電力会社 九州電力に関するニュース

BitStarSSL、「日本の電力会社10社のSSL対応ランキング」を公開

PR TIMES / 2016年06月29日14時25分

日本の電力会社のSSLの対応状況が明らかに。同率首位は東北電力と沖縄電力 サーバ認証書SSL発行サービス、BitStarSSLを提供するビットスター株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:前田章博)は、日本の主要電力会社を対象にWebサイトのSSL対応状況について調査し、BitStarSSLのWebサイト上で調査結果のランキングを発表しました。 [画 [全文を読む]

イチから教えて電力自由化!基本情報Q&A

政治山 / 2016年03月09日11時50分

電力比較サイトでベストなプランが選べる 【Q】 電力会社の変更は、いつから予約開始なの? 【A】 2016年1月からなので、すでに予約可能です。 【Q】 何を基準に選べばいいの? 【A】 好きな料金プランか事業者を探せばいいのです。各家庭で電気を使用する時間帯や使用量は違いますので、電力比較サイトなどをうまく活用して、ご自身にあったプランを選ぶのがいいで [全文を読む]

さらば電力会社! 自家発電で自給生活する人が意外と増えていた

週プレNEWS / 2014年12月14日06時00分

電力会社からの送電に頼らずに、自分の生活に必要な電気を“自給”している人が、少しずつ増えているという。 一般的な家電生活のまま完全自給している人、使う家電を厳選して小さめの発電システムで自給している人、完全自給は無理だけど電力会社の電気と併用している人と様々だが…一体どうやるの? 9月末、九州電力、沖縄電力、四国電力、東北電力、北海道電力の電力各社が50k [全文を読む]

原発再稼働の一方で政府が再生可能エネルギー潰し!「クリーン」「環境に優しい」の言葉を使用禁止に

リテラ / 2015年08月12日08時00分

先の記事でも指摘したが、これらの再稼働を実現するために、経産省や資源エネルギー庁、規制委員会、電力会社、自民党の利権政治家による原発安全神話拡散の情報操作、そして原発批判を押さえ込む報道圧力もどんどん激しくなっていくだろう。 さらにもうひとつ、彼らが熱心にやっているのが、再生可能エネルギー潰しだ。最近も、自民党と経済産業省がそのために"言葉狩り"をしよう [全文を読む]

【今日のインサイト】本日は「電気記念日」…電力の小売りが自由化されるって知ってました!?

Woman Insight / 2015年03月25日06時00分

そこで、『電気を選ぶ.JP』のサイトから、それらを研究していきます! ●「電力自由化」のカギとなるのは、“新電力”! 「電力小売り全面自由化」とは、簡単にいうと、電力会社を企業や個人が自由に選べるようにするための一連の改革のこと。 現在、既存の大手電力会社として一般電気事業者10社(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四 [全文を読む]

熊本で震度7! 川内原発にこの規模の地震が直撃していたら...再稼働した原発の甘すぎる地震対策

リテラ / 2016年04月15日08時00分

このとき九州電力は、『報道ステーション』(テレビ朝日)の取材に対し、「電力会社の社員は管理部門をはじめ、地震が起きても平常心を維持できるよう特別な訓練を重ねている」と、話にならないコメントをしていた。 川内原発の問題点は、この免震棟以外にも数多く指摘されている。本サイトでは、その問題をまとめた記事を昨年の再稼働時に掲載したが、以下に再掲したい。はたして地震 [全文を読む]

大東建託グループが管理する賃貸住宅向け電力小売サービス DK SELECT「いい部屋でんき」がスタート!

@Press / 2016年03月22日16時30分

大東建託グループの大東エナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:望月 寿樹、以下「大東エナジー」)は、2016年4月の電力小売り全面自由化に伴い、大東建託グループが管理する賃貸住宅向けに、地域の電力会社の従量電灯料金テーブルから一定の割引率で電気を提供する新サービス「いい部屋でんき」を5月9日よりスタートさせることになりましたのでお知らせします [全文を読む]

アメリカの成功していない先行事例をお手本に強行する経産省「電力自由化」の愚

メディアゴン / 2014年12月07日04時06分

石川和男[NPO法人社会保障経済研究所・理事長]* * *電力10社(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力)は、それぞれの営業区域で電気を供給する電力会社。現行法では、電気事業への参入規制や、電気料金規制がある。事業形態は、石炭・天然ガス・石油・ウランの輸入など燃料調達と発電、流通を担う送配電 [全文を読む]

“原発再稼働を促進” 電力会社の再生エネ購入中断、海外メディアも注目

NewSphere / 2014年09月30日18時14分

しかし、電力会社各社は、計画の見直しを始めているようだ。天候に発電量を左右されやすい太陽光発電に偏れば、電力供給が不安定になる危険があり、現在でも制限を課している。 アナリストは、電力会社2社の決定は、太陽光発電計画の承認にブレーキをかけるだろうとみている。他の地域の電力会社も、扱うクリーンエネルギーの幅を見直すだろう、と予測した。エネルギー問題のコンサ [全文を読む]

川内原発再稼働に規制委トップ「安全とは言えない」、政府も責任回避で自治体が反発

Business Journal / 2014年08月24日01時00分

審査合格後は電力会社が立地自治体に再稼動の意思を伝え、立地市町村長、次いで知事が再稼動に同意する手続きを取る。再稼動の最終判断は電力会社と立地自治体にゲタを預けられているのが実情である。 こうした動きに対し九電の瓜生道明社長は、定例記者会見で地元同意の進め方について「規制委が原発の安全性を、政府は原発の必要性を説明するべきだ」と語った。鹿児島県の伊藤祐一郎 [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

原発が稼働できなかったために、電力会社が負担する燃料費は年間3.7兆円増え、輸入増で貿易収支は赤字となり、「多額の国富が流出」したとする。2面と3面にわたる解説記事「スキャナー」は、タイトルが「福島教訓に安全対策 温暖化対応も前進」と、とにかく手放しの喜びよう、讃えようになっている。これで安定供給ができるようになり(いや、既にしているが…)料金抑制にもなる [全文を読む]

原発廃炉費用、電気料金に上乗せという暴挙 国民負担を強いて電力会社を甘やかす国

Business Journal / 2015年05月14日06時00分

経済産業省は3月、老朽原発を廃炉にした際、電力会社に損失が発生しないようにする会計制度を施行した。東京電力福島第一原子力発電所事故翌年の2012年、経産省は原発を再稼働せずに廃炉と決めた場合の電力会社の財務内容を試算した。それによると、電力会社10社のうち4社が資産より債務が多い債務超過に転落することがわかった。 債務超過になるのは北海道電力、東北電力、 [全文を読む]

省令改正された再エネ買い取り制度の見直しに対応!ソーラーパートナーズが住宅用太陽光発電向け出力制御補償サービスの受付を2015年1月22日に正式に開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2015年01月23日10時30分

太陽光発電の工事会社ネットワークを運営している株式会社ソーラーパートナーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:中嶋 明洋)は、2015年1月22日に経済産業省が公布した再生可能エネルギーの買い取り制度の内容に含まれる「電力会社が必要に応じて太陽光発電で発電した電気の買い取りを拒否できる制度」に対応するため、太陽光発電の相談・見積りサイト「ソーラーパートナーズ [全文を読む]

ついに決定した再エネ買い取り制度の見直しに対応!日本初!ソーラーパートナーズが再エネ買い取り抑制補償サービスを開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2014年12月19日16時30分

太陽光発電の工事会社ネットワークを運営している株式会社ソーラーパートナーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:中嶋 明洋)は、2014年12月18日に経済産業省が発表した再生可能エネルギーの買い取り制度見直しの内容に含まれる「電力会社が必要に応じて太陽光発電で発電した電気の買い取りを拒否できる制度」に対応するため、ソーラーパートナーズを通じて住宅用(10kW [全文を読む]

“金になる太陽光に群がった素人事業者”…海外誌批判 再エネ買い取り拒否問題

NewSphere / 2014年10月16日18時27分

2012年に、再生可能エネルギーで作られた電力を、一定の価格で買い取ることを電力会社に義務付けた固定価格買い取り制度(FIT)が始まった。しかし、一部の電力会社が、太陽光発電事業者からの新規の送電網接続を拒否すると発表。制度の問題点が浮き彫りとなった。 ◆急速な拡大 FITは、太陽光とその他の再エネを奨励するため、ドイツの政策を模して導入された。太陽光に関 [全文を読む]

川内原発、再稼働は誰が決める? 責任ぼかす政府・規制委に海外から批判

NewSphere / 2014年07月17日11時37分

田中俊一委員長自身もこれに関して、「最終的な責任は自分たちにはない」と繰り返し発言しており、今回の記者会見でも「再稼働の決定は地元住民と電力会社、政府の間で行われるべきだ」と語った(WSJ)。一方、政府は「安全性を判断する責任は原子力規制委員会にある」とする立場を取っていると同紙は指摘。九州電力も「承認後に取るべきステップがはっきりしない」などと、再稼働 [全文を読む]

2013年は“電気倒産”する企業が出現する?

週プレNEWS / 2013年01月03日10時00分

残念ながら、2013年はほかの電力会社も2割はいかなくとも15%ぐらい上げてもおかしくはないでしょう。関電と九電の動きがほかの電力会社にも連鎖して、まず10%近く上がる可能性は大です」 さらに5%が上積みされるとしたら、その原因は何だろうか。 「問題は、新政権が打ち出す大胆な金融緩和です。緩和されれば、為替も円安方向に振れる可能性があります。そうなると、原 [全文を読む]

九電ハガキで節電ヒステリック加速 30℃超でエアコンつけず

NEWSポストセブン / 2012年07月26日16時00分

電力会社による過度の節電プレッシャーは、国民の命にもかかわりかねないのだ。 【※注】節電要請/九州電力では10%以上、四国電力、北海道電力(7月23日~9月14日まで)では7%以上。これらの電力会社は関電に電力融通を行なっていないので、目標数値が据え置きになっている ※週刊ポスト2012年8月3日号 【関連ニュース】節電主婦 外から帰ったら水シャワー、冷却 [全文を読む]

業界初!ガス自由化対応「電気・ガスのセット契約」の比較が可能に

PR TIMES / 2017年03月01日11時00分

電力会社の参入が多くみられる理由は、もともと電力会社は、火力発電を行うために大量のLNG(液化天然ガス)を輸入しています。東京電力のLNG輸入量は日本No.1でもあります。その調達力を活かし、ガスとして販売することができるため、他業種に比べると比較的参入しやすいのです。大手電力会社VS大手ガス会社の構図でスタートするガス自由化ですが、各社顧客争奪戦がしばら [全文を読む]

2016年4月1日 電力自由化スタート 緊急レポート 【タイナビ総研】電力会社切り替えを検討したユーザー動向調査を実施 電力自由化最激戦区、首都圏がプラン診断実施数トップ!~新電力会社参入数が少ない北陸圏に垣間見える、異色の傾向とは?~

@Press / 2016年04月18日12時00分

この度、太陽光発電をはじめとする次世代エネルギー業界の調査・研究を行う「タイナビ総研」( http://www.tainavi-soken.com/ )を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)は、全国の電力会社の切り替えを検討したユーザーを地域別で調査いたしました。診断シミュレーションを公開した2月17日から1か [全文を読む]

フォーカス