太陽光発電 九州電力に関するニュース

ついに決定した再エネ買い取り制度の見直しに対応!日本初!ソーラーパートナーズが再エネ買い取り抑制補償サービスを開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2014年12月19日16時30分

太陽光発電の工事会社ネットワークを運営している株式会社ソーラーパートナーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:中嶋 明洋)は、2014年12月18日に経済産業省が発表した再生可能エネルギーの買い取り制度見直しの内容に含まれる「電力会社が必要に応じて太陽光発電で発電した電気の買い取りを拒否できる制度」に対応するため、ソーラーパートナーズを通じて住宅用(10kW [全文を読む]

省令改正された再エネ買い取り制度の見直しに対応!ソーラーパートナーズが住宅用太陽光発電向け出力制御補償サービスの受付を2015年1月22日に正式に開始 住宅用太陽光発電向けに拒否された売電収入を補償

@Press / 2015年01月23日10時30分

太陽光発電の工事会社ネットワークを運営している株式会社ソーラーパートナーズ(所在地:東京都港区、代表取締役:中嶋 明洋)は、2015年1月22日に経済産業省が公布した再生可能エネルギーの買い取り制度の内容に含まれる「電力会社が必要に応じて太陽光発電で発電した電気の買い取りを拒否できる制度」に対応するため、太陽光発電の相談・見積りサイト「ソーラーパートナーズ [全文を読む]

経産省の再生エネ政策、実質破綻 途方もない消費者負担前提、不透明な制度の欠陥露呈

Business Journal / 2015年02月03日06時00分

その影響をもろに受ける太陽光発電事業関係者に衝撃を与えた。問題の大きさに驚いた経産省も急遽、FITの見直しに乗り出す騒ぎに発展した。 エネルギー業界で「5電力9月の乱」と呼ばれる騒ぎの背景は、再生エネ発電量の98%をも占める太陽光発電の電源的不安定さにある。雨天時と夜は発電できず、晴天時も曇れば発電量は半分以下に低下する。逆に晴天続きで発電量が増加すると、 [全文を読む]

住宅メーカー初 太陽光発電の出力制御に対応した住宅「グリーンファースト 蓄電スタイル」販売開始

PR TIMES / 2015年05月14日18時27分

積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部俊則)では、太陽光発電の出力制御に対応した住宅「グリーンファースト 蓄電スタイル」の販売を開始しました。戸建住宅での出力制御対応型蓄電池システムは住宅メーカー初の販売となります。 2015年1月に施行された再生可能エネルギー特別措置法の改正に伴い、住宅用太陽光発電においても4月より出力制御の対象となりました( [全文を読む]

太陽光発電バブル崩壊? 再エネ買取制度、見直しへ 相次ぐ電力会社の買取中断も影響か

NewSphere / 2014年10月03日11時44分

大規模太陽光発電所(メガソーラー)で作った電気の買取価格が決まる時期を、「国の事業認定時」から「事業開始時」に改正するという(読売新聞)。電力会社が、再生可能エネルギーの買取を中断する動きが広がり始めたことも影響しているとみられる。 海外メディアも、同紙の報道などを基に、この事態に着目している。 【毎年引き下げられる価格】 買取制度が導入された際、太陽光発 [全文を読む]

“原発再稼働を促進” 電力会社の再生エネ購入中断、海外メディアも注目

NewSphere / 2014年09月30日18時14分

【再生可能エネルギー普及にブレーキか】 2011年福島第一原子力発電所の事故から、日本は再生可能エネルギー、特に太陽光発電に大幅な投資をしてきた、とフィナンシャル・タイムズ紙は報じている。もし日本の現在までの全ての太陽光発電計画が認められ実現すれば、計68ギガワットになるという。ドイツの約2倍、世界最大だ。 しかし、電力会社各社は、計画の見直しを始めてい [全文を読む]

ジンコソーラーは鹿島県徳之島の蓄電池併設型太陽光発電所に2,596kWモジュールを供給[訂正]

DreamNews / 2017年03月27日09時00分

2017年3月21日付で発表致しました「ジンコソーラーは鹿島県徳之島の蓄電池併設型太陽光発電所に2,596kWモジュールを供給」のプレスリリースにおきまして、記載内容に誤りがございました。関係者各位及び皆様方には大変ご迷惑おかけいたしました事を深くお詫び申し上げますと共に、下記の通り訂正させていただきます。改定前蓄電システムは、TMEIC製の大容量リチウム [全文を読む]

新電力「エコスタイルでんき」九州電力管内へ販売エリアを拡大!~自家消費型の太陽光発電と電力供給を合わせたW削減サービスを提供~

PR TIMES / 2016年11月01日16時20分

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、2016年11月1日より九州電力管内での高圧向け電力販売サービスを開始いたします。これまで、東京電力管内・関西電力管内のエリアにおいてサービスをご提供してきましたが、この度、販売エリアを拡大することとなりました。 九 [全文を読む]

電力会社の買電方針転換にもめげず! 福島でのエネルギー自給を夢見る「会津電力」の戦い

週プレNEWS / 2014年11月07日06時00分

再生可能エネルギーを懸命に勉強した折笠さんは12年2月、太陽光パネルの販売と設置を手掛ける「会津太陽光発電株式会社」を設立、佐藤さんと共に歩いていこうと決めた。 「佐藤社長の講演には本当に共鳴しました。エネルギー自給というよりも、自分たちの手にエネルギーを取り戻す運動だと思ったんです。本当の意味での地域の自立につながるぞと」 そして昨年8月1日。会津電力 [全文を読む]

ハンファQセルズジャパン佐賀相知太陽光発電所の太陽電池モジュールに採用

PR TIMES / 2016年02月17日11時58分

Qセルズは、環境先進国ドイツで培った経験及び実績をもとに、住宅用から産業用まで、永続的にクリーンな電力を提供できる太陽光発電システム販売・発電事業を日本で展開しています。今後も日本における再生可能エネルギーの柱である太陽光発電事業の発展に尽力してまいります。 *1:Q.ANTUMセル技術 http://www.q-cells.jp/products/pd [全文を読む]

「原発ゼロ」が終わった日。川内原発再稼働を新聞各紙はどう伝えた?

まぐまぐニュース! / 2015年08月12日19時50分

ところが、東日本大震災後の節電や太陽光発電の普及で、昨夏は「原発ゼロ」で乗り切ることができ、猛暑の今夏も電力供給には余裕がある。各種世論調査では再稼働反対が賛成を大きく上回った中での再稼働となった。 これまでに規制委員会に審査を申請したのは川内を含め、15原発25基。関西電力高浜原発3、4号機と四国電力伊方原発3号機が主な審査を終えている。高浜原発につい [全文を読む]

福岡県宮若市に19.5MWのメガソーラーを建設・運営します

PR TIMES / 2013年05月31日15時21分

大和ハウスグループ最大規模のメガソーラー事業に着手 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と大和エネルギー株式会社(本社:大阪市、社長:松嶋秀和、以下「大和エネルギー」)は、2013年6月、福岡県宮若市の旧貝島炭鉱跡地(約300,000m2 )に大和ハウスグループとしては最大規模の総出力19.5MW(メガワット)(1 [全文を読む]

“エコめがねモバイルパック”新オプション“つながるアラカルト(出力制御)”提供開始について

PR TIMES / 2017年02月13日13時15分

各社パワコン等の出力制御ユニットをサポート株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、以下、NTTスマイルエナジー)は、太陽光発電システム向けエネルギーIoTサービス“エコめがねモバイルパック”に、出力制御におけるスケジュール情報更新をサポートする新オプション“つながるアラカルト(出力制御)”を、本日2月13日より提供開始 [全文を読む]

新電力「エコスタイルでんき」関西電力管内へ販売エリアを拡大

PR TIMES / 2016年09月01日15時59分

太陽光発電事業を中核とした再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、2016年9月1日より関西電力管内での高圧・低圧電力販売サービスを開始いたしました。当社は2016年4月より東京電力管内での電力販売を開始しており、今後も九州電力管内などに販売エリアの拡大を予定しております。[画像1 [全文を読む]

Looopでんき、低圧向け電力の販売エリアを拡大 東北/九州/北海道/中国電力にて9月サービス提供開始~東北3県/熊本の方全員対象 初月無料キャンペーン~

@Press / 2016年08月19日13時00分

商号 : 株式会社Looop 代表者 : 代表取締役社長 CEO 中村 創一郎 所在地 : 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4 設立 : 2011年4月 事業内容: 太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理 自社太陽光発電所の設置・管理 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売 損害保険代理店事業 (取扱保険会社:三井住友海上火災保険 [全文を読む]

大東建託グループが管理する賃貸住宅向け電力小売サービス DK SELECT「いい部屋でんき」がスタート!

@Press / 2016年03月22日16時30分

また、2012年8月からは管理建物のオーナー様から屋根をお借りして発電設備を設置する「太陽光発電事業」も展開しています。 大東建託グループが管理する賃貸住宅は2016年2月末時点で95万戸、2017年3月末には100万戸を超える計画です。 大東建託グループが提供する進化する賃貸住宅「DK SELECT」では、今後も様々なサービスを進化させることで、入居者様 [全文を読む]

政府と電力会社が隠したい、電力供給の「余裕」…原発は不要?忌み嫌ってきた太陽光の貢献

Business Journal / 2015年08月19日06時00分

というのは、電力需給が安定した最大の理由は、「天候に大きく左右されて不安定な電源」と電力各社が買い取りを忌み嫌ってきた太陽光発電が、各地で本格稼働し始めたことにあるからである。 だが、我々消費者は、これで酷暑の中での節電から解放されると手放しに喜ぶわけにはいかない。「再生可能エネルギー発電促進賦課金」の増額によって電気料金が一段と高騰するなど、家計圧迫要 [全文を読む]

エコスタイルが日照補償に続き、さらなる「あんしん」を提供!電力会社の出力制御に対する補償サービスの提供を開始!

PR TIMES / 2015年07月31日11時43分

株式会社エコスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木下公貴)は、当社で設置する太陽光発電設備において出力制御による損失を補償する新サービスの提供を開始いたします。 再生可能エネルギーの固定価格買取制度開始から約3年を経て市場拡大が進む太陽光発電ですが、急激な伸長に伴い、太陽光発電設備の多い地域では出力制御のルール設定がなされており、電力系統の問題 [全文を読む]

三井造船大分事業所でメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を建設

PR TIMES / 2012年09月14日18時39分

三井造船株式会社 三井不動産株式会社 三井造船大分事業所でメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を建設 ~三井不動産と共同で売電事業を開始~ ---------------------------------------------------------- 三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)と三井不動産株式会社(社長:菰田 正信、 本社:東京都中央区)は [全文を読む]

■メガソーラー事業第一弾 九州最大規模のメガソーラーを建設・運営します(ニュースリリース)

PR TIMES / 2012年07月11日13時52分

その第一弾として、2012年7月、福岡県北九州市の「ひびき国際物流センター(大和ハウス工業所有)」の屋根面に、九州地方では最大規模の総出力2MW(メガワット)のメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設し、2012年10月より、発電した電力を九州電力へ売電します。 今後、国内では低炭素社会の実現に向けて、メガソーラーの建設が活発化していくと予想されます。自 [全文を読む]

フォーカス