福田沙紀 女優に関するニュース

【エンタがビタミン♪】福田沙紀が熊本被災地の母校訪問 サプライズ校内放送に生徒も大喜び

TechinsightJapan / 2016年06月21日16時30分

女優・福田沙紀が手品師のマギー審司や俳優の村田雄浩と熊本の被災地を訪れ、避難所や仮設住宅、保育園に支援物資を届けた。また熊本出身の彼女は、母校の小学校で放送室から校内放送を行い先生や生徒たちを喜ばせたという。 福田沙紀は熊本地震が起きると、『福田沙紀オフィシャルブログ』で熊本に住む家族や親戚の無事を伝えながらも被災状況と続く余震に心を痛めていた。被災地復興 [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

女優、福田沙紀(25)のウワサが聞こえてきた。 「脇役女優として生き残れるか、今が女優としての最大の正念場になるでしょう」とはテレビ誌デスク。 福田は大手プロダクションのオスカープロモーションに所属し、テレビや映画、舞台にと大活躍だったが、いつの間にか表舞台から姿を消し、干された感がある。 「ちやほやされて天狗になったせいか、現場ではわがまま放題。遅刻した [全文を読む]

武井咲、剛力彩芽…主演ドラマ視聴率苦戦の謎 某有力芸能事務所“ゴリ押し”戦略の犠牲?

Business Journal / 2014年09月03日01時00分

武井と福田沙紀はNHK大河ドラマ『平清盛』にも出ていた」(同) コンテスト開催年の夏になると、オスカー女優の出番が多くなる傾向があるようだが、ドラマ主演をしても、必ずしもヒットするとは限らない。テレビ局関係者が話す。 「基本的に、夏のドラマは視聴率を取りにくいクールといわれています。今年も『HERO』(フジテレビ系)を除けば惨敗するドラマが目立っており、そ [全文を読む]

『ごちそうさん』主演の杏が、「共演NG!」にするオスカーゴリ押し女優

サイゾーウーマン / 2014年02月03日09時00分

「その相手は、オスカープロモーションが一時ゴリ押ししていた福田沙紀です。杏が女優業を始めて間もない頃に出演した映画『桜の園』(2008年公開)で主演を務めていたのが福田なんですが、当時の福田は事務所の強力なゴリ押しもあり、ドラマや映画の出演が相次いでいた時期。それを自分の実力だと勘違いした福田はわかりやすい天狗状態で、遅刻はもちろん、気に食わないことがあ [全文を読む]

『べっぴんさん』の井頭愛海さんはじめ出身若手も続々台頭 「全日本国民的美少女コンテスト」が3年ぶりに開催

日本タレント名鑑 / 2017年02月22日10時55分

上記のほかにも、剛力彩芽さん、河北麻友子さん、福田沙紀さん、忽那汐里さんら人気の女優・モデル・タレントら輩出しています。この中では、河北さんのみグランプリを受賞していますが、米倉さん、上戸さん、武井さんを含め、それ以外はすべてグランプリではなく部門賞の受賞です。剛力さんにいたっては2002年の第8回大会の予選で敗退しています。 同コンテストの審査の基本的 [全文を読む]

損して得取れ? テレ朝、剛力彩芽主演ドラマは低調でも『ドクターX』復活で大きなメリット

日刊サイゾー / 2016年09月02日21時00分

剛力は11年7月期『IS~男でも女でもない性~』(テレビ東京系)で連ドラ初主演(福田沙紀とのW主演)、12年1月期『ティーンコート』(日本テレビ系)で連ドラ単独初主演を果たし、その後、多くの連ドラで主演、ヒロインを務めてきた。しかし、その視聴率はことごとく低調で、残念ながら“低視聴率女優”と称されるようになってしまった。 昨年4月期『天使と悪魔』を最後に [全文を読む]

「セーラー服と機関銃」が大コケの橋本環奈が今後、気にすべきポイントとは?

アサ芸プラス / 2016年03月17日09時59分

唯一の例外は福田沙紀の『櫻の園』。そのワガママぶりで評判を落としていた福田にとって、歴史的な不入りは致命傷になったと言われています」 現在はアイドルグループの一員として活動している橋本だが、いずれは女優として独り立ちすることが既定路線だろう。そんな彼女が今後、気を付けるべきことは、入念な下調べだという。テレビ誌のライターが指摘する。「次のステップでは出演ド [全文を読む]

上戸彩バーターから剛力のバーターへ……福田沙紀の自業自得な悪評

サイゾーウーマン / 2012年05月13日08時00分

かつてはポスト上戸彩のポジションを期待された福田沙紀が、現在は武井咲や剛力彩芽ら後輩女優のバーター出演ばかりになっているという。同社の期待の星だったはずの福田は、どうしてこんなことになってしまったのか。 福田のデビューは2004年、オスカーの恒例行事「全日本国民的美少女コンテスト」で入賞を果たしたことがきっかけだった。初期こそ上戸とのバーター出演ばかりであ [全文を読む]

生きる道はここしかない!? しぶとい剛力彩芽、今や“深夜ドラマ”の女王に君臨

日刊サイゾー / 2016年12月26日11時00分

剛力は、2011年7月期『IS~男でも女でもない性~』(テレビ東京系)で、福田沙紀とのW主演で連ドラ初主演。12年1月期の深夜ドラマ『ティーンコート』(日本テレビ系)で単独初主演を果たすと、13年1月期『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)、14年1月期『私の嫌いな探偵』(テレビ朝日系)などで主役を務めた。 また、12年7月期『ビギナーズ!』(TB [全文を読む]

イメージと違って実は奥手!? 福田沙紀インタビュー

Smartザテレビジョン / 2015年10月31日00時00分

今回、作品製作のため東京でインタビュー取材を行うウヒョンが滞在するゲストハウスのアルバイトで、ひそかにウヒョンに思いを寄せているマリコを演じた福田沙紀にインタビューを敢行し、作品の見どころや撮影秘話などについて語ってもらった。――マリコというキャラクターはどんな女性ですか?マリコはすごく明るくて、愛らしいキャラクターです。ウヒョンとウヒョンの先輩・ソンジュ [全文を読む]

剛力彩芽の“ゴリ押し”出演に「もう限界」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年03月05日11時50分

「オスカーの“ゴリ押し”といえば、剛力と共に武井咲(21)や忽那汐里(22)、福田沙紀(24)などが有名です。しかし関係者間での武井と福田の『悪評』は散々なもの。二人とも自らが事務所社長の“お気に入り”ということを理解しているのか、遅刻やトラブルは日常茶飯事で、『彼女とは二度と仕事をしたくない』とこぼすプロデューサーもいるほどです。福田はすっかり信頼を失 [全文を読む]

『有楽町マリオン30周年anniversary』開催!2014年10月1日(水)~31日(金)

DreamNews / 2014年09月19日14時00分

有楽町マリオンからほど近い帝国劇場にて10月8日~公演となる『Yuming sings…「あなたがいたから私がいた」』で松任谷由実さんと舞台共演を果たす、女優・福田沙紀さんをお迎えし、有楽町にまつわるエピソード等をお伺い致します。 また、弦楽四重奏による《ANNIVERSARY》の生演奏で会場を盛り上げ、カウントダウンと共にマリオンクロック30周年記念版の [全文を読む]

2度と仕事したくないTV美女(1)武井咲、上野樹里

アサ芸プラス / 2013年02月26日09時58分

最近では、だいぶ大人になったようだけど、福田沙紀(22)の態度の悪さも有名だった」 もう過去のこととはいえ、その“福田トラウマ”に悩まされている映画関係者は多い。 「助監督などの下っ端のスタッフに対して横柄な態度を取るのは序の口で、とにかく人使いが荒かった。ロケ中に突然、『チーズケーキが食べたい』と言いだし、スタッフを買いに走らせたこともありました。正直、 [全文を読む]

仙台にある隠れた牛タンの名店

ぐるなび / 2017年01月23日14時10分

1月21日放送の「肉好き女子東北肉ざんまいツアー」(日本テレビ系、午前10時30分~)では、東北の美味しい肉を味わう特集の中で、女優の福田沙紀さん、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘さんが「萃萃」(宮城県仙台市宮城野区)を訪れた。 住宅街の中にある牛タン専門の同店。素材には希少部位のタン元だけを使用し、店主の手によって一番美味しい焼き加減で調理されて提供され [全文を読む]

福士蒼汰が素晴らしい一方で、アノ女優の評判が最悪! ゴリ押しが成功した芸能人、大失敗した芸能人!

tocana / 2017年01月21日09時00分

「最近はその名を耳にすることがめっきり減った女優・福田沙紀です。福田はまさにゴリ押しで有名なオスカープロモーションに所属していますが、同事務所で押された先人が彼女でした。しかしその後、事務所のゴリ押しが盛んになると、ルックスでは武井咲、個性では剛力彩芽、演技力では忽那汐里……と、福田は彼女達と比べてあらゆる点で完敗。福田もすべて平均点以上ではあったかもし [全文を読む]

イライラムカムカさせるのは名女優の証拠!ドラマの中の印象的な悪女10選!

日本タレント名鑑 / 2015年09月30日12時55分

裏切られたお嬢様悪人といえば、2006年『ライフ ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~』の、福田沙紀さん演じる愛海もそうですね。感受性が豊かすぎてセーブが効かない、とにかく傷つきやすい子でした。 私を見て!一番欲しかったのは愛情なんです!「好きな人を手に入れる」という目的のために人の命を奪おうとした牡丹と薔薇の香世とは違い、殺人未遂までは犯しませんし、そこま [全文を読む]

BIGBANG T.O.P&上野樹里によるグローバルプロジェクトがついに!日韓の男女役者出演ウェブドラマが11月公開へ

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年09月16日11時44分

ユ・インナ、キム・ガンヒョン、イ・ジェユン、シン・ウォンホ、チョン・ユミ、コ・スヒと、福田沙紀、小出恵介、賀来賢人などが作品に出演し、完成度をよりいっそう高める。演技、DJなど多忙面で活躍中のユ・インナは、今作で公演チームの団員であり春夏のルームメイトのエイミ役を演じる。致命的な魅力で男性たちのハートをつかむ人物で自称恋愛博士でもある。ドラマ「Heart [全文を読む]

掟破り…武井咲に待つ「仕打ち」

NewsCafe / 2015年05月05日17時00分

かつての福田沙紀(24)のように事務所から嫌われて仕事を失う可能性もゼロではありません」 つまり、干されてしまう、と? 「それが分かっている以上、武井もガマンするでしょう」(先のデスク) 掟よりも愛を取ってしまえば、女優生命は風前の灯火!? [全文を読む]

第14回全日本国民的美少女コンテスト マルチメディア賞を決める一般投票開始!!

DreamNews / 2014年07月14日17時30分

◆過去の主な受賞者・出場者一覧藤谷美紀(第1回グランプリ)/細川直美(第2回グランプリ)/小原光代(第3回グランプリ)/小田茜(第4回グランプリ)/今村雅美(第5回グランプリ)/佐藤藍子(第6回グランプリ)/米倉涼子(第6回審査員特別賞)/須藤温子(第7回グランプリ)/上戸彩(第7回審査員特別賞)/渋谷飛鳥(第8回グランプリ※マルチメディア賞とW受賞)/阪 [全文を読む]

2014年の“ゴリ押し”はこのコ!? 才媛・宮崎香蓮の実力やいかに

メンズサイゾー / 2013年11月02日11時00分

「『今年の顔』に選ばれた過去の面々はというと、2007年の福田沙紀、2008年の仲里依紗、そして2011年の剛力彩芽など、受賞に前後してかなりの量の仕事が舞い込んできました。宮崎の所属事務所が剛力彩芽と同じということもあり、一部ネットメディアなどでは『次の“ゴリ押し”はこのコなのか』といった、やや批判的な声も聞かれています」(芸能ライター) ところで、フ [全文を読む]

フォーカス