細川ふみえ 小池栄子に関するニュース

イエローキャブ消滅で評判を落としたタレント?

tocana / 2015年02月14日08時00分

全盛期には佐藤江梨子、小池栄子、細川ふみえ、かとうれいこ、といった多くの巨乳グラビアアイドルが在籍していたが、04年に経営トラブルから、当事社長を務めていた野田義治氏が社長を辞任。「有限会社サンズ(現・株式会社サンズエンタテインメント)」に雛形あきこ、MEGUMI、山田まりや等のタレント数名を引き連れ独立した。 また、野田氏が去った後のイエローキャブには [全文を読む]

多数グラドル撮影の写真家「2人で食事したのは4人だけ」

NEWSポストセブン / 2016年06月09日07時00分

素直すぎて思わず、笑っちゃいましたけど」 細川ふみえとの出会いは、「この子は絶対に人気が出る」と他の人が撮ったポジフィルムを持って来られたことからだった。 「確かに初めて会った瞬間、オーラのようなものに包まれている感じでした。デビューから撮った写真集は9冊。1人の女性をこんなに撮ったカメラマン、他にいませんよ」 「イエローキャブ」が一世を風靡する時代、山岸 [全文を読む]

小池栄子の危機 多額借金&休業状態の夫の派手な素行、小池の活躍を妨げる懸念も

Business Journal / 2015年03月12日23時00分

1990年代に細川ふみえや雛形あきこなど数多くの人気グラビアアイドルを輩出した芸能事務所イエローキャブが、今年1月末に事業を停止。自己破産申請の準備に入り、2月いっぱいをもって倒産となった。所属タレントで稼ぎ頭のひとりだった佐藤江梨子は1月末、ブラジル人一般男性との結婚および妊娠をブログで発表。2月には柄本明や美保純が所属するノックアウトへの移籍が明らかに [全文を読む]

ついに倒産した「イエローキャブ」10大事件簿!(1)野田元社長が語る創業から全盛期まで

アサ芸プラス / 2015年03月04日09時55分

堀江の夭折で危機に陥ったが、89年にかとうれいこ(46)=B86・W58・H84=が、翌90年に細川ふみえ(43)=B94・W59・H87=が相次いでデビューし、世に「巨乳ブーム」を巻き起こした。 そんな「繁栄」の始まりは、同時に「黒歴史」の始まりでもあった。08年、野田氏に密着したノンフィクション「巨乳をビジネスにした男」を上梓した作家・大下英治氏が言う [全文を読む]

小池栄子の移籍で命運が尽き…イエローキャブの苦しかったフトコロ事情

アサ芸プラス / 2015年02月19日09時59分

全盛期には細川ふみえ、かとうれいこ、雛形あきこら多くのグラビアアイドルを抱え圧倒的な人気を誇ったものだったが、その苦しかったフトコロ事情をベテランの芸能ライターが明かす。 「10年ほど前、業界中に顔の利いた名物社長の野田義治氏を経営方針の違いということで、事実上追放したのが運命の分かれ道。多くのタレントが野田氏について、サンズに移籍した。イエローキャブには [全文を読む]

イエローキャブ倒産! 小池栄子が背負う“3億借金”問題、佐藤江梨子は“セクシー路線廃業”へ!?

サイゾーウーマン / 2015年02月14日13時00分

1980年に創立、社長だった芸能プロモーター・野田義治氏の指揮の元、細川ふみえやかとうれいこ、雛形あきこら有名グラドルを次々とデビューさせたが、近頃では金銭難がささやかれていた。そして最後まで所属していた佐藤江梨子と小池栄子も、すでに次の道を歩み始めているようだ。 「一時代を築いたイエローキャブですが、異変が起こったのが2004年。経営方針から“追放”され [全文を読む]

「イエローキャブ」社長が自殺 巨乳帝国の光と影

メンズサイゾー / 2012年06月29日16時30分

イエローキャブは1980~90年代、当時の社長・野田義治氏(66)が堀江しのぶ(享年23)、かとうれいこ(43)、細川ふみえ(40)、雛形あきこ(34)らを発掘し、巨乳グラドル路線で業界を席捲した。大手芸能プロの一角を占めるまでに成長したが、04年に新株発行をめぐるオーナー側との対立によって解任された野田氏が新事務所を設立。雛形や山田まりや(32)、ME [全文を読む]

グラドル界の「犬猿の仲」リスト!(13)小池栄子VS佐藤江梨子…イエローキャブの内紛ヒストリー

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時59分

堀江が88年に他界した後、それこそ「ブームの創始者」となったかとうれいこと細川ふみえは、細川が先輩のかとうを立てたことで、目立ったバトルはなかったという。 そして90年代後半、本格的なグラビアブームが到来。かつて同社でマネージャーを務めたM氏が、雛形あきこに続いて大々的にプッシュされた山田まりやを回想する。「デビューしたばかりの山田は、雛形の前で直立不動に [全文を読む]

かとうれいこ、小池栄子、橋本マナミ…時代を彩った「殿堂入りバスト」

アサ芸プラス / 2017年02月05日09時58分

同じ事務所だった細川ふみえとともに、2枚看板で大車輪の活躍でした。『童顔なのにものすごいボディ』は、今なおグラビア界の売れる要素でもあります」(芸能ライター) そのムーブメントの波に乗った代表格が、やはりかとうと同じ事務所だった小池栄子だ。「91センチのド迫力バストとエキゾチックな顔立ちで、佐藤江梨子やMEGUMIとともにグラビア界を席巻。体だけでなくバラ [全文を読む]

巨乳グラドル軍団復活か?イエローキャブ、ブランド再起を宣言

Walkerplus / 2016年11月30日21時53分

前出のかとうや小池、佐藤らのほか、MEGUMI、細川ふみえなどが在籍し一時代を築いたが、2004年に退陣した野田元社長とともに所属タレントが多数移籍。以降、以前の勢いは薄れ、2015年2月に負債額4億円で自己破産していた。 一方、2013年3月にライセンスの商標利用によって、別資本で経営される「イエローキャブプラス」が誕生。女優路線に傾倒していたイエローキ [全文を読む]

衰えぬ美貌と巨乳...イエローキャブ軍団に「今が旬」の声

メンズサイゾー / 2016年08月02日10時00分

その後もかとうれいこ(47)や細川ふみえ(44)といった人気者を生み、世に巨乳ブームを巻き起こしたことで知られる。 昨年自己破産を申請した同プロダクションからは所属タレントがいなくなったが、このところネットでは元イエローキャブ軍団の注目度が上昇している。中でも男性ファンからアツい視線を注がれているのは、女優としても活躍し、イエローキャブいちの出世頭といえる [全文を読む]

グラドル「神水着」総選挙(17~32位)女子アナ、女優、あのレジェンドも!

アサ芸プラス / 2016年07月18日17時58分

32位 菜乃花(160センチ B90.58・H86) かつて、細川ふみえの代名詞だった「眼帯ブラ」を復活させ、トレードマークにまで昇華。刺激的なものが蘇るのは大歓迎である。 [全文を読む]

小池栄子、夫の汚名返上なるか

NewsCafe / 2015年03月23日17時00分

イエローキャブは小池や佐藤江梨子(33)、MEGUMI(33)、細川ふみえ(43)ら多くの巨乳タレントを抱える事務所として一時代を築いたが、経営陣の分裂騒動で多くのタレントが移籍。小池や佐藤は残留組として奮闘したが、結局は倒産してしまった。 「佐藤は結婚してすでに別の事務所に移りましたが、小池は独立して個人事務所を立ち上げるとみられています」 個人事務所 [全文を読む]

経営不振で身売り決定! 芸能プロ「イエローキャブ」の事実上消滅でささやかれる“戦犯”の名前

日刊サイゾー / 2014年04月24日13時00分

「かつては野田義治氏が率い、故・堀江しのぶさん、かとうれいこ、細川ふみえらグラビア界を席巻した巨乳タレントを続々と世に送り出したが、親会社との確執で野田氏が離脱。新体制になってからは社長が社内でクビを吊るなど、パッとしなかった。現在の所属タレントは6人だが、まともに稼いでいるのは小池と佐藤の2トップだけ。関連会社を設立してグラドルを育成しようとしたが、経 [全文を読む]

巨乳帝国「イエローキャブ」が消滅危機…小池栄子と佐藤江梨子の行方に熱視線

メンズサイゾー / 2014年03月21日12時00分

かつては当時の社長・野田義治氏が堀江しのぶ(88年没=享年23)、かとうれいこ(45)、細川ふみえ(42)らを発掘し、巨乳グラドル路線で業界を席捲。業界では“巨乳帝国”とうたわれ、大手プロの一角を占めるまで成長した同事務所だが、その終焉の時が迫っているという。 一時は栄華を誇った同事務所だが、野田氏のワンマン経営によって資金繰りが悪化。パチンコチェーンの傘 [全文を読む]

フォーカス