井浦新 高良健吾に関するニュース

アジカンが高良健吾主演作と再タッグ 映画『横道世之介』に主題歌提供

リッスンジャパン / 2012年10月02日19時00分

映画『横道世之介』2013年2月23日(土) 新宿ピカデリー他、全国ロードショー!原作:吉田修一「横道世之介」(毎日新聞社刊)監督・脚本:沖田修一脚本:前田司郎出演:高良健吾 吉高由里子 池松壮亮 伊藤歩 綾野剛 朝倉あき 黒川芽以 柄本佑 佐津川愛美 大水洋介 田中こなつ / 井浦新 堀内敬子 國村隼 / きたろう 余貴美子制作:日活配給:ショウゲート製 [全文を読む]

河童の次は鬼? 井浦新がSMAPに提案した“驚愕デートプラン”

messy / 2015年07月10日19時30分

中でも同局の7月期の新ドラマに出演する堤真一(水曜22時『リスクの神様』)・井浦新(木曜22時『探偵の探偵』)・ EXILE AKIRA(火曜22時『HEAT』)・ 福士蒼汰(月曜21時『恋仲』)と高良健吾(彼だけドラマではなく公開中の映画『きみはいい子』の宣伝)ら豪華俳優陣5名をゲストとしてお招きしていたある企画に私は熱視線を注いでしまった。 それは、S [全文を読む]

映画『悼む人』“大惨敗”で知名度不足に悩む主演・高良健吾が小栗旬に相談も「そのままでいい」

日刊サイゾー / 2015年03月15日11時00分

実際、翌週のランキングではトップ10から外れました」(映画ライター) 『悼む人』は、原作者の天童氏もイベントに出席したり、女優の石田ゆり子が主人公の高良健吾、殺害した夫役の井浦新を相手にした濡れ場を披露するという“煽り”を入れたものの、結果的にすべて期待外れに終わった。 「それらを差し引いても、やはり主演である高良クンの知名度不足が原因じゃないかという声も [全文を読む]

惨敗・香里奈の「後継者」になる女優とは?

messy / 2015年12月10日16時00分

俳優では高良健吾(28)や井浦新(41)がいるが、そうなると、テンカラットとしては“香里奈の後継者”がなんとしてもほしいところ――そこで期待をかけられているのが、すでにCMガールとしてはブレイク済みの中条というわけだ。しかし仮にU-20世代に限定しても、すでに売れっ子の広瀬すず(17)や松岡茉優(20)、土屋太鳳(20)、女子ウケの良い小松菜奈(19)、 [全文を読む]

ベッドで大股開き写真流出の香里奈、「干され」状態→連ドラ主演復活の裏事情&奔走

Business Journal / 2015年09月25日22時00分

テンカラットには古株の田中麗奈、大沢あかね、知花くらら、井浦新や高良健吾らが所属しているが、ここ数年は香里奈が事務所の稼ぎ頭となっていた。その香里奈が予想外の苦境に立たされたことで、事務所としては大打撃となったようで、社長も総出で香里奈の再起に向け走り回っていました」 そしてついに決まったのが、10月スタートの連ドラ『結婚式の前日に』(TBS系)だ。香里奈 [全文を読む]

SMAPが“この20年で歌ったことのない”名曲とは

Smartザテレビジョン / 2015年06月29日05時00分

特設大型テーブルで5人vs5人の真剣な打ち合いなど、一進一退の攻防に、波乱の展開が待ち受ける! “親友フィーリングカップル5vs5!”には、堤真一、井浦新、AKIRA、高良健吾、福士蒼汰が登場。SMAPと豪華俳優陣がフィーリングカップルで親友を探し。必死のアピール合戦が続く中、SMAPを実家に招こうとする福士に中居はタジタジに。 また、“ビストロSMAP” [全文を読む]

石田ゆり子の“濡れ場”も大不発! 映画『悼む人』大コケは「井浦新のお尻」のせいだった!?

日刊サイゾー / 2015年03月01日09時00分

同じ日に公開された『テラスハウス クロージング・ドア』は、興収ランキングが初登場1位で翌週は2位だったが、テレビ版での知名度があり、若者の支持が高く、何も考えずに見られるので集客力がある」(映画ライター) 『悼む人』では女優の石田ゆり子が、主人公の高良健吾、殺害した夫役の井浦新を相手にした濡れ場を披露。前評判が高く、男性の集客に結び付くかと思われていたよう [全文を読む]

劇場版「テラハ」が「ベイマックス」V7を阻止し首位発進

Smartザテレビジョン / 2015年02月16日20時32分

主演の高良健吾の他、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶら実力派が脇を固める骨太の作品となっている。 全国65スクリーンで公開された「味園ユニバース」は、10位にランクイン。関ジャニ∞・渋谷すばるを主演に迎え、大阪を舞台に贈る青春歌謡人情ドラマで、「リンダ リンダ リンダ」('05年)などを手掛けた山下敦弘監督がメガホンを取り、二階堂ふみ [全文を読む]

高良、石田ゆり子からのチョコに「事件が起きてます」

Movie Walker / 2015年02月14日13時44分

天童荒太のベストセラー小説を映画化した『悼む人』の初日舞台挨拶が2月14日に丸の内TOEIで開催され、高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶ、堤幸彦監督が登壇。サプライズで、石田からバレンタインチョコを渡された高良が「心の中で事件が起きています」とタジタジのリアクションを見せた。 本作は、縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を [全文を読む]

藤原紀香、永作博美...生唾モノの熟女フェロモン! 話題の40代セクシー女優の濡れ場と過激シーン

tocana / 2015年02月06日08時30分

2月14日公開予定の映画『悼む人』でも、井浦新(40)、高良健吾(27)とのハードなセックスシーンに挑んでおり、「ラブシーンはパッション」と感想を述べ、余裕をみせた。実際のところ、乳を揺らしてヨガリまくる演技はAVさながらと評判のため、映画を観に行く時は替えのパンツとティッシュを持っていくのが良さそうだ。■永作博美(44) アイドルグループ「ribbon」 [全文を読む]

最後の大物独身女優・石田ゆり子、最新映画で“気高き美女“の艶技を披露

メンズサイゾー / 2015年01月25日12時00分

さらに本編では、井浦新(40)と高良健吾(27)とのハードなセックスシーンが見られるという。 「制作発表の段階から、この作品では石田さんの体当たり演技が見られるのではないかと期待が寄せられていましたね。その声が石田さんに届いていたかはわかりませんが、かなり刺激的な仕上がりになっているようです。監督の堤幸彦さん同様、石田さんも原作の熱烈なファンということです [全文を読む]

映画「悼む人」で熊谷育美が堤幸彦監督と4度目のタッグ

Smartザテレビジョン / 2014年12月03日18時52分

高良健吾、石田ゆり子、大竹しのぶ、井浦新、椎名桔平、貫地谷しほりが出演する。 熊谷は「堤幸彦監督から主題歌書き下ろしのオファーを頂きました。『これほどまで“死”と向き合ったことはあっただろうか?』と自分の心に問う日々。楽曲制作は難題でした。天童荒太氏の原作の深み、また主人公の“静人”の存在が、現代を生きる私にさまざまなことを気付かせてくれました。いたるとこ [全文を読む]

WOWOW FILMS 豪華女優共演『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』 撮影開始!

PR TIMES / 2012年03月30日16時04分

WOWOW FILMS『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』概要 出演:柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶ/井浦新(旧芸名ARATA)、染谷将太他 監督:御法川修 脚本:田中幸子 原作:「すーちゃん」シリーズ 益田ミリ(幻冬舎文庫) 製作幹事:WOWOW/制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給:スールキートス <ストーリー> すーちゃんこと森本 [全文を読む]

フォーカス