竹内力 ミナミの帝王に関するニュース

初共演!竹内力VSりゅうちぇる?なぜかキッズに大人気!硬派俳優竹内力さんと 大ブレーク中!ちぇるちぇるランドの王子様りゅうちぇるさんという異色の組合せがCMでガチ激突?一歩も譲らないおかしな攻防戦に乞うご期待

DreamNews / 2016年08月09日11時00分

https://www.jutakujohokan.co.jp/_sozai/201608/■テレビCMのストーリーと見どころスタジオでCM撮影の打ち合わせをするりゅうちぇるさんと竹内力さん。スタッフから「住宅系のCMなんですが・・・」と説明を受けると、りゅうちぇるさんが素早く反応、「これってガチめに~建築関係トントントン!」とお得意のフレーズとポーズを [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】竹内力「ミナミの帝王・萬田はん」は今どこに。「本人ですか?」ファンが衝撃を受けたワケ。

TechinsightJapan / 2015年06月15日13時30分

1985年に芸能界デビューし、長身で爽やかな若手のイケメン俳優としてトレンディドラマなどで活躍していた竹内力(51)。大ヒットしたVシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』シリーズでは、1992年から2007年まで全60作で主役の萬田銀次郎を務め、哀川翔と共に「Vシネマの帝王」と呼ばれるようになる。この頃からすっかり“強面”俳優のイメージが浸透している竹内だが、 [全文を読む]

『ミナミの帝王』他 Vシネで絶対見るべき鉄板シリーズTOP5

NEWSポストセブン / 2014年07月01日16時00分

◆難波金融伝 ミナミの帝王……第1作『難波金融伝 ミナミの帝王「トイチの萬田銀次郎」』1992年/Softgarage/監督・萩庭貞明/出演・竹内力、竹井みどり 原作・天王寺大、作画・郷力也の人気漫画を竹内力主演で実写化。1992年の第1作から最後の「土俵際の伝説」(2007年)まで、60作を展開した。「Vシネマの歴史の中で最も大きな存在感を誇った竹内力[全文を読む]

竹内力 101回目のプロポーズでの好青年役はストレスだった

NEWSポストセブン / 2015年12月18日07時00分

『ミナミの帝王』シリーズなどで圧倒的な存在感を誇示し、男臭い魅力あふれる竹内力(51才)。言わずと知れた「Vシネマの帝王」が最近、バラエティーでユニークな一面を見せ、そのギャップでファンを驚かせている。Vシネマ時代から近況まで、竹内に話を聞いた。――Vシネマ『難波金融伝・ミナミの帝王』時代、一番印象に残っている事は、なんですか?竹内:全部楽しかったですよ。 [全文を読む]

竹内力「意外すぎる前職」にビックリ!

日刊大衆 / 2017年02月07日14時00分

1月30日に行われた映画『王様のためのホログラム』の公開直前イベントに、俳優の竹内力(53)が出席。自身の意外な経歴を告白した。 「この日のイベントで、竹内は以前銀行員だったという事実を明かしました。デビュー当時は前職について堂々と公言していたそうなんですが、竹内いわく“いろいろあって”話さなくなったんだとか。ただ、その当時も今と同じようにリーゼントヘアの [全文を読む]

千原ジュニア主演の劇場版『新・ミナミの帝王』が1月14日に全国映画館で公開!

ガジェット通信 / 2017年01月11日08時00分

“ミナミの鬼”萬田銀次郎役が竹内力から千原ジュニアに変更して7年……。 2017年1月14日、初となる劇場版『新・ミナミの帝王』が全国の映画館で公開される。 舎弟役にはドラマ版でもおなじみの大東駿介。 他にも板尾創路、赤井英和など豪華キャストが脇を固めた豪華作品だ。 千原ジュニア演じる萬田銀次郎は寡黙なエリートビジネスマン風で、バブリーでいかつい竹内力のイ [全文を読む]

竹内力「仕事後、公衆便所でリーゼントに戻していた」過去を語る

Smartザテレビジョン / 2016年04月21日12時00分

4月でデビュー30周年を迎える竹内力。4月28日(木)にはCS放送の映画・チャンネルNECOで竹内の映画、Vシネ、バラエティ番組が24時間ぶっ通しでオンエアされる。竹内といえば代表作“ミナミの帝王”のイメージが強いが、デビュー当時はトレンディドラマで活躍していた。気になるデビューのきっかけや、コワモテの役をやるようになった経緯を伺った。 ――デビューのきっ [全文を読む]

<オリジナル連続ドラマ>竹内力 原案・製作総指揮・主演『闇の法執行人』、『大馬鹿代』(おおばかよ)「J:COMプレミアチャンネル」にて独占先行放送!

PR TIMES / 2017年05月19日11時00分

J:COM × 映画・チャンネルNECO × アスミック・エース共同製作 ―竹内力からコメント到着―株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、取締役社長:井村 公彦)とグループ会社であるアスミック・エース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐野 真之)は、「映画・チャンネルNECO」を運営する日活株式会社(本社:東京都文京区 [全文を読む]

「イメチェン」「キャラチェン」は諸刃の剣?芸能人のイメチェン戦略を振り返ってみた!

日本タレント名鑑 / 2015年05月15日10時55分

男性では、さわやか系俳優だった、竹内力さんの変化はすさまじいです。浅香唯さん主演の映画『YAWARA!』で新聞記者役の阿部寛さんとライバル関係にあるイケメン実業家役など、とてもさわやかなメンズだった竹内さん。1991年の『101回目のプロポーズ』あたりまではさわやかキャラでしたが、1993年『ミナミの帝王』以降どんどん現在のイメージに変化。ちなみに共演さ [全文を読む]

フォーカス