ダイレクト 富士ゼロックスに関するニュース

富士ゼロックス、顧客向け会員制ポータルサイトにエアーのOpenText Actuate Information Hubを採用

DreamNews / 2015年08月27日15時00分

ITソリューションベンダー、株式会社エアー プロダクト・カンパニーは、本日、富士ゼロックス株式会社の顧客向けポータルサイト「富士ゼロックスダイレクト」の電子請求書発行サービスシステムに、エアーが販売、提供した、OpenText Actuate社の「OpenText Actuate Information Hub」が採用されたことを発表します。ITソリューシ [全文を読む]

オンデマンド印刷のエキスパートODPセンターが よりスピーディーで美しい製本加工までの印刷トータルサービス拡充のため 自動紙折機、筋入れ折機、封筒宛名自動印刷機を新規導入開始

DreamNews / 2016年07月15日11時00分

大切な原稿の印刷から製本加工、ダイレクトメールの印刷、封入、発送まで、更にスピーディーに、お客様の様々なご要望にお応えする印刷トータルサービスを拡充します。<印刷トータルサービスの具体例>1) DM・案内状の印刷・加工・発送 厚手用紙の筋入れと折り加工(Horizon CRF-362)、A4用紙の二つ折、四つ折、片袖折、外三つ折、内三つ折、開き観音折(Ho [全文を読む]

富士ゼロックスマニュファクチュアリング株式会社が「MotionBoard」を導入~生産現場を変える、iPadによるダイレクト入力とBI活用によるリアルタイムモニタリング~

DreamNews / 2016年02月09日11時00分

日々の作業日報を紙からiPadによるダイレクト入力に変更したことにより、それまで毎日80分を費やしていたExcelへの手入力の工数を0分へと完全になくすことに成功しました。このときの入力においては、全員が戸惑うことなくデータ入力を行えるように、これまで使ってきた紙の帳票レイアウトを、そっくりそのままiPad上に再現しました。 一方、入力されたデータのアウ [全文を読む]

浦和が敵地で4発快勝!! R・シルバのデビュー弾も生まれACL白星発進

ゲキサカ / 2017年02月22日14時41分

試合開始直後に李、前半8分に武藤がシュートを狙うなど、序盤から積極的な姿勢を見せる浦和は同13分、森脇のサイドチェンジを宇賀神がダイレクトで折り返し、走り込んだ武藤が左足で狙うがシュートはGKベドラン・ヤンイェトビッチの守備範囲に飛んでしまう。その後は両チームともに相手守備を崩し切れず、得点が生まれないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。 スコアレスのま [全文を読む]

アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業株式会社がMotionBoard Cloudを導入~iPadでのダイレクト入力により集計作業や間接作業を削減、リアルタイムに可視化することで迅速な対応を可能に~

DreamNews / 2016年12月06日11時00分

そこで、相談をもちかけた富士ゼロックス長野株式会社が提案したのが、「ConMas i-Reporter」(※)と「MotionBoard Cloud」を連携させたダイレクト入力とBIツールを活用したリアルタイム可視化ソリューションでした。 ※株式会社シムトップスのiPadを使用した、デジタル入力と手書きを融合させた記録・報告・閲覧ソリューション 同社は、 [全文を読む]

浅野が快足飛ばして2発!守備陣も今季初完封で広島初勝利

ゲキサカ / 2016年03月16日21時23分

すると同36分、野津田のパスがDFに当たってPA内にこぼれたボールを柴崎が落とし、MF清水航平が右足ダイレクトで豪快なミドルシュートを叩き込んだ。 2月23日の山東魯能戦(1-2)以来、今大会2得点目となる清水の追加点で3-0と突き放すと、守備陣も今季公式戦7試合目にして初の無失点。攻守がかみ合った広島が完封勝利で今大会初勝利を飾った。 ●ACL2016特 [全文を読む]

J王者・広島は黒星発進…ホームで痛恨の逆転負け

ゲキサカ / 2016年02月24日10時13分

前半45分、MF青山敏弘のパスをウタカがダイレクトで流し、浅野がゴール前に抜け出すと、GKとの1対1から右足でループシュート。GKの頭上を越したが、惜しくもゴールラインぎりぎりでDFにクリアされた。このプレーで獲得した左CK。清水のキックからゴールネットを揺らしたが、ゴール前で相手GKに対する皆川のファウルを取られ、ノーゴールの判定だった。 スコアレスで折 [全文を読む]

プレシーズンから7戦7発でも物足りない?鹿島FW鈴木優磨「7戦10発なら違うけど…」

ゲキサカ / 2017年02月21日22時48分

「最初はダイレクトで打とうか迷ったけど、トラップしてからタイミングをずらして、(シュートが)いいところに行ってくれた」 タイで行われたアジアチャレンジ、DAZNニューイヤー杯宮崎ラウンド、いばらきサッカーフェスティバルと、プレシーズンは5試合に出場して計5得点。公式戦連発を含め、これで今季は7戦7発となったが、「1試合1点の計算なので。7戦10発とかなら [全文を読む]

フォーカス