トップ 森林原人に関するニュース

女性に“下手”だと思われないセックステクとは? トップAV男優が伝授

日刊SPA! / 2017年09月10日15時56分

著書に『イケるSEX』(扶桑社刊) 取材・文/加藤純平(ミドルマン) 古澤誠一郎 岡野孝次 六原ちず 丸山竜矢 撮影/長谷英史 岡崎隆生 ― 最速で[脱ブサイク]する方法 ― [全文を読む]

AV男優のドーピング、素人女性は仕込み...鈴木おさむがAV業界の裏側に肉迫

リテラ / 2015年02月26日12時00分

年間500本の作品に出演するトップクラスの人気俳優である森林は、その人気の秘密が「使い勝手のいいチンポ」にあると自己分析している。具体的には「大きさ、柔らかさ、勃ち、発射です。デカチン需要って結構あるんですよ」と、自身のペニスがこれ以上ないほどに"AV向き"だということが、AV男優としての基盤となっているというのだ。 さらに、森林はデカチンなうえに、仮性包 [全文を読む]

東大にもっとも近い「筑駒」の神童は、大人になってどうなったのか?

文春オンライン / 2017年10月06日07時00分

性的知識の豊富さで、学年トップになってやろうと思い立った。 「どこでもチンポを出し、勃起させ、エロ本を数多く所有していたので、エロのジャンルにおいては学年トップでした。(略)エロのいいところは、どれだけ頭のいい奴にも等しく難解なところです。理性や思考で解決できることじゃないから、経験や行動力がモノを言います。となると、エロが僕の肩書きになっていくのは自然の [全文を読む]

男性の“3大性感帯” の攻め方をAV男優がレクチャー

ananweb / 2017年08月19日20時00分

森林原人さん 経験人数9000人、出演本数1万本を超えるトップAV男優。1999 年にデビュー。著書に『「人生最高のセックス」でもっと気持ちよくなる』(KADOKAWA)などがある。 ※『anan』2017年8月16・23日号より。イラスト・水元ローラ 文・春山繁美 (by anan編集部) [全文を読む]

「髪のかき上げ」はNG? AV男優が教える”最中の極意”

ananweb / 2017年08月18日22時00分

森林原人さん 経験人数9000人、出演本数1万本を超えるトップAV男優。1999 年にデビュー。著書に『「人生最高のセックス」でもっと気持ちよくなる』(KADOKAWA)などがある。 ※『anan』2017年8月16・23日号より。イラスト・水元ローラ 文・春山繁美 (by anan編集部) [全文を読む]

AV男優が指南! 男性を興奮させる“いたす前の極意”

ananweb / 2017年08月16日22時00分

森林原人さん 経験人数9000人、出演本数1万本を超えるトップAV男優。1999 年にデビュー。著書に『「人生最高のセックス」でもっと気持ちよくなる』(KADOKAWA)などがある。 ※『anan』2017年8月16・23日号より。イラスト・水元ローラ 文・春山繁美 (by anan編集部) [全文を読む]

筑駒出身AV男優・森林原人に寄せられた女性たちの性の悩み! 多かったのは「AV脳」と「セックスレス」

リテラ / 2017年04月23日22時00分

そんな「神童」と呼ぶにふさわしい経歴をもちながら、東大には進学せず、現在は日本でも有数のトップAV男優となっている男、森林原人。 本サイトでは以前、彼の自伝的エッセイ集『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社)を取り上げ、超高学歴から人気AV男優へと数奇な人生をたどった男がもつ「性」にまつわる哲学を紹介したが、その哲学は、男性優位主義的だっ [全文を読む]

偏差値78、筑駒から東大じゃなくAV男優になった男が半生を激白! 「僕にとってエロこそが救いだった」

リテラ / 2016年07月01日22時30分

現在、トップ男優のひとりとしていろいろな作品にひっぱりだこの森林原人。彼が書き下ろした初めての単著『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社)が話題だ。 超進学校からAV男優へ──数奇な運命をたどって男優になり、17年のキャリアのなかで8000人と延べ1万回以上のセックスをしてきた彼にとって、セックスとはいったい何なのか? 森林は本のなかで [全文を読む]

マッチョなAV男優も服を着れば普通の人?

Movie Walker / 2015年08月01日13時50分

地上波で冠番組をもつほどの人気を誇るトップ男優しみけんをはじめ、黒田悠斗、森林原人、ぽこっしー、藍井優太という5人の男たちが1人の女優をもてなすという、“おもてなし”の心に満ちた作品だ。 ハダカになれば無敵の男たちだが、初美沙希、水原さな、高木愛美という3人の女性をもてなすために料理やプレゼント、ゲームなど、いつものセクシャルなアプローチではない手段で迫り [全文を読む]

フォーカス