全5巻プラス写真集3巻でリリースしたようで。。。 ママチャリで日本一周を終えた悪魔が、日本一周の旅をまるごと5冊にまとめやがった! ガッハッハ [全文を読む]

「日本一短命の町」に企業が続々と参入する理由

Forbes JAPAN / 2016年10月22日15時00分

以下の表のように、青森県は男女とも長く「日本一の短命県」であり続けている。短命という嬉しくない話が、実は宝の山に変わる可能性が高いのだ。まず、なぜ早死になのか、その実態を紹介しよう。青森県の平均寿命は、男性77.28歳、女性85.34歳。狭い国土にありながら、長寿日本一の長野県とは実に3年もの開きがある(2010年、厚生労働省調べ)。 しかも、この「平均寿 [全文を読む]

大人気ラジオドラマ『あ、安部礼司』 安部礼司らが「あおもり名誉縄文人」に就任! 青森県三内丸山遺跡の世界遺産登録目指しPR

PR TIMES / 2014年11月06日11時34分

青森県には日本最大の縄文集落跡である三内丸山遺跡をはじめ、数多くの縄文遺跡があることから、名称が”あおもり名誉縄文人“となりました。 なお、この任命式の模様は、11月9日(日)17時から放送予定です。どうぞご期待ください。▲任命式で委任状を渡される安部礼司ら。◆安部礼司ら5名が”初”の「あおもり名誉縄文人」に就任!!9月15日(月・祝)に青森市の三内丸山遺 [全文を読む]

【ドライブで行く】青森の人気観光スポット~本州最北端を走れ!ドライバーの血が騒ぐ旅~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年08月03日09時00分

なお、青森は日本随一の豪雪地帯なので、冬場は通行止めになるルートが多いことに注意が必要だ。 十分な準備をしてドライブに出発♪ 十和田湖(青森県十和田市) 「十和田湖」は、海抜400mにあり周囲は約46km、最深部は327mと日本では第3位の深さを誇る湖だ。 ドライブでのアクセスは、東北自動車道小坂ICから十和田大館樹海ライン、国道103号線経由がオススメ [全文を読む]

日本の歴史が創り上げた夜景『日本三大夜城』を発表!

DreamNews / 2014年11月11日10時00分

(一社)夜景観光コンベンションビューロー(代表理事:丸々もとお)では、日本を代表する夜の城郭として、「大阪城」「高知城」「高田城」の三施設を「日本三大夜城」に認定。 本認定は、全国約4300名の「夜景鑑賞士」の投票を元に現地調査を経て、さらに認定検証項目により厳正かつ公平な審査にて決定。このような認定ブランドは本邦初となります。 この度、(一社)夜景観光コ [全文を読む]

アウンコンサルティング発表 2016年のインバウンド市場動向総括と今後の展望 ~2020年に向けて必要なことは何か~

DreamNews / 2017年02月15日16時30分

日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降、累計で過去最高を更新し、これで5年連続の増加となりました。 地域・国別で見ると、訪日客が多い上位3地域は、昨年と同様、1位:中国637万人(前年比27.6%増)、2位:韓国509万人(前年比27.2%増)、 3位:台湾417万人(前年比13.3%増)となりました。 リピーター等を換算しない場合、韓 [全文を読む]

【郷酒フェスタ for WOMEN × 伊勢丹コラボレーション企画】日本酒、酒器及び日本の酒文化の楽しみ方をご提案します♪

DreamNews / 2017年04月06日18時00分

女性のための國酒の祭典『第4回 郷酒フェスタ for WOMEN 2017』(開催日:2017年4月23日(日))は、伊勢丹新宿本店本館5階キッチンダイニングデコールにて開催される『NIHONSHU MY CHOCO STYLE BY RITSUKO SHIMADA』(開催期間:4月12日(水)~25日(火)とコラボレーション企画を行い、相互に日本酒、酒器 [全文を読む]

個性派ソフトをめぐる旅ができる「ソフトクリーム街道」って知ってる?

TABIZINE / 2016年07月03日10時00分

いかのカーテン 青森県鯵ヶ沢町 (C) 2015 青森県観光情報サイトアプティネット 国道沿い日本海の潮風に揺れる、いかのカーテン。食いしん坊にとっては、心が揺れる風景です。焼きたてのいかを食べることができますよ。運が良ければ、ブサかわ犬「わさお」に会えるかも。 いかすみソフトクリーム (C) 鰺ヶ沢町産業振興課ブログ ほんのり海の香りと塩味、イカスミの [全文を読む]

クラウドをめぐるリアルな戦い(経済ジャーナリスト 深川孝行)

ガジェット通信 / 2013年04月15日09時00分

●「コンテナ型」で後塵を拝す日本 世界のコンテナ取扱港ランキングで、大きく順位を下げる日本の港湾。「物流のハブ」は釜山やシンガポールに先を越され、このままでは「辺境」にもなりかねない。 しかし、クラウド・ビジネスの「キモ」ともいうべき、「情報」の集散地、「データセンター」についても、日本のスタンスはこのままでは「物流の二の舞」となりかねない状況で、しかも [全文を読む]

全国の校歌・社歌を4時間演奏する「芥川也寸志の団体歌」4月16日に田端で開催。

DreamNews / 2017年02月28日09時00分

グループ団体歌の活動は、2016年1月に「日本の団体歌」としてスタートしました。作曲家の個人作品集としては「伊福部昭の団体歌」に続く企画となります。会場は芥川也寸志の生誕の地である「田端」スタジオ・アンダンティーノ(芥川龍之介旧居跡までは230メートル!)。コンサートとしてだけでなく、様々な趣向を凝らして、芥川也寸志の音楽、団体歌を楽しもうという企画となり [全文を読む]

【世界遺産】白神山地の十二湖、ミステリアスブルーの青池

TABIZINE / 2016年06月30日20時00分

青森から秋田にかけて広がる総面積約13万ヘクタールの白神山地は、1993年12月日本初の世界遺産として登録されました。豊かな森に囲まれた、美しい十二湖。国内旅行で、いつか行ってみたい憧れの場所ですね。 白神山地山麓美山湖 西目屋村 青森県 (C) 青森県観光情報サイトアプティネット ■あわせて読みたい まるでジブリのような幻想的な世界。白神山地の十二湖を目 [全文を読む]

健康に直結する睡眠時間。アメリカは暮らす地域によって差が!?

nemgym(ネムジム) / 2016年03月22日19時00分

「昨日、3時間しか寝ていなくて……」などと、日本では“寝ていないアピール”をする傾向がありますが、それはもしかしたら“私は病気に近づいている”と言っていることと同じなのかもしれません。 国土面積ランキング、日本の順位は? 私たちが住んでいる日本の面積をご存知ですか? 正解は約38万平方キロメートル。これだけ聞いても、いまいちどのくらいの大きさなのかよくわか [全文を読む]

結婚したくてもできない…「日本」に未来を奪われた人たち

まぐまぐニュース! / 2016年02月29日19時30分

昨年、日本政府は成長戦略の一環として労働関連法の改正案を閣議決定しました。「女性、非正規社員、高齢者がもっと働きやすい社会に」と言えば聞こえはいいですが、長時間働いても残業代などの手当が払われなくなるのではないかと危惧されており、さまざまな方面から非難の声が上がっています。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、政府は国民が幸せにな [全文を読む]

日本、中朝対策で無人航空機製造か 地域のパワーバランスを変えると海外メディア指摘

NewSphere / 2014年07月22日18時12分

さらに複数の海外メディは、急速に増加している日本の無人機配備予算に注目している。5月には、青森県の米軍三沢基地に米無人偵察機「グローバルホーク」2機が10月までの予定で暫定配備された。【「日本らしくない」】 米ニュースサイト『クオーツ』は、現在日本は軍事用の無人航空機(UAV)開発の中心地となっていると報じている。同メディアは、日本が、世界的に加熱してい [全文を読む]

お医者さんになるためには「方言」の勉強が必須!?

マイナビ進学U17 / 2016年09月01日12時01分

なかでも青森県津軽地方で使われている「津軽弁」は「日本で最も難しい方言」「フランス語に似ている」と言われ、長年青森県に住んだ人でなければ、聞き取ることがとても難しいほどです。特にお年寄りの話す方言は難しく、青森県民でも何を言っているのかわからないこともしばしば。ちなみに、「どさ」は「どこへ行くの?」という意味で、「ゆさ」は「お風呂さ」という意味。寒い地域で [全文を読む]

日本がF35で東シナ海の制空権を握るのは不可能―中国軍事専門家

Record China / 2016年08月21日06時30分

共同通信社の17日付報道によると、航空自衛隊は16日、日本向けステルス戦闘機F35初号機の写真をウェブサイトに仰々しく掲載した。軍事専門家の梁芳氏は人民網の取材に「日本によるF35戦闘機購入の目標は中国に向けられている。だが、日本が米国の支援を得て、あるいはF35戦闘機など先進兵器を配備して、中国を第一列島線に封鎖し、東シナ海方面の制空権を掌握しようとする [全文を読む]

大前氏 観光大国化には大自然や風景楽しめるルート開拓せよ

NEWSポストセブン / 2016年07月30日07時00分

日本の成長戦略の1つに掲げられているのが「観光」だ。たしかに、数年前まで600万~800万人台だった訪日外国人客数は一気に2000万人近くまで達し、観光地では数多くの外国人を見かけるようになった。さらに日本への観光を伸ばすにはどうすればいいか。大前研一氏は、「外国人に新たな日本を発見してもらう必要がある」と指摘する。 * * * 外国人観光客に発見してもら [全文を読む]

投票率と地域の未来~投票率最下位を脱出した青森県の事例から分かること

政治山 / 2016年07月28日11時50分

日本の国には課題が山積です。正解が一つに定まらない問いに取り組んでいかなければならない今、多様な考え方やモノの見方に触れることができる主権者教育の場を提供していくことが、地域の未来を創っていきます。 ◇ 早稲田大学マニフェスト研究所によるコラム「マニフェストで実現する『地方政府』のカタチ」の第47回です。地方行政、地方自治のあり方を“マニフェスト”という切 [全文を読む]

『第3回 郷酒フェスタ for WOMEN 2016 立夏』の出品料理が決定!郷酒フェスタでしか味わえない「日本酒」と「酒粕料理」とのマリアージュで、新しいお酒の遊び方を女性限定で発信します!

DreamNews / 2016年04月05日15時30分

日本地酒協同組合と郷酒フェスタ実行委員会は『第3回 郷酒フェスタ for WOMEN 2016 立夏』を5月7日(土)に都市センターホテルにて開催いたします。今回は「女性のための國酒の祭典 ~ 新しいお酒の遊び方 ~」をテーマに全国32蔵が女性に向けて選んだお酒150種類と美容や健康に効果のある『酒粕(さけかす)』を使用した相性バツグンの料理でおもてなし! [全文を読む]

SKE48柴田阿弥ニコ生でアイドルの口が限界突破な匂いに

dwango.jp news / 2016年03月10日22時58分

日本の生産量の中で、青森県で68%作られるというにんにくがテーマとなった。 なんだか若干乗り気ではない大矢と熊崎。そんな二人と共に、地元役場の観光マネージャーも登場し、街頭で「青森県で日本一のものといえば」と質問し、見事に「にんにく!」と言ってくれる青森県民を探すことに。 実際にインタビューの交渉もしなければいけない3人。寒さもあり、過酷なロケとなった。 [全文を読む]

フォーカス