電力自由化 九州電力に関するニュース

電力自由化で激変!ためるべきポイント、カードとは?電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】最新6月号発売!

@Press / 2016年06月01日11時00分

電力選びのサポートマガジン【ENERGYeye/エナジーアイ】 URL: http://www.energyeye.jp 身近な生活をより快適にするために“必要な情報”から、電力スイッチングに欠かせない“本物の知識”まで、幅広くカバーした専門誌【ENERGYeye/エナジーアイ】Vol.006(June)号では、電力自由化によって激変した、3大共通ポイン [全文を読む]

電気の切替えはお済ですか?これから切替える人も、もう切替えた人もお得になる。「電力自由化2年目キャンペーン」&「つなが~る割」スタート

PR TIMES / 2017年03月29日09時44分

~東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力管内のご家庭のお客さまが対象~株式会社洸陽電機(本社:兵庫県神戸市東灘区、代表取締役社長:乾正博、以下、当社)は、電力小売完全自由化から1年となる4月1日より、ご家庭の電気を対象とした「電力自由化2年目キャンペーン」を行います。また、本キャンペーンの開始に併せて、業界初の新しい割引サービ [全文を読む]

電気の地産地消再エネプラン「おおいたのでんき」 一般家庭など低圧需要家へ電力供給を10月に開始

@Press / 2016年09月30日11時00分

これは、当社を含む地元企業5社と佐伯市が参加する、大分県エネルギー産業企業会 電力自由化ワーキンググループの活動事業です。 [全文を読む]

~新規事業“電力自由化”に伴う「新電力サービス」販売開始~株式会社ハルエネとの業務提携による協業展開のお知らせ

PR TIMES / 2016年08月12日15時45分

当社連結子会社の株式会社デジタリオ(本社:東京都中央区、代表取締役:重野真一、 以下「デジタリオ」と言います。)は、株式会社ハルエネ(本社:東京都豊島区、代表取締役:原田淳史、以下「ハルエネ」と言います。)と業務提携を行い、「ハルエネ」が提供する新電力サービス「ハルエネでんき」の販売を、2016年8月から開始する事としましたので、お知らせいたします。国内の [全文を読む]

2016年4月1日 電力自由化スタート 緊急レポート 【タイナビ総研】電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査を実施 電力自由化最激戦区、首都圏がプラン診断実施数トップ!~新電力会社参入数が少ない北陸圏に垣間見える、異色の傾向とは?~

@Press / 2016年04月18日12時00分

電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査http://www.tainavi-soken.com/research/electricity/20160418.html■調査概要<地域別電気料金切り替えユーザー動向調査>有効回答 : 電力会社の切り替えを検討した全国のユーザー32,616名調査方法 : インターネットによる回答調査期間 : 2016年2月1 [全文を読む]

イチから教えて電力自由化!基本情報Q&A

政治山 / 2016年03月09日11時50分

新年度から電力自由化が始まります。「東京に住んでいれば東京電力」など、これまで自動的に契約していた電気の契約先を自由に選べるのです。しかし、大半の人は「違いも分からないし面倒くさいな」というのが正直なところではないでしょうか。そこで、企画の第1回目は、そもそも電力自由化とは何なのか、Q&Aで解説します。 電力比較サイトでベストなプランが選べる 【Q】 電力 [全文を読む]

<福岡県みやま市・九州対象>電力自由化に伴う新サービス「みやまんでんき」を4月より提供開始 受付開始は2月17日

@Press / 2016年02月16日15時00分

(*1) サーバー管理費は別途かかります (*2) 複数年契約など、いくつかの条件により無料提供します詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

電力自由化 電気を使えば使うほど安くなる可能性も?

NEWSポストセブン / 2016年01月23日07時00分

電力自由化で電気代が安くなる」 「さまざまな電力プランで電気代をもっとお得に」 ワイドショーや新聞で報じられる「電力自由化」というニュース。自由化っていわれても、いったいなに?と、「?」だらけの人は多い。安くなる、お得になるっていうけど、そんなにうまい話があるのかしら、と疑問に思う人もいるはず。 わからないままにしておくのは危険。その基本を理解しておく必 [全文を読む]

【今日のインサイト】本日は「電気記念日」…電力の小売りが自由化されるって知ってました!?

Woman Insight / 2015年03月25日06時00分

そこで、『電気を選ぶ.JP』のサイトから、それらを研究していきます! ●「電力自由化」のカギとなるのは、“新電力”! 「電力小売り全面自由化」とは、簡単にいうと、電力会社を企業や個人が自由に選べるようにするための一連の改革のこと。 現在、既存の大手電力会社として一般電気事業者10社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四 [全文を読む]

アメリカの成功していない先行事例をお手本に強行する経産省「電力自由化」の愚

メディアゴン / 2014年12月07日04時06分

米国の電力自由化は、連邦政府ではなく、州ごとに判断が委ねられている。結論から言うと、米国の電力自由化は、「成功した先行例」とは決して言えない。米国エネルギー情報局が示した資料を見ると、米国の電力市場は自由化への進捗が芳しくないことが一目でわかる。[出典:米国エネルギー情報局:http://www.eia.gov/electricity/policies/r [全文を読む]

一部電力会社による系統連系「回答保留」に対する生活クラブ連合会の見解を表明します。

PR TIMES / 2014年11月13日13時24分

電力自由化を進めるためにも、電力事業者としてのアカウンタビリィティを果たすことが求められます。個別的に九州電力管内だけを見てみると、再エネの取組みは20%を超えて群を抜いています。今回の問題は、消費量(需要)が少ないために発生している面もありますので、来年発足する広域的系統運用機関を機能的に稼働することで調整することが重要と言えます。一時的にも再エネでピー [全文を読む]

東電管内への越境売電で色めき立つ電力業界〜新電力、完全自由化加速は視界不良

Business Journal / 2013年10月28日06時00分

2000年代から進む電力自由化にもかかわらず、電力市場では地域独占が続いてきた。ここにきて、中部電力、関西電力が最大の市場である東電管内の首都圏に参入するのは、東京電力福島第1原発事故に背中を押されたからだ。 原発事故後、国の認可を受けて電気料金を本格値上げしたのは東京電力、関西電力、九州電力、東北電力、四国電力、北海道電力の計6社。特に、関西電力、九州 [全文を読む]

ガス自由化、参入会社やプランなど詳細未定のため焦らず選定を

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

昨年月の電力自由化に引き続き、この4月からガスも自由化されるが、お得に使うために事業者やプランをどう選んだらいいのだろうか。ガス自由化をけん引する小売り事業者は“電力会社”だと、電力比較会社エネチェンジの木村愼作さんは言う。 ガス小売り事業者として今注目なのは、関西電力、九州電力、中部電力、ニチガス。電力会社なら、電力とのセット割ができるので、今後、魅力的 [全文を読む]

業界初!ガス自由化対応「電気・ガスのセット契約」の比較が可能に

PR TIMES / 2017年03月01日11時00分

(※2017年2月27日現在)電力自由化のように、ガスには卸市場が存在しないため、新規参入を果たすためには、ガスの調達・その保管・保安体制の整備といくつかの参入障壁を乗り越える必要があります。電力会社の参入が多くみられる理由は、もともと電力会社は、火力発電を行うために大量のLNG(液化天然ガス)を輸入しています。東京電力のLNG輸入量は日本No.1でもあり [全文を読む]

<甘くはない?電力小売自由化>切り替え予定は全世帯0.1%未満という現実

メディアゴン / 2016年02月29日07時30分

日経新聞は、大手マスコミの中でも特に、今回の電力小売自由化の急先鋒として電力自由化至上主義になったかのような報道を続けてきた。だから、どうしても切替え件数を増やしたいのだろう。更に、経産省が昨年11月18日に発表した資料では、「8割の人は、少なくとも切り替えの検討はする意向」、「現時点で切り替えを前向きに捉えている(「すぐにでも変更したい」「変更することを [全文を読む]

東京ガスの豹変 何を“企んで”いるのか?

Business Journal / 2015年06月18日06時00分

電力自由化の動きが本格化している。2016年4月に電力小売りの全面自由化、18~20年に電力会社の送電部門分離が計画されている。こうした動きをにらみ、全国でさまざまな業種から市場参入が相次いでいる。地域独占にあぐらをかいてきた、各地域の大手電力会社も挑戦者として他の地域へ進出を図る。主戦場は巨大市場である首都圏。石炭火力発電所の建設計画が目白押しだ。各社が [全文を読む]

フォーカス