移転 三菱商事に関するニュース

三井物産と住友商事の合併観測「あり得なくない」と社員

NEWSポストセブン / 2016年04月18日16時00分

4月に入って、2018年秋に本社を現在の晴海(東京・中央区)から大手町(同・千代田区)に移転するという社内発表があった。大手町には三井物産の本社もあり、移転先とは2ブロックほどしか離れていない。社内では“また一歩、物産に近づくね”という自虐ジョークが出るほどです」 数年前まで、不況関係なしの安定収益を誇った大手商社だが、急激な資源安が収益を圧迫している。 [全文を読む]

【三菱商事都市開発】銀座に商業施設を竣工 銀座一丁目駅直結/「BCBGMAXAZRIA」「天龍」3月先行オープン

@Press / 2016年02月29日13時30分

■4階:銀座天龍/2016年3月初旬オープン 昭和24年創業、名物の肉汁たっぷりジャンボ餃子で有名な行列の絶えない人気店が移転、リニューアル。 ■5~10階/2016年7月オープン(予定) 地方の人気店など食材にこだわりを持つ、カジュアルにもフォーマルにも利用できる個性豊かな飲食店がラインナップ。 <会社概要> 三菱商事都市開発株式会社 ・代表者 : 代 [全文を読む]

三菱商事と丸紅と住友商事、ミャンマー・ティラワ経済特別区の追加開発に合意

JCN Newswire / 2016年10月21日16時15分

今後、ミャンマー政府が取り進めている用地取得および住民移転プロセスの状況を踏まえ、実際の工事の開始時期等が検討されることになります。 3社は、今後も、日本・ミャンマー初の官民連携事業である本プロジェクトを通して、両国政府と連携を取りながら、更なる海外投資の誘致、雇用創出、並びに同国の経済発展に貢献していきます。 本リリースの詳細は下記URLをご参照ください [全文を読む]

ミャンマー・ティラワ経済特別区における追加開発に関する合意について

PR TIMES / 2016年10月21日15時42分

今後、ミャンマー政府が取り進めている用地取得および住民移転プロセスの状況を 踏まえ、実際の工事の開始時期等が検討されることになります。3社は、今後も、日本・ミャンマー初の官民連携事業である本プロジェクトを通して、両国政府と連携を取りながら、更なる海外投資の誘致、雇用創出、並びに同国の経済発展に貢献していきます。 以上(注1)3社がMMSTD社を通じてMJT [全文を読む]

三菱商事、韓国におけるエレベーター新工場設立のお知らせ

JCN Newswire / 2015年12月15日15時32分

新工場では、韓国市場向けに加えて、海外向けエレベーターの生産も行い、現在の仁川工場から開発・製造拠点を新工場に移転することで、KMEC社の生産台数を順次拡大し、現状の約2.5倍の年間4,000台を目指します。三菱商事は、韓国において2001年に三菱電機と共に現地製造販売会社KMEC社を設立して昇降機事業を開始し、その後、順調に韓国に於ける事業を拡大してきま [全文を読む]

三菱商事・丸紅・住友商事、ミャンマー・ティラワ工業団地開発で有限責任事業組合を設立

JCN Newswire / 2013年05月01日15時27分

3商社は今後、有限責任事業組合を通して、周辺環境への影響、ミャンマー政府による住民移転への対応等を慎重に見極め、ティラワ工業団地の先行開発エリアへの投資判断を行うこととしております。<参考> 1.三菱商事の概要:(1)本店所在地: 東京都千代田区丸の内2-3-1(2)事業内容: 新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の6グループに、ビ [全文を読む]

元商社マンの新説。太古の日本には、技術と情報を独占した「古代総合商社」があった?

週プレNEWS / 2012年06月19日06時00分

定説はありませんが、私は古代商社が技術移転を意図的に遅らせたためとみています。 日本で生産されるようになったら、朝鮮半島との鉄の取引はなくなってしまう。日本列島内のビジネスに介入するにしても、海を越えた取引と違って情報を独占することができない。そこで、権力者の要求をのらりくらりとかわしながら技術を小出しにしていった、としたらどうでしょう」 ―なるほど。 「 [全文を読む]

三菱自、「アウトランダーPHEV」635台をウクライナ警察向けに納車

JCN Newswire / 2017年05月26日16時40分

http://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2017/detail5085.html *1: 【MMCUの概要】営業開始: 2016年6月主な事業内容: 三菱自動車製車両の輸入、販売株主構成: 三菱商事60%、現地パートナー:ニコ・グループ40%*2: 【グリーン投資スキーム】京都議定書第17条に基づく [全文を読む]

復活・三菱自動車、汚れた過去の後遺症 リコール隠蔽、利益供与、経営陣逮捕で破綻寸前…

Business Journal / 2015年09月08日06時00分

12月以降、米生産子会社のミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インクがイリノイ州で行っている多目的スポーツ車(SUV)「アウトランダー・スポーツ」の生産は岡崎工場(愛知県岡崎市)へ移転する予定。 同日記者会見した相川哲郎社長は、米国での生産撤退について「工場を維持するだけの生産規模ではなく、経済合理性に適うものではないと判断した」と説明した。イリノイ州 [全文を読む]

ミャンマー・ティラワ工業団地開発/有限責任事業組合設立の件

PR TIMES / 2013年05月01日16時00分

3商社は今後、有限責任事業組合を通して、周辺環境への影響、ミャンマー政府による住民移転への対応等を慎重に見極め、ティラワ工業団地の先行開発エリアへの投資判断を行うこととしております。 <参考> 1.三菱商事の概要: (1)本店所在地:東京都千代田区丸の内2-3-1 (2)事業内容: 新産業金融事業、エネルギー事業、金属、機械、化学品、生活産業の6グループ [全文を読む]

フォーカス