原作 峰不二子に関するニュース

黒木メイサの峰不二子がコスプレ並みの安っぽさ! “コレじゃない”感たっぷりのルパン三世実写版

messy / 2014年04月09日17時00分

いくら峰不二子がアニメのキャラクターといえども、メイサのスレンダーな体型とチープな衣装では、スリーサイズが上から99.9cm、55.5cm、88.8cmというダイナマイトボディの“世界一の女泥棒”を演じるのは無理があるのでは? また、クールで冷静沈着な雰囲気をまとうメイサが、愛する金とジュエリーに並々ならぬ執着心を燃やしてオジサマたちを手玉に取る不二子に扮 [全文を読む]

「綾瀬はるかの方がいい」「佐藤江梨子がよかった」実写版『ルパン三世』峰不二子役は黒木メイサで大丈夫……?

日刊サイゾー / 2013年11月27日20時30分

国民的漫画の実写化を、早くも心待ちにする原作ファンも多いようだ。 だが一方で、峰不二子役の黒木に対し、否定的な意見も飛び交っている。 峰不二子といえば、豊満なバストと、香り立つ色気が特徴的な、誰もが見とれる美女。作中でヌードになることも多く、少年時代に「峰不二子で性に目覚めた」という男性は少なくない。 そんな峰不二子の象徴である“お色気”の部分が、「黒木に [全文を読む]

『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』イベント限定バージョンのフィギュアが登場!

PR TIMES / 2013年04月22日15時30分

【作品情報】◆メイン・スタッフ原作 : モンキー・パンチ(MPワークス ルパン三世officialマガジン刊)監督 : 山本沙代シリーズ構成 : 岡田麿里キャラクターデザイン・作画監督 : 小池健音楽 : 菊地成孔美術監督 : 田村せいき(アニメ工房婆娑羅)色彩設計 : 茂木孝浩撮影監督 : 山田豊徳(サンジゲン)編集 : 長坂智樹(JAYFILM)音響監 [全文を読む]

「1話に4回のセックスシーン!」 壇蜜主演の『アラサーちゃん 無修正』、放送コードギリギリは必至!?

メンズサイゾー / 2014年05月13日15時30分

原作者の峰はバラエティ番組『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に11期生として出演し、その後AV女優の活動を経て、現在は漫画家やライターとして活躍している。「アラサーちゃん 無修正」では、自身を投影したようなキャラクターの「アラサーちゃん」をはじめ、個性豊かな人物が登場して男女のエロをリアルに描いていることで人気を集めている。 30歳のアラサーちゃん役には、 [全文を読む]

バイク買取専門店でおなじみの「バイク王」と「ルパン三世」がコラボレーション。 4月12日(金)より「バイク王×ルパン三世」の新CMがスタート!

PR TIMES / 2013年04月12日19時11分

『ルパン三世』は原作誕生から46年、アニメーション放送開始から42年を迎え、世代を超えてファンの皆様に愛されるキャラクターとなりました。このたび制作した新CMは「高値買取」篇、「キャンペーン」篇の2種となり、それぞれが『ルパン三世』ならではの趣向を凝らした内容となっております。 また、「バイク王」では新キャラクター『ルパン三世』の起用にともない、4月12 [全文を読む]

次元がルパンを追う刑事に? マンガ『ルパン三世』次元大介を楽しむエピソード5選

ダ・ヴィンチニュース / 2014年06月21日07時20分

世紀の大泥棒・ルパン三世の相棒である次元大介を主役に据えたスピンオフであり、TVシリーズ「峰不二子という女」のスタッフによる原作のテイストを活かした作品ということで話題だ。しかしTVアニメを観たことはあっても、モンキー・パンチの原作マンガを読んだことがないという人は(特に若い世代を中心に)多いのではないだろうか。関連情報を含む記事はこちら そこで今回は映画 [全文を読む]

TVアニメ「神様はじめました」より、ドラマCD『神様はじめました 神と神使の契約』の発売決定!! 本日より予約開始!!

PR TIMES / 2012年08月22日08時51分

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下トムス)は、鈴木ジュリエッタ原作、「花とゆめ」(白泉社・刊)連載中でコミックス累計100万部を突破する大人気作品『神様はじめました』のTVアニメ化を記念し、早くもドラマCDの発売が決定!本日より予約開始したことをお知らせします。2012年10月24日発売となるドラマCD [全文を読む]

TVアニメ『神様はじめました』10月1日深夜2時05分よりテレビ東京にて放送開始&主要キャスト決定!!

PR TIMES / 2012年08月06日09時16分

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下トムス)は、鈴木ジュリエッタ原作、「花とゆめ」(白泉社・刊)連載中の「神様はじめました」のTVアニメ化につきまして、放送日時と主要キャストが決定したことをお知らせします。トムス制作TVアニメ『神様はじめました』(原作=鈴木ジュリエッタ、白泉社刊「花とゆめ」連載)はテレビ [全文を読む]

【トリビア】ルパン三世のトリビア9選を大発表! 銭形とルパンは同じ大学の先輩と後輩

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年09月02日06時00分

1967年に原作漫画が公開されると1971年には初のアニメ化を果たし、以来何度もアニメ化や映画化を繰り返してきた大人気作品です。 原作漫画よりもアニメが広く知られていますが、必ずしも子供だけをターゲットにした作品ではないので、幅広い世代から人気がありますよね。 ルパン三世のトリビアを大発表! 今回はルパン三世にまつわる選りすぐりのトリビアを一気に大発表いた [全文を読む]

年齢不詳なルパン三世。世間の年齢イメージランキングと作品内の年齢トリビア!

しらべぇ / 2014年10月20日18時00分

1967年にモンキー・パンチ原作の漫画としてスタートし、最近では小栗旬さん主演で実写映画化され、来年にはイタリアで新シリーズが放送される予定になっているなど、未だ人気が衰えることがない「ルパン三世」。主人公の世紀の大泥棒・ルパン三世は、モーリス・ルブラン原作小説の怪盗ルパンの孫という設定ですが、彼の年齢は一体いくつかなのかと気になったことはありませんか? [全文を読む]

“大コケ”必至の実写版『ルパン三世』峰不二子役・黒木メイサにヌード写真集のオファーが!?

日刊サイゾー / 2014年01月24日11時00分

多くのファンから「原作をぶち壊す」「ルパンでもなんでもない」などの声が上がっており、特に不二子の配役にはネット上で不満が吹き荒れた。 さらには、アニメでおなじみの主題曲「ルパン三世のテーマ」も権利上の問題から使用許可が下りないという致命的な話もあり、大コケでは済まされない失敗作になるという予測が立っている。 「どうマーケティングしても大赤字。もともと関係者 [全文を読む]

どうなる?実写版映画「ルバン三世」峰不二子役の行方

アサ芸プラス / 2013年08月23日10時00分

8月24日には「ガッチャマン」、秋には「タイガーマスク」と、オールドファンを童心返りさせそうなアニメ原作の映画が立て続けに公開される。 昨今の邦画界でアニメの実写版が盛んなのは、もちろん特撮技術が格段に進歩し、アニメでしかできなかった演出が実写でも可能になったことが要因に上げられるが、それ以外にも別の理由があるという。「企画を通す際に、誰もが知っている作品 [全文を読む]

100万部突破の大人気コミック「神様はじめました」(白泉社「花とゆめ」連載中)、遂にアニメ化決定!~大地丙太郎監督による “キスで契約(ハート)妖かし系ラブコメディ”~

PR TIMES / 2012年07月05日09時19分

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下トムス)は、鈴木ジュリエッタ原作、「花とゆめ」(白泉社・刊)連載中でコミックス累計100万部を突破する大人気作品『神様はじめました』が、遂にTVアニメ化決定しましたことをお知らせします。 アニメ『神様はじめました』の情報は、連載誌「花とゆめ」をはじめ、下記のサイトを通じ [全文を読む]

ドラマ&映画・これが「伝説のミスキャスト」だ!(2)

アサ芸プラス / 2012年03月28日10時57分

爽やかな両さんなど見たくない」(44歳・医療)「原作を冒涜している。消えてほしい」(43歳・不動産) など、コミック累計178巻を誇る人気だけに激しい拒否反応が多かった。 「年齢から身長から全て違う。香取はハットリくん役の時も、初めから原作に似せるのは無理だと割り切って、まったく別のキャラを開き直って演じている。そのため映画を見ていると『もしかして、これで [全文を読む]

新『ルパン三世』のコレジャナイ感がスゴイ 「アレのシーン」でお茶の間が凍りつく

しらべぇ / 2017年04月01日10時30分

(画像はYouTubeのスクリーンショット)モンキー・パンチ原作のマンガ『ルパン三世』といえば、怪盗ルパンの孫という設定のルパン三世とその仲間たちが織りなすハードボイルドやギャグが人気を博している。これまで、何度もアニメ化されてきた大ヒットシリーズだが、31日に『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)で放送されたルパンへの違和感が「スゴすぎる」と話題に。■ [全文を読む]

迫力カーチェイスに、“50人斬り”アクション……“血煙”が映える『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五エ門』小池健監督インタビュー!

おたぽる / 2017年01月29日21時00分

モンキー・パンチの原作コミックに漂う、アダルトでハードボイルドな雰囲気を再現したことで、旧来の『ルパン』シリーズのファンからも若いアニメファンからも人気を獲得し、話題となった。 そのテイストを引き継ぎ、監督を『REDLINE』などで知られる小池健、脚本を新TVシリーズ『ルパン三世』(シリーズ構成・脚本)、TVドラマ『相棒』(脚本)の高橋悠也が務めて制作、劇 [全文を読む]

松雪泰子が放つセレブオーラに「河北麻友子の残念感が際立つ」 “峰不二子”姿披露を望む声も

おたぽる / 2016年04月12日12時00分

原作ファンからも『これほどのハマリ役はいない』と大絶賛されていただけに、今年1月から河北麻友子主演でリメークされると発表された際には『お嬢様育ちってだけでキャスティングするなんて安直すぎる』『松雪の白鳥を超えられるわけがない』と大ブーイングが沸き起こり、その指摘通り、ドラマが放送されると『河北じゃ存在感が足りない。残念感が際立つのみ』『松雪版を再放送した方 [全文を読む]

カッコ良すぎ!30年ぶりに新ルパン三世OPが公開!

秒刊SUNDAY / 2015年09月30日16時52分

原作、および旧アニメからのファンであっても楽しめる新しいルパンに魅了されてみてはいかがだろうか。公開されたOP映像は、原画をオマージュしたタッチでありながらもヌルヌルと動くモーショングラフィックスを取り入れた全く新しい映像手法。ジャケットはトレードマークの赤から青へ。ただし、宮粼駿のルパン三世 カリオストロの城では、緑という設定で、作品や担当者によって変わ [全文を読む]

新『ルパン三世』“第6のキャラ!?”レベッカに藤井ゆきよ!ゲストヒロインの系譜と「大塚ルパン」継承の行方は……

おたぽる / 2015年09月03日14時00分

不二子目線で若き日のルパンや次元大介を描いたこの作品は、モンキー・パンチの原作コミックをリスペクトした特徴的な筆致やビジュアル、エロティシズムを表現。近年の“コミカルで明るいルパン”ではなく、原作寄りの“シリアスでハードボイルドな怪盗ルパン”は12年の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞するなど高く評価され、14年にはスピンオフシリーズ第2弾 [全文を読む]

黒木メイサ 6億デキ婚借金を“峰不二子”役きっかけで払拭できるか?

アサ芸プラス / 2014年08月26日09時58分

原作のイメージと違う”といった批判的な声もある中、彼女の勝負艶技は前評判を覆しそうだ。 黒木の肢体に貼り付くようにピッタリとフィットした、黒光りする革スーツのファスナーが引き上げられていった。ただし全てが閉じられるまでは、半開きの部分から艶やかな素肌が無防備に露出しているのだ。上半身をカメラが捉えるや、こんもりとした双丘、張りのあるバストがはっきり見て取 [全文を読む]

フォーカス