組織 富士ゼロックスに関するニュース

サイダス、富士ゼロックス北海道と販売提携を発表 道内企業を中心に、地域密着型の提案販売・マーケティング活動を強化

@Press / 2014年04月25日09時30分

人と組織のパフォーマンスを最大化するためのクラウド型タレントマネジメントシステム「CYDAS」を提供する株式会社サイダス(所在地:東京都港区、代表取締役:松田 晋、以下 サイダス)は、「CYDAS」のセールスパートナーとして、富士ゼロックス北海道株式会社(所在地:札幌市中央区、代表者:山根 義明、以下 富士ゼロックス北海道)と販売提携を行い、富士ゼロックス [全文を読む]

大企業若手が手を組む「One JAPAN」 40社250人の挑戦

Forbes JAPAN / 2017年04月01日10時30分

大企業の若手有志組織が集う「One JAPAN」。だからこそ、国への提言ではなく、こうした「実践共同体」であることにこだわる。現在、参加メンバーの職種は研究開発・エンジニア、経営企画・事業企画、営業・マーケティング、広報、デザイナー、人事、経理と多岐にわたり、約3カ月に1度、全員会合を開く。また、1カ月に1度、参加企業の代表者が集う場を設ける。その他、分科 [全文を読む]

組織・社員・社会をつなげる現代版「三方良し」の経営論書籍『KAIKAする経営 次世代型経営モデルのススメ』発行!

PR TIMES / 2017年04月17日10時00分

『KAIKAする経営 次世代型経営モデルのススメ』http://nextpublishing.jp/isbn/9784907554897[画像: https://prtimes.jp/i/5875/1628/resize/d5875-1628-218060-0.jpg ]<<書籍仕様詳細>>編集:一般社団法人日本能率協会小売希望価格:電子書籍版 1200円 [全文を読む]

チヤホヤされる「グローバル採用」 英語できるだけの人が「一番困る」

プレジデントオンライン / 2017年04月24日09時15分

ちょっと古い調査だが、2012年4月に経済同友会が「日本企業のグローバル経営における組織・人材マネジメント報告書」というものを発表している。 報告書の目的は、「経営・事業と組織・人材のグローバル化」という課題への対応方法を探ること。経済同友会の「グローバル時代の人材育成・活用部会」が、計10社(1社は外資企業)を対象としたケーススタディに基づき、日本企業 [全文を読む]

大企業2.0って?「One JAPAN」で40社を束ねるパナソニック社員

プレジデントオンライン / 2017年01月11日09時15分

たとえいますぐ実現できなくても、5年後、メンバーが40代になって部課長クラスになれば組織を動かせるかもしれない。いずれにしてもイノベーションのプラットフォームになりたいと思います。 【田原】新しいことをやりたいなら、ベンチャーのほうがいいんじゃない? 【濱松】その選択肢ももちろんあります。ただ、田原さん、大企業には、人、技術、お金、ブランド、歴史、信頼など [全文を読む]

“大企業病”は30代が変えていく 「One Panasonic」が目指す社内イノベーション

ウートピ / 2015年12月07日17時00分

組織改革やイノベーションといえば、ベンチャー企業の代名詞だ。東大、京大、早慶といった難関大学の学生達が、刺激とやりがいを求めて一流企業の内定を蹴り、こぞってベンチャー企業に就職したという話題も尽きない。しかし、それは本当だろうか? 新しくて面白いことは、ベンチャーにしかできないのだろうか? 大企業にだって、いや、むしろ大企業だからこそ、できることがあるので [全文を読む]

新しいワークスタイルのジョブマッチングサイト『SmartWork(スマートワーク)』の会員向けに、富士ゼロックスが展開する『SkyDesk(スカイデスク)サービス』を今秋より提供開始

PR TIMES / 2012年07月18日11時16分

『SkyDeskサービス』は、メール統合管理、スケジュール管理、文書作成から組織グループ管理といった各種機能と、それらを統合するコラボレーション機能を通じて、チーム内のコミュニケーションを簡単・効率化することを実現するクラウドサービスです。 あらかじめ10を超える豊富なアプリケーションが用意されており、ユーザー登録をするだけですべてのアプリケーションを使 [全文を読む]

アピールチャンスで攻守に奮闘も、G大阪の19歳MF井手口「まだまだだった」

ゲキサカ / 2016年02月20日21時34分

ジュニアユース時代から育成組織のエースとして活躍し、高校3年時の春にプロ契約を結んだG大阪次世代期待の星は「チームでコンスタントに出続けたら自然とリオは近くなっていくと思う」というように、コンスタントに試合に出続けて、勝利に貢献し続けて、その存在をアピールする。 (取材・文 吉田太郎) [全文を読む]

脳波センサのアプリ開発に関心!期待高まる! 脳波を利用した健康管理、各年代で関心度大!脳波ビジネス、BCIビジネスに可能性!

DreamNews / 2017年03月01日18時00分

また、脳機能研究所や脳力開発研究所など、脳研究に特化した組織もあるのが注目されます。特許流通の観点からみると、特許権を持つ企業とそれを利用したい企業の間を取り持つ、いわゆる知財ビジネスマッチングが注目されてきています。公開特許の活用はわが国全体の経済活性化にもつながり、有益な面が少なくありません。当調査では注目される脳波関連の特許を分析コメントしました。 [全文を読む]

クラウドソーシングで中小企業の人材不足を解消! その秘訣は?

HANJO HANJO / 2016年01月05日19時15分

同コンソーシアムは、富士ゼロックス(幹事法人)とクラウドソーシング協会、日本テレワーク協会の3団体で構成する組織。中小企業庁より「中小企業におけるクラウドソーシング実践的活用促進事業」の委託を受け、その一環として同シンポジウムを開催する。 クラウドソーシングとはオンラインを使い、不特定多数の群衆(Crowd)に仕事を外注(Sourcing)すること。特定 [全文を読む]

30代の社内の振る舞い方“正解”は? 出世にとらわれないキャリア構築とは

ウートピ / 2015年12月07日07時00分

大きな組織の中で、ボトムアップで何とかしていこうと動きと、トップダウンで何とかしていこうという動きの狭間でコントロールできるのは、30代かなと。濱松誠さん(以下、濱松):大川さんの言う通り、心・技・体が一番いいバランスで保たれているのが30代ですよね。ただ、僕の個人的な考えでいえば、年代はさほど関係ないと思います。もっと早くにチャンスがあれば、もっと早く活 [全文を読む]

スパイスボックス、富士ゼロックス主催の「触覚」をテーマにした ハッカソンイベント「Shock-a-thon(ショッカソン) 2014」に企画協力

PR TIMES / 2014年07月28日12時04分

スパイスボックスの社内組織であるプロトタイピングラボWHITEが、広告コミュニケーション領域での利用が活発になると予測する「触覚技術」を幅広く浸透させることを狙いとして、これまでのラピッドプロトタイピングの取り組みで得たソフトウェア/デバイス開発のノウハウやワークショップ開催の経験を、ハッカソン運営に活かします。「Shock-a-thon(ショッカソン)2 [全文を読む]

【デブサミ2012】16-A-3 レポート 10年後も世界に通じるエンジニアであるためには「実際に動くこと」が大切

CodeZine / 2012年03月13日14時00分

この「さぁ、あなたの組織で『変革』の帆を立てよう」と呼びかけるセッションを聞いて、今給黎氏はどのような行動を起こしたのか。野村氏は「人数を揃え、自分たちが立ち上げたナレッジ・サービス事業KDIフューチャーセンターに見学に来てください」と話していた。そこで今給黎氏は実際に同僚たちと訪問し「すてきな体験」をすることになる。 そこで問題になったのは「必ずしも仕事 [全文を読む]

フォーカス