正社員 千葉市に関するニュース

「鮮度が落ちる」と雇い止めされた「カフェ女性店員」 不当と提訴するも認められず

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月31日19時42分

●「正社員との同一性」を否定 女性は、2008年7月から2013年6月まで、千葉市の店舗でアルバイトとして勤務していた。アルバイトの契約更新に制限はなく、3カ月ごとの更新を19回繰り返していたが、2012年3月、同社から突然、契約更新の回数を上限15回として、通算4年の勤務で契約を満了するという通達を受けた。 通達に納得できなかった女性は労働組合・首都圏 [全文を読む]

転勤はできない、でも正社員でキャリアアップしたい!を可能に

PR TIMES / 2014年07月29日09時14分

~「エリア総合職」の導入について~ プレミアファイナンシャルサービス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:柴田洋一、以下「PFS」)は、正社員の雇用形態として新たに「エリア総合職」の導入を決定いたしましたので、お知らせいたします。 1. 導入の背景 景気回復による採用市場における人財不足が続く中、各企業では人財の多様化や多様な働き方の必要性が叫ばれ [全文を読む]

女性も活躍する企業へ厚生労働大臣認定「えるぼし」マークを取得

@Press / 2016年06月24日15時00分

<当社の認定に関わる実績> 【評価項目1:採用】 男女別の採用における競争倍率(応募者数/採用者数)が同程度であること (期間の定めのない労働契約を締結している労働者に限る) ⇒ 男性:31.83倍 女性:11.94倍 【評価項目2:継続就業】 「10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された女性労働者のうち継続して雇用されている者の割合」÷「10事業 [全文を読む]

ネットスーパー配送の接遇ノウハウを活かし、イオン様よりお買い物宅配サービス「即日便」を受託

DreamNews / 2014年09月01日16時00分

以上 ■ご参考<SBSフレック株式会社概要>本社:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー代表者:代表取締役社長 渡邊 誠創業:1956年(昭和31年)親会社:SBSホールディングス株式会社(持株比率94.8%)資本金:2億18百万円(2013年12月末現在)売上高:415億円 (2013年12月末現在、SBSフレックグループ連結)従業員数:2,81 [全文を読む]

平成 27年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」受賞企業を決定

PR TIMES / 2016年01月20日20時23分

[画像: http://prtimes.jp/i/17233/1/resize/d17233-1-838393-1.jpg ] パートタイム労働者の働きや貢献に見合った正社員との均等・均衡待遇を推進し、 パートタイム労働者がい きいきと働くことができる職場環境を整備するためには、パートタイム労働者の雇用管理の改善に向けた企業 の自主的な取組が重要です。 そ [全文を読む]

NHKキャスター・リポーター経験者が教える 2016年度 NHKキャスター・リポーター試験 合格の秘訣セミナー 10月 11月 実施

DreamNews / 2015年10月09日12時00分

そのため、正社員としての採用よりも契約社員としての採用が多いです。「安定」よりも「やりたいこと」や「仕事のやりがい」で職業を選ぶ若者たち。「夢を持って努力をすることの素晴らしさ」と「好きなことを仕事とする喜び」をひとりでも多くの若者に伝えていくこと。それが今の社会に求められていることなのではないでしょうか。 ■相澤 静 アナウンススクール代表 相澤 静 に [全文を読む]

元NHKキャスターが教える 2016年度 NHKキャスター・リポーター試験 合格の秘訣セミナー ~~女性の夢をあきらめきれない貴女を応援します~~

DreamNews / 2015年09月10日12時00分

そのため、正社員としての採用よりも契約社員としての採用が多いです。「安定」よりも「やりたいこと」や「仕事のやりがい」で職業を選ぶ若者たち。「夢を持って努力をすることの素晴らしさ」と「好きなことを仕事とする喜び」をひとりでも多くの若者に伝えていくこと。それが今の社会に求められていることなのではないでしょうか。 ■相澤 静 アナウンススクール代表 相澤 静 に [全文を読む]

子育て支援 職場復帰を応援する育児手当制度 看護師・准看護師の保育料 全額支給制度を導入 71万人の潜在看護師の新たな雇用促進にも

@Press / 2014年05月27日13時00分

<支給期間>保育所利用の全期間<対象者>本人またはその配偶者の子供を養育する正社員もしくはパート社員(社会保険加入者に限る)※既存の社員については産前産後休業または育児休業を取得していることを条件とする。<対象職種>看護師・准看護師※随時、他の職種へも対象を広げていくことを検討中。<導入時期>平成26年6月1日■制度導入の背景<出産後の継続就業率38.0% [全文を読む]

フォーカス