呉服 松坂屋に関するニュース

百貨店は死なず。大丸、松坂屋、鶴屋百貨店で奇跡を起こした男達

まぐまぐニュース! / 2017年01月17日16時00分

江戸時代、松坂屋はここで呉服屋を営んでいた。その様子は歌川広重の有名な浮世絵にも描かれている。 ちなみに歴史ある百貨店の多くはもともと呉服屋などの和服を扱う店だった。明治に入り、洋服が普及し始めると、生き残りをかけ変化に挑む。客が自由に商品を選べる陳列販売を始め、さらに客の要望に応えて衣類以外も扱い始める。つまり、変化を恐れなかった呉服屋が百貨店へと進化を [全文を読む]

「GINZA SIX」が高級商業施設となったワケ J.フロントが進める2つの「脱百貨店」戦略

東洋経済オンライン / 2017年04月20日08時00分

山本社長は今年1月の東洋経済のインタビューで、「過去の延長線上の成功体験に基づいたことではなく、呉服屋から百貨店に変わったのと同等レベルの大きな変革をしていかないといけない」と語っている。Jフロントが実現を目指すのは「新百貨店モデル」だ。百貨店には在庫のリスクが伴わない「消化仕入れ」と呼ばれる独特な商慣行がある。消化仕入れとは、商品が売れたときに仕入れと売 [全文を読む]

日本再発見!100年以上前の銀座写真データを電子納品

DreamNews / 2017年03月27日10時00分

--------------------------------------------------------------------------〇掲載写真リスト000 1等煉瓦絵図 001 1等煉瓦拡大 002 金春芸者1 003団十郎 004 1等煉瓦街全景005 1等煉瓦風景 006 2等煉瓦街1 007 2等煉瓦街震災後 008イルミネーション [全文を読む]

かつて憧れの場所だったデパートの華やかな歴史

NEWSポストセブン / 2016年10月24日16時00分

《当店販売の商品は今後一層その種類を増加し、およそ衣服装飾に関する品目は 一棟御用弁相成り候 設備致し、結局米国に行はるるデパートメント、ストアの一部を実現致すべく候》 日本のデパートの歴史は1905年、この三井呉服店(現・日本橋三越)の高らかな「デパートメントストア宣言」に始まる。 それまでは買い物をするたびに商品の値段の交渉をする「座売り」が基本だった [全文を読む]

大人の好奇心が満たされる、銀座の新しい歩き方。『Pen』5月1日号、「アートな、銀座。」が好評発売中です。

PR TIMES / 2017年04月18日09時24分

呉服店、テーラー、画廊カフェを営む3人の若旦那を取材しました。ほかにも、一流飲食店による「アートな食」や、小物・インテリア・食土産のカタログもあります。夜の銀座も必見です。夜景の美しいレストラン・カフェと、銀座に詳しい太田和彦さんが、お薦めのバーを紹介します。この街に出かけたくなること請け合いの、総力特集です。 第2特集は、ウォッチトレンドを知る上で欠かせ [全文を読む]

消えゆく地方の百貨店…悩める「老舗」は生まれ変われるのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日04時45分

創業者の名前と屋号のそれぞれ一部を取って「三越呉服店」となり、現在の「三越」になりました。社名で三越を先にしているのは、三越のプライドを保つためだったと言われています。 水と油のように見える両社でしたが、相乗効果と規模の経済を期待し、経営統合の道を選びました。しかし、2008年に行われた経営統合以降の業績は低迷しています。三越伊勢丹HDの2009年3月期の [全文を読む]

銀座、ついに大変貌が始動…朝日新聞が超高級ホテル建設か

Business Journal / 2015年11月22日06時00分

●銀座5丁目再開発計画 サッポロ不動産開発と老舗呉服店のつゞれ屋は、サッポロ銀座ビル跡地で複合商業施設「銀座5丁目再開発計画」の工事中だ。銀座三越、和光、三愛が建つ銀座4丁目の一角に位置する。1911年に開業したカフェー・ライオンをはじめ、70年に複合ビルとして竣工したサッポロ銀座ビルまでサッポログループが運営してきた。 銀座5丁目再開発計画は、地下2階か [全文を読む]

消費増税目前!増税前の駆け込みセール開催!! 百貨店のプロが選ぶ “今が買い時アイテム” 5選 発表

PR TIMES / 2014年02月21日13時10分

春からの新生活で購入予定の方、もしくは「いつか買おうと思っている」という方がいたら、増税前の今なら少しでもお得に購入できるチャンス! 4.呉服 ⇒南館6階特設会場にて お仕立てにかかる日数は通常約1ヶ月、今ならギリギリ5%の税率に間に合います! 振袖もご用意しているので、来年の成人式用にもぜひ。 5.絵画 ⇒南館5階特設会場にて 最近の景気回復の兆しを受 [全文を読む]

活況の百貨店、各社の明暗鮮明…食品偽装問題で“500億円市場”おせち商戦に暗雲

Business Journal / 2013年11月13日18時00分

また、高島屋大阪店では、50万円以上の時計が昨年より4割増で売れており、呉服も2割増。さらに驚くのが、1億円の黄金茶釜も売れているという。1年前に比較して、日経平均株価は80%あまり上昇している。百貨店ではデフレの時代が終幕し、高くても質のいい商品を欲する消費者の傾向がうかがえる。●明暗が分かれた百貨店5社の10月売上高速報。三越伊勢丹とH2Oリテイリン [全文を読む]

フォーカス