農業 青森県に関するニュース

消化酵素の活性が他県産の◯倍以上!根菜王国・青森県が生み出したブランド長芋「やませながいも」の美味しさの秘密とは・・・?

PR TIMES / 2016年07月25日16時03分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18946/3/resize/d18946-3-705497-10.jpg ]【やませながいも公式ウェブサイト】http://www.yamase-nagaimo.jp【プレスリリースPDF】http://prtimes.jp/a/?f=d18946-20160725-9909.pdf■農業に不利な条件[ [全文を読む]

株式会社日本農業インコーポレイテッドがラマダン贈答用りんご約4トンをインドネシアに輸出

PR TIMES / 2017年06月06日08時50分

青森県産りんごをラマダンの贈答用に輸出し、6月中旬から販売 株式会社日本農業インコーポレイテッド(本社:東京都品川区 代表取締役:内藤祥平)は株式会社青研(本社:青森県弘前市 代表取締役:竹谷勇勝)のりんご計4トンを6月5日、インドネシアのジャカルタ港向けに輸出しました。6月中旬から現地高級スーパーで販売いたします。 [画像: https://prtime [全文を読む]

青森銀行が支える地域活性化、「あおぎん地方創生宣言」

ZUU online / 2017年05月26日06時40分

青森銀行は、青森県の基幹産業である農業を盛り上げるための支援事業や空き家対策などを通じて、地元の活性化に取り組んでいる地域金融機関である。今回は、都会と地方、両方の良さを体感できる青森市の魅力とともに、青森銀行が実施している地方創生事業について解説する。■青森銀行の「あおぎん地方創生宣言」とは青森銀行、通称「あおぎん」は、青森市に本店を構える地方銀行だ。「 [全文を読む]

運動、食文化、働き方まで…“長寿県”が誇る生活習慣とは?

WEB女性自身 / 2017年08月18日11時00分

標高の高いところで、農業に従事している高齢者は、足腰の強い人が多いそう。 「山の斜面も耕しているので、階段を上り下りするよりも大変です。仕事で体を毎日動かしている人は、病気にかかったとしても重篤化しない傾向にあります」 バランスのよい食事かどうか、何歳になっても働いているかどうかが、生活格差を生んでいるようだ。 [全文を読む]

美白にさば!?脂ノリ最強の「八戸前沖さば」を北千住で堪能|女子必見!薬膳的居酒屋ビューティ道

デイリーニュースオンライン / 2017年06月20日12時00分

二戸町で、ホタテやカキ殻からできた土壌改良資材などを使いこだわりの農業を行っている「とよかわ農園」のナガイモを使用。明太子と特製ポン酢のからんだシャキシャキで旨みいっぱいのナガイモはつまみに最高! 冷えに悩む女子はこちらをチェック!!にんにく、ねぎは薬膳的に「野菜業界」のホット番長! 「田子にんにく焼き」(350円)。 「田子にんにく焼き」。そのままでも [全文を読む]

結婚したくてもできない…「日本」に未来を奪われた人たち

まぐまぐニュース! / 2016年02月29日19時30分

次ページ>>日本の農業を救う秘策とは? 専業農家、農村には、「発電施設」をプレゼントしよう 「人の流失が激しい」と聞いて、すぐ連想するのは、「農村」です。専業農家は、兼業農家になり、兼業農家の子供は、都会に出てサラリーマンになる。なぜでしょうか? 一番の理由は、「農業は儲からないから」(儲けるのが難しいから)でしょう。 農村から人が都会に流出することは、 [全文を読む]

『100年ごはん』 大林監督が描く、未来の食卓へのラブレター

Woman.excite / 2015年09月11日15時00分

先日、銀座で行われたホールフード協会主催(タカコナカムラさん主宰)の映画上映会では、 “奇跡のリンゴ” で知られる農業家の木村秋則さんも駆けつけ、未来の食について熱く語ってくださいました。木村さんが伝えようとしていること、映画『100年ごはん』のこと、大林監督とタカコナカムラさんのトークショーなど、イベントの内容とともにご紹介します。木村秋則さんが語る「土 [全文を読む]

第6回“野菜ソムリエ コンベンション”開催!!

PR TIMES / 2015年09月08日09時59分

日本野菜ソムリエ協会(東京都渋谷区:理事長 福井栄治)は、野菜・果物のスペシャリストである「野菜ソムリエ」の資格認定・育成を行うと共に、日本の農業を次世代に継承するために「自治体パートナー制度」や「野菜ソムリエサミット」等、さまざまな活動を実施しています。この度、地方自治体の農産物販売におけるチャンネル拡大とブランド育成のために、「第6回 野菜ソムリエ [全文を読む]

JA青森中央会、WebFOCUSで事業実績レポーティングシステムを構築し、県内のJAに提供〜 従来のBIツール利用時よりユーザ数は3倍増、職員が自由に検索/レポーティングできる環境へ 〜

@Press / 2015年01月28日11時30分

株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供するBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)が、青森県農業協同組合中央会(所在地:青森県青森市、会長:岡山 時夫、略記:JA青森中央会)の事業実績のレポーティング基盤として採用されたことを発表します。 [全文を読む]

“デザインのチカラ”で商品の新しい市場を開拓、 いよいよSHOPサイトがオープン!

PR TIMES / 2014年01月22日15時41分

ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画、映像、フォト、ゲーム、マンガ、アニメ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(本部所在地:東京都渋谷区 代表:長澤俊二) は、株式会社農業支援とイーサポートリンク株式会社の協力を得て [全文を読む]

デザイン学部とパティシエ学科の学生達が 青森県産『葉とらずりんご』をブランディング “デザインのチカラ”で商品の新しい市場を開拓するプロジェクトを開始!

PR TIMES / 2013年02月05日14時38分

ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどのクリエイティブ分野に特化し、即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っているVantan(バンタン)(本部所在地:東京都渋谷区 代表:長澤俊二) は、株式会社農業支援、イーサポートリンク株式会社の協力を得て、青森 [全文を読む]

日本一の一次産品の価値を世界に。青森県産ながいも「やませながいも」ブランド化に向け、加工・販売を開始

PR TIMES / 2016年05月30日11時21分

課題:・農家の人手不足、市場価格低下により農業収益の減少・農家が人手不足により多忙なため、六次産業化しようにも生産だけで手一杯・加工会社がエリアに無いため、付加価値を付けて販売できていない・地域に専門職求人が少なくUターン希望者の受け入れ先が無い・知的障害を抱える方の雇用の場が少なく、月平均で1~2万円の所得しか無い現在の取り組み状況:詳細は後述しますが、 [全文を読む]

「青森の桃を知ってほしい!」--県内のローソンで“ももジャム”入りの「三農MO-MOパン」、9人の学生が考案

えん食べ / 2016年01月20日07時30分

青森県立三本木農業高等学校(青森県十和田市)農業経済科の生徒9名が考案した菓子パン。生地には同校産の牛乳と米粉、青森県産山芋パウダーが使われている。また、「青森県産の桃をもっと知ってほしい」という思いを込め、桃色のパン生地で青森県産桃ジャムとホイップクリームのフィリングを包んで仕上げてあるそうだ。 ローソンと同校は2013年から共同で商品開発を行っており [全文を読む]

日本全国から女性農業者がお台場に集合!「ひめこらぼ×東京カルカル 農業女子 大収穫祭!!」を11月23日に開催!

@Press / 2013年10月16日10時30分

農山漁村男女共同参画推進協議会の事務局である、一般社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会(所在地:東京都港区)は、11月23日(土)に東京カルチャーカルチャー(所在地:東京都江東区)にて「ひめこらぼ×東京カルカル 農業女子 大収穫祭!!」を開催することをお知らせします。なお、このイベントは、平成25年度農林水産省女性経営者発展支援事業によるものです。 詳細 [全文を読む]

サクラホテル併設・サクラカフェの低価格の朝食ビュッフェに無農薬野菜と野草を使ったスープが新登場!

@Press / 2017年09月11日13時00分

東北牧場では、牧場内で飼育する馬や鶏が無農薬・無化学肥料で育った野菜や草を食べ、その糞が堆肥となって野菜栽培に使われるという循環型農業を実施しています。安心で安全なだけではなく、東北の大地の恵みを受けた滋味深い野菜と野草が味わえるスープとなっております。 ■朝食概要 ・トースト(幡ヶ谷ではパン3種) ・コーヒー、紅茶、緑茶など(神保町ではジュース類もあり) [全文を読む]

内田樹氏が指摘する「賊軍地域に原発集中」は本当か?

NEWSポストセブン / 2017年08月27日07時00分

そこで農業に活路を見出そうとするも、大正2年の大凶作で頓挫しました。昭和になって北村正哉知事のときに、産業の高度化を打ち出し石油コンビナート建設計画がありましたが、それも第二次石油ショックの影響で立ち消えになり、5000ヘクタールの土地が取り残されてしまった。 [全文を読む]

こんなに手間をかけていたなんて! 日本の果物が高額で美味な理由=中国

サーチナ / 2017年08月18日13時12分

中国の農業は手間をかけて美味しいものを作るという考え方よりも、質より量を優先する考え方の方が一般的と言える。農薬や肥料を大量に使用し、できるだけ生産量を上げようとするのが中国の農業のやり方だが、残留農薬が問題となっており、消費者は野菜や果物は専用の洗剤で洗ってから食べている。中国でも農薬に頼らず、質を重視する栽培ができれば、日本の果物のように美味しいもの [全文を読む]

東京発「地方おこし」の仕掛け人10人

Forbes JAPAN / 2017年06月29日17時30分

山野が社長を務める、体験予約サイト運営のアソビューは、三重県と連携し、小規模耕作地を農業体験に活用して収益化を図る組織を立ち上げた。同じくベンチャー連合のメンバーで、クラウドソーシングサービスを運営するランサーズは、横須賀市と同サービスを活用した新事業をはじめた。同メンバーで、空きスペースの貸し借りをネットで仲介するスペースマーケットは、同じく横須賀市と猿 [全文を読む]

自殺寸前に起きたある出来事。「奇跡のリンゴ」はこうして生まれた

まぐまぐニュース! / 2017年06月22日01時25分

研究熱心な木村さんが、本屋で農業の専門書を見つけた。書棚の最上段にあるので、ちょうどそばにあった棒でその本をつっついた所、隣にあった本も一緒に落ちてきた。 床は雪か雨で濡れていて、汚れた本を仕方なく一緒に買った。『自然農法』というタイトルで「何もやらない、農薬も肥料もなにも使わない農業」とコピーがついていた。木村さんは、その本を擦り切れるほど読んだ。 リン [全文を読む]

JR東が作ったピクルスはなぜ酸っぱくない? 関東、東北各地の特産品から次々と商品開発

東洋経済オンライン / 2017年04月11日08時00分

農業・水産業者が食品加工や流通販売にも踏み込んで業務展開する経営形態を指す。農業(1次産業)、加工業(2次産業)、流通業(3次産業)を足し合わせて、6次産業と呼ばれている。JR東日本は各地の特産品に地域の加工技術を組み合わせ、JR東日本グループのプロデュースにより商品開発を行い販売する「のもの1-2-3」という取り組みを行っている(「のもの」は「旬のもの」 [全文を読む]

フォーカス