福田沙紀 映画に関するニュース

板野友美に橋本環奈……主演映画で狙う“経歴ロンダリング”とは

日刊サイゾー / 2016年05月04日09時00分

「上戸彩の妹分」の触れ込みで華々しくデビューを飾った福田沙紀だ。 福田は2008年11月に『櫻の園』で映画初主演。所属事務所のオスカープロモーションが総力を挙げた作品で、大先輩の米倉涼子や上戸彩、菊川怜らも特別出演。同作のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたオスカーの某専務は当時「最低でも興行収入15億円」と豪語していたが、フタを開けてみれば興収1億円に [全文を読む]

『ごちそうさん』主演の杏が、「共演NG!」にするオスカーゴリ押し女優

サイゾーウーマン / 2014年02月03日09時00分

「その相手は、オスカープロモーションが一時ゴリ押ししていた福田沙紀です。杏が女優業を始めて間もない頃に出演した映画『桜の園』(2008年公開)で主演を務めていたのが福田なんですが、当時の福田は事務所の強力なゴリ押しもあり、ドラマや映画の出演が相次いでいた時期。それを自分の実力だと勘違いした福田はわかりやすい天狗状態で、遅刻はもちろん、気に食わないことがあ [全文を読む]

『べっぴんさん』の井頭愛海さんはじめ出身若手も続々台頭 「全日本国民的美少女コンテスト」が3年ぶりに開催

日本タレント名鑑 / 2017年02月22日10時55分

上記のほかにも、剛力彩芽さん、河北麻友子さん、福田沙紀さん、忽那汐里さんら人気の女優・モデル・タレントら輩出しています。この中では、河北さんのみグランプリを受賞していますが、米倉さん、上戸さん、武井さんを含め、それ以外はすべてグランプリではなく部門賞の受賞です。剛力さんにいたっては2002年の第8回大会の予選で敗退しています。 同コンテストの審査の基本的 [全文を読む]

「セーラー服と機関銃」が大コケの橋本環奈が今後、気にすべきポイントとは?

アサ芸プラス / 2016年03月17日09時59分

唯一の例外は福田沙紀の『櫻の園』。そのワガママぶりで評判を落としていた福田にとって、歴史的な不入りは致命傷になったと言われています」 現在はアイドルグループの一員として活動している橋本だが、いずれは女優として独り立ちすることが既定路線だろう。そんな彼女が今後、気を付けるべきことは、入念な下調べだという。テレビ誌のライターが指摘する。「次のステップでは出演ド [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

女優、福田沙紀(25)のウワサが聞こえてきた。 「脇役女優として生き残れるか、今が女優としての最大の正念場になるでしょう」とはテレビ誌デスク。 福田は大手プロダクションのオスカープロモーションに所属し、テレビや映画、舞台にと大活躍だったが、いつの間にか表舞台から姿を消し、干された感がある。 「ちやほやされて天狗になったせいか、現場ではわがまま放題。遅刻した [全文を読む]

BIGBANG T.O.P&上野樹里によるグローバルプロジェクトがついに!日韓の男女役者出演ウェブドラマが11月公開へ

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年09月16日11時44分

ユ・インナ、キム・ガンヒョン、イ・ジェユン、シン・ウォンホ、チョン・ユミ、コ・スヒと、福田沙紀、小出恵介、賀来賢人などが作品に出演し、完成度をよりいっそう高める。演技、DJなど多忙面で活躍中のユ・インナは、今作で公演チームの団員であり春夏のルームメイトのエイミ役を演じる。致命的な魅力で男性たちのハートをつかむ人物で自称恋愛博士でもある。ドラマ「Heart [全文を読む]

2度と仕事したくないTV美女(1)武井咲、上野樹里

アサ芸プラス / 2013年02月26日09時58分

最近では、だいぶ大人になったようだけど、福田沙紀(22)の態度の悪さも有名だった」 もう過去のこととはいえ、その“福田トラウマ”に悩まされている映画関係者は多い。 「助監督などの下っ端のスタッフに対して横柄な態度を取るのは序の口で、とにかく人使いが荒かった。ロケ中に突然、『チーズケーキが食べたい』と言いだし、スタッフを買いに走らせたこともありました。正直、 [全文を読む]

オスカーの鉄の掟「恋愛禁止条例」を破った武井咲に”第二の福田沙紀”の不安

デイリーニュースオンライン / 2015年04月27日21時15分

かつての福田沙紀のように仕事を干されてしまう可能性も決してゼロではありません」(前出・芸能ライター) これまでドラマ、映画と出演作には恵まれてきた武井だが、これといった代表作がないのも正直なところである。鉄の掟を破ったことで「戦力外通告」されないように頑張ってほしいものだ。 文・阿蘭澄史 [全文を読む]

吉高由里子も嫌われた!?意外と多い、嵐の「共演NG」タレント

アサ芸プラス / 2015年02月12日17時59分

櫻井翔は、映画『ヤッターマン』で共演した福田沙紀が現場スタッフにタメ口で話すのを見て辟易し、以降は共演NGに。映画の試写会でも櫻井と福田のツーショット撮影は禁止され、周りのスタッフがかなり気を遣っていました」(前出・芸能記者) いまや名実ともにトップの嵐の機嫌を損ねないよう、メディア関係者たちは日々、キャスティングに頭を悩ませているようだ。 [全文を読む]

「日本大コケ映画祭」(6)興行収入ワースト1位はオスカーの“元祖”ゴリ押し女優

アサ芸プラス / 2016年07月19日09時58分

その名作を当時、オスカープロモーションのいわゆる“ゴリ押し女優”だった福田沙紀主演でリメイクしたのが08年。これが邦画史上に燦然と輝く大コケ映画となってしまった。 配給側は興収15億円を目標にしたというが、そもそもの映画化プランが事務所の提案ということもあり、共演も同事務所の若手ばかり。よって「オスカーのPR映画」と揶揄された同作は、初日から閑古鳥すら鳴か [全文を読む]

剛力彩芽の“ゴリ押し”出演に「もう限界」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年03月05日11時50分

「オスカーの“ゴリ押し”といえば、剛力と共に武井咲(21)や忽那汐里(22)、福田沙紀(24)などが有名です。しかし関係者間での武井と福田の『悪評』は散々なもの。二人とも自らが事務所社長の“お気に入り”ということを理解しているのか、遅刻やトラブルは日常茶飯事で、『彼女とは二度と仕事をしたくない』とこぼすプロデューサーもいるほどです。福田はすっかり信頼を失 [全文を読む]

小西真奈美、主演映画がお蔵入りになった意外な理由

サイゾーウーマン / 2012年06月18日08時00分

【関連記事】・30歳小西真奈美の前で、「結婚は30歳までに」と福田沙紀が爆弾発言・加瀬亮がオファーを蹴った!? 瑛太&窪塚洋介が出演のあの映画 ・『JIN』映画化は実現不可能!? 綾瀬はるかの出演拒否の裏事情 [全文を読む]

私みたいになるな!しくじりアイドルの「大汚点」(12)上戸彩が助っ人出演するも155館が閑古鳥

アサ芸プラス / 2016年05月06日17時58分

目標は15億円の興行収入、だが現実は? 90年に21もの映画賞を獲得した「櫻の園」をリメイクし、ヒロインには福田沙紀を抜擢。事務所の先輩である上戸彩らも脇を固めてくれたが、全国155館の大規模上映が閑古鳥に包まれ、心に大きな傷を負ってしまった。 95年7月、これが初主演ドラマとなった「終わらない夏」(日本テレビ系)の瀬戸朝香に思わぬアクシデントが待ち受ける [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大島優子 大竹しのぶの舞台に「何回見ても圧倒されます」

TechinsightJapan / 2016年04月16日18時25分

大島とはねゆりは、福田沙紀の主演映画『櫻の園』(2008年版)で共演して以来、今も交流が続く。その2人が大竹しのぶと仲良く並ぶ1枚を公開して「素敵なスリーショットありがとう」とファンを喜ばせた。 そんな大島のツイートに対して、前日夜に九州で地震が発生したことから「不謹慎バッシングされかねんぞ」と懸念するコメントが届く一方、「大丈夫ですかという言葉よりも明る [全文を読む]

2014年の“ゴリ押し”はこのコ!? 才媛・宮崎香蓮の実力やいかに

メンズサイゾー / 2013年11月02日11時00分

「『今年の顔』に選ばれた過去の面々はというと、2007年の福田沙紀、2008年の仲里依紗、そして2011年の剛力彩芽など、受賞に前後してかなりの量の仕事が舞い込んできました。宮崎の所属事務所が剛力彩芽と同じということもあり、一部ネットメディアなどでは『次の“ゴリ押し”はこのコなのか』といった、やや批判的な声も聞かれています」(芸能ライター) ところで、フ [全文を読む]

「ジャニーズだって卒業してるのに」忽那汐里の大学中退に見る、オスカープロの仕事優先主義

日刊サイゾー / 2013年06月26日11時00分

これでどうやって勉強しろっていうのか、という感じですよ」(同) 具体的な例を挙げると、「国民的美少女コンテスト」で演技部門賞を受賞し“上戸彩の妹”として売り出された福田沙紀。大学には進学していないが、彼女は忽那と同様、堀越高校に通っていた。 「その当時、映画『櫻の園』と『ヤッターマン』の出演を同時に抱え、とても学校に通える状況ではなかった。当然、留年危機に [全文を読む]

【TBSオンデマンド】本日12月21日(金)より iTunes向けに『SPEC~翔~/警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿』の配信がスタート!!

PR TIMES / 2012年12月21日17時50分

『SPEC~翔~/警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿』(2012年作品)【出演】戸田恵梨香、加瀬亮、福田沙紀、椎名桔平(特別出演)、竜雷太 ほか【演出】堤幸彦【概要】 TBS地上波で2010年10月より放送された『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』が、スペシャル版となって復活!!戸田恵梨香と加瀬亮のW主演、堤幸彦が [全文を読む]

フォーカス