漫画 恋仲に関するニュース

「恋仲」の本田翼が福士蒼汰ファン対策に必死?

アサ芸プラス / 2015年07月27日09時59分

漫画とかゲームとか趣味が合う人」と、理想のタイプをあげてみせた。これらの要素が、福士にほとんど当てはまらないことにお気づきだろうか。ハッキリした顔の福士は、バスケ部やダブルダッチ部で活躍した肉体派。漫画やゲームが好きという話はほとんどしたことがないはずだ。 インドア派として知られる本田ゆえ、漫画やゲームを条件にあげるのは当然でもある。だが、この時期にわざわ [全文を読む]

人気落語アニメ「昭和元禄落語心中」で描かれる師匠と弟子の相克

メディアゴン / 2017年02月13日07時50分

師匠との軋轢やらライバルとの相克といった少年漫画にありがちのテーマがこの漫画にはでてこないからだ。とりわけ落語というのは職能集団でもあることから、ある師匠の門戸をたたき弟子として入門すると、師匠は自分の技術のすべてを無料で教える(立川流は家元への上納金制度があったが。現在は廃止されている)。【参考】<寄席と落語家>噺家に課せられた顧客開拓の責務この世界で生 [全文を読む]

恋愛市場に新たな勢力?本田翼系「ヲタク女子」が男子をトリコにする理由

アサジョ / 2015年09月26日09時59分

「ヲタクといっても、一部の“腐女子”とは異なり、本田翼は『ONE PIECE』や『HUNTER×HUNTER』などの、いわゆる少年ジャンプ系漫画をこよなく愛し、ゲームでは『ドラクエ』にハマる、いわば“男子寄りの爽やか系ヲタク”。これは、いままでにない新しい“女子像”をつくったかもしれませんね」 そう話す女性誌ライターは、そんな本田翼系ヲタク女子の魅力を、こ [全文を読む]

本田翼と三浦翔平が交際1年「漫画とゲーム三昧でまったりお家デートを楽しむジミ恋」の真偽

messy / 2015年06月23日18時30分

スポーツ紙によると、なんでもこの2人は共通点が漫画とゲームであるらしく、外出するよりは家の中で共通の趣味を満喫しながら交際を続けてきたのだという。「本田さんは2人で一緒にいるときも漫画を読みたい人。三浦さんは“いつまで読んでるの?”とか言わないので、一緒にいて楽なんだと思う」(友人談)。 えっ。じゃあ一体どういう流れでこの2人の交際がスポーツ紙に「わかった [全文を読む]

ベッキーとは違う!?本田翼、「棒読み演技」でもスタッフに愛される理由とは?

アサ芸プラス / 2015年06月12日09時59分

福士くんは漫画をほとんど読まないのですが、本田さんがオススメの漫画を何度も勧めるなど、仲は良いですね。二人ともプレッシャーはあるでしょうけど、『江ノ島プリズム』で共演した吉田羊さんが今作に出演するなど、知った顔が多いということで、比較的リラックスして臨めるようですよ」 本田といえば、2013年放送の「ショムニ」(フジテレビ系)では、イベント時に共演の江角マ [全文を読む]

福士蒼汰の妹役で注目の美少女・大友花恋の魅力に迫る

Smartザテレビジョン / 2016年05月25日06時01分

お兄ちゃんやお姉ちゃんは、憧れでした!(笑)――原作は漫画ですが、作品をご存じでしたか?このドラマの出演が決まってから、漫画を読みました。(私が演じる)さやかは原作にはないキャラクターなので、どのように演じようかなとワクワクしました。原作の世界観はそのままで、その中に私たち家族が新しく入っていくので、どのような家族になるかとても楽しみでした。――実際にさや [全文を読む]

あの女が反面教師!?本田翼に市川紗椰「好かれるオタク女子」の勝因とは?

アサジョ / 2015年11月29日09時59分

市川の本格オタクぶりには劣るものの、今夏の月9ドラマ「恋仲」(フジテレビ系)のヒロインを務めた本田翼も相当な漫画オタク。自宅には漫画1000冊以上を所有。以前、将来について「ずっと芸能界にいようとも思っていない。漫画関係の仕事にも興味がある」と話していたほどで、出版関係者も「意外と(彼女の趣味は)有名ではありませんが、あれだけコミックが好きなら、将来は名 [全文を読む]

テリー伊藤対談「柳ゆり菜」(1)初主演映画は脱ぐかどうか確認して…

アサ芸プラス / 2014年06月03日09時58分

もともとの原作は、エロティックな描写が多い漫画なんだよね。 柳 そうなんです。 テリー でも、ゆり菜ちゃんは撮影の時はまだ19歳だったんでしょう。どういういきさつで、主演することになったの。 柳 オーディションに合格して、主役をいただきました。でもオーディション、と聞いた時に「うわこい」のことを調べて、単行本を買って読んだんですよ。そうしたら漫画の内容にか [全文を読む]

「切らない、捨てない、別れない」都合のいい関係から不動の存在へ、源氏が絶大な信頼を寄せた女性の魅力~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年12月27日06時30分

漫画『あさきゆめみし』ではぽっちゃり系。)性的な魅力には乏しい女性です。後に二人の関係はセックスレス化。男女関係としては早々に終わり、精神的な信頼関係で結ばれていきます。 源氏の他の女性たちにも、花散里は貴重な存在です。まず人と争うことがないので、付き合いやすい。源氏の妻の中ではとくに紫の上が嫉妬深く、あれこれヤキモチを焼いてカリカリするのですが、紫の上 [全文を読む]

『逃げ恥』人気のパロディ要素、原作とドラマの違いは?

WEB女性自身 / 2016年11月22日06時00分

しかし、原作漫画の風見は、色白でヒゲも一切ない、美しい青年だ。この見た目のギャップが、今後の展開に影響を与える可能性もアリ!? ■パロディ要素はまだまだ出てくるかも! 『サザエさん』『NEWS23』『情熱大陸』『新世紀エヴァンゲリオン』 『逃げ恥』では、ガッキーの妄想による、他番組のパロディが多い。「原作では『徹子の部屋』や漫画『ONE PEACE』なども [全文を読む]

街道トラッカーズ 日光街道(2/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年07月29日09時00分

漫画『孤独のグルメ』ではないが、旅先で出会う偶然ほど心躍らされるものはない。たとえ目と鼻の先だと思っていても、旧街道は行ってみないと分からないことだらけだ。 過去を振り返ってみても、現役トラック運転手時代に少しでもそういう感性があったら、もう少し色々な世界が見られただろうにと思ったりもする。 「そこんとこヨロシクなのは、やっぱり桃次郎先輩だよな。」 キャ [全文を読む]

山本美月&本田翼の女子高生役に「無理ありすぎ!」 棒演技&オタク同士の共演に「化学反応が起こるかも」と期待する声も

おたぽる / 2016年01月14日09時00分

しかし、親友同士という設定については、山本も本田もゲームや漫画好きのオタクであることを公言していることから、『すぐに気が合うのでは?』『オタク同士の化学反応が起これば、面白くなるかも』という期待の声も少なからず寄せられているようです。実際、これまでに3度共演したことがあるものの、W主演という“濃密な”共演は初めての2人ですが、撮影の合間には一緒にゲームに興 [全文を読む]

目がマジすぎる…本田翼の“ガチ『スプラトゥーン』プレイヤー”発覚で「マッチングしてえ~」の大合唱に!

おたぽる / 2015年09月08日20時00分

また、本田はマンガだけでなく、ゲームも大好物で、過去のブログでは3DS版『ドラゴンクエストVII』や『ルイージマンション2』をプレイしていると綴っており、雑誌のインタビューでも「険しい壁にぶち当たった時に、逃げこめるのが漫画やゲーム」(「QuickJapan」太田出版/2013年6月号)と語るほど。 そんなマンガとゲームをこよなく愛する本田は、9月7日放送 [全文を読む]

本田翼&三浦翔平の熱愛報道に「事務所リーク」疑惑

デイリーニュースオンライン / 2015年06月23日16時50分

2人の共通点はゲーム、漫画などのインドアな趣味だといい、同紙では2人の友人が「本田さんは2人で一緒にいるときも漫画を読みたい人。三浦さんは“いつまで読んでるの?”とか言わないので、一緒にいて楽なんだと思う」と明かしている。また、これまで本田&三浦に関する目撃情報が出ていなかったことについて、同紙は「ひそかに自宅などインドアで愛を育んできたから」と伝えた。 [全文を読む]

その人気に陰り? 福士蒼汰主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が爆死で、7月期ドラマにも暗雲漂う

日刊サイゾー / 2017年06月02日07時00分

原作は70万部を突破するベストセラーとなった北川恵海の同名小説(KADOKAWA)で、漫画化(同)もされており、原作、漫画のファンからは一定の期待感があったはず。福士以外の主要キャストは工藤阿須加、黒木華、吉田鋼太郎、小池栄子、森口瑤子、池田成志で、なかなかの豪華メンバー。これで不振となれば、製作委員会も福士もショックを隠せないだろう。 福士は、13年前期 [全文を読む]

本田翼 女子高生時代は「一匹狼」だった?

anan NEWS / 2016年10月15日12時00分

お昼を一緒に食べる友達はいたけど、食べ終わるとすぐに一人で図書館に行って、夢中で漫画を読んでいるような。私自身が女子同士で群れるのが苦手だったから、女子の団体行動とか、親友の女の子と常に一緒にいるという環境は余計に未知数でしたね」 この作品が発信するメッセージは何なのか、いつも考えてしまうと言う本田さん。 「監督は、揺れるカーテンなど、映像にとてもこだわっ [全文を読む]

教え子と交際、レイプ未遂まで……韓国・教師たちの“性スキャンダル”が止まらない!

日刊サイゾー / 2016年07月17日15時00分

教師と教え子のロマンス……漫画や小説では使い古された設定だが、お隣・韓国では最近、そんなスキャンダルが相次いでいる。 7月7日、昨年まで大邱(テグ)市の中学校に勤めていた女性教師(33)が、15歳の教え子A君と恋仲だったことが、あるメディアに報じられた。韓国は日本と同じく、法律上13歳以上の性行為は合意の上ならば処罰されない。しかし、“教師と教え子”の間柄 [全文を読む]

大森南朋が松ケン主演の時代劇でせりふ減量を懇願!?

Smartザテレビジョン / 2016年07月15日08時04分

本ドラマはオノ・ナツメの同名漫画を原作に、同局で'15年にドラマ化した新感覚エンターテインメント時代劇の続編。明るく豪快な弁蔵(松山)と、頭脳明晰(めいせき)でクールな宗次(早乙女)の2人を中心に盗賊一味の活躍を描く。“脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく”をモットーに、盗賊が巧妙な駆け引きとだまし合いを展開していく。 シーズン1のラストでは、自分たち [全文を読む]

福士蒼汰&土屋太鳳、新ドラマ共演決定も……朝ドラブレーク俳優は「数字持ってない」!?

サイゾーウーマン / 2016年02月29日09時00分

同ドラマの原作は、1999年3月号から2002年3月号まで、少女漫画雑誌「LaLa」(白泉社)で連載された田中メカ氏作の漫画『お迎えです。』。実写ドラマ化に伴い、同誌で続編の連載が決まっている。 脚本は、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』(12年度前期)、『結婚できない男』(06年/フジテレビ系)、『白い春』(09年/同)、『ブラック・プレジデント』(14年/ [全文を読む]

2016年冬ドラマはこれにキマリ!?期待ドラマを“勝手に”お薦め!

日本タレント名鑑 / 2016年01月12日11時55分

テンポよく楽しめそうなのが、漫画原作のラブコメ『ダメな私に恋してください』。コメディもシリアスも演じられる、守ってあげたいアラサー代表深田恭子さんと、朝ドラで話題のDEAN FUJIOKAさん。これは、もうキャスティングだけでよだれものです。 特に、三十路なのに不器用で彼氏いない歴=年齢、大人の恋愛が出来ない深田さん演じるミチコは可愛くてたまりません。こ [全文を読む]

フォーカス